« 『 電源の重要性 Vol.2 』 ~電源環境を見直そう! ハイエンド編~ | メイン | 【NewVintage】TEACの新世代フラッグシップモデル「NR-7CD」をご紹介します »

2017年2月 9日 (木)

【通すだけで音質改善!?】中村製作所のアモルメットコアのご案内です。


みな様、こんにちは!

早くも2017年が始まって1ヶ月が過ぎ、あっという間に節分豆まきの月になりました。
オーディオ/シアター界隈ではCES2017の熱も冷めない今日この頃。
今年もシアター系が熱いなぁと思っているとうふです。

さて、今回ご案内は。。。こちら

中村製作所
ノイズ吸収リングコア
アモルメットコア

電源トランスなどで著名な中村製作所のオーディオアクセサリ「アモルメットコア」です。
オーディオ雑誌等で取り上げられており、その効果からも非常に高い評価を得ているノイズ吸収アクセサリです。

使い方はいたって簡単。
アモルメットコアの穴にケーブルを通すだけ”です。


【ご注意!!】
コアの穴はモデルによっても異なりますがだいたいφ5.0mm~14.0mmになっています。
完成品のケーブルでは「プラグが邪魔で通らない」等がありますので必ずモデルと穴径、そして使用するケーブルの口径をご確認くださいませ!!

と、いうわけでさっそく試聴機をお借りしましたので、そのレポートです。
なお今回は手軽にその変化を楽しむためにポータブルプレーヤーとイヤホンで実験してみました。
イヤホンケーブルをアモルメットコアの穴に通して、その変化を確かめてみましたが、いやこれは凄い。 解像度が大きく向上し、音の濁りやもたつきが大きく改善されます。

テストによく使用しているQueenのWe Will Rock You(グレイテスト・ヒッツより)の冒頭、床を踏み鳴らす音が非常に解りやすく、一音一音がアモルメットコアを通す事で綺麗に分離します。
ともすれば団子状に音がだらしなく連なって聴こえる部分が、ビシッと整然と連なって聴こえます
全体的に音の抑揚も現れることでイヤホンの格が上がったように錯覚しました。

今回お借りしているのは最大サイズのNS-285ですが、 NS-145等ですと穴の口径がφ6.5mmなので、細身のプラグのケーブルなら十分、通すことが出来るでしょう。
更に価格も半額以下でポータブルユーザーには断然NS-145あたりが良いでしょうね。


とうふ的アモルメットコアの5段階評価
音の変化  :★★★★:非常に解りやすいです。驚かせてもらいました『5点』
サイズ感  :★★★★:指先サイズからあり、場所を選びません。勿論『5点』
見た目    :★   :あえて欠点を挙げるなら見た目、でしょうか。『2点』
コスパ    :★★  :サイズが大きくなると急に高価に。解るんだけど...うん『3点』
総合評価  :★★★★:穴に通すだけという手軽さでこの効果。当然『5点』!


それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)