« YAMAHAハイエンドスピーカーの歴史を変える実力機『 330シリーズ 』 | メイン | いま最も注目に値するD/Aコンバーター「Brooklyn DAC」。最新技術「MQA」に対応して登場!! »

2016年6月16日 (木)

【4種の素材を黄金比でハイブリッド】ゾノトーンのスピーカーケーブル『6NSP-Granster 2200α』のご紹介です!

ボーダー

いつもJoshin webをご利用いただき、誠にありがとうございます。中2の夏休みは朝から晩までゲームをしていたボーダーです、こんにちわ。


あれは忘れもしない、中学2年生の夏。

朝起きて。ゲーム。昼ごはん食べて。ゲーム。少し休憩を挟んで。ゲーム。ひどい時は、そんな毎日を過ごしていました。合計8時間ですね。ドハマリの時期です。

高校受験の勉強も必要なく、夏休みに入る前に夏休みの宿題を終わらせていた私にとっては、まさにゲームの為の夏休みでした。


そんなことを考えていて、ふと。「誰にも攻略情報を聞かずに、最初から最後まで完全に自分の力だけで攻略したゲームは、何のタイトルか?」と思いました。

いろいろなゲームが、今の私の血となり肉となっているわけですが、よくよく考えてみたら、必ず誰かしらから情報を得てプレイしていたということですね。

友達に情報を聞いて攻略、雑誌から得た情報で攻略、すでに誰かがやっていたのをみて攻略…などなど…。

そんな中、昔の記憶を辿って、本当に誰の助けも借りずに攻略したのは…


『レッドアリーマー(ゲームボーイ)』


だったのだと。レッドアリーマーといえば、名作『魔界村』の難敵として有名ですが、その難敵を主人公にフィーチャーした作品でした。

アクションとRPG的要素が融合し、雰囲気は魔界村を踏襲し、ホバリングや壁に掴まるレッドアリーマーを操作する面白さと、丁度良いゲーム難易度が、とても楽しい作品でした。

本当に思い出深い。…そう、あの頃のような純粋な気持ちでゲームがしたい…。


はい。今回もどうでもいい話でしたね。


さて、本日はゾノトーンのスピーカーケーブル『6NSP-Granster 2200α』のご紹介です。




ゾノトーン
切り売り/1m単位 スピーカーケーブル
6NSP-Granster 2200α


~商品概要~

『6NSP-Granster 2200α』は、導体に超高純度6NCu、高機能純銅線HiFC、高純度無酸素銅線PCUHD、高純度無酸素銅OFCをハイブリッドして使用したスピーカーケーブルです。

この4つの素材は、絶妙な黄金比でハイブリッドされているそうで、澄んだ高域、ふくよかな中域、重みのある低域の再生を可能にしたとのこと。

導体はマルチストランド・スパイラル仕上げとし、2芯シールド構造となっています。


今回は、端切れの部分も注目したのですが、本当に入念に編み込まれている様子が分かりました。

中央の太い導体を細い導体が捻じりながら取り囲むように構成され、ゾノトーンのカラーであるブルージャケットの内側をアルミでシールドするという構造でした。

実際のゾノトーンの製造現場の動画も見せてもらったのですが、本当に紡績工場のような装置で、ケーブルを製造していました。

正直、これらスピーカーケーブルがどのように製造されているかは大体予想はしていたのですが、実際の映像を見てみると、「ケーブル製造へのこだわり」を改めてひしひしと感じるものがありました。


さらに、6NSP-Granster 2200αは「エントリークラス」という位置付けである事実。素材、構造にこれだけコストを注ぎ込む気概に、尚更、意気込みを感じます。


~レビュー~

さて今回も、デモケーブルをお借りして、そのサウンドを確かめてみました。

一聴して感じたのは、「音のエネルギー感、前後感、厚み」がとても重厚に感じられるということです。

以前、ご紹介した6NSP-Granster 7700α Y2B2も「音のエネルギー、厚み、定位」がとても素晴らしく、印象的なケーブルでした。

確かに、2200αはその域には達していないようにも感じましたが、それでも非常にレベルが高く、「クラスを超えた」という表現がピッタリなサウンドと感じました。


最も印象強く感じたのは、「低域の張り出し」です。

低音がしっかり、ドッシリ感じられ、音場の基礎をがっちり作りこむようでした。

ボワボワした様子は感じられず、大きく明瞭な様子を感じます。やはりポップス、ロックなどでドラムの響きが感じられるのがとても心地良く感じました。


そして、ボーカル。ここについては7700αに微妙に届かないような、少し落ち着いた印象を受けました。

パッキリとした明瞭さでは無いように思いますが、ボヤける印象はもちろん感じません。どちらかというと、ウォーム系、丸みを少しだけ帯びた快活なボーカルと思います。乾いているのではなく、少し湿りを感じるというか…。


高音域の伸びは、スラリとしたモデルのようでした。刃物のような鋭さは控えめに、きらりと光るようなサウンドを感じました。

明瞭でピッチリしたイメージが強く、しかしキンキンするようなことは無い。寝起きに聴いたら心地良く目覚めることができそうな、健康的な体を感じるサウンドでした。


6NSP-Granster 2200αは、とてもバランスの良いケーブルと思います。

このクオリティで1メートルの切売単価が2,000円程なのです。価格的にも手頃と思いますし、ぜひ一度試していただきたいと思わずにいられません。

例えば、ホームシアターのシステム構築時には、結構なメートル数のスピーカーケーブルが必要になるかと思います。そんな時に、2200αを使っていただければ、質はもちろん、費用も抑えることができるのではないでしょうか。たとえ10m必要になったとしても…。


ゾノトーン『6NSP-Granster 2200α』は、まさに”クラスを超えた”スピーカーケーブルとして、おすすめできる商品と思います。

単価もお手頃ですし、エントリークラスとは思えないほど、素材と質に力が入っているケーブルと思います。オーディオシステムの手軽なグレードアップにぜひ一度ご検討ください。


それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

Joshinネットショッピング

  • Joshinネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)