« 通"好みの真空管搭載ポータブルヘッドホンアンプ『 NIK58TUBE 』 | メイン | FOSTEXよりFE-103発売50周年記念の限定モデル「FE-103SOL」新発売!! »

2014年1月20日 (月)

インフラノイズ“SPEAKER LIBERAMENTE”は究極?

あさやん「担当者のコメント」 by asakura

★あらゆるスピーカーケーブルをやり尽くしたオーディオファイルにお勧め

Joshin-webでのスピーカーケーブルの掲載数は、このブログを記入時で、実に約1000アイテムほどございます。メーター数百円から数百万円まで、その価格のダイナミックレンジは実に4桁(10000倍)にも上ります。

40数年前、私がオーディオを始めた頃、スピーカーケーブルで音が変わるなどと言うことは、全く言われていませんでした(一部の超マニアの間では、音質が良いと言うことでスタジオ仕様の業務用ケーブルが使われていました)。当時ケーブルは何でも良く、とりあえず50芯の赤と黒や青と白のケーブルが、スピーカーケーブルとしてオーディオ売場に置かれていました。

しかし確か30年程前、某オーディオ誌でオーディオ評論家の江川三郎氏が、「スピーカーケーブルで音が変わる」と言い始めたと記憶しています。さらに、故長岡鉄男氏が屋内配線用のキャブタイヤケーブルが一番と言い始め、ケーブル論争に火が点いたのです。その後は、雨後の筍の如く、国産だけではなく海外製品も入り交じっての音質論争が展開されたのでした。

かく言う私も購入はもちろんですが、仕事柄試作品や試聴サンプルもお借りできる立場でしたので、国内外のありとあらゆるスピーカーケーブルを聴いてきました。そしてある時期行き着いたのが、「単線の電話線」でした。その音のストレートさクリアさは、低音不足や潤い不足を補ってあまりあるものでした(あくまで当時の感覚ですので、悪しからず)。しかしその後、またぞろ新しいケーブルが出る度にこれもいい、あれも良かったと触手を動かされて、今日に至っています。 

そんな昨年(2013年)秋、インフラノイズ(ORTHO SPECTRUM)から“SPEAKER LIBERAMENTE”が、デジタルリベラメンテ(デジタルケーブル)、アナログリベラメンテ(インターコネクトケーブル)、クロックリベラメンテ(ワードクロック専用ケーブル)に続いて発表されたのです。それはそれまでの“リベラメンテ”同様、純毛のブルーのウールケーブルジャケットに包まれており、その内部にどんな線材が使われているのか、もちろんその材質なども一切公表されていません。

インフラノイズのホームページにも

●音楽再生専用スピーカーケーブル ●ヒアリング、手造りによる組立とチューニング ●特殊構造による外来ノイズ遮断 ●SDL(シンセティック・ダンピング・リキッド)により振動コントロールされた超高分子量繊維による整振構造 ●100%の純毛を編み上げたウールケーブルジャケットによる音質調整

とあるだけです。とにかく音で勝負であり、実に挑戦的な簡単な内容でもあると言えます。

その“SPEAKER LIBERAMENTE”のエージングが完了した試聴用ケーブルをお借りして、自宅で試聴しましたので報告致します。

まず頭に浮かんだ言葉のは、ズバリ『音楽性』です。ありふれた言葉ですが、すべてを言い表しているのも事実です。低域がどうの、高域どうのと言った物理特性を、一切気にしていない自分がそこにありました。スピーカーが、音楽が、実に活き活きとそして優しく歌い始めたのです。もちろんそれは色付けされたものではなく、音源に使ったソフト本来の音であり、密度感・キメの細かさは、神経質とは対局の心地よい軽やかなサウンドなのです。

もし、“SPEAKER LIBERAMENTE”をお使いになって期待程でも・・・と、感じたのでしたら、インフラノイズ指定の方向とは反対に繋いでみて下さい。きっとそれが、貴方にとっての‘ベストアンサー’になると思います。

長さは1.3m、2.6m、3.9m、5.2m、6.5mとありますが、これも音質調整の結果の長さだそうです。(※7.8m、9.1m、10.4mも追加されました。11.7m以上の仕様については特別注文品となります。)

インフラノイズ|スピーカーケーブル<BR>【1.3m(2本1組)】|SPL-1.3

インフラノイズ スピーカーケーブル【1.3m(2本1組)】
 《ORTHO SPECTRUM》 SPL-1.3
 

 

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)