« フェーズメーションが画期的アイテム『EA-350』と『CM-2000』を投入! | メイン | 上杉研究所が放つ「進化型管球アンプ」 ~ 伝説の交流点火動作 直熱三極管パワーアンプ『 U-BROS-300AH 』 »

2019年1月31日 (木)

【木の響きを最大限に活かす】ビクターのハイコンポ、EX-HRシリーズ最新モデル登場しました!


みな様、こんにちは!
急激な冷え込みで体調を崩し気味のとうふです。
身体を温めて、早めの休憩と心も休まる良い音を聴いてぐっすり眠るのが一番ですね!

さて、今回ご案内するのはスピーカーの振動板に木を採用した、"ウッドコーン"で人気のビクター製ハイ・コンポ。
その新シリーズのご案内です!

JVC
Bluetooth対応USB端子搭載ハイコンポーネントシステム
EX-HR99

トップエンドモデルの【EX-HR99】と

JVC
Bluetooth対応USB端子搭載ハイコンポーネントシステム
EX-HR55

その弟分【EX-HR55】の2モデルが展開です!

2003年9月に発表された初代"ウッドコーン"モデル「EX-A1」から15周年を記念した最新モデル
これまでの培った技術を活かし、更にビクタースタジオと共同で行った音響チューニングまで施された贅沢仕様に仕上がっています。

メインユニット(プレーヤー/アンプのレシーバー部)は機能面では特に大きな違いは無く、
トップエンドモデルのみに施された
・サイドウッド
・底板側に施されたアークベース
・真鍮無垢削り出しのインシュレーター(EX-HR55はプラスチックと真鍮のハイブリッド)
が大きな違いです。
"更に高音質へのこだわりを見せた"仕様が心憎いですね。

スピーカーは大きく異なっており、
EX-HR99ではEX-HR55に比べ0.5cm径が大きい、9cm径のフルレンジユニットを搭載。
更にチェリー材の薄型シートを縦・横方向に装着した異方性振動板を採用。
この異方性振動板の効果は非常に高く、ウッドコーンの響きが更にレスポンスが良くなり、響きにも艶のある表現が加わります

磁気回路の後部にウッドブロックを搭載しているのもこのウッドシリーズのスピーカーの特徴ですが、
EX-HR99ではその形状・素材、さらには装着位置までこだわり抜いた設計となっています。
その他にも
吸音材も木のチップ(メイプル)を採用(EX-HR99のみ)
チェリー無垢材のエンクロージャーや
楽器のように響棒(チェリー材)を配置する等
随所に"木の響きへのこだわり、配慮"が見受けられます。

また往年のオーディオファンに心憎い仕上げに、
マスコットキャラクター「ニッパー犬」が本体にプリントされているのもポイントではないでしょうか。
随所に音へのこだわりが施され、
更に名マスコットともいえる"蓄音機に耳を傾ける犬"イラストが燦然と輝く新EX-HRシリーズ!

普通のコンポでは満足できない、ハイエンドオーディオに通ずる音楽性の高い表現をお求めの方にお薦めのハイクラス・コンポです!
お届けは現在2月中旬頃を予定しております。

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)