« パナソニック Bluetoothコンパクトステレオシステム予約受付中 | メイン | ハイレゾ対応イヤホンにソフトバンクから新たな刺客!「SB-EM03-ISSP」をご紹介! »

2016年2月 5日 (金)

東芝 人気の薄型地デジアンテナ 「DUAシリーズ」 に、26素子相当の高利得タイプが登場

こんにちは。ジョニです。

本日は東芝より発売されました地上デジタルアンテナをご紹介。

薄型の平面アンテナ「DUAシリーズ」に26素子相当の高利得タイプが新しく加わりました。


東芝
地上 デジタルアンテナ
【26素子・高機能型】
DUA-1000

26素子相当で8.4~9.8dBの高利得タイプですので、平面アンテナ「DUAシリーズ」中で一番の受信性能になります 。

そのため、小型がウリの「DUAシリーズ」の中で本商品はかなり大きいサイズになりましたが、薄型でスマート、 設置がしやすいといった機能性は保っております。

 

本機は水平・垂直偏波両用になりますが、設置する際には向きが重要で、

縦向き設置で水平偏波用、横向き設置で垂直偏波用になります。

間違えないように気をつけましょう。

 

付属のスタンドを使えば、縦置き限定になりますが室内の窓際などに置いて設置することも可能です。

ベランダのない部屋で設置する際に使えそうですね。

 

また、一緒に発売された専用の壁面取付金具を使えばさらに設置が簡単になります。


東芝
DUA- 1000用壁面取付金具
SBK-1000

まず、この壁面金具を壁に取り付け、その後にワンタッチで本機を金具に取り付けます。

その後、金具に固定した状態で方向を調整できるのでスムーズに受信角度の調整ができます。

 

この金具を使用する場合のアンテナ方向の角度の範囲は左右に最大60°になります。

この範囲内にアンテナ塔が入るように設置してください。

アンテナ塔が背面など範囲外にあると受信が難しくなります。

 

壁面取付けの平面アンテナは見た目がスマートで家の外観を損なわない、強風に強いといったメリットがあります。

屋根上設置よりは断然設置しやすいので一般の方に特におすすめです。

 

それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店