« 【限定生産モデル】ローリングストーンズとコラボした珍しいレコードプレーヤーです! | メイン | 究極のデジタルディスクプレーヤー エソテリック『 K-01Xs 』『 K-03Xs 』 »

2018年3月13日 (火)

【気軽にオーディオ入門】デスクトップ・オーディオへの誘い~スピーカー編(その1)~


みな様、こんにちは!
先月末くらいから急に本年度の花粉症を発症したとうふです。
はやくも、辛いです(涙)

さて、前回はプリメインアンプのAI-301DAをご紹介したので、今回は組み合わせるのにお薦めの小型スピーカーをご案内します!

パイオニア
ブックシェルフ型スピーカー【ペア】
S-CN301-LR


エントリーモデルのスピーカーでありながら、
パイオニアのフラッグシップスピーカー「S-EXシリーズ」や、
同社ハイエンドブランドTAD(テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ)で数々の名作スピーカーを開発した、アンドリュー・ジョーンズ氏が開発に携わった事でも有名な、コンパクト・ブックシェルフスピーカーです。

横幅135mmと場所をとらず奥行きも220mm。卓上ユースにもちょうど良いサイズと言えます。

ユニット構成は
・2cm径のソフトドームツィーター
・10cm径のウーファー(グラスファイバー振動板)
2ウェイ構成。
接続はシングルワイヤ接続となり、
スピーカー背面は
・バスレフポート
・スピーカー端子(筐体に直接取付)
とスタンダードな2ウェイ・ブックシェルフの構成になります。

実機を聴いてみると、10cmウーファーからとは思えない量感のある低域に驚かされるでしょう。
小型スピーカーらしい、スピード感に優れた表現と合わさって聴くジャンルをあまり問いません

低・中・高域のバランスに優れた表現を持ち、
小型スピーカーにありがちな"中高域寄りで、低域表現は苦手"という印象とは無縁といえます。
デスクトップ上で使用する事を想定すると、低域は充分とも言えます。
バスレフポートが背面側にあるので、場合によっては壁面との距離を調整して低域を調整する必要があるくらいでしょう。

反応が良く、スピード感にも優れますので、AI-301DAとの組み合わせならば、ロックやポップス系の音楽にマッチするのではないでしょうか。
小口径でありながらも、しっかりとした低域を楽しめるS-CN301-LR。
価格破壊といっても差し支えの無い表現力と相まって、デスクトップ上で使えるコンパクトスピーカーとしてお薦めです!


とうふ的S-CN301-LRの5段階評価
お薦め度 :★★★★:価格・表現力・見た目全てにおいて高レベル『5点』!
表現力  :★★★★:低・中・高のバランスが絶妙です。『5点』!
見た目  :★★★★:安っぽさは微塵もありません。『5点』!
導入度  :★★★★:ジャンルを問わず楽しめ、場所もとりません『5点』!
総合評価 :★★★★:一度は聴いて頂きたい。驚きのコスパです『5点』!

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)