« 最近人気沸騰! ラックスマン・アキュフェーズのプリメインアンプ4機種 ~ 話題のオーディオアクセサリーを使って、その魅力をさらに引き出します ~ | メイン | 最新オーディオアクセサリー事情《 人気アクセサリー ベスト7 》 »

2018年6月26日 (火)

日本橋1ばん館で『福田屋』“出前試聴会”を開催しました!!

ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です 。
Joshin日本橋1ばん館の4階リファレンスルームで、去る6月24日オーディオ評論家:福田雅光氏を お招きして『福田屋』“出前試聴会”を開催しました。 今話題のTELOS(テロス)のアクティブア ース発生器『 GNR Mini 3.1 』を中心に同社製品の詳しい解説と、試聴を交えながら電源環境の重 要性に対するご自身の持論を改めてご披露いただきました。

■ アース対策は今後のハイエンドオーディオの最重要テーマ

 福田氏はオーディオで最も重要なのは電源であるとの考えから、これまで電源ケーブルやコンセン トプラグ、タップなど電源関連製品の紹介を積極的に行って来られました。
それはオーディオにおいて、機器間のラインケーブルは「生命線」であるのに対して、電源ケーブ ルは「運命線」との考えからで、氏自らが数々の製品を発掘し、これまでオーディオファンにご紹 介して来られたのだそうです。

そして最近話題を集めている“バーチャルアース(仮想アース)”についても数々の製品テストを 重ねて来ておられるのですが、効果は確実にあるものの、何故“バーチャルアース”製品が音質を 向上させるのかは、氏を持ってしても未だその理由が分からないと言います。
まして信号が流れない、出ても入っても来ないアースケーブルで音が変わるなど、全く説明が付か ないとも言われていました。またノウハウとして、アース線は必ずしも太いものが有利ではなく、 電源ケーブル等を代用される場合は、2本の線を束ねて使用せず1本だけを使いべきだと氏の豊富な 経験から述べられていました。

オーディオ機器は、コンポーネント個々でシャーシ電位を持っており、通常トータルで2~3V程度 あるとし、これに従来からあるいずれの“バーチャルアース”製品を接続しても、電位には全く変 化はなかっと言います。しかし、TELOS『 GNR Mini 3.1 』では、ほぼ「0 V」を示したと言います 。したがって氏は、『 GNR Mini 3.1 』は“バーチャルアース”ではなく、やはり“アクティブア ース”というのが正しいのではとも言われていました。

1

2_2

 『福田屋』“出前試聴会”の様子

当日は、実際にCDソフト(井筒香奈江の新作やイーグルスの中国ABC盤、1983年発売のブラザース フォアなど)を使用して、『 GNR Mini 3.1 』の“ある時”“ない時”を聴き比べましたが、S/N の悪いお店の試聴室でも、はっきりその差が分かりました。参加されたお客様も感心しきりで聴い ておられました。 従来の“バーチャルアース”で感じるS/N感の向上はもちろんですが、もっと別のメリットがある と福田氏は強調されていました。例えばダイナミックレンジが拡大し、ピアノなどの音像がクッキ リ立ち、音場の広がりは圧倒的でした。さらに低域のダンピング、立体感やクリアな音場は素晴ら しいものでした。

氏は、『 GNR Mini 3.1 』の効果は、アンプの増幅回路動作の最適化によるものではないかとして いました。それはアンプを始めオーディオ機器は、設計段階ではシャーシ電位を「0 V」として設 計しているものの、前述のように「数V」のシャーシ電位は避けられず、結局設計通りの動作に至 っていないのではないかとの考えからだそうです。

そして福田氏は最後に、これだけの効果の得られるアース関連製品は、今の所『 GNR Mini 3.1 』 に代わる製品はないとも断言しておられました。

その後、今回協賛していただいた《TOP WING(トップウイング)》様扱いのiFi-AudioAC電源用アクティブ・ノイズクリーナー『iPurifier AC』、真空管バッファ付プリアンプ『micro iTube2』、 TELOSの電源ノイズ低減器『 QNR 3.1 』や未発表新製品の新型「GNR」、電磁波吸収シートなどを 比較試聴しながら説明していただきました。

この日“出前試聴会”に参加された約40名のオーディオファンの皆様は、貴重な体験をされ十分満足して日本橋1ばん館を後にされました。 (あさやん)

※「試聴会情報」は、Joshin webショップの「高級オーディオ」ページの左側バナーに随時掲載致 しております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

最近の記事

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)