« ディズニー/ピクサーが贈る最新作!『インクレディブル・ファミリー』 | メイン | 【鉄道/映像ソフト】大手私鉄コレクション 関西編 »

2018年10月 8日 (月)

今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品


『リチュアル/ソウルフライ』[GQCS-90646]

孤高の音楽闘士、マックス・カヴァレラ率いるソウルフライ通算11作目のアルバム。
ヘヴィでダークなサウンドに彩られた前作「アークエンジェル」の作風を継承しつつ、
スラッシュ/デス・メタルとブラジル音楽という双方のルーツに更に確信的にスポットを当てた会心作!


『エンプレス/ビー・ザ・ウルフ』[MICP-11460]

イタリアはトリノ出身、天才「フェデリコ・モンデッリ」率いる3ピースのハード・ロック・バンド「ビー・ザ・ウルフ」待望のサード・アルバム。


『パティナ/レッド・ドラゴン・カーテル』[MICP-11470]

ジー・オズボーン・バンドの2代目ギタリストとして知られるジェイク・E・リー率いるバンド「レッド・ドラゴン・カーテル」の通算2枚目のアルバム。
ミックスはオジー・オズボーン, メガデス, ラウドネスなど数々の大物バンドをプロデュースしてきた重鎮マックス・ノーマンを起用。


『ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール・フィーチャリング・ザ・パララックス・オーケストラ/アルター・ブリッジ』[GQCS-90649/50]

アメリカのモダン・ロック・シーンを代表するアルター・ブリッジが、2017年10月にイギリスのロイヤル・アルバート・ホールにて行なったコンサートの様子を収めたライヴ作品!
フル・オーケストラとのコラボレーションによってバンドの代表曲がさらにゴージャスなサウンドに生まれ変わり、
マイルス・ケネディ(ヴォーカル、ギター)の熱唱、パワフルな演奏など、これまでのライヴ作品とは一線を画した絶品の世界観!


『へリックス/アマランス』[UICO-1306]

女性ヴォーカルを含むトリオ・ヴォーカル体制とエレクトロも取り込む斬新なスタイルで、
モダンなヘヴィメタル・サウンドを作り出す人気バンド、新ラインナップで初のアルバムとなる5作目。


『アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー/グレタ・ヴァン・フリート』[UICU-1298]

平均年齢20歳の4人組、ロックの未来を担う驚異の新人バンド、待望のデビュー・アルバム!
世界中のロック・ファンが騒然となり、大物アーティストが大絶賛する2017年リリースのEPに続き、ついにアルバムが発売!


『エレクトリック・メサイア/ハイ・オン・ファイア』[VICP-65500]

米国・カリフォルニア州オークランドに拠点を置く現代メタル・シーン最強のパワー・トリオ、High On Fire。
「Revolver」、「Decibel」、「Pitchfork」など音楽誌はじめ世界中で絶賛されたアルバム『ルマニフェラス』以来となる3年振りの通算8枚目のスタジオ・アルバム。


『タトゥード・オン・マイ・ブレイン/ナザレス』[KICP-1946]

1960年代後半にスコットランドで結成され、その活動歴は半世紀にも及ぶブリティッシュ・ハード・ロック界の伝説と化したバンド“ナザレス”がニュー・アルバムを完成!!
本作は新ヴォーカリストにドン・エイリー等との活動でも知られるカール・センタンスを迎えて初となるアルバム。
カールの伸びのある艶やかなハイトーン・ヴォーカルはブリティッシュ・ハード・ロック然とした王道のサウンドにマッチングし、
ナザレスのオリジナリティをベースにしながらも新たな力強さを感じさせる作品。


『レヴェレイション/リーフ』[GQCS-90651/2]

ローリング・ストーンズのロニー・ウッドの息子、ジェシー・ウッド擁する英国グラストンベリー出身のリーフが、再結成を経て、遂に18年ぶりのニュー・アルバムをリリース!
シェリル・クロウがゲスト参加した「マイ・スウィート・ラヴ」他、往年のリーフ節を満載したクラシック・ロック・アルバム!


『WAY OF THE ROAD/SKULL FIST』[IUCP-16297]

ジャッキー・スローター率いるカナダ出身の若き4人組による約5年振りの待望のニュー・アルバム!!
さりげなく繰り出される高度なギター・テクニックはそのままに、楽曲はよりキャッチーに、よりメロディアスになり、聴けば聴くほどに味わい深いアルバムになっている。


『ウェイストランド/アンクル・アシッド&ザ・デッドビーツ』[QATE-10113]

イギリスのケンブリッジ出身、サイケデリック・ロック/ドゥーム・メタル・バンド、アンクル・アシッド&ザ・デッドビーツの3年振りとなる5thアルバム。


『背水之陣 ~The Final Stand~/兀突骨』[BTH-64]

“川越の残虐王” 兀突骨の5thフルアルバム!! 前作から約2年ぶり、2014年からの布陣である現メンバーでの3作目となる今作は、“敗者の美学”をテーマに、秋田浩樹のドラムをフィーチャーした作品。
デスメタルをベースとしながら、プログレッシヴなテンポ展開やオールドロックのテイストも織り込み、
益々オリジナリティを磨き込んだサウンドで、世界のヘヴィメタルファンを席巻する魅力を秘めたスペクタルアルバム!

ご注文お待ちしておりますhappy01

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店