ハイエンドオーディオ情報 Feed

2018年8月 3日 (金)

MQA-CD特集 第3弾!! ~ユニバーサルミュージックの"MQA-CD"! そのサウンドに感動!!~

ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です。
今回は、ユニバーサルミュージックより、『 ハイレゾCD名盤シリーズ 』が発売されましたので、"MQA-CD"の特長と試聴結果をレポートいたします。

今回発売された、ユニバーサルミュージック(以下、ユニバーサル)の"MQA-CD"は通常のCD盤ではなく「UHQCD」仕様です。さらに「グリーン・レーベルコート」が施され、現時点では最高峰の高音質CD仕様となっています。
(※なお、音元出版・オーディオアクセサリー誌169号付録の"MQA-CD"は「UHQCD」ではなく通常CD仕様です。)

"MQA-CD"の説明に入る前に「UHQCD」仕様と「グリーン・レーベルコート」について少し触れておきます。


■ "UHQCD"の原理やメリットとは?



「UHQCD」はメモリーテックが開発した、既存のCD製法を根本から見直したCD規格に準拠した高音質のディスクメディアです。通常CDとは違い、スタンパーとポリカーボネートの間(上図参照)に、ピットの奥まで届く液体状のフォトポリマー(紫外線硬化樹脂)を注入することで、転写性能が飛躍的に向上(ピットのエッジが丸まらない)したのです。

一方、「グリーン・レーベルコート」とは、レーベル面にCDプレーヤー内で乱反射する不要なピックアップからの光を吸収する、緑色のレーベルコート(緑色は赤色のレーザー光とは補色の関係)で、過去にはCDエッジに塗る緑色のペイントや、緑色のターンテーブルシートが販売されていたことをご記憶の方もいらっしゃると思います。それらと同じ考え方です。

そして本題の"MQA-CD"ですが、過去このコーナーでもその原理やメリットについて縷々述べてきましたが、今回はユニバーサルの『 ハイレゾCD名盤シリーズ 』を中心にそのこだわりを探ってまいります。


■ ハイレゾデータを折り畳んでCDに収納する"MQA"

MQAはハイレゾのクオリティを維持しながらファイルサイズを小さく折りたたむ手法で、ハイレゾ配信サイトを中心に現時点で入手できる音源は、すでに約3,000タイトルに達しており、世界中で50社以上が音源とハードウェアを提供していると言います。

一方"MQA-CD"は、昨年(2017年)登場したものの、マイナーレーベルやバイノーラル仕様のCDなど約30タイトルしかなかったのですが、今回ユニバーサルから発売された100タイトルでかなり選択肢は増えたと言えます。

とは言うものの、今回の"MQA-CD"は過去のアナログマスターの音源を、一旦DSDに変換した後、352.8kHz/24bitのPCMにしているため、ほとんどが1970年代以前のアナログ音源です。実際の作業は、DSDマスターを英国のMQA社に送り、そこでMQAへのエンコード処理と44.1kHz/16bitへの変換処理を行った上で、CD規格の音源をユニバーサルが受け取るのだそうです。

過去の貴重なアナログマスターのテープの劣化がどんどん進んでいることから、早急なデジタル化が必要ですが、ユニバーサルは以前からSACD用にDSD化をしてきており、今回の"MQA-CD"には、新たにDSD化したものも含め、すべてDSDマスターを使用しています。

また、デジタル(PCM)黎明期からCD初期にかけて録音された、48kHzや44.1kHzのPCM録音のマスターでは、こういった作業(DSD化)があまり意味をなさないことから、やはり今回の"MQA-CD"は、1950年代~70年代のアナログ全盛期の高音質アナログマスターのMQA化が中心となっており、これは我々にとって非常に魅力的です。

筆者としては、かつてのアナログ時代に高音質音源として持て囃され、今や伝説となっている「シェフィールド」や「TBM(スリー・ブラインド・マイス)」、「オーディオラボ」などが"MQA-CD"で復活して欲しいと思っています。


■ "ハイレゾCD名盤シリーズ"はここが違う!

今回の『 ハイレゾCD名盤シリーズ 』は、その企画段階では、DSDマスターを176.4kHz/24bitに変換して収録する予定だったそうですが、製作段階において、より音質面でのアドバンテージが認められた、352.8kHz/24bitでの収録に変更されたのだそうです。確かにディスクの外装の帯には176.4kHz/24bitと表記されており、急遽決定したものと思われます。

前述のように今回の『 ハイレゾCD名盤シリーズ 』は、"MQA-CD"と「UHQCD」という2つの仕様を併せ持っており、従来のCDプレーヤーでも通常CDとして再生が可能です。そしてMQAデコードに対応したD/Aコンバーターにデジタル出力を繋ぐと、352.8kHz/24bitのハイレゾ再生が出来るという画期的なCDソフトとなったのです。

さらに通常のCDプレーヤーでの再生時にも、「UHQCD」としての長所はもちろん、MQAエンコードの際の時間軸解像度(音像のにじみ)の改善効果がそれに加わるため、既存のCDよりも高音質での再生が可能だとされています。

このあたりはSACDや過去にあったDVDオーディオとも違う"MQA-CD"の大きなメリットと言えます。そして何より価格が各3,000円、2枚組4,000円(いずれも税別)という所も見逃せないメリットです。

さらにユニバーサルが日本国内で一気に100タイトルもの"MQA-CD"を発売した訳は、ハイレゾとCDが両立する"MQA-CD"という形が、日本市場に適しているという判断からだと考えられます。

筆者を含めベテランのオーディオファンほど、ハイレゾには興味はあるものの、ファイル再生やストリーミング再生はハードルが高いし面倒と考える方が多いのではないかと思います。また、同じ音源を配信で入手できる場合でも、出来ればディスクの形で持っていたいという方も多いと思います。

そして、お好きなソフトをSACDでお持ちの方は別として、昨今対応プレーヤーが少なくなりつつあり、しかも高級機のみとなってきている現状では、どうしてもSACDの導入に二の足を踏んでしまいがちです。さらにポップスやロック、邦楽などがSACD化されるケースも少なく、恐らく今後も期待できないのではないかと思います。

その点、"MQA-CD"は馴染みのあるCDでハイレゾ音質が実現でき、手元にMQAの対応機器がなくても、とりあえず高音質CDとして楽しめるというメリットは非常に大きいと思います。またD/AコンバーターなどがアップデートでMQA対応化されれば、ハイレゾ再生が可能になることも十分に考えられます。

さらには、配信されているハイレゾ音源とほぼ同等の価格で、"MQA-CD"ディスクとそれをリッピングしたファイルの両方の形でハイレゾ音源が入手できるというのも、今後大きなメリットになるとも考えられます。欧米ではすでに音楽配信が頭打ちとなっており、無料のストリーミングでの聴取がメインとなりつつあるようです。

このように "MQA-CD"は、現時点では想像出来ない程の大きなメリットや可能性を秘めており、日本のハイエンドオーディオに大きな地殻変動が起こるかも知れません!


■ 最後に
今回"MQA-CD"の試聴は、筆者宅でリファレンスD/Aコンバーター MYTEK『 Brooklyn DAC+ 』と、輸入元:エミライよりお借りした『 Liberty DAC 』で行いました。

【 筆者宅で試聴 】



MYTEK『 Brooklyn DAC+ 』と『 Liberty DAC 』で聴いた「MQA-CD」のサウンドはほぼ共通したもので、深く厚みのある低域、エネルギーに満ち溢れた中域、高域の圧倒的な情報量、厚みのある豊潤なサウンド、生音のような立ち上がりや響きを再現し、非常に説得力のあるハイエンド・サウンドでした。

『 Liberty DAC 』は、表示こそLEDを多用し色分けすることで、かなり簡略化されてはいますが、バランス(TRS:要アダプター)出力やヘッドホン出力、AES/EBUやボリュームコントロール、さらにAC電源が直接使えるなど一切手抜きはありません。

『 Liberty DAC 』こそ、そろそろ限界を感じておられる国産USB-DACユーザーには打ってつけの製品であり、"MQA-CD"再生だけではなく、高性能な“新世代のUSB-DAC”としてお勧めします。

Libertydac 
■ 予告
『 Liberty DAC 』についての詳細とユニバーサルミュージック「MQA-CD」の試聴記は後日レポートいたします。

※音楽ソフトは、2,500円以上のご購入で《 送料無料 》。また、他の商品とは別精算となります。


2018年7月14日 (土)

"MQA-CD"特集 第一弾 ~画期的なフォーマットがハイエンドオーディオの世界を変える!? ~

ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です。
今回は、画期的なハイレゾ音源"MQA-CD"を取り上げます。"MQA"というフォーマットとは何かという解説と、既存のSACDやBD/DVDとは違う、"MQA-CD"最大のメリットを試聴結果とともにご紹介いたします。



■ 最初に

"MQA"とは《Master Quality Authenticated(マスター品質認証済み)》の略です。筆者がこの単語を初めて目にしたのは、今から約2年前の2016年の秋口のことで、クリプトンが小型高級アクティブ・スピーカー『 KS-9Multi 』を発表した際でした。その謳い文句には「今一部のオーディオメディアや、最先端を自認するオーディオファイルが注目する、最新配信フォーマット"MQA"に対応した世界初のスピーカーシステム」とありました。

しかし当時、筆者には"MQA"の理論的な話(折り紙理論など)をお聞きしても、全くちんぷんかんぷんであり、しかも当初は、配信フォーマットのみということもあって、正直あまり興味が湧かなかったというのが本音です。まずは、"MQA"とは何ぞや?から話を始めたいと思います。

■ "MQA"とは

ハイレゾという言葉が一般化してかなりの年月が経過しますが、ハイレゾ音源の品質を高めようとすればするほど、その音楽ファイル1件当たりのデータ量が、ギガビット単位で膨らんでしまいます。結果、オーディオ機器のストレージ領域やネットワーク再生時の通信容量・速度が問題になってきており、それらを節約する技術が求められていました。

そんな中、2014年に英国メリディアン社が"MQA"を発表したのでした。"MQA"はスタジオの感動をマスター品質のまま、リスナーの耳に届けるべく開発された「アナログ・トゥ・アナログ」の音楽再生プロセスです。そのベースになっているのは「カプセル化」と呼ばれる独自のエンコーディング技術です。

従来のアナログ音声のPCM化の際の問題点は、音楽信号波形の直前と直後に、必然的にリンギング(ノイズ)が発生してしまい、時間軸の「音ボケ」(過渡的な音に滲み)が生じることです。結果、一つ一つの音がどこから来ているのか、厳密には聞き取れなくなってしまいます。録音された音楽がライブと比べて、平坦に聞こえるのはこのためだと言います。

■ 「オーディオ折り紙」が「音ボケ」問題を解決
その「音ボケ」の解決のために"MQA"は、大容量の高解像度ファイルを扱いやすいサイズに、ロスレスで折りたたみます。これを折り紙に例えて「オーディオ折り紙」とも言われます。これによって、既存のプレイヤーでもCD以上の音質で再生でき、さらに"MQA"デコーダーや専用アプリがあれば、「オーディオ折り紙」を展開させて、臨場感に溢れるマスター・クオリティのサウンドを再現できるのです。これはあくまで「圧縮」ではなく「折り畳み」です。

具体的には、音楽を「0~24kHzまでの音楽信号」と「それよりも高周波な音楽信号」に分け、高周波な信号をまるで折り紙を折りたたむように、「0~24kHzまでの音楽信号」の中に、ある耳に聞こえないレベルのノイズ信号の中に移動させる、というイメージだそうです。これにより、192kHzのPCMデータが、48kHzのPCMデータ程度のサイズにカプセル化され、データレートは1Mbpsを少し超える程度になります。再生時には、ノイズの中から高周波を元に戻して再生するカタチだと言うことです。
※さらに詳しくはメリディアンHP( https://www.hires-music.jp/mqa/ )をご参照下さい。

■ "MQA-CD"の最大のメリット
"MQA"は、扱えるデータ量に限りがある環境下で、ハイレゾの高音質を維持しながら、ファイルサイズをWAVデータの数分の1程度に抑えられます。その"MQA"の保存や伝送が手軽という能力を存分に発揮するメリットを、既存のメディアで実用化したのが"MQA-CD"です。さらに"MQA"に対応していないCDプレーヤーやネットワークプレーヤーでデータを再生した場合もCD相当の音質ではありますが、そのまま再生が可能であるという互換性にも優れています。

すなわち、従来のCD製造時のプレス行程や、プレーヤーのドライブメカなどの基本的な部分を大きく変更することなく、あくまで通常CDとほとんど同じプロセスで、ハイレゾ音源を手にすることができるのです。これは実に画期的なことで、SACDやBD/DVDとは違う、"MQA-CD"の最大のメリットといえます。

■ ハイレゾ配信の"MQA"ソフトはすでに3000タイトル!
今回"MQA"の特集を組ませていただいたのには2つの理由があります。その1つが"MQA-CD"がユニバーサルミュージックから大量にリリースされたため。もう1つは、筆者のリファレンスD/Aコンバーターである『 Brooklyn DAC+ 』を含む、MQA完全対応のMytek Digital製品の輸入元が、従来の今井商事からエミライに変更になり、『 Brooklyn DAC+ 』と『 Manhattan DAC II 』に、よりリーズナブルな新製品『 Liberty DAC 』が加わったためです。

さらには、筆者が常用している『 Brooklyn DAC+ 』による"MQA-CD"のサウンドがあまりに素晴らしく、是非ともオーディオファイルの皆様に"MQA"の素晴らしさを知っていただきたく思ったからに他なりません。

そして、"MQA-CD"をそのままデジタル入力で楽しんでいただける"MQAデコーダー"を搭載した、Mytek Digital製品の他に、一旦"MQA-CD"をリッピングする必要はありますが、M2TECH『 Young III 』やCocktail Audio『 X45 』、ネットワーク経由で再生可能な機器ではLUMIN『 D2 』やTEAC『 NT-505 』、ESOTERIC『 N-01 』などがあります。

また、"MQAレンダラー"という"MQA"の直接デコードは出来ませんが、前段階の展開に対応した再生ソフトウエア(Audirvana Plus3以降やAmarra Luxe※なお6/1時点ではMacのみ対応)が必要ですが、iFi audioやaudioquestなどの製品があります。これら以外にも対応機が今後増えることは確実です。

現時点で、ハイレゾ配信の"MQA"ソフトはすでに3,000タイトルを数え、6月20日に大手レコード会社ユニバーサルミュージックから100タイトルの"MQA-CD"ソフトが発売されます。ジャンルはクラシック、ジャズ、ロック、ポピュラーと多岐に亘っています。

その「 ハイレゾCD 名盤シリーズ 」は"MQA-CD"と"UHQCD"という2つの仕様を併せ持ち、CDプレーヤーでは通常CDとして、"MQA"デコードに対応したDACにデジタル出力を繋ぐと24bit/352.8kHzのハイレゾ再生ができます。さらにCDプレーヤーの再生時にもUHQCDの長所だけでなく、"MQA"エンコードにより前述の通り、時間軸の「音ボケ」改善効果が得られるため、従来CDよりも高音質で楽しめるとしています。

その"MQA-CD"のサンプラー(音元出版オーディオアクセサリー誌169号付録)を筆者宅『 Brooklyn DAC+ 』と貸出機『 Young III 』で再生しました。

■ 試聴しました

CDプレーヤーのデジタル同軸出力を両機に繋ぎますと、『 Brooklyn DAC+ 』では24bit/352.8kHz、『 Young III 』では352.8kと表示されました。

サウンドは通常CDを大きく上回っており、試聴メモには、実にリアル、低域が深く沈む、音数が非常に多い、響きが豊か、ミュジシャンの気配さえを感じる、音像が立体的、楽器の一つ一つに実在感がある、Dレンジが広い、スケールが大きい、ホールの空調まで感じると、素晴らしいコメントが残っています。

一方『 Brooklyn DAC+ 』では"MQA"デコードをOFF出来るため、試してみると、OFFで再生しますとサウンドが全体に軽くなってしまい、左右のスピーカー間だけに集まり、奥行きは浅く、キメも粗くなった様に感じました。やはり44.1kHzの通常CDのサウンドとなってしまいました。


■ 最後に
このように"MQA"は、実感としてPCMの厚み・立体感とDSDの滑らかさ・音場感の"いいとこ取り"をしているとも感じました。

"MQA-CD"の素晴らしい可能性と簡便性を実感し、ハイエンドオーディオ界に新しいハイレゾ音源"MQA-CD"が普及することを大いに期待したいと思います。(あさやん)

2018年6月26日 (火)

日本橋1ばん館で『福田屋』“出前試聴会”を開催しました!!

ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です 。
Joshin日本橋1ばん館の4階リファレンスルームで、去る6月24日オーディオ評論家:福田雅光氏を お招きして『福田屋』“出前試聴会”を開催しました。 今話題のTELOS(テロス)のアクティブア ース発生器『 GNR Mini 3.1 』を中心に同社製品の詳しい解説と、試聴を交えながら電源環境の重 要性に対するご自身の持論を改めてご披露いただきました。

■ アース対策は今後のハイエンドオーディオの最重要テーマ

 福田氏はオーディオで最も重要なのは電源であるとの考えから、これまで電源ケーブルやコンセン トプラグ、タップなど電源関連製品の紹介を積極的に行って来られました。
それはオーディオにおいて、機器間のラインケーブルは「生命線」であるのに対して、電源ケーブ ルは「運命線」との考えからで、氏自らが数々の製品を発掘し、これまでオーディオファンにご紹 介して来られたのだそうです。

そして最近話題を集めている“バーチャルアース(仮想アース)”についても数々の製品テストを 重ねて来ておられるのですが、効果は確実にあるものの、何故“バーチャルアース”製品が音質を 向上させるのかは、氏を持ってしても未だその理由が分からないと言います。
まして信号が流れない、出ても入っても来ないアースケーブルで音が変わるなど、全く説明が付か ないとも言われていました。またノウハウとして、アース線は必ずしも太いものが有利ではなく、 電源ケーブル等を代用される場合は、2本の線を束ねて使用せず1本だけを使いべきだと氏の豊富な 経験から述べられていました。

オーディオ機器は、コンポーネント個々でシャーシ電位を持っており、通常トータルで2~3V程度 あるとし、これに従来からあるいずれの“バーチャルアース”製品を接続しても、電位には全く変 化はなかっと言います。しかし、TELOS『 GNR Mini 3.1 』では、ほぼ「0 V」を示したと言います 。したがって氏は、『 GNR Mini 3.1 』は“バーチャルアース”ではなく、やはり“アクティブア ース”というのが正しいのではとも言われていました。

1

2_2

 『福田屋』“出前試聴会”の様子

当日は、実際にCDソフト(井筒香奈江の新作やイーグルスの中国ABC盤、1983年発売のブラザース フォアなど)を使用して、『 GNR Mini 3.1 』の“ある時”“ない時”を聴き比べましたが、S/N の悪いお店の試聴室でも、はっきりその差が分かりました。参加されたお客様も感心しきりで聴い ておられました。 従来の“バーチャルアース”で感じるS/N感の向上はもちろんですが、もっと別のメリットがある と福田氏は強調されていました。例えばダイナミックレンジが拡大し、ピアノなどの音像がクッキ リ立ち、音場の広がりは圧倒的でした。さらに低域のダンピング、立体感やクリアな音場は素晴ら しいものでした。

氏は、『 GNR Mini 3.1 』の効果は、アンプの増幅回路動作の最適化によるものではないかとして いました。それはアンプを始めオーディオ機器は、設計段階ではシャーシ電位を「0 V」として設 計しているものの、前述のように「数V」のシャーシ電位は避けられず、結局設計通りの動作に至 っていないのではないかとの考えからだそうです。

そして福田氏は最後に、これだけの効果の得られるアース関連製品は、今の所『 GNR Mini 3.1 』 に代わる製品はないとも断言しておられました。

その後、今回協賛していただいた《TOP WING(トップウイング)》様扱いのiFi-AudioAC電源用アクティブ・ノイズクリーナー『iPurifier AC』、真空管バッファ付プリアンプ『micro iTube2』、 TELOSの電源ノイズ低減器『 QNR 3.1 』や未発表新製品の新型「GNR」、電磁波吸収シートなどを 比較試聴しながら説明していただきました。

この日“出前試聴会”に参加された約40名のオーディオファンの皆様は、貴重な体験をされ十分満足して日本橋1ばん館を後にされました。 (あさやん)

※「試聴会情報」は、Joshin webショップの「高級オーディオ」ページの左側バナーに随時掲載致 しております。

2018年5月20日 (日)

【伝説が再び。。。】STAXのフラッグシップイヤースピーカー"SR-009S"のご案内です!


みな様、こんにちは!
夏本番!ともいえる気温が続き早くも夏バテの様子を見せているとうふです。

さて、それでは今回ご案内の製品はこちら!

スタックス
最高峰・イヤースピーカー
SR-009S


スタックス、といえば
"ヘッドホン"ではなく、イヤースピーカー。
こだわり抜いた素材と仕上げ、そして"スタックスでないと味わえない表現"で国内外に熱烈なファンを持つメーカーです。

今年で創業80年を迎え、限定モデルも発表(既に完売です)。
そしてさらに今回フラッグシップモデルSR-009に更に改良を施した新モデルが発表されたのです!
※なお、SR-009は今後も生産を続けるとの事です。

さて、前モデル"SR-009"といえば、2011年4月に発売
繊細で緻密1つ1つの音を丁寧に丁寧に表現してくれるスタックスのイヤースピーカーは
低域の耳あたりも非常に優しく、よく言えば"上品な低域"、わるく言えば不足感は否めないともいえました。
しかし、【SR-009】はそれまでの"スタックスの低域"と言うイメージを完全に覆し、
"スタックスならではの高反応な低域"にパンチの効いたエネルギッシュな表情が加わり、まさに死角なし!ともいえる完成度に至ったのです。
ハイエンドヘッドホンを楽しんでいたユーザーも【SR-009】の表現力に魅せられ、スタックスを導入される方も多数いらっしゃいました。

そして2018年。。。7年の時を経て改良モデルとしてこの【SR-009S】が登場

「超」微に入り、「超」細を穿って、「仕立て」の極上を目指した。

とカタログに記載しているように、メーカーのこだわりの極地に仕上げているようです。

今回機会があり、視聴する事ができましたので簡単な感想を。

非常に滑らかかつ広がりのある表現はスタックスならでは
包み込まれるようなスケール感のある表現と独特の空気感は、弦楽器の繊細で高反応な音を見事に再現します。
低域もあえてハードロックを鳴らしてみましたが、ズンッと響く低域と打楽器の高反応な低域を見事に両立。
【SR-009】の低域表現力が少し粗いように感じてしまう程の上質サウンド

全ての部材にこだわり、職人が一つ一つ仕上げる職人魂の集大成
スタックスのフラッグシップモデルに相応しい、最上のひと時を楽しめました

なお、ひと月の生産量が限られており、今ご注文いただくと9月上旬頃のお届けとなってしまいます
しかし、お待ち頂いても必ずご満足頂けるであろう、圧巻の表現力。

イヤースピーカーの極地ともいえる必聴のモデルとしてお薦めです。

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2018年3月18日 (日)

先進的なD/Aコンバーターオーディオデザイン『 DCDAC-200 』~「PCオーディオに再チャレンジしてみませんか」第3弾

ハイエンドオーディオ担当の "あさやん" です。
2018年の年初から「PCオーディオに再チャレンジしてみませんか?」と提案してまいりましたが、今回は、複数のDACが楽しめる実にユニークなD/Aコンバーターとして、オーディオデザインの『 DCDAC200 』をご紹介いたします。



■ DACチップの陳腐化が心配なオーディオファンに!!

PCオーディオや、ネットワークオーディオを楽しまれているオーディオ&音楽ファンの最たる心配事は、内蔵DACチップの陳腐化ではないでしょうか。現時点では最先端であっても、数年先にはどうか?と考えるだけで、挙げた手を思わず引っ込めてしまいそうです。

次々と新製品に買い換えができる方は別として、私を含め、ほとんどの方は失礼ながらそうはいかないのが現実です。DACチップが最新鋭のESS Technologyや旭化成エレクトロニクス製などに注目が集まっている昨今ですが、それ以外のDACで最先端でなくてもオーディオ的に優れたパフォーマンスのDACや、今となっては貴重なDACもまだまだ世の中には存在します。

今回ご紹介しますAUDIO DESIGN(オーディオデザイン)社の『 DCDAC-200 』は、そんなオーディオ&音楽ファンにこそ打ってつけの実にユニークなD/Aコンバーターです。

■ 独特なオーディオデザイン社の設計コンセプト!

オーディオデザイン社は、自社で設計・開発・製造を行っている純国産のハイエンドオーディオメーカーです。2004年創業ですから14年目の会社になります。当初ハイエンド機器向けのセレクターからスタートし、プリアンプ、パワーアンプ、ヘッドホンアンプ等のオリジナリティーあふれた製品を開発・製造・販売しています。

会社は責任者(大藤 武氏)とプラス1名だけと、非常に小規模な個人企業のため、商品はどれも個性的で、筐体はお世辞にも高級感があるとは言えません。シャーシにも市販の汎用品を使うなど、どうしても自作のように見えてしまいます。ただその分中味には十分コストをかけていると言えます。

そのオーディオデザイン社の設計コンセプトは独特で、従来型の感性や定説による設計手法も、電気特性を重視した設計手法もとらず、オーディオアンプの設計にとって最も重要な事は、どんな要因が音質に影響を与えているかをまず探ることだとしています。

これは簡単なようで非常に難しいことです。現在のオーディオ装置は、ノイズや歪率といった単純な基本特性の点では必要な条件をすでに満たしているかに見えます。しかしながら、実際に音楽を再生してみると音質は機器により様々で、音質に起因する要因はまだまだすべてが解明されていないのが実情です。オーディオデザイン社は音質に影響を与えている要因を探るため、常に挑戦と探究を続けることにより、より良い音質を目指しています。

結果、業界の流行り廃りに流されること無く、独自に音の良いアンプを追求し続け、非常にリアルな情報量の多い音であり、上手く使いこなした際の再生音から得られる圧倒的な感動を目指しているとしています。「日本のオーディオ業界の一角に、こういう会社・製品もありますよ」という存在価値が示せればと同社は考えているのです。

■ DACボードの交換を前提とした設計の『 DCDAC-200 』

今回ご紹介します『 DCDAC-200 』も前述のコンセプトの基に企画された製品です。本機は将来にわたってDACボードの交換を前提として設計されており、その都度音質の向上や音色の違いを楽しめるという実に先進的な機能を持った、USB及びSPDIF入力を装備したD/Aコンバーターです。本来3種類のDACを搭載できる仕様ですが、標準仕様の『 DCDAC-200std 』では、マルチビット型ラダーDACチップの「PCM1704」と、ΔΣ型の「ES9018S」が組み込まれています。

巷ではどうしてもDACチップが音質を支配しているような印象を持たれがちですが、DACチップは電源やその周辺回路、使われる個数、使い方、実装技術などトータルで動作するものです。実際のところオーディオデザイン社としては、設計する立場からは、その依存度は3~4割程度と考えているようです。

マルチビット型の「PCM1704」は今や貴重なバーブラウン(2000年にTexas Instrumentsが買収)製で、マルチビットの代表的なサウンドで一世を風靡(エソテリックやデノン、海外ハイエンドCDプレーヤーに搭載)した名DACです。一方のΔΣ型の「ES9018S」は米ESS Technology社製で最新鋭のDACチップとして、近年多くの機器に採用され持て囃されています。

「PCM1704」は4基(モノDACチップ4個でバランス回路を組んでいる)搭載しており、ラダー回路に工夫を凝らした定電流源で駆動することで768kHz/24bitの精度を確保しています。古いDACではありますが最新式の実装技術と組み合わせて更に音質を向上させているのです。

「ES9018S」は内部でオーバーサンプリングを行うことで、可聴帯域の低歪化を計ったDACチップです。このDACチップはデジタル的な工夫が存分に施されているものの、アナログ的には性能が出にくい設計のため、オーディオデザイン社は、その音質は基板設計などの実装技術に大きく左右されるとしています。そのため基板はそのポテンシャルを最大限に活かす設計としていると言います。

USB端子からは、PCM:192kHz/24bit加え、「ES9018S」用ボードではDSD:5.6MHzまでの入力が可能です。またサンプリングレートコンバーター機能も搭載されており、PCMは768kHzまでのアップサンプリング(「ES9018S」では384kHzまで)が可能です。

電源部にもオーディオデザイン社のこだわりを見せており、デジタル用に3系統の独立した安定化電源に加え、アナログ用にもDCアダプターなどで定評のあるリニア式高速低インピーダンス安定化電源を2系統搭載しています。ノイズ対策やサウンドに留意した贅沢な高音質設計としています。

『 DCDAC-200 』のDACチップによるサウンドの違いは、私が従来から持っていたイメージ通りのものでした。それはUSBでも、CDからのSPDIF入力でもほぼ同じ傾向でした。

「PCM1704」では、音が重厚で太く、温かくコクがあり、中低域にコッテリ感や密度感を感じさせました。左右や奥行き方向への広がり感は少なめながら、音像は輪郭をはっきりさせる実に押し出し感のあるリアルなものでした。768kHzへアップサンプリングすることで、さらにリアル感が増し、高S/Nでクリーンな抜けの良いサウンドになりました。ジャズの生々しい音源の再生には打ってつけのDACと見ました。

一方の「ES9018S」では、繊細さが加わり、しなやかで滑らかなサウンドとなり、音場の見通しがよく、リアル感よりも質感や空気感を感じさせるサウンドとなりました。またDSD音源ではさらに瑞々しさや、まろやかさが加わり、クラシックやボーカルにはやはりこちらを選んでしまいます。


■ 最後に
このようにオーディオデザイン『 DCDAC-200 』は、2種類のDACによるサウンドの違いが楽しめるユニークなD/Aコンバーターです。将来的なアップデートや新たなDACボードの供給も想定されており、将来にわたっての陳腐化が回避された、先進的なD/Aコンバーターと言えます。

「PCオーディオ再チャレンジ」への画期的なアイテムの登場です! (あさやん)

※当面の間『 DCDAC-200std 』のみの販売となります(DACの個別組み合わせでの販売はいたしません)。内部DACボードは今後順次追加される予定です。ボードの交換はオーディオデザイン社でのみ行います(お客様での交換は出来ません)。


2018年3月11日 (日)

【限定生産モデル】ローリングストーンズとコラボした珍しいレコードプレーヤーです!


みな様、こんにちは!
3月に入ったと言うのに、急な冷え込みになったり暖かくなったり、と体調管理に難しい日が続きますね。
温度差で体調を崩される方も非常に多いようですので、皆様お気をつけ下さいませ。

さて、それでは今回ご案内の製品はこちら!

プロジェクト
ベルトドライブ式レコードプレーヤー
The Rolling Stones

コストパフォーマンスの高いレコードプレーヤー作りで有名なプロジェクト・オーディオイギリスを代表する伝説的ロックバンド"ローリング・ストーンズ"とがコラボしたモデルです!

タン(舌)ロゴ、俗称"ロック舌"とも呼ばれる特徴的なローリング・ストーンズのロゴを大胆に本体にプリント。
ミック・ジャガーの発案で、ヒンドゥー教のカーリー神の舌をモチーフにしたそうです。
しかし、カーリー神といえば殺戮と破壊の女神です。
そんな怖い神様をイメージにロゴを作るとは。。。これがロックの魂なんでしょうか!?

と、この"The Rolling Stones"モデルは誰が見ても「ローリング・ストーンズだ!」と解るデザインに仕上げています。
デザインはロックですが、その製造はプロジェクト・オーディオが担当。
さらに搭載カートリッジはオルトフォンのOM-10です。
明瞭さと細かさを両立し、見た目とは違いジャンルを問わずお楽しみいただけるでしょう

数量限定での生産とされており、(国内入荷量はまだ明確には決まっていないそうです)現在は一先ずご予約受付中となっております。

プロジェクト・オーディオの音作りに特徴的なタンロゴを配したデザイン。
音質とデザイン性を両立した、コレクターズ・アイテムだけには勿体無い、実用的オーディオアイテムとしてお薦めです!

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2018年2月28日 (水)

【気軽にオーディオ入門】デスクトップ・オーディオへの誘い~アンプ編(その1)~


みな様、こんにちは!
早くも花粉症の気配を感じ、鼻がムズムズしているとうふです。
いい加減に空気清浄機を導入せねばなりませんね。
そんな空気清浄機も豊富でお得なジョーシンの特集コーナーはこちらより

さて、それでは今回の本題です。
昨今、オーディオ再生にCDプレーヤー等は使用せず、
スマホやPC
ポータブルオーディオプレーヤー
シンプル&コンパクトにオーディオを楽しむ人が増えています。

これは何も日本だけの話ではなく、海外でもA4サイズコンポーネントを採用した
ヘッドホン・オーディオや小型ブックシェルフスピーカーと組み合わせた、
卓上のオーディオ(デスクトップ・オーディオ)ユーザーは増加の傾向にあります

デジタルアンプの表現力が大幅に向上等の技術的な背景もあるでしょうが、何よりも
コンパクトな環境でも妥協せず、良い音で楽しみたい』というオーディオユーザー共通の願いがあるのだろうと私は思います。

日本でも徐々に広まりつつあるデスクトップ・オーディオ。
これから何度かに分けて機器を色々ご紹介してまいりますので、
・デスクトップ・オーディオを検討されている方
・コンパクトなオーディオ環境の導入を検討されている方
は是非お付き合いくださいませ。

それではデスクトップ・オーディオをお薦めする第一弾として今回はこちらのアンプをご案内!

ティアック
USB-DAC搭載プリメインアンプ
AI-301DA-SP
※カラーバリエーションあり


ハイエンドブランドは「Esoteric
入門~一般向けブランドは「TEAC
そして業務用ブランドに「TASCAM」を持つ、
ティアックから好評発売中の小型アンプ『AI-301DA』です!

横幅215mm、奥行き258mm、の省スペースボディながら、
○DSDは5.6Mまで、PCMは32bit/192kHzのファイルに対応したPC-USB接続
○光・同軸のオーディオデジタル入力が各1系統
○アナログ入力が2系統
○さらになんとaptXに対応したBluetooth入力まで!
一般的なオーディオアンプの幅約半分、奥行き約3分の2サイズのボディに『これでもか!』というくらい豊富な機能が搭載されています。

ちなみに出力端子は
○バナナプラグにも対応したスピーカー端子
○サブウーファー出力
○ヘッドホン出力
となります。

パワーアンプ部は高級アンプでも採用例の多いデンマークのデジタルアンプ『ICE POWER』を採用。
見た目・サイズからは驚きの40W+40W(4Ω)のパワフルなスピーカー出力を搭載しています。
さらにヘッドホン出力部もCCLC方式(コンデンサーによる位相遅れ等のデメリットを回避する回路)を採用しており、スピーカー出力に良く似た反応の良い表現を楽しめます

厚みも約61mmとそれほど背が高くないので、PCモニタ脇に設置してもそれほど場所を占有しないでしょう。
スマホやポータブルプレーヤーからのBluetooth接続でのヘッドホンもしくはスピーカーリスニングも簡単に行え、PCからのUSB接続も簡単に楽しめます。
また、光デジタル信号の入力に対して自動で電源が入る、オートパワーオン機能を搭載しているので、TVの光出力を接続しておけばテレビの高音質化にも使えます。

1台でマルチに楽しむ事が出来るアンプとしても、非常に優秀なAI-301DA。
先日ご案内のACRO L1000とは異なる、純オーディオデザインのアンプとなります。
しかし、入門向けの価格帯でありながら、
・コンパクトかつ薄型
・有線接続だけでなくBluetoothにも対応と豊富な入力端子
・優秀なヘッドホン出力と、サブウーファー出力も搭載した出力端子
と、機能は盛りだくさん!

これからスピーカーオーディオシステムの導入検討をされている方に、
そしてコンパクトで場所をとらないサブシステムを検討されている方にも。
多機能・コンパクト・バランスのとれた表現力と三拍子そろったこの『AI-301DA』はお薦めです!


とうふ的AI-301DAの5段階評価
お薦め度 :★★★★:価格/サイズ/音質のバランスが非常に高いです『5点』!
表現力  :★★★★:反応が良く、元気なサウンドを楽しめます『5点』!
見た目  :★★★ :アルミ素材を多用し安っぽさはありません『4点』!
導入度  :★★★★:この価格に多機能高音質を実現。素晴らしいです『5点』!
総合評価 :★★★★:入門機に良い価格帯ながら多機能高音質。お薦めです『5点』!


それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2018年1月31日 (水)

【気軽に本格オーディオ入門】~"デスクトップアンプ"アステルアンドケルンの「ACRO L1000」を聴いてみました~


みな様、こんにちは!
ハイエンドオーディオ担当の"とうふ"です。
先日、新年のご挨拶をしたばかりなのに、はやくも1月が終わろうとしていますね。

さて、今回ご案内の製品はこちら!

アステルアンドケルン
デスクトップ型オーディオアンプ(ガンメタル)
ACRO L1000

Astell&Kern(アステルアンドケルン)の"デスクトップアンプ"ACRO L1000です!

アステルアンドケルンって?
韓国メーカー"アイリバー"の高価格帯オーディオ製品のブランドネームです。
アイリバー製品というと、デジタルオーディオプレーヤー黎明期(MP3プレーヤー時代)には「iriver」ロゴの製品を試された方も多かったのではないでしょうか?
実はポータブルデジタルオーディオプレーヤーのメーカーとしては老舗とも言えるメーカーなのです。
なお余談ですが今から10年以上前に、ポータブルCDプレーヤー形状でMP3データを書き込んだCD-Rを再生できるプレーヤーとして人気だった「RioVolt」はこのアイリバーのOEM生産品だったりします。

話が少しそれましたが、この「アステルアンドケルン」ですが主にデジタルオーディオプレーヤーやヘッドホン/イヤホンに関係する製品が多く、据置オーディオではまだそれほど知名度が高くないメーカーでしょう。
しかし昨今のヘッドホン/イヤホンブームの中、ポータブルオーディオ界隈では間違いなくトップメーカー
海外のオーディオイベントでのブースや、新製品の発表前後になると業界が非常に騒がしくなるのももはや恒例行事になりつつあります

最新チップ等のデジタル技術の取得やユーザーの声を驚異的なスピードで次の製品に反映など製品開発にも非常に意欲的。
エントリー~スーパーハイエンドまで幅広く製品を展開し、そのいずれもがお洒落で高級感のあるデザインという事で現在のポータブルオーディオ業界を牽引しているトップメーカーです。

デスクトップアンプって?
昨今、音楽再生にCDプレーヤーを使わず、PCやスマートフォン/タブレット、デジタルオーディオプレーヤー等をメインに音楽を楽しむ世代もどんどん増えてきています。
そのような背景からオーディオ界隈ではヘッドホン/イヤホンユーザーに対する商品アプローチが増えています。

さらに据置オーディオも皆が皆、大きなスピーカーを設置できるわけでもありません。
ブックシェルフ型スピーカーの表現力も大きく向上しており、以前ほど大型のスピーカーを必要としないユーザーも増えています。

そういった時代背景から昨今では卓上(デスクトップ)利用を想定した小型アンプ/プレーヤーが世界的にもじわじわと流行の兆しを見せている中、ポータブルオーディオのトップメーカー、アステルアンドケルンが世に送り出すデスクトップ用のアンプがこのACRO L1000です。

実機を簡単にご案内
先述の通り音楽再生にCDを使わないとなると最も手軽なのがパソコンを利用したPCオーディオです。
このACRO L1000はノート/デスクトップパソコンの脇に設置ができるコンパクトなデザイン。
Acro_l100_pc目を引く大型ボリュームは掴みやすく操作性抜群です。
回転は非常に滑らかですが、かすかなクリック感とボリュームに沿って配置されたLEDで音量調節も迷いません
※円柱のようなデザインはアクロポリスの丘に建つ、パルテノン神殿の柱をイメージしているそうです。

Acro_l100_rear入力はUSB入力のみ。
端子はMicro-B端子となります。
スピーカー出力も搭載されており、スピーカー出力のON/OFFも背面スイッチで簡単に行えます

Acro_l100_sideヘッドホン端子はさすがと言うか、手のひら大の小さなボディに
・6.3mm標準
・3.5mmステレオミニ
・2.5mm4極
さらに
・背面側にXLR4Pin
と豊富なヘッドホン出力を搭載。

試聴しました
WindowsPCの場合はメーカー代理店であるアユートのホームページからドライバをダウンロードしてインストールする必要があります。
※Mac/Linuxやスマホ/タブレットからの場合はドライバは不要です。(スマホ/タブレットの場合は動作条件をご確認ください)
このACRO L1000は、旭化成の32bitDAC「AK4490」を搭載。
更にデジタルオーディオ信号を正確に処理する32bit CPUの搭載することでPCM信号は最大32bit/384kHz、DSD信号はDSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポートします。

まずはヘッドホンで試聴しました。
アンバランス接続での鮮度が高くも響きの良い表情を楽しめます。
そしてもはやアステルアンドケルンのお家芸と言っても良い、2.5mm4極接続では重心の低い落ち着いた表現が加わり、リケーブル/接続方法による表情の変化を楽しめます。
バランス出力とアンバランス出力とで表現力の違いを楽しめるのは「さすがアステルアンドケルン」と頷けます。
昨今ではリケーブルに対応したヘッドホン/イヤホンも増えており、ケーブルの交換による音の変化をデスクトップ上でも簡単に楽しめるのは嬉しい事ですね。

バランス接続時に、よりしっかりとした力強い表現力を楽しめる秘密はメーカーホームページに記載のある、
・旭化成の32bitDAC「VERITA AK4490」をL/R独立して1基ずつ搭載。GNDもL/R独立させた、デュアルDAC構成。
・さらにL1000用に再設計を施した新アンプ回路を採用。
この辺りにあるのでしょうね。

次にスピーカーを試聴。

Acro_l100_up15W×2という数値からは「少々無理があるかな?」とは思いつつもクリプトンのKX-3PⅡに接続してみました。
音の傾向としては、ヘッドホンのバランス接続で楽しむような重心の低い、アンプのサイズからは思えない堂々とした表現力です。
低域が遅れることも無く、デスクトップに置くには少し大きい言わざるを得ないサイズのKX-3PⅡを見事に鳴らし、得意の女性ヴォーカルを艶やかに滑らかに楽しめました。

ちなみにあえて"デスクトップアンプ"であるACRO L1000にトールボーイスピーカーを接続してみましたが、結果は以外にも良好でした。
※ただ、大型ユニットを多数搭載している大型トールボーイスピーカーは流石に無理があり、小口径ユニットを少数搭載している所謂ホームシアタースピーカーの中でも入門モデルとの相性がよかった事を追記しておきます。

最後に
"デスクトップアンプ"の名が示すように本体は手のひらよりやや大きめのサイズとなる小さなアンプ(※電源アダプタ除く)に、豊富なヘッドホン出力と表現力には『さすがポータブルオーディオのトップメーカー』と頷けます。
さらにいざ、スピーカーを接続すると『このサイズから!?』と驚かされる、低域に力感のある表現力。

ポータブルオーディオプレーヤーで培った「デザイン性の高さ」と「コンパクトでも高音質」。
その強みを余すところ無くこの手のひら大のボディにおさめ、既存のメーカーでは思いつかないデザイン性の高い製品に仕上げられたこのACRO L1000。
デスクトップ上という限られたスペースでも『良い音を楽しみたい』という、今後増加するであろうオーディオスタイルに対するトップメーカーが贈る理想形の1つと言えるでしょう。


とうふ的ACRO L1000の5段階評価
お薦め度 :★★★★:デザイン/表現力/使いやすさ全てが素晴らしい。『5点』!
表現力  :★★★★:小さいからと侮るなかれ。堂々とした表現です。『5点』!
見た目  :★★★★:既存の国内メーカーでは到達できないある種アート。『5点』!
導入度  :★★★★:サイズ感と表現力。非常にハイレベルです『5点』!
総合評価 :★★★★:ヘッドホン/スピーカー問わず楽しめるまさにお手軽ハイエンドです。『5点』!
 
さて、今回は"あさやん"が送るオーディオブログ風に仕上げてみましたがいかがでしたでしょうか?
本年はどんどん試聴記事や商品のレビューを送れるようにがんばっていきますので、よろしくお願いします!

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2018年1月25日 (木)

【ネットワークオーディオをより身近に】アイ・オーデータのオーディオサーバーSoundgenicのご案内です!


みな様、こんにちは!
少し暖かい日が続いたと思ったら強烈に寒い毎日が続き、体調を崩しそうなとうふです。

さて、早速ですが今回ご案内の製品はこちら!

I/Oデータ
オーディオ用ネットワークサーバー
Soundgenic

アイ・オーデータ製オーディオサーバー(データ保管機)です!

ネットワークオーディオを導入する際に大きな障害となるのがそう、『オーディオサーバー』です。
高音質を謳うオーディオサーバーは数あれど、得てしていずれも高額な製品です。

ネットワークオーディオプレーヤーは身近な価格でもそのデータを保管するオーディオサーバーがあまりに高価。場合によってはプレーヤーの何倍もする事もあったでしょう。
また、パソコンやTV用のサーバーを利用しつつも『オーディオ用』にあこがれた方もいた事でしょう。

そんなネットワークオーディオユーザー(予備軍含む)にまさに福音となるサーバー。
それがこのSoundgenicです!

このサーバーはPCサプライでも実績のあるアイ・オーデータ製
また、オーディオファンからはハイエンドオーディオサーバー【fidata】でも著名なメーカーですね。

ハードウェア面もfidataで培った技術を活かし、
・ファンレス設計
・制振性に優れたゴム足
・輝度を抑えたLED
等、オーディオファンに嬉しい心配りがされた設計!
更に
・USB-DACを接続する事でデジタルトランスポーターとして使用できる。
・USB光学ドライブを接続する事でCDリッピングが可能
・併せてUSB光学ドライブからのCDトランスポーター機能
・PCを介さずe-onkyoから楽曲ダウンロード
等、機能面ではfidataにも決して見劣りしません

私は昨年のオーディオセッションでテスト製品と出会った時の衝撃は今も忘れられません。
そのオーディオサーバーがもう間もなく発売されるのです!(2月中頃発売予定です)

価格はエントリーでも、音質はエントリーではない』。
ネットワークオーディオ導入に躊躇していた皆様に。
PCオーディオはやってみたいけど(既に導入しているけど)極力PCを使いたくない皆様に。

多機能・高音質のオーディオサーバーSoundgenicでどうぞネットワークオーディオ、(極力PCレスの)PCオーディオをはじめませんか!?

Joshinは本年で70周年!
それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

++

2018年1月21日 (日)

【祝・80周年!】STAXの限定モデルのご案内です!


みな様、こんにちは!
暦上は大寒。一年で最も寒い季節がやってきましたね。。。
風邪も流行っていますので、皆様体調管理にお気をつけくださいませ。

さて、早速ですが今回ご案内の製品はこちら!

スタックス
コンデンサーヘッドホン【800台限定生産】
SR300Limited

スタックスのイヤースピーカー「SR-L300」の限定モデル

スタックス
STAX専用ドライバユニット【500台限定生産】
SRM-353XBK

そのドライバアンプ「SRM-353X」の限定モデルです!

スタックスというとコンデンサー型イヤスピーカーで国内外に熱烈なファンを持つメーカーです。
スタックス社ホームページにある社史を見ますと、はじめはコンデンサーマイクから歴史は始まったようですね。
流石に私はその頃は知りませんが。。。
過去にはトーンアームやカートリッジ、コンデンサースピーカーなど発売していたのは有名な話。
その、スタックスがなんと今年創業80周年!
80周年を迎えた記念に今回の限定モデルが発表されました。
※実は私たちJoshinの10歳先輩なのです!

限定モデルだけあり、
イヤスピーカー側は上位モデルと同等の発音ユニットを採用
さらにゴールドネームプレートを配し、黒地のボディに絶妙のアクセントに仕上がっています。
ドライバーアンプ側は要望の多かったブラックボディの仕上げ
こちらにもゴールドネームプレートを採用です。ブラック地にゴールドと言うのは何とも映えますよね。
更にハイグレードな"HiFC"を採用したRCAケーブルが付属。

いずれも限定生産モデルとなり、この機会を逃すと手に入らないかもしれません
※2009年にラムダシリーズ誕生30周年を記念して発売されたSR-404 Limitedは瞬く間に市場から消滅しましたので。。。

Joshin Webショップではイヤスピーカーもドライバアンプも若干数確保できておりますが、、、
確保分が完売した場合次がご用意できない場合がございます。
この機会を是非、お見逃し無く!

熱烈なスタックスオーナーはもとより、これからスタックス導入をお考えの方にも記念モデルで特別仕様の本機はお薦めでございます。

Joshinは本年で70周年!
いつでもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店

ジョーシン店舗
高級オーディオ情報!

  • 下記店舗では、ハイレゾからアナログまで、Accuphase・B&Wなどのハイエンド オーディオ製品やオーディオアクセサリーが充実。試聴室完備で比較試聴も できます。

    日本橋1ばん館 4F
    (大阪 日本橋)

    三宮1ばん館 B1F
    (神戸 三宮)