« B&WのNEW700シリーズを聴いてきました!! | メイン | アコースティック・リヴァイブ ブランド創設20周年に寄せて ~日本のオーディオ業界にとって『縁の下の力持ち』?!~ »

2017年9月22日 (金)

LUXMANの最高峰プリメインアンプ「L-509-X」を試聴してきました!!

4958136

LUXMANの最高峰プリメインアンプ「L-509-X」が発表されました!!

遂にワンボディセパレートプリメイン「L-509-X」が登場です

ラックスのプリメインアンプにはA級とAB級の2系統があるが、今回発売された「L-509X」はAB級系のフラッグシップモデルとなる。
「L-509」と言う型番は歴代のAB級のフラッグシップにのみ与えられるもので、前モデル「L-509u」から満を持して11年ぶりの登場となる。(L-590u・2006年発売~2011年生産完了)


前面パネルは現行モデルのデザインを継承しているが、実際に目の前で見てみると圧倒的な高級感を感じさせる!

L509x1
最も特徴的なのはトップパネルにパワーアンプ「M-900」と同様のアルミ削りだしのベンチレーション孔を採用していることで他のモデルとは別格の風格を備えているといえる。

フロントパネルも他のモデルとは少し違う雰囲気を持っている、メーターのカラーに採用されたホワイトが品位の高さを感じさせる。(AB級モデルはブルー、A級モデルはイエローが標準モデルのメーターカラー)

L509x
セパレート機器のノウハウを惜しみなく投入されており、プリメインアンプとしては異例とも言えるプリ部の充実が最大のポイントとなっている。
音量調整にはラックスマン独自の電子式音量調整回路の最高峰LECUA100を採用、プリアンプの「C-900u」と同じバッファー回路を移植されており、
安定かつ強力にパワーアンプ部をドライブ!
もちろんパワーアンプの増幅回路にも最高峰のODNFVol4を採用、電源供給能力も「M-700u」と同様の大容量コンデンサーを採用!
出力は控えめの8Ω:120W+120W(量より質を追求!!)だが、4Ω負荷では240W+240Wと完全リニアを達成、ダンピングファクターも370と強力そのもの!!
さすがに「ワンボディーセパレート」と称しているだけあって、妥協をすることなく最新最高の回路と物量を投入されており、所有満足度の高さも桁違いと言える。


※試聴してみました※

Dsc04112
今回は仏のスピーカーメーカー「FOCAL」の発表会も兼ねていたので「FOCAL」の高級フロア型モデル「SOPRAシリーズ」で試聴。
非常に品位が高く完全にセパレートアンプ・クラスの高いレベルのサウンドを聞かせてくれた!!
音場はクリアで広大!聴感上のSN感が抜群で、全くクセを感じさせない見事なサウンドである!!
歴代のラックス製アンプとしては圧巻の透明度を有しており、ラックスらしさを継承しつつも、オーディオクオリティーを最優先として徹底的に追求したものと感じた!国内外のプリメインアンプの頂点と言える完璧なサウンドを聞かせてくれた注目のモデルです!!
FOCALのSOPPRAは3ウェイのダブルウーファーでなかなか手強そうであったが、何らストレスを感じることなく完璧にドライブ、駆動力はかなり高いと思われ、まずドライブ出来ないスピーカーは無いので!!
設計担当の方の話ではフォノ入力にも力を入れておりMC型の高級カートリッジも是非お使い下さいとの事です。


こちらはラックスマン本社の試聴室で、歴代のアンプやCDプレーヤー群が飾られていました、思わず「おっ~懐かしい!!」・・私が使っていた製品はありませんでした(残念)

Dsc04132

Joshinネットショッピング

  • Joshinネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)