« デノンの新AVアンプ『AVR-X1200W』のご紹介です! | メイン | オーディオテクニカのUSB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ『AT-PHA100』のご紹介です! »

2015年8月11日 (火)

摩訶不思議? 画期的な除電アイテム『 Elesta 』の実力に迫る!

こんにちは、ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です。
本日は、数々の除電アイテムを発売している『 Elesta (エレスタ) 』製品を取り上げます。効果について、半信半疑の方もいらっしゃると思いますが、除電することによるメリットと、私がお勧めする6アイテムをご紹介します。

Elesta (エレスタ) 製品

(写真は、Standard plus vol.2)


Elesta(エレスタ)というメーカー

Elestaという名前をご存知の方は、オーディオアクセサリーにかなりお詳しい方だと想像できます。なぜなら、これまでオーディオ雑誌に広告を出していませんし、広告が出ていないということから、記事としてもほとんど取り上げられることがなかったため、Elestaは知る人ぞ知るメーカーなのです。

Elestaは、TEAC出身の野村典彦氏が、個人で運営するHi-Fiオーディオアクセサリーのメーカーです。元々「G-Clef」というブランド名を使っていましたが、現在は製品名と同じ「Elesta」に変更されています。

では、野村氏の考え方について、私なりに解説していきましょう。


オーディオ機器が帯電するのは避けられない?

オーディオ機器が静電気の影響を一切受けないと仮定すると、今お使いの機器は驚くほどのパフォーマンスを発揮します。

しかし、オーディオ機器は電気を動力にしていますので、電流が流れると、機器は必ず帯電してしまい、機器の性能は通電時間とともに劣化してしまいます。

現在のオーディオ機器は、そのほとんどが電気工学に基づいて構成され、音質改善がなされていますが、自然科学を応用した理論で改善しようと考え出されたのが、このElesta製品なのです。


厄介な静電気を取り除くElesta製品。さて、その動作原理とは?

Elesta製品は、常温において、機器に作用するレベルのマイナスイオンを発生させます。

このマイナスイオンにより、オーディオ機器やディスクに帯電した静電気を取り除くことができ、再生音をクリアにします。

自然界には、単体でマイナスイオンを発生する鉱石は数多く存在します。

鉱石単体が常温で発生するマイナスイオンの量は非常に僅かで、外部から電流や熱などの刺激を与えないと、効果をもたらすほどのマイナスイオンは発生しません。

しかし、Elesta製品は天然鉱石の組み合わせで作られていて、エネルギーレベルが非常に高い天然鉱石を組み合わせることで、全ての物質が連鎖的に効率よくイオン化されるのだそうです。

イオン化された「電子パーツ」「内部配線」「基板」「ケーブル」などでは、原子の動きが分子の動きに比べてはるかに速くなり、効率も良くなり、分子同士の衝突によるエネルギーロスが大幅に減少するため、オーディオ機器が本来持つ性能を最大限発揮させられるのだそうです。

Elesta製品は、ただ対象物(オーディオ機器など)に置くだけで、『 機器の本来持つパフォーマンスを最高の状態にキープできる 』という理論から、考え出されています。


オーディオ機器を除電するとS/N感が上がり、雑味の無い生(なま)音に限りなく近づく。

従来、ケーブルやディスクなどの比較的小さなアイテムでは、各種器具や液体などで除電することができ、その効果も認知されてきました。

しかし、大型のアンプやCDプレーヤーなどのオーディオ機器では、本来の音楽信号と帯電した微弱信号を区別できず、どちらも同じように増幅してしまいます。

その結果、ノイズも増幅され、S/Nが悪くなり、雑味感が加わってしまっていました。これらは従来の方法では除電できず、従来、何の対策もされないまま見過ごされていました。

そんな中、Elesta製品が登場しました。

機器やパーツにただ置くだけで、帯電した大型のオーディオ機器やプラグ・ケーブル・ディスクなどの静電気を取り除き、S/Nの良い、クリアで、本来のオリジナルの音楽信号を再現できるのです。


レコードやCDにも帯電します。

レコード盤やCD/DVDなどの光ディスクは、素材自体が静電気の影響を強く受ける上、再生の際には回転するため、必ず空気との摩擦で静電気が発生してしまいます。

レコード盤やディスクも除電しなくては、クリアな音の再生は望めないのです。

Elesta製品には、ディスクやレコードに貼ったり、載せたりするだけの簡単な操作で、メンテナンスの必要のない製品も用意されています。


他社の除電製品と違う点

従来からあった他社の除電製品では、確かに除電直後は音質改善効果は認められましたが、通電や回転させたりすると、再び帯電してしまい、除電直後の効果を持続できませんでした。

一方、Elesta製品は機器に常時装着した(置いた)状態ですので、通電してもその効果が変わりません。

音質はイコライジングされたようなものではなく、ノイズ成分だけが取り除かれた、実にクリアで自然な音質を実現できるのです。

また、Elesta製品は脱着の手間もなく、メンテナンスフリーです。


私が実際に使ってその効果を確かめた「オススメの6アイテム」をご紹介


Standard Carbon Vol.5
  1. Standard Carbon Vol.5 (鉱石量:5g)

    筐体に新素材ドライカーボンを採用したElestaの最新アイテム。ドライカーボンの制振効果が加わり効果絶大。USB-DACに載せる(上の写真)だけで、S/N感、透明感、滑らか感が大幅に向上。

  2. Standard VII Vol.5 (鉱石量:5g)

    12cm角、厚さ約1mmの薄いシート状のアイテム。放熱の大きくない機器なら天板に載せるだけで穏やかに作用します。マイルドでやさしいそよ風の様な変化が楽しめます。

  3. Standard Plus Vol.2 (鉱石量:2g)[2個1組]

    3cm角の小さいアイテム。RCAプラグや電源プラグにただ載せるだけで、ノイズ感が消え滑らかなサウンドになります。今までノイズに埋もれていた音が蘇ります。

  4. Standard V EX Vol.10 (鉱石量:10g)

    10cm×5cmと、Elestaでは最大。EXは低音の量感が増すようにチューニングされています。特にパワーアンプでは、豊かで自然な中低域と圧倒的な情報量が実現します。

  5. Disc Stabilizer Vol.5 (鉱石量:5g)

    木管楽器に使われる響きの良い黒檀製のレコードスタビライザー、演奏中も除電し続ける画期的なアイテム。静電気がほとんど感じられなくなります。こんな製品がアナログ全盛期にあれば…とつい考えてしまいます。

  6. for Analog Disc Vol.1 (鉱石量:1g)

    直径9.5cmの円盤。ターテーブルシートの上に置くだけで毎回セッティングする必要のないメンテナンスフリー構造。前述のDisc Stabilizerと併用することでさらに効果的です。

※いずれも不思議なことに、機器から離すとしばらくして元の状態に戻ってしまいます。


最後に

『 摩訶不思議? でも、理論的なElesta。 』  …  その効果をぜひ体感してください。
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。(あさやん)

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)