« ティアックからフォノ入力も装備したCDレコーダー/カセットデッキ「AD-RW950-S」が新登場! | メイン | アナログの実力を最大限発揮させるアクセサリー3種! »

2015年3月10日 (火)

本格的にアナログ再生を目指す方にお勧めするクリーナー3種!

こんにちは、ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です。
本日は、久々にもう一度アナログ再生にチャレンジしようとお思いの方にもお勧めする、クリーナー3種をご紹介します。30年前のアナログ全盛時代のサウンドが蘇ります!

久々に、お気に入りのレコードを聴いてみませんか?

アナログプレーヤーを新たに買い換えられた方はともかくとして、多くのオーディオファン・音楽ファンの皆様は、ご自分やご家族が過去に使っていたアナログプレーヤーやカートリッジを引っ張りだして、久々に懐かしいお気に入りのアナログレコード(ブラックディスク)をお聴きになりたいのではないでしょうか。

しかし、保存状態が良くないプレーヤーは、最悪の場合、駆動モーターが壊れてしまっていることもあります。プレーヤー自体は比較的単純な構造のため、余程湿気の多い環境に放置されてない限り、無事の場合が多いと思います。

万一ターンテーブルが回転しない場合は、ベルトドライブならベルトの交換で済むこともありますので、まずはプーリーの回転をご確認下さい。もし、プーリーが回転していなかったり、ダイレクトドライブ(DD方式)のプレーヤーでターンテーブルが回転してしない場合は、モーターが故障している可能性が考えられます。ほとんどの場合、現時点ではサービスパーツがなく、修理は不可能と思われます。

また、カートリッジは非常に繊細ですので、プレーヤーのトーンアームに装着したまま、前述のような悪条件の場所に置かれていた場合は、非常に心配な事態です。アームから外して比較的乾燥した状態で保存されていたなら、おそらくカートリッジ自体は、無事な場合が多いと思います。

まずは、アナログレコードを聴くにあたり、プレーヤーやレコードをクリーニングするアイテムをご紹介します。私も愛用しているクリーニングアイテムです。


お勧めクリーナー その1『 レイカ スタイラスクリーナー 』


一流メーカー製で当時有名だったカートリッジをお持ちでしたら、この「DR-STYLUS」があれば、針先が蘇ります。過去に、スプレー式のレコードクリーナーや帯電防止剤をお使いになっておられた場合、虫眼鏡でご覧いただくと針先にコッテリとタール状の物質が固着していたり、綿埃で針先のダイヤチップが隠れてしまっていたりしていないでしょうか。

これらは、通常のスタイラスクリーナーではなかなか取れませんし、クリーナー液を付けすぎると最悪の場合、毛細管現象でカートリッジ内部に液体がしみこんでしまうことも考えられます。

そこで、この「DR-STYLUS」の登場です。付属の点滴用のプレートにほんの一滴だけクリーナー液を落とし、ミクロン・クリーナーブラシにそれを染みこませるだけです。そして、カンチレバーの針先をそっと撫でるだけで、「あら不思議!」と綺麗なダイアモンドの針先チップが現れます。

しかも、透き通るような(ダイヤの屈折率が高く全反射するため)綺麗な針先です。通常、針の寿命は500時間程度と言われますが、私の経験から、余程の悪条件で使用しない限り、モノは地上最高の硬度を持つダイヤですから、そう簡単にスリ減ることもないのです。おそらく、針先はこれで新品同様になります。

また、「DR-STYLUS」は約5ccしか入ってないのに高価だとお感じになると思いますが、スプレー式レコードクリーナーを使わなければ、針先のクリーニングはそんなに頻繁に行う必要がないことから、こぼしたり、蒸発でもしない限り、おそらく「一生モノ」といっても過言ではないと思います。事実、私は10数年使っていますが、まだまだ使えます。


お勧めクリーナー その2『 アコースティックリバイブ 導通向上クリーナー 』


カートリッジのお尻の4つの出力ピンやリード線、そしてヘッドシェルのリード線端子、トーンアームのシェルとの接合部分は、非常に小さい電力(電圧でライン系の100分の1程度)を扱っており、ちょっとした汚れやサビでも大きな影響を受けてしまいます。そこで、クリーニングが必須になってきます。

これには、通称 アコリバ(アコースティックリバイブ)の「ECI100」が使いやすく、クリーニングに加え、導通性の向上も図れることから、一石二鳥の効果があります。

綿棒にシュッと一押しスプレーして、それぞれの接点を優しく拭くと、あまり汚れが目立たなくても、「あら不思議!」と綿棒が黒く変色してしまいます。そして、端子は金色(もちろん金メッキの場合)に輝いてきます。これらは錆びで、空気中の水分などにより酸化が進んでいたものと思われます。

これにより音質はクリアになり、雑味が消え、サウンドの見通しが非常に良くなります。


お勧めクリーナー その3『 レイカ バランスウオッシャー33 』


アナログレコード全盛時代の1970~80年代前半に、このレコードクリーナーが存在していたなら、アナログレコードがあんなに急激にCDに取って代わられることは、なかったのではないかとさえ思ったクリーナーが、1993年にオーディオ界に登場したレイカの「バランスウオッシャー33」です。

アナログレコードの最大のネックは、ホコリが付きやすい(重力によるホコリの落下と静電気によるホコリの引き寄せ)ことです。当時、ありとあらゆる種類のクリーナーが国内外を問わず、数え切れない程のメーカーから、数多くの種類の製品が発売されていました。しかし、ことクリーニングに関しては、ついに決定打は現れず、数種類のクリーナーを組み合わせて、なんとか見えるホコリを除去するのが精一杯でした。

また、昔からあったスプレー式のレコードクリーナーは、不純物が入っていたりやレコードの素材である塩化ビニールにダメージを与え(あくまで当時の製品)、かえってノイズが増えたり、時には帯電防止剤が塩ビを溶かして、音溝の奥に溜めてしまうようなものまで存在しました。

果ては、先日亡くなられたオーディオ評論家の江川三郎先生などは、レコードを水で洗ったり、固く絞った雑巾で盤面をゴシゴシ拭くやり方なども提案されましたが、なけなしのお金で買った大切なアナログレコード盤に、それらを実行する勇気は、当時の私にはありませんでした。

レコードの新譜がほとんど発表されなくなっていた1993年、レイカという新しいブランドを立ち上げたのがレイカの大越さんです。「バランスウオッシャー33」は当時としては画期的な2液式のクリーナーで、A液でレコードのカビや汚れ成分だけを安全に落とし、B液で音質向上と保存作用を持たせたクリーナーで、レコードに有害な帯電防止剤を一切使わず、レコードの静電気を除電させる効果も併せ持っていました。また、B液でコーティングするとレコード針も長持ちします。

このように、大切な初期盤や廃盤、貴重盤などのデリケートな盤のクリーニングにももってこいで、安心してお使いいただける画期的なレコードクリーナーなのです。今回取り上げた「BW-33-EX」はあくまでお試しセットでして、ヘビーユーザー向けには200cc入りのA液「BW-33-A」とB液「BW-33-B」があり、専用のクリーニングクロス「ビスコ33(30枚入)」も用意されています。

お試しセットの「BW-33-EX」では、付属のクリーニングクロス(ビスコ33)5枚では必ず足りなくなりますので、一緒に1セット追加購入しておいていただければと思います。このセットで、10枚から20枚のレコードのクリーニングが可能(レコード盤の汚れ具合によって変わります)です。初めての方は、A液を使いすぎてしまいますのでご注意ください。

なお、SPレコード(78回転)の収集家には、SPレコード(LPレコードとは素材が違うため)専用クリーナー・バランスウオッシャー78 マスターセット「BW-78-MS」が用意されています。

発売から20年以上経過しているにも関わらず、非常に多くのリピーターがおられるということこそ「バランスウオッシャー33」の素晴らしさを証明しているともいえます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。(あさやん)

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)