« 耐久レースにも!ZCOOのブレーキパッド セラミックシンタード TYPE-Cシリーズ販売開始 | メイン | パナソニックからワイヤレスサラウンドヘッドホン「RP-WF70-K」が発表されました! »

2017年3月31日 (金)

最大音量をセーブしてお子様の耳をガード!キッズ用ヘッドホン「HA-SK2」が新発売!

皆様こんにちは!お昼に食べたラーメンのもやしが喉に引っ掛かっている青汁です。

ラーメンって一度食べるとしばらく食べなくてもいいやって気持ちになるんですが、

次の日にまた「あー、ラーメン食べたいなぁ・・・。」って思うのはなぜでしょうね(笑)

 

さて、今回ご紹介するのはこちらです!

JVC
キッズ用ヘッドホン(レッド)
HA-KS2-R


JVC
キッズ用ヘッドホン
(ミントブルー)
HA-KS2-Z

JVC
キッズ用ヘッドホン
(ピンク)
HA-KS2-P

JVC
キッズ用ヘッドホン
(イエロー)
HA-KS2-Y

 

JVCから2017年3月中旬に発売されたばかりのキッズ用ヘッドホン「HA-KS2」です。

普段ご紹介しているような、がっつりオーディオ用のヘッドホンとは違い、

出力音圧レベル(音量)を制限することで、お子様の耳を守ることを目的としたヘッドホンです。

 

ちょっと唐突な話の始まり方にはなりますが、街中や電車の中でイヤホンやヘッドホンから、

少し離れていてもハッキリと何を聴いているのか聴き取れるぐらいの音量で

音楽を聴いている方が増えたと思いませんか?

その音漏れが迷惑だ!という話はいったん置いといて・・・。

なぜあんな音量で音楽を聴く必要があるのか不思議ですよね。

好きで大音量にしている方も居られるでしょうが、私が思うに、大抵の方はそのぐらいの

音量でないと聴き取りづらくなっているのではないでしょうか。

普段からイヤホンやヘッドホンで大音量で長時間音楽を聴いていると、

耳がその音量に慣れてしまい、普段の日常的な会話も聴き取りづらくなったり、

耳鳴りや眩暈といった難聴の原因になります。

特に、小さなお子様の耳は未発達が故に影響を受けやすいので注意をしないといけません。

ですが、四六時中監視することもできません。

そこで、頼りになるのがこの最大ボリュームをセーブした「HA-KS2」です。

いくら再生機側のボリュームを上げてもヘッドホン側でボリュームをセーブしてくれるので、

誤操作が原因で、突然耳元で大音量が鳴る心配もありません。

使い方も通常のヘッドホンと同じで特別な操作も必要もございません。

 

お子様の耳が心配な方はもちろん。

テレビを見ているのにゲームの音がピコピコうるさい!なんて場合にもピッタリです。

是非、ご検討くださいませ。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店