« タイヤ交換時期の必需品!大橋産業のタイヤラック | メイン | アサヒリサーチ バイク用ドライブレコーダーBS-8のご紹介 »

2016年12月 5日 (月)

PAUHANA 自転車・バイク用ドライブレコーダー PH-MDRのご紹介

こんにちは。まんがにくです。

今回はメーカーさんから面白い商品をお借りできましたので、
ミニレポート形式でご紹介させて頂きます。

PAUHANA
自転車・バイク用ドライブレコーダー
PH-MDR

こちらの商品は、
ポール取り付けタイプの製品となっておりまして、
自転車やバイクに取り付けて、
ドライブレコーダーやアクションカムのような利用方法が可能となっております。

本体は非常に小さく、
直径35mm、奥行き16mm、重量16g
とかなり小さな製品となっております。

装着も簡単でして、専用のマウントをハンドルなどのポールに取り付け、
マグネット部分に本体を設置するだけ。

専用マウントは、ネジのような形式になっており、簡単には外れないようになっております。
OTG対応のスマートフォンで映像確認可能ですが、
マウントに取り付けた状態で映像の確認はできませんので、
走る前に撮影し、角度調節を行いましょう。
なお、ハンドルに装着する場合は、中心近くに取り付けないと、
ハンドルを動かす度に、映像が大きく揺れますので、
取り付け位置にも気をつけましょう。

撮影はボタンを押すなどの動作は必要なく、
充電済みの本体をマウントに装着すると、
約5秒後に自動で録画開始されます。
満充電の場合、最大2時間撮影可能で、
専用マウントについているmicroUSBを利用し、
充電しながら使用すれば、さらに連続撮影可能となっております。
内蔵メモリは16GBとなっており、約4~5時間の録画が可能です。
録画されるファイルは5分のファイルが録画時間分連続して作成されます。

実際に取り付けてみました。
まんがにくはロードバイクなんてイイモノは所持していませんので、ママチャリです…

バイクにも取り付けてみました。

バイクの場合は自転車以上に取り付け可能な場所が限られますので、
スクーターなどでは難しいかも…
バイクでのご利用を考えている方は、
バイクに取り付け可能なポールはあるかご確認ください。
本体上部に矢印があり、矢印が上となりますので、
マウントの取り付けが斜めでも本体をまっすく装着すれば映像は問題なく撮影されるかと思います。

ということで、走ってみました。
まんがにくはママチャリで走りましたので、前カゴが映っているのはご愛嬌ということで…
なお、マイクもついていまして、
チェーンの回っている音、ギア切り替えの音、坂道を登って息切れしている音…
などイロイロな音を拾っています。
今回は平坦な道を走らず、ドライブレコーダーとしてよりは、
アクションカムの用途で撮影してみました。
なお、スタッフ配置の上、人がいないタイミングで走行しております。

マグネット装着でしたので、振動で外れて飛んでいったり、ずれたりするのかなと
心配でしたが、問題なく撮影されておりました。
バイクでの映像は諸事情により割愛させていただきます。
…えぇ、充電切れている事に気づかずそのまま走り回っていたとかそんなことは…
録画時間や容量には気をつけましょう…

しまなみ海道などのサイクリングコースをこの商品を付けて走行すると
いい映像が撮れそうですね!

実際にポールに固定して使用する必要なく、
本体にマウントを付ければ撮影可能ですので、
ドローンに付けたり他にもいろいろと面白い使いかたが出来そうな商品ですね。

ご購入は Joshin webでお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店