« 【新製品】Panasonic 「お部屋ジャンプリンク」&Wチューナー搭載 VIERA「D320シリーズ」 | メイン | SONY 4K液晶テレビ BRAVIA 「X8500Cシリーズ」のご紹介。 »

2016年1月24日 (日)

パナソニックが生んだ音職人「RP-HDE10」をご紹介!

皆様こんにちは!毎朝布団から出るまで1時間かかる青汁です。

ここ数日、この冬一番の寒さ!というフレーズを何回も耳にしてゲンナリしております。

今日が今冬一番の寒さだろう・・・。今日耐えれば明日はちょっと暖かくなるだろう・・・。

そんな思いはどこ吹く風か、どんどん冷えていく気温。

朝起きるとまず灯油ストーブとエアコンをフルパワーで動かして部屋が暖まるまで布団の中で

待機すること小一時間。気が付けば朝ごはんを食べる時間もない!なんてことも。

しかも数年?数十年ぶり?の大寒波が近々直撃するというニュースもちらほらと・・・。

2~3日分の食糧を買い込んで冬眠するしかないですね!

 

さて、そんなことは置いといて今回ご紹介するのはこちら。


パナソニック
ハイレゾ対応カナルイヤホン

RP-HDE10

 

パナソニックからハイレゾ対応のイヤホン「RP-HDE10」が発売されました!

余計なロゴやデザインを省いた超シンプルなデザイン。

「イヤホンは音を鳴らすことだけを考えろ」と言わんばかりの外観がなんともシブい!

時間の都合であまり長くは聴けませんでしたが、実際に試聴した感想を簡単にまとめますと

音のバランスはフラットですが、中~低音域にかけて重厚な音の厚みを感じられます。

ハイレゾ対応というだけあって音の解像度・分離性はなかなかのものです。

個人的にはもう少し個性のある音でもよかったかな?と感じましたが、

原音に忠実な音作りだと思えば余計な音への味付けがない分、

モニター系の音が好きな方にはピタリとハマるのではないでしょうか。

 

洗練されたデザインと真っ直ぐな音作りはまさに音の職人!手に取ってみる価値アリです!

それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店