« ニューフォースからキューブ型アンプ内蔵スピーカー【CUBE】が登場! | メイン | マクセルからiPod/iPhone/iPad用Bluetooth対応ワイヤレススピーカー『MXSP-BT3000』が登場しました! »

2012年7月23日 (月)

コンパクトボディを実現したブルーレイレコーダー登場 [DBR-Z260][DBR-Z250]

東芝から、コンパクトボディを実現したブルーレイレコーダーが発表されました。


2TB HDD/2チューナー搭載
3D対応ブルーレイレコーダー
DBR-Z260

1TB HDD/2チューナー搭載
3D対応ブルーレイレコーダー
DBR-Z250

DBR-Z260/Z250は、前モデル比約64%(DBR-Z160/150体積比)を実現したコンパクト設計のブルーレイレコーダー。
高さと奥行きがコンパクトになっているので、薄型テレビのラックにも収まりが良くなっています。

Space01

チューナーは地上/BS/110度CSデジタルダブルチューナーを搭載し、2番組同時録画が可能。
フルハイビジョン10倍録画にも対応しています。

イチオシの機能は「レグザリンク・シェア」です。
Androidタブレットやスマホをお持ちの方も増えたのではないでしょうか。PC、タブレット、スマホ(携帯電話)との連携が可能です。
※対応機種はメーカーページでご確認下さい。

[録画した番組を別室で視聴]
Z2602

[現在放送中の番組をタブレットなどで視聴]
Z2603_2

[録画番組をスマホなどに書き出して外で視聴]
Z2604

様々なシーンで番組を楽しむことが出来ますね。

[その他の特徴]
・録画時間を増やせる外付けHDD搭載
・最大約10倍のフルハイビジョン録画
・ブルーレイディスクにダビングした番組をハードディスクに戻せる「録画番組書き戻し」
・再生・編集・ダビングが流れよくできる「編集ナビ」搭載
・電源ボタンからから1秒以下で機能「瞬間起動」

2機種の仕様はほぼ同じで、内蔵ハードディスクの容量が異なります。
DBR-Z260:2TBハードディスク(地デジ非圧縮約261時間)
DBR-Z250:1TBハードディスク(地デジ非圧縮約130時間)

発売は両機種とも8月上旬予定です。
大容量で充実の機能を搭載し、省スペース設計のレコーダーをぜひご検討下さい。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店