« 4K放送も観られて録れて隠れた便利機能のあるレコーダーSHARP 4B-C_AT3 | メイン | 国際放送を楽しみませんか?短波ラジオ ケンコー・トキナー「KR-009AWFSW」 »

2019年2月17日 (日)

デノンから新方式ドライバーを搭載したワイヤレスイヤホン「AH-C820W」が新登場!

皆様こんにちは!おニューの革靴を手に入れた青汁です!

先日、10年近く使い込んだ革靴がついに修復不能な状態になり、新しい革靴を選びに街へ繰り出しました。

これから何年も履き続けるものなので、ガッツリ迷ってから買うつもりで休日の早朝から準備して出かけたのに、

なんと1店舗目でデザインも履き心地も私の好みど真ん中のものが見付かるという衝撃。

普段は探し物はなかなか見付からず、探してない余計な物ばっかり見付けるのに、こんなこともあるんですね。

 

さて、そろそろ本題へ移りましょう!

今回ご紹介する商品はこちら。


デノン
AH-C820W

2019年1月に発売したばかりのワイヤレス インイヤーヘッドホン「AH-C820W」

デノンのワイヤレス インイヤータイプでは最上位モデルとして登場した機種。

見た目はメタルの質感が洗練された高級感を醸し出しており、デノンらしさが出ていますね!

さて、この機種最大の特徴ですが・・・。

ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー搭載

まるでプロレス技のようですね!

最後にドライバーとついている通り、イヤホン・ヘッドホンの音を鳴らす心臓部分のドライバーが

従来とは異なる方式とのことで、発売前からマニアの中では話題になっておりました。

何が違うのかと言いますと、大多数のイヤホンのドライバーはダイナミック型と呼ばれる方式で、

鼓膜のような薄い膜を電気信号で振動させて音を出しています。

通常、この薄い膜は1枚しか無いのに対し、「AH-C820W」は2枚の膜を向い合せに配置することで、

音を出す振動面積が2倍となり、音の表現力が飛躍的にアップさせることができたそうです。

特に低音域のさらに下の部分、所謂重低音の部分は特筆すべき点で、

単にズンズン響くのではなく、奥行きと量感があり、滲みのない音はまさに圧巻です。

 

Bluetoothのバージョンは5.0を採用しており、4.2より以前のものよりバッテリー消費が抑えられており、

連続音楽再生が約10時間可能と比較的長時間の連続使用が可能になっております。

もちろん、再生曲や音量などでズレはございますが!

 

Bluetoothのイヤホンをお探しの方!選択肢の一つとして是非ご検討ください!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店