« 世界最大級のアニソンフェス “アニサマ”!2017年『-THE CARD-』をご紹介!(1日目) | メイン | 機動戦士ガンダム サンダーボルト最新巻発売中!! »

2017年9月 2日 (土)

花の力で世直しに挑んだ男の痛快時代劇エンタテイメント!「花戦さ」

こんにちは、こんばんは。TAKAですhappy01

本日は、いけばなの名手、池坊専好(いけのぼうせんこう)を狂言師・野村萬斎が好演した映画、『花戦さ』のご紹介です。

戦国時代末期、河原で亡くなった人の傍らに花を手向ける男がいました。
京都・頂法寺六角堂の花僧で、いけばなの名手だった池坊専好。
もっぱら花をいける事を至福とし、人の名前や顔を覚えられず、しかも口下手。
出世も名誉も全く興味がありません。

そんな専好が、ある日、時の権力者“織田信長”の御前でいけばなを披露することに。
いけばなではありえないほどの巨大な松をいけた専好の評判は、たちまち京の町に響きわたります。

それから十数年・・・。
時代は変わり、天下が“豊臣秀吉”のものとなった頃、専好は“千利休”と再開、お互いの友情を深めてゆきます。
しかし、秀吉は権力をもって、意に沿わない者を次々と死に追いやっていました。
そしてついに、利休までもが・・・。

大事な友を亡くした専好は、【刀】ではなく【花】をもって、秀吉を諌めるために立ち上がります。
一世一代の大勝負。果たして、その思いは秀吉に届くのでしょうか!?

2017年12月06日発売

『花戦さ』(DSTD-20053)


花を愛する純粋な男の姿を、野村萬斎さんが熱演!
その他のキャスト陣もそれぞれにいい味を出しています。
個人的に、専好の幼馴染の吉右衛門を演じた高橋克実さんが良かったと思います。

『花戦さ』は、現在ご予約受付中です!

物語を彩る音楽は、久石譲さんが担当!
サウンドトラックはコチラです。

『「花戦さ」オリジナル・サウンドトラック』(UMCK-1568)

Joshinネットショッピング

  • Joshinネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店