« 2019年11月 | メイン | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月 3日 (火)

世界的歌姫=セリーヌ・ディオン6年ぶりの新作!

今回はこちらのアルバムをご紹介させていただきます。

発売中
『カレッジ』 / セリーヌ・ディオン

◆ [SICP-31334]

輸入盤はこちら→ 『DELUXE EDITION』 『Standard Edit.』
注)輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が 急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属してお りません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合が ございます。予めご了承下さい。


セリーヌ・ディオンという女性シンガー、音楽ファンならほとんどの方が名前くらいは知っているでしょう。

全世界での総売上枚数は2億枚を超えており、グラミー5冠に輝くカナダ出身の女性シンガーです。世界の音楽史上最も売れたアーティストの一人でもあります。

「美女と野獣」やアトランタオリンピックの開会式で歌われた「パワー・オブ・ザ・ドリーム」等ヒットを連発。

その後「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(タイタニック愛のテーマ)」のテーマで彼女のことを知った人も多いはず。
彼女の華奢な体からは想像もつかないくらい力強い歌声には壮大なスケール感を感じてしまいますよね。

2003年からはラスベガスのシーザー・パレス・ホテルでの長期公演と家族、そして自身の体調のバランスを取りながら世界のトップの座をゆるぎないものとしていたのですが、
彼女は不幸にも2016年にマネージャーでもあった最愛の夫と兄を亡くしてしまったのです。

それまでにも自身の体調も何度か崩しては休業し、復活を幾度となく繰り返してはいましたが、家族を亡くすという心の傷はとてつもなく大きかったことでしょう。個人的には再起は難しいのではないかと感じていました。

ところが、3年という月日が流れ、セリーヌ・ディオンは再び音楽シーンの頂点に舞い戻ってきました。

英語歌唱でのアルバムは実に6年ぶり、夫を亡くしてからは初めてのアルバムということで注目度は高まります。

タイトルは『カレッジ』。つまり“勇気”です。このタイトルには紆余曲折を経た彼女がそれでもまた歌うため、彼女の歌声を待ちわびている世界中の音楽ファンのために再び立ち上がる勇気が込められていると思います。

本人も、強さ、愛、パッション、繊細さ、そして勇気(=カレッジ)について語ったアルバムだと語っています。

聞いた感想としては、一回聞くとかつての彼女の名曲と比べてしまうので一見地味に聞こえますが、聞けば聞くほど味わい深い印象で、彼女の心の奥底にある、人としての真の強さを感じる事ができる一枚です。

彼女のこれまでのストーリーを踏まえた上で本作を聞くと本当の意味での勇気をいただくことになるでしょうね。

しばらくは愛聴盤になりそうです。

Joshin webにて絶賛発売中です。

2019年12月 2日 (月)

名盤復活!! アンナー・ビルスマ SACDシリーズ・リリース!

はじめまして!のんきちですcat。今月からクラシック作品を中心にオススメ商品を
ご紹介していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたしますgood
私の記念すべき投稿第1弾は、大好きなチェリストについて・・・

今年7月25日、惜しくも逝ってしまったバロック・チェロの巨匠、アンナー・ビルスマ。
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席チェロ奏者を務め、
古楽器演奏の第一人者として、グスタフ・レオンハルト、フランス・ブリュッヘンらとともに
オランダ発の古楽運動の牽引者のひとりとして活躍しました。
そんな氏を称えたバッハ作品の名盤の数々が遂に復活しますshine
それも日本独自企画による待望の世界初SACDハイブリッド盤happy02での登場です。

2019年12月11日発売予定

アンナー・ビルスマ名盤SACDシリーズ


(1) J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)(1979年録音) [SICC-10295/6]

記念すべきビルスマ第1回目のオリジナル楽器によるバッハの無伴奏チェロ組曲。
世界各国で高い評価を受けたまさしく名盤中の名盤。



(2) チェロ・ピッコロ~バッハ:パルティータ&ソナタ [SICC-10297]

5弦のチェロ・ピッコロを自在に操りバッハを弾いた、超名演!
美しい銘器を自在に弾きこなしてバッハの世界を完璧に表現しています。



(3) J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ(全曲)他 [SICC-10298]

バッハの奥義を解き明かし再評価を促す、衝撃的名演。
通常チェンバロで演奏されることの多い伴奏をポジティフ・オルガンで収録。



(4) J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)(1992年録音) [SICC-10299/300]

モダン・チェロを使用した自由なる魂の飛翔。ビルスマ2度目の「無伴奏」への挑戦。
レコ芸名曲名盤の上位常連タイトル。

古楽を語る上ではどれもが重要な作品で、すばらしい演奏の数々ですので、
是非お手元にひとつ・・・cat

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店