« 【新製品】 Panasonic 4K対応テレビ VIERA 「DX750シリーズ 」 | メイン | 東芝よりコンパクトサイズの防災ラジオが新登場 »

2016年2月28日 (日)

フィッシャーオーディオのOMEGAシリーズをプチレポート!

皆様こんにちは!青汁です。

今回は長ったらしい前置きは抜きにしてプチレポートをしていこうと思います!


今回は「Fischer Audio(フィッシャーオーディオ)「OMEGA(オメガ)

紹介していきたいと思います!

 

まずはメーカーのフィッシャーオーディオについて簡単にご紹介。

2006年に高品質なオーディオ機器の開発や設計、製造におけるプロフェッショナルチームに

よってロシアで設立された比較的新しいメーカーです。

と言いましてもヘッドホン・イヤホンメーカーは今も尚増え続けているので設立から10年なら

中堅クラスのメーカーといっても問題なさそうですが。(笑)

「デザイン」「音質」「リーズナブルな価格」に妥協しないという理念があり、

ユーザーにとっては非常に魅力のあるメーカーだと思います。

そして今回レポートする商品は、フィッシャーオーディオが2015年12月に発売した「オメガ」シリーズ。

全3機種からなる同シリーズを順番にレポートしたいと思います。

 

【Omega Twin(オメガ ツイン)】

 

中身はこんな感じ。

パッケージの横にコードクリップとイヤーピース各種がありますが、このイヤーピースがなかなか

痒いところに手が届くと言いますか・・・。分かってるなー!という印象です。

上から順にダブルフランジ、フォーム、シングルフランジのLサイズ、シングルフランジのSサイズ

となっています。

※シングルフランジのMサイズは最初から本体に装着されていますので欠品ではないですよ!

ダブルフランジはあまりスタンダードな付属品ではないので、知らない方も居ると思います。

良く見る通常のイヤーピース(シングルフランジ)に比べ、着け心地は独特なものの、

密閉性が高く、より遮音性あがっております。

フォームタイプは一度指先で潰してから耳に入れるタイプで、耳の中で元の形に戻ろうとするので

ピッタリと耳穴にフィットしてくれます。こちらは愛用者が多いと思います。

欠点としては摩耗が早く、予備が必要になるところくらいでしょうか。

後は、写真写りが悪く(青汁の撮影が下手なだけですが!)見えにくいですが、

丸いキャリーケースにはフィッシャーオーディオのロゴがあしらわれています。

そしてイヤホン本体ですが、オメガシリーズは全て耳掛け式(通称シュア掛け)になっており、

眼鏡と同じようにコードを耳の裏に通すことでケーブルを触ったときのノイズや動いた際に

耳からイヤホンが外れにくくなっています。

付属品は3機種全て同じです。(後述のOmega Sparkのみフォームチップが赤色でした。)

 

音質については、高音の分離が良く、聴き取りやすいですが、完全には鳴らしきれていない

ような感じが若干残ります。

低音の音場が狭くやや詰まって聴こえるが、反応は素晴らしい。

全体的な音の広がりは無く、中低域のアタック感を前面へ押し出しているため

メリハリのあるアップテンポな曲やロック・メタルのような激しい曲にはハマると思います。

かなりクセが強いので当たり外れの個人差は間違いなくあります。

ただ、他のイヤホンには無い独特な世界観は一聴の価値有りです!

 

【Omega Spark(オメガ スパーク)】

 

音質はTWINに似て中低音重視だが、アタック感というより、

程よく響くなめらかで柔らかい印象。(スパークとはいったい・・・!)

クラシックのような微妙な音の移り変わりを聴くには最適だと思います。

今回ご紹介する3本の中では一番小型かつ軽量で、装着感が良く、

長時間の使用を想定しているならば【SPARK】をオススメします。

 

【Omega Ace(オメガ エース)】

  

オールマイティやスタンダードといった表現がピッタリ。

音楽のジャンルを問わず無難に鳴らすならこの【ACE】でしょう。

ロック・メタルのような勢いのある曲やクラシックのような広がりと響きがある曲が

好きな方には少し物足りなく感じるかもしれません。

音楽プレーヤーの中に数百数千の楽曲が入っていて、気分が変わる度に曲を変えたり、

動画を試聴することが多いそんな方にはオススメです。

 

矢継ぎ早に3機種の紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか!

青汁的には、本当に同じシリーズなのか!?と感じる程、音作りが違っていて、

それぞれ個性があって聴いていて楽しかったです。(小学生のような感想ですが・・・。) 

無難に勧めるのであれば「Omega Spark」か「Omega Ace」になりますが、

機会があれば是非「Omega Twin」を聴いてほしいですね!

 


Fischer Audio
ダイナミック密閉型カナルイヤホン
FA420174(Omega Twin)

Fischer Audio
ダイナミック密閉型カナルイヤホン
FA420167(Omega Spark)

Fischer Audio
ダイナミック密閉型カナルイヤホン
FA420150(Omega Ace)

 

ちょっとダラダラしてしまいましたが、今回はこの辺で!

それでは、いつもお買い得なJoshin webでお待ちしております。

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店