オーディオ Feed

2017年3月25日 (土)

【試用レポート公開!】東芝 CD/SD対応ラジカセ「TY-CDX9」!

こんにちは。メキシカンです。

今回はご好評を頂いている新商品の試用レポートをご紹介致します!

カセットテープの音をSDカードやUSBメモリに録音することができるCDラジカセ「TY-CDX9」

多機能で使い易さもバッチリなこちらの商品。皆様ぜひこの機会にご覧下さい!

Tycdx9n東芝 CD/SD対応ラジカセ(サテンゴールド)
TY-CDX9-N

Siyoure

2017年3月15日 (水)

パイオニアからΦ2.5mm4極プラグのイヤホン「SE-CH5BL-K」が発表されました!

皆様こんにちは!得意料理はフレンチトーストの青汁です。

先日、壁際に積んでいたマンガのタワーが崩れたことがきっかけで、

部屋の片付けを始めたのですが、次から次へと出てくる懐かしい品々!

数年前に流行ったゲームのソフトから、友達が居なくて対戦できなかったトレーディングカードまで・・・。

本当は全部取っておきたいんですが、このまま心のどこかで邪魔だなぁ・・・。と感じながら

置いといても何も良いことがないので思い切って全部捨てました!

そうするとどうでしょう!部屋が1.3倍ぐらい広くなった気がします!

部屋の中の移動もスムーズでちょっと心が晴れやかになりました。

やはり、定期的に片付けたり、使わないものは処分しないといけませんね。

 

さて、今回ご紹介するのはこちらです!

パイオニア
φ2.5mmバランス接続対応
ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)

SE-CH5BL-K

 

直近の私のブログで紹介させていただいた「XDP-30R」と同時に発表された

ハイレゾ対応のイヤホン「SE-CH5BL-K」です。

 

さて、このイヤホンの最大の特徴であり注意点でもあるのが・・・。

Φ2.5mm4極プラグを採用していることです。

 

まず、世に出回っているほとんどのオーディオプレーヤーやスマホのヘッドホン端子の形状は、

Φ3.5mmステレオミニΦ6.3mm標準です。もちろん一部、別規格もあったりしますが!

つまり、何が言いたいかというと、規格に対応しているプレーヤーじゃないと使用できません。

私の知る限り、このΦ2.5mm4極プラグに対応しているプレーヤーは、

オンキヨーの「DP-X1」「DP-X1A」「DP-S1」、パイオニアの「XDP-300R」「XDP-30R」、

アステル&ケルンのいくつか・・・。あれ?全部だったかな?ぐらいでしょうか。

 

使用できる環境があることを前提だけに、それだけ自信がある完成度ということでしょう。

また、同時に発表された「DP-S1」や「XDP-30R」と一緒に使用することを前提としているとみて、

まず間違いないでしょう。

 

リケーブルや改造品しかなかった(私の記憶の中では、ですが)Φ2.5mm4極という規格に、

最初から純正としてこの規格で発売されるのは、おそらくこの「SE-CH5BL-K」が

初めてだと思います。まさしく、純正としてはこの規格のパイオニアになりますね!

 

間違いなく一聴の価値はあると思います。

発売は3月の中旬頃を予定。「DP-S1」や「XDP-30R」の購入を検討されている方は特に

この「SE-CH5BL-K」を一緒にご予約されてはどうでしょうか!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2017年3月 9日 (木)

パイオニアからコンパクトなデジタルオーディオプレーヤー「XDP-30R」が新発表!

皆様こんにちは!カラオケで喉を潰した青汁です。

学生の頃は週に2度3度とカラオケに通っていて、久々にいっぱい歌うぞ!

と意気込んだのですが、まさか1曲目を歌っている最中に声が嗄れはじめ、

その曲を歌い終わる頃にはガラガラになってしまい、2曲目からは聞くに堪えない状態に。

ここ数年は、カラオケに行く機会が減ったせいか、かなり喉が弱くなっていたようです・・・。

歳をとるにつれ、身体も声も使わない所は、どんどん衰えているように感じます。

積極的にいろんなことに取り組まないと、気が付いたら何もできなくなってしまいそう。

嗚呼!恐ろしい!

 

さて、今回ご紹介するのは3月8日に、パイオニアから発表されたばかりの新製品です!

パイオニア
ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー(ブラック)
XDP-30R B

 

前モデルの「XDP-300R」をギュッと小さくし、携帯性が向上した「XDP-30R」です!

まだ発売前で実機に触れていないので音質については割愛させてもらいますが、

本体はアルミの削り出し筐体になっており、継ぎ目が最少に抑えられているので、

継ぎ目が原因で起こる共振やノイズはかなり軽減されるのではないでしょうか。

 

また、今回の一番の注目ポイントはなんと言ってもこのコンパクトさ!

DACとAMPを2基ずつ搭載しているにも関わらず、サイズは縦94×幅63×厚み15mmと

対戦型トレーディングカードのデッキ1つ分ぐらいです。え、分かり難い?ごめんなさい!

重さも良くあるスマホと同程度の120グラムと軽量。

ポータブルオーディオプレーヤーとしては、かなり優秀なサイズ感だと思います。

ここ最近、ポータブルを謳いながらドデカい製品が多かったので、

青汁的にはやっとポータブルプレーヤー“らしい”製品が出てきたなと思っています。

 

後は、使ってみないと分からない部分が大きいですが、片手で操作しやすいようにGUI設計に

なっているようです。

 

選べるカラーは高級感のあるブラック(上記)と質感の良さが光るシルバー(下記)の2色。

パイオニア
ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー(シルバー)
XDP-30R S

発売は3月中旬を予定しておりますが、シルバーのみ3月下旬にずれ込むようです。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

オンキョー社こだわりのデジタルオーディオプレーヤー「DP-S1」発表!

みなさん、こんにちは!ご無沙汰しております、ダブルkでございます。

暖かな日が日増しに増えてきて、過ごしやすい日が増えてきました。

とは言いつつも、寒い日が突然に来て油断できない・・・。

先日、車のタイヤをスタッドレスから通常のタイヤに交換をしました。

いつもはサクサクとこなしていたのですが、今回はもの凄く時間がかかってしまって・・・。

体力が続かないのです・・・(悲)。筋力も落ちてるのか最後の方にはタイヤがスッと持ち上がらないくて・・・(大泣き)。

確かに最近は寒いからと、ダラダラ・ノロノロしていて、体を鍛える事を何もしていない!

ぼちぼち、体を鍛えないと日常生活も大変に???

前まではタイヤ交換の翌日に筋肉痛が来たりしてましたが、今回は翌々日でかなり焦りを感じてます。

春になったらジョギングとかしようかな?

では、本題に入りたいと思います。

今回ご紹介するのは先日オンキョー社から発表されました、デジタルオーディオプレーヤーの「DP-S1」です。


オンキョー
ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー
DP-S1

とにかくコンパクトです!

サイズを想像すると街中で貰うポケットティッシュ位の大きさでしょうか?

厚みはありそうですが、このサイズならカッターシャツ(ワイシャツ)の胸ポケットに充分収まりますよね。(寸法=H:94・W:63・D15mmで重さ130g)

このコンパクトサイズで液晶もやや小さめ2.4インチですが、タッチパネルです!

音もDAPとAMPを2基ずつ搭載してるので、オンキョー社のこだわりがあります。

Bluetoothも付いてます。が、こだわるならバランス接続対応なので是非ともバランス接続のヘッドホンをオススメします。

まだ、実物を見ても触ってもいないのですが、どうせならオンキョー社のこだわりに触れてみましょう!

ボディーにもこだわりが!総削り出しのアルミニウム製のシャーシ!!!

外観を想像すると、片手で操作するのに便利な「ボリュームノブ(本体の右側面のダイヤル)」なのですが、「DP-X1A」などは本体のサイズが大きいので親指辺りにあったのですが、コンパクトな分、人差し指辺りに来る感じでしょうか。

チョットした気遣いも感じられます。

あとは、操作性がどうなのか?音質は果たしてどうなのか?

聴いてみたいです!後日、聴いて・触る事ができましたら「試用レポート」でご案内させていただきます。

最後に、このデジタルオーディオプレーヤーは、サブネーム「rubato(ルバート)」と呼ばれるようです。

意味は調べると「感情に応じて速度を自由に加減して演奏する」と言う音楽用語らしいです。

オンキョー社はどの様な思いを込められているのか?今度、確認しておきますね。

ただ今、Joshin webでは好評予約受付中です!

それでは、いつも内容充実でお得なJoshin webでお待ちしております!

2017年2月26日 (日)

ソニーのハイレゾに対応したハイブリッド型イヤホン「XBA-N3」をご紹介!

皆様こんにちは!卵焼きは甘くない出汁巻き派の青汁です。

先日、近所のスーパーへ買い物に行った際に「なんだか野菜高くなったなぁ・・・。」と

感じましたが、気のせいじゃないですよね・・・?

以前であれば2~300円もあれば山盛りのサラダが2日間くらい食べられたのに、

今ではちょうど1食分ぐらいでしょうか。

私は普段サラダを中心に野菜を結構食べる方なのですが、食費を理由に、

ここ1年で食べる量がおおよそ半分ぐらいになりました。

たまにニュースなどで、「最近の若者は野菜を食べない・・・。」みたいな記事を見ますが、

キライだから食べないのではなく、高価だから食べられないのでは?

などと、いろいろとボンヤリ考えてしまう青汁でした。

 

さて、そんなことは置いといて!

今回ご紹介するのはこちら!

ソニー
ハイレゾ対応カナルイヤホン
XBA-N3

 

ソニーから昨年10月に発売されたハイブリッド型イヤホン「XBA-N3」

同社のバランスドアーマチュア型イヤホン「XBAシリーズ」の中でも、

ダイナミック型ドライバーを追加したハイブリッド型として登場。

パッと見では普通のイヤホンに見えますが、ハイブリッド型にしては小さくまとまっており、

無駄を削ぎ落とした機能美が感じられます。個人的にはシュア掛けができるデザインが良かったなー!

少し詳しい人ならどこにどのドライバーが入っているか一目で分かりますね!

  

今回も音質には並々ならぬソニーの情熱が込められているようで、

先日、試聴してきた時の音がいまだに耳に残っています。

音全体の印象としてカラッと晴れた朝のような、ドライで澄みきった音です。

パキッとした立ち上がりの良さと淀みのなく抜けていく爽やかさは楽器演奏曲に最適です。

ただ対照的に、しっとりとした歌謡曲を聴くとやや音楽に埋もれてしまうことも・・・。

 

個人的にはクセが強いイヤホンだと思いますので、試聴ができる環境であれば、

試聴してからの方がいいかもしれません。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2017年2月19日 (日)

エレコムからLDACに対応したスピーカー「LBT-SPHR01AVBK」が新登場!

皆様こんにちは!昨日の晩御飯はキノコ鍋だった青汁です。

ここ最近、晩御飯を作るのが億劫で、スーパーや惣菜屋さんの出来合いのものを買って、

白いご飯だけ炊いて済ませていました。

昨日は休日で用事も午前中で終わった為、久しぶりに何か作ろう!と思い立ち、

家族(私を抜いて2人)に何が食べたいかアンケートを取ったところ、下記の回答が・・・。

A「しめじ」

B「しいたけ」

いや、食材じゃなくて料理のアンケートを取ったつもりだったんだけどな・・・。と思いつつ(笑)

でもまぁ、見事にキノコ類で被っていたので「しめじ」「しいたけ」に「エリンギ」「エノキ」「つくね」

を足してキノコ鍋にしました。

これがもう美味しくてですね、シメには雑炊までしっかりいただいて、非常に満足度の高い

晩御飯になりました!

やっぱり、寒い時期は鍋に限りますよね!今夜の晩御飯に悩んでいる方は是非キノコ鍋は

いかがでしょうか(笑)

さて、今回ご紹介するのはこちら!

エレコム
ハイレゾ対応Bluetoothワイヤレススピーカー
LBT-SPHR01AVBK

エレコムから今年1月発売されたばかりのハイレゾに対応したBluetoothスピーカー

「LBT-SPHR01AVBK」をご紹介!

まず、デザインは光沢のあるブラックボディが見た目の迫力満点。

また、余計な装飾やカラーリングを一切排除したことで、逆に高級感が増しています。

そして機能面、ソニー以外ではあまり対応機種を見なかった“LDAC”に対応しているということで

個人的には注目度が高いですね!

ちなみに“LDAC”をかなりザックリ説明しますと、通常のBluetooth接続した時よりも

多くのデータで通信できるため、音の情報量が多くなり、より高音質な再生が可能になります。

制約として機能として“LDAC”を使用する場合、送信側(プレーヤー)と受信側(スピーカー)の

両方が“LDAC”に対応していることが条件になりますのでご注意ください。

音質はやや低音寄りですが、全体的にしっかりの厚みのある音が特徴。

オールラウンドなチューニングとなっており、どんな楽曲でも無難に鳴らせる優等生です。

Bluetoothで良い音なら、この「LBT-SPHR01AVBK」がオススメです。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2017年2月18日 (土)

フィリップスのキューナナにハイレゾサウンド対応モデルが新登場!

皆様こんにちは!虫歯治療中の青汁です。

かなり前に、歯が欠けて虫歯になってしまったという記事を書きましたが、

結構、根が深くて治療に時間が掛かってしまっています・・・。

欠けた後に2~3週間放置したツケが数か月にも及ぶ治療になるとは思いもしませんでした。

ちょっとの面倒を先延ばしにすると後々もっと大きな面倒になると思い知りました。トホホ・・・。

さて、今回ご紹介するのはこちら!

フィリップス
ハイレゾ対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ブラック)
SHE9730BK

フィリップスのイヤホンと言えば?・・・。そう!キューナナシリーズです!

既に低価格帯の中では完成された立場にある(と青汁は思っています!)キューナナが、

まさかまさかの ハイレゾサウンドに対応 してやってきた!

その名もズバリ「SHE9730」!そのまんまですね(笑)

SHE9710からSHE9720になったときは付属品とカラー以外は変更点がありませんでしたが、

今回の「SHE9730」からドライバーが新しくなっております。

そりゃハイレゾに対応したんだから当然と言えば当然ですよね!

しかし、ここで心配なのが音ですよ音。

先ほども書いておりましたが、フィリップスのキューナナは既に1つの商品として

完成していると個人的には思っているので、中途半端に音を変えてほしくありません!

その点では少し不安なところもあったり、気になって仕方なかったので聴いてきちゃいました(笑)

さて、実際に試聴した結果を簡単にご報告させていただきます!

まずは、デザインから・・・。

形状はほぼ変わらず。変わったのは前回と同じでカラーリングだけだと思います。

カラーリングはSHE9710の頃のような光沢のある仕上げになっています。

ただし、今回はカラーバリエーションが上記のブラックと下記ホワイトの2色のみになりました。

個人的にはブルーが好きだっただけにやや残念です(笑)

フィリップス
ハイレゾ対応ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ホワイト)
SHE9730WT

外観が変わっていないので、当然ターボバス孔も健在。

すこーし音漏れは気になるものの程よい低音の抜けはしっかりと継承されていそうです。

さて、気になるのは音ですよね・・・。

今回からドライバーが新しくなっているのでいったいどうなることか!

・・・。(試聴中)

よし!良くやった! 超上から目線(笑)

今までのバランスの良さはそのままに、ハイレゾ特有の解像度の高さがプラスされています。

SHE9720と聴き比べると少し高音が前に出ているような気がしますが、

おそらく、ハイレゾに対応したことで今まで鳴らしきれていなかった音がしっかりと

出ているのだと思います。

ハイレゾ対応の低価格帯モデルというジャンルの中では、3本の指には入ると思います。

「ハイレゾ対応」「低価格」「バランスの良い音」このキーワードで検索中のアナタ!

“SHE9730”がオススメですよ!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2017年1月31日 (火)

【試用レポート公開】SONY Bluetooth機能搭載CD対応ラジオ「ZS-RS80BT」

みなさんこんにちは。メキシカンです!

Joshin webで大好評のソニーBluetooth機能搭載CD対応ラジオ「ZS-RS80BT」の試用レポートが公開されています!

SDカード、USBメモリーへの録音機能やスマホとのペアリングなどの機能をスタッフが実際に使ってみました。

みなさま是非ご覧下さいませ!

Siyoure

4905524992601SONY
Bluetooth機能搭載CD対応ラジオ
ZS-RS80BT

2017年1月 7日 (土)

東芝の多機能ラジカセ。新年のご挨拶を添えて。

新年、明けましておめでとうございます。元旦に、あけましておめでとうの連絡が1件(職場の同僚から)しか来なかった青汁です。

昨年は新たな趣味を始めたり、新たな友達ができたりと、外へ出る機会が多くなりました。

そこで気が付いたのが、やはり体力の衰えと怪我の怖さでしょうか。

まだまだ自分は大丈夫だろうという油断が、大病や大怪我に繋がると痛感しました。

今年は、何事も無く健康に過ごしたいですね。

本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

さて、私こと青汁が2017年最初にご紹介するのはこちら!

東芝
CD/SD対応ラジカセ(サテンゴールド)
TY-CDX9-N

新年早々ラジカセですよラジカセ!

東芝から昨年12月に・・・と書くとすごく昔に見えますが、つい先月に発売したばかりの

あれもこれもできるオールインワンラジカセ「TY-CDX9-N」をご紹介!

あれもこれもって具体的に何ができるのか分からないですよね。(笑)

全ての機能について説明すると長くなるので主要な機能をいくつかご紹介します!

まずひとつ目は、カセットテープの音をSDやUSBメモリーに録音ができること。

経年劣化し易く保存環境にも気を遣わなくてはいけないカセットテープ。

もちろん、テープが絡んで切れてしまえばそれまで。(嗚呼!なんて儚いんだ・・・!

大事な思い出が詰まったカセットテープの音を今のうちにSDやUSBメモリーに

録音しておくことを 強く 強く お勧めします!

多機能であるために操作方法に不安がある・・・。という方にもオススメ!

普通のラジカセよりは操作ボタンが多いものの、ボタンの名称がズバリ動作そのままなので、

心配無用です。

便利なリモコンも付属しており、いちいち本体に近付いて操作しなくても離れた場所から

ボタン一つで再生から録音まで操作可能です。

他にもワイドFMに対応していたり、前回の停止したところから再生が再開される

レジューム機能など、まさに至れり尽くせりの1台です。

あれこれ使えるラジカセなら1台あってもいいな・・・と思ったそこのあなた!

是非「TY-CDX9-N」をご検討ください!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2016年11月12日 (土)

デジタルオーディオプレーヤーFiiO X1が進化!2nd generation!!

皆さん、こんにちは。ダブルkでございます。

寒くなりました。

最近までは会社から家に帰ってから晩酌をしてましたが、今は耐え切れず、帰宅途中で缶ビールをほぼ毎日飲んでます。

多くは飲みませんよ。

ふらついて帰るのは怖いので・・・。電車でも転落事故などよく聞きますよね。

皆様もお酒は程ほどに・・・。

さて、本題です。

ハイレゾ対応のコストパフォーマンスの良かった「Fiio X1」が進化して「Fiio X1 2nd generation」になり発表されました。


オヤイデ
デジタルオーディオプレーヤー
FiiO X1 2nd Silver

オヤイデ
デジタルオーディオプレーヤー
FiiO X1 2nd Black

前作では操作部分が「物理的なスクロールホイール」だったのが、今回のモデルは「タッチホイール」と、今の流行となりつつある操作方法に進化!

Bluetooth機能(4.0)を新規搭載し、Bluetoothのヘッドホンやスピーカーなど、色々と便利に使えるようにもなりました。

音質向上のために、オペアンプICには「Intersil ISL28291」を採用され、またローパスフィルターは「TI OPA2322」。

DAC ICには、高いS/N比とバランス出力機能を誇るプロフェッショナル仕様の「Texas Instruments製DACチップPCM5242」を新規に採用し搭載してます。

メモリーカードもmicroSDで256GB(SDXC)で高容量に対応してます。

このパフォーマンスはいかに! ハイレゾ入門として持ちたい一台になるかと思います。

ただ今、Joshin webでは好評予約受付中です!

それでは、いつも内容充実でお得なJoshin webでお待ちしております!

Joshin web

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店