ヘッドホン Feed

2019年11月26日 (火)

オーディオテクニカから完全ワイヤレス イヤホン「ATH-CK3TW」が新発売!

皆様こんにちは!近ごろ、寒暖差に身体がついていけてない青汁です!

外は寒いし、電車は暑いし、上着を脱いだら荷物になるし・・・と、毎日の服装に悩んでおります。

皆様も体調を崩されないよう、身体にはお気をつけ下さいね。

 

さて、今回ご紹介する商品はこちら。


オーディオテクニカ
ATH-CK3TW-BK

11月15日にオーディオテクニカより発売した 完全ワイヤレス イヤホン「ATH-CK3TW」です。

いつでもどこでも音楽が楽しめて、ケーブルのない開放感がある 完全ワイヤレスイヤホン。

オーディオテクニカはクールなデザインというイメージがありますが、

「ころんとしたフォルムの充電ケース」に「POPなカラーバリエーション」の女性も男性も

お使いいただきやすいデザインのイヤホンが新たに登場しました。

すべすべとしたマットな質感は、触り心地もよく・・・

すりすりと愛でていたくなります。

 

イヤホンのタッチセンサーで、再生/一時停止や曲送り/曲戻し、通話や音量調整の操作も行え、

凹形状のハウジングデザインなので指が自然にタッチポイントに収まりストレスフリー!

また、イヤホンと充電ケースが満充電状態であれば最長で約30時間の使用が可能なので

通勤・通学だけでなく旅のお供にも もってこいですね!

ただし、再生環境(設定や接続方式)によって再生時間に違いが出てくるのでご注意を・・・。

 

カラーは上記のブラックと、下記のレッド、ホワイト、ブルーの4色。


オーディオテクニカ
ATH-CK3TW-RD

オーディオテクニカ
ATH-CK3TW-WH

オーディオテクニカ
ATH-CK3TW-BL

ファッション感覚でお好みのカラーを見つけてくださいね。

2019年11月18日 (月)

7月13日土曜日 ポタフェスin秋葉原!~2階・地下編~

さあ!2階は更に人が凄いですよ!

2階の入り口から見える範囲だけでもJBLでお馴染みのハーマンインターナショナルさん。

イヤホンの老舗SHUREを擁する完実電気さん。DITAやfinalを扱うS'NEXTさん。

ブース間や通路は広めにとられていますが、それでも移動するのに一苦労!

しかも、出展ブランドやブース名を列記するだけでもブログの文字数制限に引っかかってしまうほど

入口で配布されたパンフレットを頼りにぐるっと一周・・・。

まだ自分が子どもだった頃、親におもちゃ売り場に連れて行ってもらった時のようにあれもこれもと目移りしてしまいます。

 

その中でも特に目を引いたところは、やはりソニーさんのブース。

もう、人集りが別格です。遠くから写すのがやっとでしたが、それもそのはず、

現在大ヒットまっただ中の完全ワイヤレスイヤホン“WF-1000XM3”が発売となった当日だったこともあり、

注目度は高く私以外にもカメラを構えている方もチラホラ・・・。

既にどこかの店舗で手に入れて、“WF-1000XM3”を装着済みの方も居られました。この辺りは流石ポタフェス。

 

他にもイヤホンだけでなくDAPからアクセサリーまで幅広く扱うアユートさんのブース。

高級ポータブルオーディオを嗜む方々にとって、既にソニーと比肩するブランドとなっているアステル&ケルン

音楽に興味があまりない方でも聞いたことはあるであろうギターメーカーのフェンダーなど、

ブース1つどころか、それぞれのブランドに熱狂的なファンが居られ、ファンの方の熱はもちろんですが、

ブース内のスタッフの熱も凄かった!試聴する際に使う椅子は、ほぼ常に満員状態でした。

おっと、高級と言ってもピンと来ない方も居られますよね?これで伝わるか分かりませんが、

チラッと写ってるイヤホンやプレーヤーひとつでン十万のものがゴロゴロとあるんですよ!本当に凄い世界です。

 

さてさて、大阪へ帰る新幹線の時間も差し迫っておりますので急いで地下1階へ。

ここで1つ大きなミスを告白します。昨晩カメラの動作チェックをしてから電源を切らずに会場入りした為、

地下に降りてすぐカメラのバッテリーが尽きてしまいました・・・。

そのせいで、古豪ゼンハイザーさんやリケーブルで有名なBrise Audioさん、Bispaさんなどなど。

個人的にも気になっていた多数のブースを撮り逃してしまいました。非常に悔しい!!

しかし、くよくよしていても始まりません。ここからは文章だけになりますが、ご容赦ください。

 

まず初めに、入ってすぐ右手に先述のゼンハイザーさんのブース。

個人的にはプロ向けのイメージが強く、ファン層もご年配の硬派な方が多い印象がありますが、

最近は完全ワイヤレスタイプの高級機を発売するなど、時代の流れにも柔軟に対応しているようで、

10代から20代前半ぐらいの若い方も熱心に見ておられました。

 

人の流れに乗って奥へ進んでいくとこちらも先述させていただいたBrise Audioさんのブース。

ここでは物販もされていたのですが、その方式がまさにイベントならではの形態で非常に面白い。

様々なリケーブルがブースにズラリと並べられており、その場で自分が持っているイヤホンと組み合わせて、

じっくりと試聴することが可能で、納得したリケーブルが見付かればその場でスタッフの方に声をかけて購入できます。

普段、ここまで試聴可能なリケーブルを何種類も用意されているお店は少ない為、

ここぞとばかりにスタッフの方を質問攻めにしたり、リケーブルを何本も購入される方がおられました。

 

更に進むと64 AudioやUnique Melodyなど数多くの海外の高級ブランドを扱うミックスウェーブさんのブース。

ここはブース自体の広さもスタッフの方の人数もそうですが、集まっているファンの人だかりが別格です。

海外メーカーさんのスタッフさんが通訳の方を連れてブースに立っていることもあり、

直接話を聞こうとファンの人が列を作っていたり、周囲とは温度感が明らかに違いました。

また、試聴機として並んでいるイヤホンも、普段よく見る数千円のイヤホンと比べてサイズが大きく、

明らかにドライバー数が複数搭載された高級機であることが分かります。

デザインもまるで宝石のようなキラキラとしたものなど、非常に見応えがありました。

スタッフの方にプレーヤーをお借りして2-3機種試聴をさせていただきましたが、

どれもとんでもない解像度と音場の広さで、文字通り別次元の体験をさせていただきました。

 

既にいくつかのブースで行われている物販では売り切れになっているところもちらほら見えているにも関わらず、

イベント会場内は常にギュウギュウの状態で、なかには「明日もまた来ます!」という声も聞こえてきました。

まだじっくりもう一度見たいブースはあるものの、ここでタイムアップ!会場を出ることに・・・。

午前中の早い時間から会場入りしたにも関わらず、一通りブースを回るだけで会場を出るころには日がかなり傾いておりました。

 

今回のポタフェスで感じたことは、Bluetoothという利便性を活かした完全ワイヤレスイヤホンの注目度が高まっており、

バッテリーの持続時間や本体の小型化、デザイン性の向上など細かいニーズに合わせた製品が多くなってきました。

特に、スマホのアプリと連動させた機能が多く開発されており、まだまだ進化した先を楽しめそうです。

有線の製品は超が付くほどのド級高級機が更に洗練され“聴こえない音”をどこまで再現できるかなど、

音の限界をどこまでも追究されており、こちらも非常に好奇心をくすぐられました。

 

ポタフェスは年に数回東京や大阪で行われており、毎回“新しい何か”が発表されているので、

前回参加したから今回はいいやなんてもったいないですよ!

機会があれば是非参加してみてくださいね!

2019年11月17日 (日)

7月13日土曜日 ポタフェスin秋葉原!~会場入り口から1階編~

東京 秋葉原で行われたポータブルオーディオフェスティバル(通称 ポタフェス)に

出不精で有名な?青汁がコッソリと参加してきました!今回はその様子を書いていきたいと思います。

事前確認しておらず、飛び込みでの依頼にも拘らず撮影を快く承諾していただいたポタフェス事務局の方。

本当にありがとうございました!

 

さてさて、それでは改めて。

今回、青汁が参加したポタフェスは7月13-14日に東京 秋葉原にあるベルサール秋葉原で

開催されたうちの7月13日の方に参加してきました。

開始時刻からちょっと遅れて会場入りしましたが開催の初日ということもあって辺りは人!人!人!

特に入口横に設置された物販コーナーには早くも人だかりができており、撮影用のカメラを抱えた青汁は

近付くことすらできませんでした。(笑)

入り口には大きなヘッドホンのモニュメントがあり、遠目に見ても目を惹く会場。

 

本当は全てのメーカー/ブランドのブースを1つ1つご紹介したいのですが、

とても1日では回りきれず、泣く泣く青汁が独断でピックアップしたところだけご紹介します。

 

まずは、会場入ってすぐにはオーディオテクニカさんのブース。

いくつか新製品を展示されていましたが、やはり注目を集めていたのは、

7月12日に発売されたばかりの完全ワイヤレスの“ATH-CKS5TW”

完全ワイヤレス×重低音は、いくつか商品化されていますが、私の中では重低音の効きはピカイチ!

ブース内からは時折、「おぉ・・・!」「結構(低音が)きますね!」といった声が聞こえてきました。

耳の肥えたポタフェスの参加者を唸らせるとは流石です。

1階はオーディオテクニカさんの他にスカルキャンディさんやアンプなどで有名なマーシャルさんもありました。

特に入り口横の物販コーナーは朝の入場開始直後から人集りが絶えず、青汁は遠く眺めるだけ・・・。

 

さて、1階からの紹介をもう1つ。

人気の海外ブランドを多く取り扱うモダニティさんのブース。

さぞ、いろんな商品が並んでいるんだろうと思って覗いてみると驚きました。

“S”のマークでお馴染み ソウル(SOUL)の“ST-XX”一色!

それもそのはず。7月13日に発売された“ST-XX”は、注目の完全ワイヤレス機のひとつ

デザインと機能性、そして超ハイコスパがウリです。

会場の入り口すぐということもあり、明らかにヘビーユーザーではない、たまたま通りがかっただけの方も

「ちっちゃい!」「かわいい!」とブース入り口に設置してあるショーケースの前で足を止めていました。

 

他にもイベントブースなども多数あり、1階だけでもまる1日楽しめそうでしたが、

まだまだたくさんのブースがあるのでここで階を1つ上がって2階へ移動!

 

7月13日土曜日 ポタフェスin秋葉原!~2階編~へ続く

2019年7月 4日 (木)

オーディオテクニカ 完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKS5TW」を新発表!

皆様こんにちは!最近家を引っ越した青汁です!

今まで駅まで自転車で15分かかっていたところから、駅前徒歩1分のところに引っ越した結果。

便利過ぎる!!!もはや沿線各駅の駅前は近所という感覚です。

雨が降ろうが、風が吹こうが何も怖くないというのは素晴らしいですね!

 

さて、それでは今回ご紹介する商品はこちら。


オーディオテクニカ
ATH-CKS5TW-BK

2019年7月4日にオーディオテクニカより発表された 完全ワイヤレス イヤホン「ATH-CKS5TW」です。

従来のモデルより価格もサイズもスリムになって、ベリーグッド!デザインも洗練されているように感じます。

また、満充電状態からの音楽連続再生時間が最長で約15時間と長時間の使用が可能になり、

様々なシーンで使いやすくなりました。

ただし、再生環境(設定や接続方式)によって再生時間に違いが出てくるのでご注意を・・・。

 

選べるカラーは上記のブラックと、下記のブルーとカーキの3色。

個人的にはブルーが深めの色合いで良い感じ!


オーディオテクニカ
ATH-CKS5TW-BL


オーディオテクニカ
ATH-CKS5TW-KH

発売は2019年7月12日を予定しておりますので、是非ご予約をご検討ください。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2019年2月17日 (日)

デノンから新方式ドライバーを搭載したワイヤレスイヤホン「AH-C820W」が新登場!

皆様こんにちは!おニューの革靴を手に入れた青汁です!

先日、10年近く使い込んだ革靴がついに修復不能な状態になり、新しい革靴を選びに街へ繰り出しました。

これから何年も履き続けるものなので、ガッツリ迷ってから買うつもりで休日の早朝から準備して出かけたのに、

なんと1店舗目でデザインも履き心地も私の好みど真ん中のものが見付かるという衝撃。

普段は探し物はなかなか見付からず、探してない余計な物ばっかり見付けるのに、こんなこともあるんですね。

 

さて、そろそろ本題へ移りましょう!

今回ご紹介する商品はこちら。


デノン
AH-C820W

2019年1月に発売したばかりのワイヤレス インイヤーヘッドホン「AH-C820W」

デノンのワイヤレス インイヤータイプでは最上位モデルとして登場した機種。

見た目はメタルの質感が洗練された高級感を醸し出しており、デノンらしさが出ていますね!

さて、この機種最大の特徴ですが・・・。

ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー搭載

まるでプロレス技のようですね!

最後にドライバーとついている通り、イヤホン・ヘッドホンの音を鳴らす心臓部分のドライバーが

従来とは異なる方式とのことで、発売前からマニアの中では話題になっておりました。

何が違うのかと言いますと、大多数のイヤホンのドライバーはダイナミック型と呼ばれる方式で、

鼓膜のような薄い膜を電気信号で振動させて音を出しています。

通常、この薄い膜は1枚しか無いのに対し、「AH-C820W」は2枚の膜を向い合せに配置することで、

音を出す振動面積が2倍となり、音の表現力が飛躍的にアップさせることができたそうです。

特に低音域のさらに下の部分、所謂重低音の部分は特筆すべき点で、

単にズンズン響くのではなく、奥行きと量感があり、滲みのない音はまさに圧巻です。

 

Bluetoothのバージョンは5.0を採用しており、4.2より以前のものよりバッテリー消費が抑えられており、

連続音楽再生が約10時間可能と比較的長時間の連続使用が可能になっております。

もちろん、再生曲や音量などでズレはございますが!

 

Bluetoothのイヤホンをお探しの方!選択肢の一つとして是非ご検討ください!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2018年11月 9日 (金)

ボーズ 「SoundSport Free wireless headphones」がリーズナブルに!

皆様こんにちは!眼鏡の買い換えを検討している青汁です。

前回の買い換えから約3年・・・。レンズは傷だらけ、蔓の部分は塗装が剥がれてボロボロ・・・。

眼鏡をかけたままお風呂に入ってしまったり、誤って洗濯機に放り込んでしまったり

なかなかハードな仕打ちをしてきましたが、よく耐えてくれました。ありがとう!

次の眼鏡はもっと大事に使おうと思います。(笑)

さて、それはさておき、今回は良いニュースをお知らせ!

ボーズの完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン

「SoundSport Free wireless headphones」が

お求めやすくなりました!


ボーズ
SSPORT FREE BLK


ボーズ
SSPORT FREE BLU


ボーズ
SSPORT FREE ORG

2017年11月から順次発売となってから、高いデザイン性と音質の良さから多くのファンを魅了している

「SoundSport Free wireless headphones」ですが、なんと本日11月9日から

メーカー希望小売価格29,160円(税込)が25,920円(税込)になりました!

いかがでしょう!グッとお求めやすくなったのではないでしょうか。

ご購入を検討していた方はもちろん、まったく知らなかったアナタも是非この機会にご検討ください。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2018年10月16日 (火)

【世界180台限定生産!】イヤースピーカーSR-009BKのご案内です!【STAX80周年記念モデル第3弾!】

みな様こんにちは!

秋の撮影旅行はどこにしようかと考えていたのに、涼しいを通り越して急に肌寒くなってきて、急遽温泉旅行にしようかと考えているとうふです。
いやしかし、これだけ気温の変化が激しいと体調管理も大変ですね。
体調の不良を感じられるようでしたら、早めの休息と場合によってはお薬で予防して下さいませ。

さて、早速ですが今回ご案内の新製品はこちら!
 

スタックス
【限定生産】最高峰・イヤースピーカー(ブラック)
SR-009 BK

いわずと知れた、イヤースピーカーのSTAX!
会社設立80周年記念限定モデル第3弾、イヤースピーカーの【SR-009】、そのブラックモデルです!

STAXのSR-009
2011年に登場した、STAXの当時の最高技術が結集した至高のイヤースピーカー
ヘッドホン市場では当時、密閉型のハイエンド製品が幅を利かせ、開放型は低域のアタック感の弱さでやや劣勢とも言えた時代だったように思います。
そんな時代でありながら、開放型が持つ自然な広がりを知り尽くしたほぼ開放型専業とも言えるSTAXが時代へ回答したのがこのSR-009でした。
・低域から中域、そして高域へと自然に繋がる見通しの良い表現。
・キレがあり、決して貧弱さの無い豊かな低域
・艶かしく、色気のある声の帯域
等々。
静電型ドライバーを知り尽くしたSTAXだからこそ出来る極上の表現力
当時のダイナミック型ヘッドホンユーザーの多くが魅了されたまさに"歴史を変えた"といっても過言ではない名機。

その名機がSTAX80周年の記念モデル、その第3弾となって登場です!

スペック上の大きな違いは無く、
・ブラック仕上げの筐体
・ケーブル取り付け部に限定モデルの刻印
・180台限定である事を証明するナンバリング
が施されます。

世界で180台しか製造されない限定品ですので、ご注文のタイミングによってはご用意できない場合がございます。
お早めにご注文くださいませ!
※発売は12月中頃予定です。

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

2017年10月30日 (月)

ボーズが完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free」を新発表!

皆様こんにちは!乾燥に弱い青汁です。

突然ですが、トンカツさんが10月19日のブログで紹介している「モンスターハンター:ワールド」を

私も予約しました!ひっさびさにゲームを予約して買うのでちょっとワクワクしております。

しかし、このモンハンワールドをするにあたって、私には大きな問題が立ちはだかっているのです・・・!

それは一緒にプレイするフレンドがいないことです!(泣)

学生時代のように、いつでも遊べる友達がいないので、せっかくのモンハンですが、

どうやらソロプレイが主戦場になりそうです・・・!あぁ、さみしいなあ!(チラッ

 

さて、そんなことは置いといて、今回ご紹介するのは・・・!


ボーズ
完全ワイヤレスイヤホン
(トリプルブラック)
SSPORT FREE BLK


ボーズ
完全ワイヤレスイヤホン
(ミッドナイトブルー/イエローシトロン)
SSPORT FREE BLU

今度はボーズから「SoundSport Free」という完全ワイヤレスのイヤホンが発表されました。

まだ、実機を触っていないので、公表されているスペックから少しだけ抜粋して・・・。

現在公表されている本体サイズがW 22mm × H 32mm × D 30mm、重量が約18gと

他社の同等機種と比べるとやや大きめです。

カラーは黒を全面に配したトリプルブラックと、

スポーティな雰囲気を醸し出すミッドナイトブルー/イエローシトロンの2色。

個人的にはミッドナイトブルーの配色の方が好きですね!

また、メーカーの方の説明では他社の完全ワイヤレス型に比べて、Bluetoothのペアリングが強固で

途切れにくいとのことなので、かなり楽しみな商品となっております!

 

おっと、発売前の注意点をひとつ。

2017年10月29日現在、「SoundSport Free」はカラーによって発売日が異なります。

トリプルブラックは2017年11月3日、ミッドナイトブルー/イエローシトロンは2017年12月1日

となっておりますので、ご注意ください。

また、この発売日も急遽変更となる場合もございますので、予めご了承ください。

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2017年9月13日 (水)

ソニーから完全ワイヤレスのイヤホン「WF-1000X」が新発表!

皆様こんにちは!久しぶりに登場する青汁です。

先日、飼っているコーンスネークが脱皮する瞬間を目撃したんですよ!

あ、コーンスネークと言ってもピンとこないですね。コーンスネークはヘビの一種です。

ヘビと聞いて「ゲッ!」と思う人は多いと思いますが、飼ってみると意外にイケるんですよこれが!

私も最初は触ることはおろか、近付くこともできないような状態でしたが、3日もあれば

「お?よく見たらカワイイやん・・・。」と思い始め、3か月ほど経った今では

「ニョロニョロめっちゃカワイイやん!」と溺愛しております。(笑)

鳴かないし、暴れ回らないし、エサの頻度も少ない為、慣れれば非常に飼いやすいと思います。

エサが冷凍のネズミというところを除けば、あまり世間にペットとしてヘビが浸透していないのも、

食わず嫌いならぬ、飼わず嫌いなだけの人が多いだけなのかもしれませんね!

 

さて、今回ご紹介するのは・・・!


ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
完全ワイヤレスイヤホン(ブラック)
WF-1000X B

ソニー
ノイズキャンセリング機能搭載
完全ワイヤレスイヤホン(シャンパンゴールド)
WF-1000X N

待ってました!ソニーから完全ケーブルレススタイルのイヤホン!

その名も!「WF-1000X」!!!

ケーブルという煩わしさから完全に解放された完全ケーブルレスというイヤホンの境地に到達。

しかし既に、他社からは完全なワイヤレスイヤホンが数機種、発表・発売されており、

ジャンルとしては、後発となったソニーですが、現時点では機能面で他社が組み込むことが出来ていない

ノイズキャンセリング機能を搭載しての発表となりました!

流石はソニー!しっかりと技術を練り上げてから商品を出してますね・・・!

 

発売は2017年10月7日を予定しており、ご予約を受け付け中です!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

2017年8月17日 (木)

「MDR-CD900ST」&「MDR-EX800ST」の取り扱いを再開しました!

皆様こんにちは!ひっさびさに腰を痛めた青汁です。

先日、駅のホームを歩いて移動している際、エアコンの室外機?のような機械から水が漏れだしていて、

ちょっと水たまりになるくらい濡れている場所がありまして、履いている靴が革靴だったということもあるのか、

良い感じに足を滑らせてしまいました・・・。

転倒こそしなかったものの、変な力が入ったせいで腰が一瞬 グギッ となってしまったようで、

重症化はしていませんが、背中が突っ張るような痛みがあるため、しばらくは安静にします・・・。

 

さて!今回ご紹介する商品は・・・。

ソニー
スタジオ用モニターヘッドホン
MDR-CD900ST

 

ソニー
ダイナミック密閉型カナルイヤホン
MDR-EX800ST

 

業務用ヘッドホン・イヤホン界の超ロングセラーモデルの「MDR-CD900ST」&「MDR-EX800ST」です!

特に「MDR-CD900ST」は、音楽関係の仕事をされている方で知らない人は、まず居ないでしょう。

ながらく販売を休止しておりましたが、本日販売を再開いたしました!

業務用の為、通常製品のように凝ったパッケージはおろか、付属品も無く、

接続端子は6.3mm標準プラグとなっており、そのままではスマホなどの

3.5mmステレオミニジャックには、接続することができませんので、ご購入時は注意してくださいね!

それでは、いつもお買い得なJoshin webをよろしくお願いします!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店