« KENWOOD Apple CarPlay/Android Auto 対応AVシステム DPV-7000 | メイン | ソニーハイレゾ対応ヘッドホン MDR-1 AM2 »

2018年3月15日 (木)

【「出来る」がユーザー毎にある】アステルアンドケルンのポータブルプレーヤー"KANN"のご案内です

みな様こんにちは!

最近AVブログでの登場率が上がっているとうふです。
暦は3月、大相撲大阪場所が始まりますと、私的に「やっと春だな!」という気分になっています。
そんな大相撲、現地に行って楽しんでも良いですが、ご自宅のテレビで迫力ある音で楽しみたいですよね。
簡単接続でTVの音が迫力アップ!大相撲の臨場感が向上し楽しめるシアタースピーカーコーナーはこちらより。
※スタッフがソニーの新製品【HT-S200】の音質と操作性をチェックした試聴レポート記事は↓リンクをご参照くださいませ。

さて、それでは今回ご案内はこちら!

アイリバー
デジタルオーディオプレーヤー
AK KANN

ポータブルデジタルオーディオプレーヤー「KANN」です!
※ポータブルオーディオプレーヤーは以下DAPとします。

こちらは以前にもご紹介しておりますが。。。
再度その仕様をご案内。

このKANNは通常のDAPと大きく異なる点があります。
それはヘッドホン端子(3.5mmステレオミニ/2.5mm4極バランス)の他に
別途ラインアウト端子(3.5mmステレオミニ/2.5mm4極バランス)が搭載されている事です!

○また、外部メモリスロットがMicroSDだけでなくSDカードサイズも搭載
○曲送り/1曲戻り/再生/一時停止等の操作が物理ボタン操作
充電用USB端子(タイプC)とは別にUSBオーディオ出力用USB端子(MicroB)を搭載
など、ポータブルプレーヤーながら据置環境との接続を見越したハードウェアの仕様となっているのが最大の特徴です。

特に別途ラインアウト端子や、充電用のUSB端子とは別にオーディオ用出力端子を搭載している点は、
KANNに搭載のパワフルなヘッドホン出力では満足のいかない、ヘビーユーザーが自由に機器拡張できる『可能性』を持たせているという事で、非常に面白いですね。
ユーザー個々人が自由な楽しみ方を出来る、KANN(ドイツ語でいうところのcan=可能)はその名に相応しい
・DAPでもヘッドホンアンプとしても、使い方を自由にできる
・据置でもポータブルでも好みで自由にできる
・アンバランス接続でもバランス接続でも好みで自由にできる
・SDカードでもMicroSDカードでも本体メモリでも自由にできる
数々の"できる=KANN"が詰まったプレーヤーといえます。
と、これらの情報は既出となりますね。

しかし、これほどの楽しみ方の自由度が高いプレーヤーはこの"KANNだけ"でしょうね。
とうふイチオシのDAPです。

さて今回、何が新しいかというと、先日発表のファームウェアでラインアウト出力が可変出力となった事です。
通常のヘッドホンアウトよりも鮮度感が向上し、KANN一台での"遊べる幅"が広がります。
小型パワーアンプを接続、超コンパクトなデスクトップ環境等も楽しめるでしょう。

KANNが持つ"可能"に新たな項目が加わり、より遊べるプレーヤーとして完成度を増したAK KANN。
今最もお薦めのDAPとしてご紹介します!

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店