« USBオーディオの救世主『 iSilencer+ 』『 iDefender+ 』登場! | メイン | DALIを代表する「MENUET(メヌエット)」のスペシャル・エディション『 MENUET SE 』誕生!! »

2020年6月 2日 (火)

コードカンパニーの通称”ノイズ・ポンプ”『 グラウンドアレイ 』を自宅で体感!

こんにちは、ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です。
本日は、コンポーネントの空き端子に挿すだけで高周波ノイズを高効率で吸い上げる「ノイズ・ポンプ」こと『 グラウンドアレイ 』をピックアップ。


自宅のオーディオシステムに導入してみましたので、その結果をレポートします。

■ CHORD COMPANY(コードカンパニー)について
CHORD COMPANY(コードカンパニー)は、1984年にオーディオケーブル専業メーカーとしてイングランドのソールズベリーに設立されました。同社のケーブルは、そのほとんどが英国 ストーンヘンジ近くの自社工場にて、手作業で製作されているそうです。

開発テーマは「人の心に響く音」で、それは線材やシールド等、パーツのスペックを向上するという技術的側面だけでは成し得ません。コードカンパニーは、ケーブルをどのように活かして素晴らしい「音楽」をありのままに伝えるか・・・ここまで考えてこそ、本当の意味で「良いケーブル」を製作できるのだと言います。

同社は高級・高品位ケーブルブランドとして、日本のオーディオ市場でも確固たる地位を占めています。しかし今回取り上げます『 グラウンドアレイ 』はケーブルではなく、その開発途上で得られた同社の高周波ノイズ対策の独自技術である《 チューンドアレイ 》を組み込んで製品化した、”高周波ノイズ対策の最終兵器”とも言えるノイズ吸収プラグです。

コードカンパニーは長年、機器間を繋ぐ回路(=ケーブル)をノイズから守る対策をしてきました。同社は世界に先駆けて音楽・映像信号に高周波ノイズが与える影響を発見したケーブルメーカーで、どんなケーブルでも機器に繋いだ瞬間に、アンテナとしてノイズを拾ってしまう危険性があると指摘したのです。

ただ、ブ~ン(主に50・60Hz)というハムノイズ(低周波ノイズ )なら普通に聴こえるため、それを消しさえすれば(レコードプレーヤーのアースをとる等)、音楽を綺麗に聴くことができるのですが、デジタル機器から出る高周波ノイズは、可聴帯域を遙かに超えた周波数であり、これにより電気信号に歪み(ジッター等)を引き起こして、音楽情報を著しく傷つけてしまっているのです。

近年のデジタル化により家庭内は、スマホや携帯、Wi-Fi、ブルートゥース、LED照明、スイッチング電源などの高周波ノイズで溢れています。さらにはオーディオ機器自体もノイズ発生源となっており、それ自身は勿論、電源やアースを介して、他のオーディオ機器にも影響を与えてしまっているのです。

そんな中で誕生した技術の1つが、同社の「アレイテクノロジー※」です。『 グラウンドアレイ 』はこれを応用し、2年以上の研究期間を経て、機器内部に発生・侵入・蓄積するノイズの除去専用の製品として開発されました。 信号経路の途中に組み込むフィルターや回路ではなく、コールドもしくはグラウンド(アース)の端子のみに作用する設計で、最高度の振動対策・シールドを施していると言います。

※ 「アレイテクノロジー」とは、プラグの接点において信号のごく一部が元の来た方へ反射し、本来の音楽・映像情報に変異を与えるノイズとなってしまう現象である「信号反射」を、アレイ線という追加の導体に反射した信号を導き、熱に変換・発散するのです。

■ 『 グラウンドアレイ 』の原理をチェック
『 グラウンドアレイ 』は、長さ約90mm、重さ約60gのアルミ製のシリンダーケースの内部に、電気的にパッシブ(受け身)な5つの素子が、グラウンドにのみ作用する(ホット等、信号ラインには接触しない)形で組み込まれており、各々異なる帯域を受け持って効率的にノイズを吸収します。そして熱に変換することで発散する、というのが基本的な原理です。

ケースには切削のアルミニウムを採用して、内部のシールドと共に外部のノイズから素子を守っており、『 グラウンドアレイ 』自体がノイズを拾うアンテナとなることを防止しています。また、ケース内は振動減衰に優れた素材で満たされており、共鳴対策も万全です。

そして『 グラウンドアレイ 』は熟練の職人によって非常に精密に製作されており、同時に軽量設計にも配慮され、接続部分の力学的負担は一般的なケーブルを接続した際と同程度に収められています。『 グラウンドアレイ 』はコードカンパニーの長年にわたる高周波対策と「アレイテクノロジー」の蓄積があってこそ誕生したのです。

『 グラウンドアレイ 』は、極めて広帯域の高周波ノイズを高効率で吸い上げることから《 ノイズ・ポンプ 》という愛称も付けられています。使用法は至って簡単で、コンポーネントの空き端子に挿すだけです。アナログ機器やデジタル機器を問わず、あらゆるオーディオ機器にご使用いただけます。

コードカンパニーは、CDプレイヤー等ソース機器の出力端子への接続を勧めています。特にストリーミングをご利用の方は、スイッチングハブがあらゆるオーディオ機器の中で特にノイズに溢れていることを念頭に、接続場所を検討して下さいとしています。

また、基本的にはステレオアンプの場合でも左右どちらかのチャンネルに挿すだけで充分ですが、左右両チャンネルに挿すとより効果的な場合もあります(機器内部の回路によって異なります)。複数の機器各々に接続した場合も、効果的にノイズを吸収します。その他、D/Aコンバーターやストリーミング機器、テレビ等の映像機器にもご使用いただけます。

■ 試聴しました

下側が「GROUND-ARAY-RCA」

何と音出しの瞬間(※)鳥肌が立ちました(※輸入元曰く、効果が出るのに少し時間が掛かると言いましたが)。音楽の背景のザワつきが消え静かになり、全ての帯域にわたって、明らかに雑味のない別次元の音の世界が眼前に広がったのです。

具体的には、ボーカルにあったどうしても取れなかったトゲがスッと取れ、落ち着いて安定感のある、温かい声の人間が現れました。声の肉質感や生々しさは圧巻で、実に立体的かつ、からだ全体で歌うのです。

低域の解像度は圧倒的に改善され、深く沈み込むようになりました。全くボケのないクリアな低音です。高域は伸び伸びとして弾け、キツさは完全に取れ、音量を上げていっても、うるささを全く感じなくなりました。

また、情報量・音数が非常に増えた結果、今まで感じられなかった微妙な部分が出てきたのには正直驚きました。微妙な床の響きやバックの演奏者の動きまで感じる程リアルになったのです。

試用前、これ程の効果があるとは予想もしていませんでした。オーディオ装置のグレードが1ランクではなく、明らかに2ランク以上、上がってしまったのです。えらいことです。手放せなくなってしまいました。

さらに前回取り上げた i-Fi「iSilencer」との相乗効果が現れたのか、PCオーディオ(パソコンによるファイル再生)のサウンドが、かつてないレベルに達したのです。PCオーディオがここまで来るとは・・・正直感動しました。

価格は高いが、まずは1本導入してみてはいかがでしょう。きっと貴方のオーディオへの取り組み方が、根本的に変わることでしょう。
(あさやん)

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)