« 【宝石と金属のあわせ技!】ナガオカのハイブリッドインシュレーターの取り扱いを開始しました! | メイン | KOJO「Force bar EP」 ~仮想アースを考える~ »

2017年4月 6日 (木)

【e-TP60】電源タップへの入門に!

ボーダー

いつもJoshin webをご利用いただき、誠にありがとうございます。

最近、新しいCDが欲しくなってきたボーダーです、こんにちわ。


いつも聴いている音楽も、ちょっとヘビーローテーション気味になってくると、少し新しい風というか、気分転換したくなりますよね。

80年代か、90年代か、最近はやりのアイドルの曲でも、EDMでも…。


さて、本日はフルテックの電源タップ『e-TP60』のご紹介です。


フルテック
電源タップ
e-TP60

■【商品概要】■

『e-TP60』はフルテックの電源タップで、エントリークラスの位置付けとなっております。

内部配線にフルテックの「μ-14」を使用し、コンセントもフルテックの高品質なオーディオグレードのものを採用。このコンセントは24K金メッキ処理のα導体によって、ロスのない信号伝達を可能にしています。

また、本体の底部には特殊な電磁波吸収素材「GC-303」を使用し、非接触でノイズ対策を施しています。


コンセントについては、3極タイプを6口としているので、口数としては、ほぼ事足りるのではと思います。プリアンプ、パワーアンプ、CDプレーヤーにDAC、パソコン、アナログプレーヤー…。

コンパクトな筐体サイズですし、お値段も結構お手頃な部類ではないでしょうか。


それではさっそく、試してみましょう。


■【試聴レビュー】■

今回もメーカーより実機をお借りして聴いてみました。(写真を撮り忘れた…!!)

壁からe-TP60への電源ケーブルはごく一般的なものを使用しています。


さて、一聴して感じるのは『音がグイと持ち上がる』感触です。

e-TP60を使う前に比べると、全体的に沈み込んだ印象だったサウンドが、ガラリと一変。

先程まで、座り込んでいたサウンドが、ガッと持ち上がり、前に出てくるような立体感を感じます。


低音については、ひとつひとつの音がキリッと絞まり、さらに重さが加わるような印象でした。

ドラムやスネアのビート感が一層的確になり、ハキハキしたサウンドに感じます。


中高音域については、焦点がパチッと合い明瞭さが向上。さらに、それぞれの音に磨きをかけ、長年のホコリを落としたような「ピカピカした印象」を受けます。

ボーカルは滲みが無くなって前に出てくるようで、クリアな印象が強くなり、高音域は鋭敏な印象が強くなります。強いパキパキした印象ではなく、爽やかなサウンドを感じます。


電源タップへの入門に、ぜひおすすめしたいと感じましたね。


この他、ハイエンドオーディオブログでは、さまざまな機種を取り上げ、日々、記事を綴っております。こちらもあわせて、ご一読ください。


安定感のあるプリメイン標準機が登場!アキュフェーズ「E-370」をご紹介

斬新なデザインのスピーカー『Chameleon』をレポート!

【Joshin webリファレンスシステムのご紹介!】


それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

Joshinネットショッピング

  • Joshinネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)