« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

Bluetooth機能を内蔵したテレビボードスピーカー、ソニー『HT-XT100』のご紹介です!

いつもJoshin webをご利用いただき、誠にありがとうございます。

先日、体重計に乗ったところ、体重66kg、体脂肪率22%を記録したボーダーです。こんにちわ。

20台前半は50kg後半、体脂肪率10%台だった、私の身体に一体なにが…。


さて、本日はソニーの新シアタースピーカー『HT-XT100』のご紹介です。


ソニー
テレビボードスピーカー
HT-XT100

HT-XT100は、テレビの下に設置できる台座タイプのシアタースピーカーです。

サラウンドスピーカーやサブウーファーを設置する必要のない、シンプルボディの商品となっております。


HT-XT100はシンプルな筐体ではありますが、アンプやサラウンドの技術もしっかり搭載。

小型で電力効率に優れ、原音に忠実なサウンドを再生する「S-Master」や

ソニー独自の高精度なデジタル音声技術により、前方のスピーカーだけで仮想的なサラウンドを楽しめる、

「S-Force フロントサラウンド」を搭載しています。

スピーカーは、18W×2のフロントスピーカーと、34Wのビルトインサブウーファーを採用し、

サブウーファーの音量については、音量を任意の大きさに調整することが可能です。

これにより、夜間の視聴時に周囲への音漏れを防ぐことができ、夜中にも安心してお使いいただくことが可能です。


また、Bluetooth機能も搭載しておりますので、気軽に音楽を楽しむことも可能。

お持ちのスマートフォンや、おサイフケータイ対応Android搭載スマートフォンなどが、

NFC対応であれば、HT-XT100のNFCマークにタッチするだけで、Bluetoothの接続が完了します。

一部のスマートフォンは、「NFC簡単接続」アプリをダウンロードする必要がありますが、

Bluetoothのペアリングや接続が、NFCでワンタッチで行えますので、とても便利にお使いいただけると思います。


テレビの下に設置でき、Bluetooth機能も内蔵したテレビボードスピーカー、ソニー『HT-XT100』は

現在、好評ご予約受付中です。


それでは、いつもお買い得な Joshin web でお待ちしております。

2015年5月30日 (土)

ハヤミ センタースピーカースタンド【SBシリーズ】のご紹介

皆様こんにちは、トンカツです。

前回に引き続き、ハヤミ センタースピーカースタンド【SBシリーズ】の紹介です。


ハヤミ
センタースピーカースタンド(2台1組)
SB-112


ハヤミ
センタースピーカースタンド(1台)
SB-113


ハヤミ
センタースピーカースタンド(1台)
SB-410

置き方や角度を変えるだけで、もう1ランク上のオーディオ空間へ!

J-WEBでは只今、【SBシリーズ】と当社指定のスピーカーとを
ご一緒に購入していただくとお買い得になるキャンペーン中です!

目印は↑このマーク
商品ページのこのマークをクリックいただくと同時購入画面に移動します。
よろしければ探してみて下さい!

2015年5月28日 (木)

ユピテル レーダー探知機【A1】のご紹介!

皆様、こんにちは!そときちです。
そときちは先日「奈良公園」へ鹿と戯れに行きました。
鹿が野放しな公園があるって、良いですね。いい歳になってから気付きました。
奈良市公認の鹿に食べさせるオヤツ「鹿せんべい」で、誰でも鹿と"お友達"になれますよ。

では、今回ご紹介するのは…


ユピテル
レーダー探知機
ワンボディ・ソーラータイプ
A1

ユピテルから、新しいソーラータイプのレーダー探知機が発表されました!
ソーラータイプ最小!取付けカンタン、設定いらず!

根強い人気を持つ「ソーラー電源モデル」。主流が液晶画面付きの「ダッシュボード型」になった今も、
コンパクトかつ、"馴染む"デザインで好評を得ています。昔ながらのルックスが、その秘密かもしれません。

特長としまして、熟成の技術「ダブルスーパーヘテロダイン方式」による、高精度なレーダー受信。
また、新Hシステムにも対応。音とフラッシングでお知らせします。
※レーダー波の受信に特化しているため、GPSは内蔵しておりません。

そして、ソーラーパネルの補充電により最大約30時間の連続使用が可能(未警報時)。バッテリーへの負担も少なくてすみます。
しかし「ソーラーパネルの充電だけでずっと使える」ワケではございません。シガー電源が必要です、ご検討の際にはご注意下さい。

コンパクト・省電源・高精度レーダー受信を実現。ユピテル レーダー探知機【A1】は好評発売中!
お買い得なJoshin webで、お待ちしております。

2015年5月27日 (水)

BEATSの人気シリーズSOLO2にワイヤレスモデルが登場!

皆様こんにちは!日焼けの影響で絶賛脱皮中の青汁です。

先週、定期的に参加している草野球チームの試合があり、盛大に日焼けして参りました!

雨天で中止になるのも嫌ですが、この季節は快晴というのもなかなかしんどいですね・・・。(笑)

試合の結果は12-10と17-3で華麗に2連敗!守備の時間が長くて何度か気が遠くなりました。

次回は勝てるようにまた練習をしっかり頑張っていきます!

 

さて、今回ご紹介するのはこちら


ビーツ バイ ドクタードレ
Solo2 ワイヤレスオンイヤーヘッドフォン(ブラック)
BEATS SOLO2-W-BLK


ビーツ バイ ドクタードレ
Solo2 ワイヤレス
オンイヤーヘッドフォン(ブルー)
BEATS SOLO2-W-BLU

ビーツ バイ ドクタードレ
Solo2 ワイヤレス
オンイヤーヘッドフォン(レッド)
BEATS SOLO2-W-RED

ビーツ バイ ドクタードレ
Solo2 ワイヤレス
オンイヤーヘッドフォン(ホワイト)
BEATS SOLO2-W-WHT

 

BEATSの人気シリーズ「SOLO2」がついにワイヤレスになりました!

デザインはほぼSOLO2と同じですが、ワイヤレスの機構を搭載している為、SOLO2よりもやや重め。

コンパクトなオンイヤータイプなので通常ですと動いたときにずり落ちてくる心配がありますが、

ヘッドバンドの側圧が少し強めでぴったりと耳と頭をホールドしてくれるので問題なし!

ご使用環境にもよりますが、充電式バッテリーは約12時間のご使用が可能で1回充電すれば

丸一日は問題なくご利用いただけます。

 

BEATS特有のリズミカルな低音とケーブルの煩わしさなくなり、さらに外出が楽しくなる!そんなヘッドホンです。

選べるカラーもブラック・ブルー・レッド・ホワイトの4色ございますので是非一度ご検討ください。

それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

2015年5月25日 (月)

FM補完放送対応!ソニー 山ラジオ予約受付中です!

みなさま、こんには。タコメシです。

 

朝晩はまだ少し冷たいですが、日中は日差しがきつく

いよいよ夏が近づいているなあという感じがしますが、

我が家では蚊の活動が活発になり、毎晩格闘する日が続いております。

扇風機だけでなく蚊取り線香も早めに用意したほうがよさそうです。

 

夏にかけて避暑だけでなく気分転換をしつつ運動もできるということで、

登山者の数は年々増えていますが、天候の変わりやすい山の中では

お天気情報の把握にラジオは欠かせません。

 

今回は登山のお供にぴったりなラジオをご紹介させていただきます。

7月11日発売予定

 

ソニー

FM/AM PLL シンセサイザーラジオ

SONY 山ラジオ

ICF-R354M  C 

 

4905524991123

 

名刺サイズのポケットラジオでAM/FMの従来の受信バンドはもちろん、

今話題のFM補完放送にも対応。

 

電波が入りにくい山の中でも、高感度AM設計に加え、

山周辺のAM放送局・中継局を簡単に選局できる山エリアコールで

受信距離を短縮し、電波を拾いやすくしてくれます。

 

イヤーレシーバー使用時は最大で72時間連続再生可能(※)ですので、

キャンプなどにも対応可能です。

※電池の種類や使用方法によって再生時間は異なります。

 

また、単4形充電式ニッケル水素電池、充電スタンド、ACパワーアダプターが付属した

充電キット付属モデルの

ICF-R354MK C

4905524991130

 

 

こちらも登山でも通勤にもご使用いただけるデザイン・機能の商品でございますので、

この機会にぜひぜひご予約をご検討くださいませ。

 

それでは、いつもお買い得な Joshin webでお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

2015年5月24日 (日)

最新の4Kコンテンツへの対応と自由なレイアウトがポイント! ソニー新シアタースピーカー『HT-CT780』のご紹介です!

いつもJoshin webをご利用いただき、誠にありがとうございます。

最近、普段の街履き用の靴をさがしているボーダーです。こんにちわ。

色々、探した結果、MIZUNOのウェーブクリエーションか、アディダスのウルトラブーストが気になっています。

しかし、「ランニングはしない」「足は遅い」「運動神経の無い」私が、

「普段の街履き用」で15,000円~20,000円の靴…。

『オーバースペック』とは、まさにこのようなことを言うのかもしれません。


さて、本日はソニーの新シアタースピーカー『HT-CT780』のご紹介です。



ソニー
ホームシアターシステム
HT-CT780

HT-CT780は、ワイヤレスサブウーファーをセットにした、2.1chのシアターバースピーカーです。

今後、期待されている「4K」に照準を合わせた商品となっております。


HT-CT780は、最新の著作権保護技術『HDCP2.2』に対応し、「4K」のコンテンツをフルスペックで楽しむことが可能です。

入力された4K規格の映像信号を、そのまま4K対応テレビへ送信する「4Kパススルー」にも対応していますので、

4K対応テレビと組み合わせれば、これまでよりさらに、豊かな映像と音を堪能できるようになっております。

HDCP2.2への対応により、4K放送対応のチューナーを接続することも可能になりました。


また、スピーカーについては、バースピーカー部に60mm口径のウーファーと、19mm口径のソフトドームツイーターを搭載。

新たに開発されたディフューザーも合わさり、前方への音の放射と音の広がりを両立しています。

そして、バースピーカー自体の高さもかなり低く設計され、その高さは約「55mm」。

スタンドの低いテレビの前に設置しても、邪魔にならないように設計されています。

HT-CT780の付属品に壁掛け用ブラケットがありますので、これを利用すれば「壁掛け設置」もOK。

2.4GHz帯でワイヤレス接続が可能なサブウーファーも含め、自由なレイアウトが可能になっています。


そして、アンプについては、より高音質な再生を求め、「S-Master」「S-Force PROフロントサラウンド」が搭載されています。

「S-Master」はソニー独自のデジタルアンプで、小型で電力効率に優れたアンプとなっており、

本体内での音質劣化を最小限に抑え、原音に忠実な再生が追求されています。

「S-Force PROフロントサラウンド」については、こちらもソニー独自の音場処理技術であり、

前方のスピーカーだけで仮想的なサラウンド空間を再現する技術です。

これにより、後方にスピーカーを置く必要が無く、すっきりとしたレイアウトで豊かな臨場感を楽しむことができ、

壁からの反射音を利用しないため、部屋の形状の影響を受けにくく、良好なサラウンド音声を楽しめます。


最新の4Kコンテンツへの対応と自由なレイアウトがポイントなソニー『HT-CT780』は

現在、好評発売中です。


それでは、いつもお買い得な Joshin web でお待ちしております。

2015年5月22日 (金)

ユピテル ドライブレコーダー【DRY-MINI1X】のご紹介!

皆様、こんにちは!そときちです。
今回ご紹介するのは…


ユピテル
ディスプレイ搭載 ドライブレコーダー
DRY-MINI1X

ユピテルから、新型ドライブレコーダーが発表されました。

もしもの事故でもしっかり記録!
車内スッキリ!超コンパクト!ドライブレコーダー

人気商品であった「DRY-MINI1」の後継機として登場。外見はほぼ同じですが、地デジやカーナビに影響を与えにくくなり、
高画質記録と電波干渉対策を両立しています。
さらにサイズはそのままで、新たに「ワンタッチ記録ボタン」を装備。
MODEボタンを押すことにより、残したい映像が保存できます。

従来と同じく、背面にはフルカラー液晶ディスプレイを搭載。車内で画面を見ながらアングル調整ができるのがポイントです。

また、録画した映像は本体の液晶ディスプレイで確認できるのはもちろん、お持ちのWindowsパソコンで再生が出来ます。
※Windows Media Playerで再生可能。

ドライブレコーダーを接続すれば、必然とドライバーの安全意識も高まるので、父の日のプレゼントにいかがでしょうか。

これからの必需品! ユピテル ドライブレコーダー【DRY-MINI1X】は好評発売中!
お買い得なJoshin webで、お待ちしております。

2015年5月21日 (木)

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ スポルト[ホワイト×ブルー]のご紹介

皆様こんにちは、昨日夕立の中、傘を持っていなかったので、
家まで走って帰ることになって、気分的にブルーなトンカツです。
唯一の救いは、布団を干さずに出かけたので、被害に遭わずに済みました。


今回ご紹介するのは、6月上旬発売予定
グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ スポルト[ホワイト×ブルー]です。


MASA
グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ スポルト[ホワイト×ブルー]
GWS-WBL

グリーンまでの距離を表示してくれる、ゴルフウォッチです。
ホワイト×ブルーのカラーにより、スポ-ティーさが感じられます。
フルオートプレイを使用することで、コース検出はもちろん、
プレイスタートからホールアウトまで、常に距離を表示します。
スコアカウントも可能です。
反射型液晶を使用しているので、太陽光の下でも見えやすくなっています。
満充電でGPS機能が約10時間使用可能です。
(GPS機能を使わずに)時計として使用だと約14日間使用可能ですので、
カジュアルなシーンに使用してみてはいかがでしょうか?

この機会に是非、ご検討下さい!

2015年5月20日 (水)

注目の新ブランドMUIX(ミュイクス)のイヤホン「IX3000」をご紹介!

皆様こんにちは!汗っかきで有名(?)な青汁です。

仕事中も椅子に座っているとすぐにじっとりと汗ばんできてどうしようもない状態に・・・。

蒸れて仕方ないので何度も座り直したりするのですが、傍から見ていると完全に不審な人に!

何か良い解決方法はないものでしょうか・・・。ううむ・・・。

 

さて、今回ご紹介するのはこちら


アイサウンド
マイク&コントローラー搭載ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)
IX3000-BK

 

昨年末に極一部の販売店で発売されてから、こんな音質が良くてこの価格でいいの!?等の

驚きの声が絶えず青汁個人としては、ずっと気になっておりました。

ついに今月から取り扱いが解禁となり、試聴機も後日ですがお借りすることができるとのこと!

近いうちに試用レポートを書こうと思っておりますが、今からワクワクが止まりません。

 

音の傾向は高音がハッキリとしていて解像度が良く、低音はグーッと奥まで沈み込むといった感じだそうです。

ケーブルはきしめんのような平型で絡み難く、デザインもいたってシンプル。

選べるカラーはブラック、ホワイト、レッドの3色です。

 

それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

2015年5月16日 (土)

最新の4Kコンテンツをフルスペックで楽しめる、HDCP2.2対応AVアンプ オンキヨー『TX-SR343』のご紹介です!

いつもJoshin webをご利用いただき、誠にありがとうございます。

昨日の夢に、なぜか乃木坂46の西野七瀬さんが出てきた、ボーダーです。こんにちわ。

なぜ、夢に出てきたのかは定かではありませんが、

AKBの次に天下を取るのは彼女達だ、と私の脳が訴えているのかもしれません。

訴えてないかもしれません。

そんな乃木坂46の記念すべきファーストアルバムが好評発売中です。

どうぞチェックしてみてください。


さて、本日はオンキヨーの新AVアンプ『TX-SR343』のご紹介です。



オンキヨー
5.1ch対応 AVアンプ
TX-SR343

TX-SR343は、最新のHDMI規格「HDCP2.2」に対応した5.1chのAVアンプです。

HDCP2.2への対応により、4Kコンテンツをフルスペックで楽しむことが可能になっています。


TX-SR343は、HDCP2.2への対応が一番のセールスポイントになっておりますが、

それだけではありません。

単品オーディオで培った低インピーダンス化、低ノイズ化を図ることはもちろん、

AndroidスマートフォンやiPhoneなどの端末内の音楽がワイヤレスで楽しめるBluetooth機能も搭載しています。

そして、背面のフロント2chのスピーカー端子にはバナナプラグを採用することで、極太ケーブルを接続することも可能にしており、

そのフロントスピーカーだけで、擬似サラウンドを楽しめる「Theater-Dimentional」も用意されています。

TX-SR343は、4Kコンテンツをフルサポートする技術を搭載し、エントリー機でありながら、

高いパフォーマンス力を備えたモデルになっております。


AVアンプのエントリーモデルとしてオススメしたいオンキヨーの新AVアンプ「TX-SR343」は、

現在、好評発売中です。


それでは、いつもお買い得な Joshin web でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店