« BOSE 【QuietControl 30】のご紹介 | メイン | パイオニアからコンパクトなデジタルオーディオプレーヤー「XDP-30R」が新発表! »

2017年3月 9日 (木)

オンキョー社こだわりのデジタルオーディオプレーヤー「DP-S1」発表!

みなさん、こんにちは!ご無沙汰しております、ダブルkでございます。

暖かな日が日増しに増えてきて、過ごしやすい日が増えてきました。

とは言いつつも、寒い日が突然に来て油断できない・・・。

先日、車のタイヤをスタッドレスから通常のタイヤに交換をしました。

いつもはサクサクとこなしていたのですが、今回はもの凄く時間がかかってしまって・・・。

体力が続かないのです・・・(悲)。筋力も落ちてるのか最後の方にはタイヤがスッと持ち上がらないくて・・・(大泣き)。

確かに最近は寒いからと、ダラダラ・ノロノロしていて、体を鍛える事を何もしていない!

ぼちぼち、体を鍛えないと日常生活も大変に???

前まではタイヤ交換の翌日に筋肉痛が来たりしてましたが、今回は翌々日でかなり焦りを感じてます。

春になったらジョギングとかしようかな?

では、本題に入りたいと思います。

今回ご紹介するのは先日オンキョー社から発表されました、デジタルオーディオプレーヤーの「DP-S1」です。


オンキョー
ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー
DP-S1

とにかくコンパクトです!

サイズを想像すると街中で貰うポケットティッシュ位の大きさでしょうか?

厚みはありそうですが、このサイズならカッターシャツ(ワイシャツ)の胸ポケットに充分収まりますよね。(寸法=H:94・W:63・D15mmで重さ130g)

このコンパクトサイズで液晶もやや小さめ2.4インチですが、タッチパネルです!

音もDAPとAMPを2基ずつ搭載してるので、オンキョー社のこだわりがあります。

Bluetoothも付いてます。が、こだわるならバランス接続対応なので是非ともバランス接続のヘッドホンをオススメします。

まだ、実物を見ても触ってもいないのですが、どうせならオンキョー社のこだわりに触れてみましょう!

ボディーにもこだわりが!総削り出しのアルミニウム製のシャーシ!!!

外観を想像すると、片手で操作するのに便利な「ボリュームノブ(本体の右側面のダイヤル)」なのですが、「DP-X1A」などは本体のサイズが大きいので親指辺りにあったのですが、コンパクトな分、人差し指辺りに来る感じでしょうか。

チョットした気遣いも感じられます。

あとは、操作性がどうなのか?音質は果たしてどうなのか?

聴いてみたいです!後日、聴いて・触る事ができましたら「試用レポート」でご案内させていただきます。

最後に、このデジタルオーディオプレーヤーは、サブネーム「rubato(ルバート)」と呼ばれるようです。

意味は調べると「感情に応じて速度を自由に加減して演奏する」と言う音楽用語らしいです。

オンキョー社はどの様な思いを込められているのか?今度、確認しておきますね。

ただ今、Joshin webでは好評予約受付中です!

それでは、いつも内容充実でお得なJoshin webでお待ちしております!

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店