« 東芝 有機ELテレビ「X910」のご紹介 | メイン | エレコムからLDACに対応したスピーカー「LBT-SPHR01AVBK」が新登場! »

2017年2月18日 (土)

フィリップスのキューナナにハイレゾサウンド対応モデルが新登場!

皆様こんにちは!虫歯治療中の青汁です。

かなり前に、歯が欠けて虫歯になってしまったという記事を書きましたが、

結構、根が深くて治療に時間が掛かってしまっています・・・。

欠けた後に2~3週間放置したツケが数か月にも及ぶ治療になるとは思いもしませんでした。

ちょっとの面倒を先延ばしにすると後々もっと大きな面倒になると思い知りました。トホホ・・・。

さて、今回ご紹介するのはこちら!

フィリップス
ハイレゾ対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)
SHE9730BK

フィリップスのイヤホンと言えば?・・・。そう!キューナナシリーズです!

既に低価格帯の中では完成された立場にある(と青汁は思っています!)キューナナが、

まさかまさかの ハイレゾサウンドに対応 してやってきた!

その名もズバリ「SHE9730」!そのまんまですね(笑)

SHE9710からSHE9720になったときは付属品とカラー以外は変更点がありませんでしたが、

今回の「SHE9730」からドライバーが新しくなっております。

そりゃハイレゾに対応したんだから当然と言えば当然ですよね!

しかし、ここで心配なのが音ですよ音。

先ほども書いておりましたが、フィリップスのキューナナは既に1つの商品として

完成していると個人的には思っているので、中途半端に音を変えてほしくありません!

その点では少し不安なところもあったり、気になって仕方なかったので聴いてきちゃいました(笑)

さて、実際に試聴した結果を簡単にご報告させていただきます!

まずは、デザインから・・・。

形状はほぼ変わらず。変わったのは前回と同じでカラーリングだけだと思います。

カラーリングはSHE9710の頃のような光沢のある仕上げになっています。

ただし、今回はカラーバリエーションが上記のブラックと下記ホワイトの2色のみになりました。

個人的にはブルーが好きだっただけにやや残念です(笑)

フィリップス
ハイレゾ対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ホワイト)
SHE9730WT

外観が変わっていないので、当然ターボバス孔も健在。

すこーし音漏れは気になるものの程よい低音の抜けはしっかりと継承されていそうです。

さて、気になるのは音ですよね・・・。

今回からドライバーが新しくなっているのでいったいどうなることか!

・・・。(試聴中)

よし!良くやった! 超上から目線(笑)

今までのバランスの良さはそのままに、ハイレゾ特有の解像度の高さがプラスされています。

SHE9720と聴き比べると少し高音が前に出ているような気がしますが、

おそらく、ハイレゾに対応したことで今まで鳴らしきれていなかった音がしっかりと

出ているのだと思います。

ハイレゾ対応の低価格帯モデルというジャンルの中では、3本の指には入ると思います。

「ハイレゾ対応」「低価格」「バランスの良い音」このキーワードで検索中のアナタ!

“SHE9730”がオススメですよ!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店