オーディオ Feed

2019年10月16日 (水)

【大きな変化が!】ソニーのウォークマン、新モデルのご予約を開始しました!

みな様、こんにちは!
10月になってようやく涼しくなったかなぁ。。。と思っていたのも束の間、
急激な朝晩の冷え込みに体調を崩し気味のとうふです。

風邪は初期症状の対応が肝要です。
体調に違和感を感じましたら。。。かぜ関連の品揃えも豊富なJoshinWebをご利用くださいませ

さて、早速ですが今回ご案内はこちら!

4548736102057

ソニー
ネットワーク対応ウォークマン A100シリーズ 16GB
NW-A105


本日メーカより発表されました、新型ウォークマンです!!

今年の夏、ドイツ・ベルリンで開催されたコンシューマー・エレクトロニクスショー『IFA2019』で発表された時から日本国内での発表はいつか!?と気にされていた方も多かったでしょう。
様々な変更点、改良点が施された新型ウォークマン、期待しないわけには行きません!

数ある変更点の中でも真っ先に挙げられるのが
・基本ソフトを独自OSからAndroid(9.0)への変更
・接続端子をWMポートからUSB(Type-C)への変更
でしょう。

いずれも衝撃的な変更点ではありますが、
私には昨今の"オーディオスタイルの変化に柔軟に対応する"為の「大きな進化」と感じました。

ソフトウェアの変更点である、Androidの再採用に関してはNW-Z1000シリーズ/NW-Fシリーズを使ってきた(Androidウォークマンも愛してきた)自負がある私としては期待値が否が応でも高まります。
特に最近ではDAP(デジタルオーディオプレーヤー)を持たず、「聴く曲は専らYoutubeやインターネット上の動画等」という人も多いようですし、昨今流行の完全ワイヤレスイヤホンはアプリ連動で魅力を引き出す仕様のものが多いように感じます。
さらにスマホの扱いには長けていても、PCの操作は不慣れな世代も増えているそうで、基本ソフトをAndroidにする事で簡単に「PCレス」を実現できると言うのも大きな強みでしょう。
ソフトウェア面の変化はその時代のニーズにあった「進化」と言えるでしょう。

そしてハードウェアの変更点、USB(Type-C)の採用。
永らくウォークマンの接続端子として活躍してきたWMポートが廃止。
これは本音を言いますと「これも時代の流れか。。。」と思う反面、「廃止はだめでしょ!?」とも思う自分がいました。
しかし、昨今のポータブルオーディオ事情を見てみると、ポータブルヘッドホンアンプの接続もUSB端子によるデジタル接続や場合によってはBluetoothによるワイヤレス接続等も増えています。
外部DACへの接続等、WMポートよりもUSB端子の方が汎用性に優れる場面も増えており、まさにハードウェア面の変化も時代のニーズにあった「進化」なのかもしれませんね。

それ以外の改良点や、肝心の音質や使い勝手などは近日試用レポートにアップ予定ですのでお楽しみに!

そして、今年2019年はポータブルオーディオ界では記念すべき年ともいえます。
そう、ポータブルオーディオの概念を生んだと言っても良い、元祖ソニーのウォークマン『TPS-L2』登場からちょうど40年の節目の年なのです!!
その節目の年に誕生した今回のウォークマンには期間限定・受注生産品の特別モデルが用意されています!

4548736105409_3

ソニー
ウォークマン40周年限定モデル
【期間限定・受注生産品】
NW-A100TPS


初代ウォークマン『TPS-L2』をイメージしたソフトカバーが同梱された特別モデルです!
※ご注文に際しての注意点がございますので、詳細はご購入ページにてご確認くださいませ!

40年の記念すべき年に、ソフト面/ハード面共に大きく進化した新型ウォークマン。
ポータブルオーディオ界隈はますます目が離せませんね!
それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2019年9月 9日 (月)

手回し充電でワンセグ視聴ができる!キュリオム 「YTM-RTV200」シリーズをご紹介

みなさま、こんにちは。タコメシです。

先日京都に行ったのですが、駅を出てすぐに天候が崩れ、

横殴りの雨に10分おきに雷鳴が轟きと、ひどい目にあいました。

近くにいた外国人観光客の方は"Everyday what a day"(全く、何て日だ)と

つぶやいていましたが、そうなる気持ちも分かります。

さて、本日ご紹介する製品は、

キュリオム

手回し充電ワンセグテレビ/ラジオ(ホワイト)

QRIOM 「YTM-RTV200-W」

4983771042447

電源は、ハンドルを使った手回し充電のほか、付属のACアダプターによるAC充電、

別売りの乾電池や別売りのモバイルバッテリーによる充電と4WAY電源に対応。

災害時に役立つ、LEDライトやラジオ機能・モバイルバッテリー機能に加え、

ワンセグ機能も備えているので、事前に簡単な選局設定をしておけば

約10分間(ハンドル約150回転分)の手回し充電で、5分間のワンセグ視聴が可能に。

映像情報を入手することで、災害の情報をより正確に把握することができます。

4983771042447d

4983771042447c

また、サイレン機能を搭載しているので、怪我などで動けなくなった際も、

ボタン一つで、周囲に自身の居場所を簡単に知らせることができます。

4983771042447b

色違いにブラック色もご用意。

キュリオム

手回し充電ワンセグテレビ/ラジオ(ブラック)

QRIOM 「YTM-RTV200-B」

4983771083679

※ブラック色はメーカー在庫切れ・生産待ちのため入荷にお時間いただいております。

長期保管に強いコンデンサー充電池を搭載し、

手回し充電ですぐに使えるようになるので、

いざと言うときの備えにおすすめです。

この機会にぜひぜひお買い求めくださいませ。

それではいつもお買い得なJoshin webにてお待ちいたしております。

2019年7月14日 (日)

【今まで待っていた!】ソニーの大人気肩乗せスピーカー専用カバーの登場です

みな様、こんにちは!
ようやく入梅発表を聞いたところだと言うのに、蝉の声を聞いて「自然は梅雨明け。。。?」と感じているとうふです。
さて、今回ご案内は大人気、肩乗せスピーカーの元祖!
ソニーのSRS-WS1専用カバーのご紹介です!

ソニー
SRS-WS1専用カバー
CKS-SRSWS1


TV番組の紹介で人気に火がつき、一時は生産が全く追いついて無いほどの空前の大ヒットモデルとなったSRS-WS1
本機は肩にかけて使用するスタイルなので、首に接触する事もあるためやはり"肌との接触部の汚れ"に関するお問い合わせが多かったとのことで

カバーを装着しても音質を損なわない素材
カバーを装着したままでも操作・充電が出来る構造
 ※充電台を使用する場合はファスナーの開口が必要です。
手洗いが可能な素材

等の要望に答える素材・構造で専用カバーが今回発表されました!

SRS-WS1を長く、美しく楽しんで頂けるアクセサリーとして。
もしくは既に少し汚れてしまった場合にはこれ以上汚さないように。

専用設計カバーの【CKS-SRSWS1】、好評ご予約受付中です!
それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2019年7月 4日 (木)

オーディオテクニカ 完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKS5TW」を新発表!

皆様こんにちは!最近家を引っ越した青汁です!

今まで駅まで自転車で15分かかっていたところから、駅前徒歩1分のところに引っ越した結果。

便利過ぎる!!!もはや沿線各駅の駅前は近所という感覚です。

雨が降ろうが、風が吹こうが何も怖くないというのは素晴らしいですね!

 

さて、それでは今回ご紹介する商品はこちら。


オーディオテクニカ
ATH-CKS5TW-BK

2019年7月4日にオーディオテクニカより発表された 完全ワイヤレス イヤホン「ATH-CKS5TW」です。

従来のモデルより価格もサイズもスリムになって、ベリーグッド!デザインも洗練されているように感じます。

また、満充電状態からの音楽連続再生時間が最長で約15時間と長時間の使用が可能になり、

様々なシーンで使いやすくなりました。

ただし、再生環境(設定や接続方式)によって再生時間に違いが出てくるのでご注意を・・・。

 

選べるカラーは上記のブラックと、下記のブルーとカーキの3色。

個人的にはブルーが深めの色合いで良い感じ!


オーディオテクニカ
ATH-CKS5TW-BL


オーディオテクニカ
ATH-CKS5TW-KH

発売は2019年7月12日を予定しておりますので、是非ご予約をご検討ください。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2019年3月26日 (火)

【手軽にTVの音質アップ!】ソニーの新製品シアターバー、好評ご予約中です!

みな様、こんにちは!
あっという間に3月も最終週、遠からず新学期・新年度の足音が聞こえつつありますね。
新生活をより楽しむツールとしてオーディオ・ビジュアル機器導入もお薦めですよ!?

さて、今回ご案内は発表されたばかりの新製品シアタースピーカー!

ソニー
2.1chホームシアターシステム
HT-X8500

サブウーファー内蔵タイプバースピーカー1本スタイルの【HT-X8500】と、

ソニー
2.1chホームシアターシステム
HT-S350

オーソドックスなバースピーカー&サブウーファースタイルの【HT-S350】です!

1本バースタイルの【HT-X8500】の特徴は
・バースピーカー本体にサブウーファーを内蔵しているため、省スペースでも迫力のサウンドを実現
最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応

オーソドックスなバー&ウーファースタイルの【HT-S350】の特徴は
ユニット口径160mmのユニットを採用したサブウーファー迫力のある重低音を実現

と言った点でしょうか。
両機種共に、
アンプ回路にソニー独自の「S-Master」を採用している点や
フロントサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載している点、
Bluetooth接続機能等の共通点が多く見られます。

中でもとうふ注目のモデルは【HT-X8500】!
・サブウーファーを内蔵する事で省スペース化を実現。
・そして最新のオーディオフォーマット「ドルビーアトモス」や「DTS:X」に対応。
・Bluetooth入力対応でスマホやポータブルプレーヤーの音声も高音質に楽しめる!
これ一本で何でもござれ。非常に"遊べる"シアターバーです。

TV台上の限られたスペースだけでも高音質をお求めの方や。。。
手軽に映画ソフトのオーディオ効果(高さ情報)を楽しみたい方へ。。。
今春お薦めの1本としてイチオシです!
 
HT-X85004月末頃HT-S3505月末頃発売予定で、好評ご予約受付中です!

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2019年3月10日 (日)

【人気モデルが機能アップでリニューアル!】サンスイの一体型コンポSMS-820BTが登場です!

みな様、こんにちは!
気候が暖かくなるにつれ、鼻がムズムズ、目がかゆくて辛いとうふです
春の訪れは非常に嬉しいですが、花粉だけは嬉しくないですね。。。

さて、今回ご案内はこちら!

サンスイ
Bluetooth対応CDステレオシステム
SMS-820BT



どこか懐かしいレトロなデザインに、USB再生機能やワイドFM、Bluetoothなど最新の機能を搭載して好評だった、サンスイの一体型ステレオコンポが機能強化でリニューアル!

主な変更点は
①アンプ出力の強化
5W+5W → 15W+15W

②スピーカー構成の変更
フルレンジ1基 → ツィーター+ウーファーの2Way構成

③光デジタル入力の追加

④表示画面の高輝度化
前モデルに比べて非常に視認性が良くなっています

⑤CDトレイのデザイン変更
CDがよりセットしやすくなりました。

一足お先に実機を試聴する機会がありましたが、音に元気があって非常に好印象
サイズは大きく変らず、機能面とデザイン面を大幅強化
それなのに価格は据置という、超・意欲作

現在ご予約受付中です!
※お届けは3月中頃以降です。

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2019年3月 6日 (水)

【お買い得情報!】BOSE製品のお得なキャンペーンのご案内です!

みな様、こんにちは!
つい先日まで新年の挨拶をしていたはずが、あっという間に3月。
2月よ、何処へ行った!?と驚愕しているとうふです。

さて、今回ご案内するのは人気のボーズ製品のお買い得なキャンペーンをご紹介です!
一つ目がこちら!

ボーズ
テレビ用サウンドシステム
solo 5



コンパクトなボディでもボーズサウンドが楽しめる、人気のサウンドバー「Solo 5(ソロ5)」が3月17日(金)まで通常よりも、大変お買い得となっております!

二つ目はこちら!

ボーズ
コンパクト・オールインワン・オーディオシステム
Wave SoundTouch music system IV

コンパクトなボディに様々な機能が盛りだくさん!まさにオール・イン・ワンなステレオシステムのWave SoundTouch(ウェーブ・サウンドタッチ)にジャストフィットサイズのアクリル台(非売品)をもれなくプレゼント!

見た目にもクールで映えるデザインの専用台。キャンペーンでしか入手できませんので、この機会をお見逃し無く!
なお、専用台プレゼントのキャンペーンは3月末までとなっています。

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2018年12月31日 (月)

【シンプルに音楽を】デノンのミニコンポ『D-T1』のご案内です!

みな様こんにちは!

あっという間に12月も最終日、2018年も最後の日になりましたね。
今年も一年、JoshinWebをご利用頂き、誠にありがとうございます!

2018年も色々話題のオーディオ製品がありましたが、一年の締めくくりにご紹介するのは、
オーディオの原点『シンプルに音楽を楽しめる』ミニコンポ製品をご紹介したいと思います。

デノン
Bluetooth対応CDコンポ
D-T1(K)

こちらはデノンが今秋に発売した、HiFiミニコンポです。
デノンと言えば古くはデンオン(途中コロムビア)の名で親しまれ、超・定番カートリッジ(レコード針)【DL-103】を擁する事でも有名な、日本人に最も馴染みのあるオーディオ専門メーカーのひとつでしょう。

過去にはスピーカーとセットになった所謂"ミニコンポ"といわれる商品も展開していましたが、最近ではセットとなった製品はとんとご無沙汰でした。

しかしこの秋、スピーカーとセットになったミニコンポ製品が久々の再登場を果たしたのです。
最近のアンプ一体型プレーヤーで培ったコンパクト・システムの技術をふんだんに採用。
まさに『Hi-Fi オーディオの高音質設計をミニコンポにも』を実現しているのです!

流行のPCやネットワークの再生を廃し
CD/ラジオの再生機能にBluetooth、光、RCAの入力という、非常にシンプルな構成に仕上げています。

シンプルに、音楽を楽しむ。
そんなスタイルにマッチした高音質なミニコンポ
是非ご検討くださいませ!

それでは来年もまた、いつでもお買い得な「Joshin Web」をどうぞよろしくお願いいたします。

2018年12月11日 (火)

【これ一本でお手軽サラウンド!】パナソニックの新サウンドバー『SC-HTB01』登場!

みな様、こんにちは!
急激に気温が冷え込みましたね。。。
今更ながらインフルエンザの予防接種に行ってきたとうふです。
今ならまだまだ間に合いますので。。。予防接種はお早めに!

さて、それでは今回ご案内の商品はこちら!

パナソニック
ホームシアターバー
SC-HTB01


本日発表となりました、パナソニック製ホームシアターバーの新製品です。
サウンドバー本体だけ、というシンプルな外観のサラウンドシステムです。。。

しかし侮ることなかれ。
横幅430mmのコンパクトボディながら、なんとドルビーアトモスDTS:X/Virtual:X等の最新音声処理技術に対応!
映像の中での移動感や躍動感がより身近に、リアルに感じることが可能となります!

また本体内部にサブウーファーユニットとパッシブラジエターを搭載。
低域の不足感はあまり感じない事でしょう!
※サイズなどの仕様はメーカー発表数値です。

発売は来年1月末頃、と年末には残念ながら間に合いませんが。。。
現在好評ご予約受付中です!

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2018年11月 9日 (金)

ボーズ 「SoundSport Free wireless headphones」がリーズナブルに!

皆様こんにちは!眼鏡の買い換えを検討している青汁です。

前回の買い換えから約3年・・・。レンズは傷だらけ、蔓の部分は塗装が剥がれてボロボロ・・・。

眼鏡をかけたままお風呂に入ってしまったり、誤って洗濯機に放り込んでしまったり

なかなかハードな仕打ちをしてきましたが、よく耐えてくれました。ありがとう!

次の眼鏡はもっと大事に使おうと思います。(笑)

さて、それはさておき、今回は良いニュースをお知らせ!

ボーズの完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン

「SoundSport Free wireless headphones」が

お求めやすくなりました!


ボーズ
SSPORT FREE BLK


ボーズ
SSPORT FREE BLU


ボーズ
SSPORT FREE ORG

2017年11月から順次発売となってから、高いデザイン性と音質の良さから多くのファンを魅了している

「SoundSport Free wireless headphones」ですが、なんと本日11月9日から

メーカー希望小売価格29,160円(税込)が25,920円(税込)になりました!

いかがでしょう!グッとお求めやすくなったのではないでしょうか。

ご購入を検討していた方はもちろん、まったく知らなかったアナタも是非この機会にご検討ください。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店