« アキュフェーズ(Accuphase)製品を語る Vol.2 | メイン | “CD”ソフトを極めてみませんか »

2013年7月13日 (土)

常に除電し続ける「エレスタ」って、一体何者?

あさやん「担当者のコメント」 by asakura

エレスタって何者? 新しいオーディオアクセサリーをご紹介!!
  ~信じるも、信じないも貴方次第、その効能を確認しました。~

Elesta(エレスタ)は、天然鉱石から発生するマイナスイオンによって、オーディオ機器やパーツに帯電したプラスイオンを中和し、常時除電し続ける優れものです。(メーカー資料より)

これを考え出したのは、「Hi-Fi Audio Accessory G-Clef(ジークレフ)」のN氏です。氏の主張は次の様なものです。

【主張:1】 生音には機器が発生する電気的なノイズは発生しません。
オーディオ機器は、そのアンプのボリュームを上げるにつれて、それまで聞こえなかったオーディオ機器が発生させる雑音が聞こえ出します。これは信号が大きくなるに伴って雑音も大きくなったためで、信号と雑音の比率そのものに変化はありません。 
アンプラグドな(電気を使わないアコースティック楽器だけの)コンサートの生音には、この雑音成分は含まれておらず、これが一般的なオーディオ再生と大きく異なる要因となっています。

【主張:2】 オーディオ機器全体を除電すると、S/Nが上がり、雑味(ざつみ)の無い生音に限りなく近い音が再生できます。
オーディオ機器は電気が動力源ですので、電流の通過に伴い機器全体が必ず帯電します。
ケーブルやCDソフトなどの比較的小さなアイテムを除電するオーディオアクセサリーは、今までも存在していました。そしてその効果もオーディオファイルには既に十分認知されています。
しかし一般的なアンプやCDプレーヤーなどの大型のオーディオ製品は、従来の方法では除電できず、これまで何の対策もないまま見過ごされて来ました。
エレスタは、オーディオ機器の天板に置くだけでの簡単なセッティングで、それ自体から発生する大量のマイナスイオンにより、機器全体がイオン化され、大型のオーディオ製品やPCオーディオで使われるパソコンなども効果的に除電できるのです。
エレスタは、機器が帯電したことにより発生するノイズを効果的に取り去り、S/Nの良いクリアなサウンドを実現します。

そして従来からある「除電アクセサリー」との違いをこうも述べています。
●セッティングは、機器のトップパネル(天板)やケーブルのプラグ部分に置くだけの手軽さです。機器やパーツに直接置いて使用するため脱着の手間が無く、「メンテナンスフリー」です。
●従来の除電アクセサリーは、除電直後は音質改善効果はありますが、通電するに従い再び帯電してしまい、除電直後の効果は次第に無くなってしまいます。エレスタは機器に常時装着していますので、通電しても効果が変わりません。
●音質は、決してイコライジングされたものでは無く、ノイズ成分だけを取り除いた実にクリアで自然なものとなります。

と、その効能への自信は並々ならぬものがありますが、直接N氏にお会いしてお話をお聞きして、『天然鉱石から発生するマイナスイオン』や『オーディオ機器の除電』についての説明を受けても、私自身その説明の中には理解できない部分もあり、またシークレットの部分もあるようで、そのすべてを(原理を物理的に)納得できたとは言えませんでした。

しかし従来からある「除電アクセサリー」である
○アコースティックリバイブディスクの消磁機DISK DEMAGNETIZER「RD-3
○オーブ(ORB)のハンディ型静電気除去機(デスタットハンディ)「SN-03
○SFCの除電ブラシ「SK2」やCD用帯電イレーサー「SK-CD/RD
などの効能は既に十分承知しており、中には私自身実際に使っている製品もあります。
確かにN氏が言われるように、その効果は処理直後に限定され、再生の度に処理しなければならず、その効果がずっと続かないものかと従来から感じていました。

個々の製品を紹介する前に、まず“エレスタ”について説明しておきたいと思います。エレスタは、「Hi-Fi Audio Accessory G-Clef(ジークレフ)」が製造・販売する除電アイテムで、“エレスタ”はエレクトロスタティック(静電気)を略した造語で、本来ブランドを“ジークレフ”とすべきですが、オーディオ業界には既に“ジークレフ音響”という当社も取引のあるメーカーが存在することもあり、敢えて商品名のエレスタをブランド名としています。因みにジークレフとは“ト音記号 ”のことです。

さて、ここでエレスタの説明で使われている「静電気」と「マイナスイオン」について少し触れておきます。
私自身がそうなのですが、オーディオ業界では、機器の「静電気の帯電」と「磁気の帯磁」とをごっちゃに考えてしまっています。しかし、専門家に言わせると、物理現象としても異なるし、因果関係など全くないと言うことになってしまいます。
また「マイナスイオン」についても、科学者によってはマイナスイオンの効果効能は実証されておらず、非科学であり、「科学的迷信」とまで断言しています。
しかし我々はオーディオ愛好家でこそあれ、電気の専門家や科学者ではありません。音がすべてなのです。「音が良くなるなら理論はどうでも良い」と言うのが本音ではないでしょうか。

そう言う訳でエレスタの2製品を自宅で試聴しましたので、その音質改善度をリポートさせていただきます。
Elesta Standard Ⅵ(スタンダード6)vol.3
  寸法:(W)46×(D)46×(H)7 mm 、重量:約38g 

Standard6vol3_3 
◆CDプレーヤーやアンプのトップパネルに置くだけで、ワンクラス上の音質を実現
◆パソコン本体・USB DAC・ディスク トップオーディオのトップパネルに置くだけで機器が発生させるノイズを取り去り、手軽に音質をグレードアップする画期的製品
◆各種プラグ・ターミナル・ケーブルも除電

Elesta Standard ⅤEX(スタンダード5 EX)vol.10
   寸法:(W)106×(D)56×(H)9.5mm 、重量:約180g

Standard5exvol10_3  
◆大型パワーアンプにも対応、オーディオ機器のトップパネルに置くだけで、ワンクラス上の音質を実現
◆大量のマイナスイオンにより、機器全体がイオン化されるので大型の製品も効果的に除電でき、帯電した事により発生するノイズを効果的に取り去り、全帯域で見通しの良いクリアなサウンドに変化


【試聴リポート】
自宅のオーディオ装置に、普段から行っているNODOST(ノードスト)のシステム・セットアップ&チューニング・ディスク「TD1」の47track/System Burn-In(PCにリッピング)によるバーンイン(慣らし運転)を約20分間実施した後、試聴を初めました。

エレスタスタンダード6 vol.3」~試聴には2個使用

・まずPCオーディオ用に使っているディストップパソコンの天板に載せてみました。すると薄いベールを一枚剥がしたように透明度が上がり、響きも若干豊かになりました。また、ピアノの打鍵でのまとわりつく感じが減り、滑らかなサウンドへと変化したのです。

・次にパソコンに刺さっているUSBケーブルの端子の上にも載せてみました。すると音に立体感が感じられ、余韻がきれいに伸びるようになったのです。この当たりは聴くジャンルや曲によっても感じ方が変わる所ですので、微妙なものとしておきます。

・そして、USBケーブルに使ったエレスタをD/Aコンバーターの天板の載せてみました。音場感がさらに広がり、サウンドが立体的に見えるようになりました。

これらの効果は、エレスタを使用することで、再生音のS/Nが改善され、透明度が上がった結果感じられるようになったものだと思います。それは、本来ソフトに入っている情報そのものに、何も足さず、そして何も引かずに再現した結果で、実に素直な雑味のないサウンドが得られたのでした。

エレスタスタンダード5EX vol.10」~試聴には2個使用

・先の「スタンダード6 vol.3」はそのままパソコンとD/Aコンバーターに使った状態で、大型の「スタンダード5EX vol.10」をパワーアンプの天板に載せました。載せた瞬間スーッと静かになり、くっきり、すっきりしたサウンドに変化しました。明らかに透明度が上がり、音の見通しが良くなった結果でしょうが、最低域への伸びも若干感じられるようになりました。

・そして最後に、個人的には全く改善を期待していなかった管球式プリアンプLUX「CL-32」の天板に載せてみました。するとどうでしょう・・・。明かに再生音がスピードアップしたではありませんか。分解能が向上し、音像は立体的になり、音の抜けも非常に良くなり、従来聞こえなかった音まで聞こえてきたのです。

先に述べたように、30年も前の旧式プリアンプ(音が好きだからいまだに使っているのですが) 、しかも真空管を横に寝かせて配置し、高さを抑えたスリムな筐体、およそ静電気や帯磁の影響など眼中になく設計されたであろうレトロなアンプ。それが私の好きな音の優しさを残しつつも、音のキレが良くなり、明らかに立ち上がりも良くなって、最新型のハイエンドアンプのように、透明度の高いハイスピードアンプに変貌を遂げたのです。

私なりの想像では、この「CL-32」のような前時代的な製品は、静電気や磁界などへの対策は皆無であり、アースラインや電源周りの対策もほとんど行われていなかったのではないでしょうか。それ故エレスタが実に効果的に音質改善に結びついたのだと思います。

また私が大いに感動したのは、具体的には(大変個人的な好みで申し訳ないのですが)、鬼平犯科帳のエンディングテーマでお馴染みの「インスピレーション」が、かつて聴いたことのない情報量で鳴り出したのです。これはジプシーキングスの演奏ですが、お世辞にもハイファイとは言えない録音であり、リラックスして聞くならいざ知らず、テスト試聴には絶対に使わない楽曲です。それが本当に過去最高の音質で鳴ったのです。情報量が圧倒的に増えたのでした。そしてもう1曲は、私自身、音の立ち上がりの確認のテストによく使用しているフェイキーの「トゥー・ザ・リミット/クロ-ス・トゥー・ユー」を演奏した時でした。その凄まじいスピード感にたまげてしまいました。ギターの弦を弾(はじ)く音や胴を叩く音が非常にリアルで、立ち上がりの鋭さは生そのものでした。

この様に、エレスタを使用することによる改善度合いは、オーディオ機器やお聴きになるソフト、そして聴く人の好みによる差こそあれ、透明度は明らかに向上し、実にクリアなサウンドを実現します。これらはすべてS/Nの向上による結果だと確信いたします。そして何よりこのエレスタの最大のメリットは「メンテナンスフリー」に尽きると思います。

永久にこのクリアサウンドが手に入るのですから・・・。 エレスタ製品の一覧はこちらです。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)