« マイルスの未発表音源による新曲を収録したサウンド・トラック | メイン | ラウドロック・アイドルPassCode、STUDIO COASTでのライブ映像作品が発売決定! »

2020年1月19日 (日)

澤野工房の取り扱いを再開しました!

澤野工房の商品をJoshin Webで取り扱い再スタートいたしました!
澤野工房とは大阪、新世界から、数多くの秀逸なジャズ作品を世に送り出しているジャズ・レーベルです。
当レーベルは社長の澤野由明氏の「自分が聴きたい作品をリリースする」という言葉をモットーに、
ヨーロッパを始めアメリカ、日本のモダン・ジャズの中から優れた音源のみを厳選し、年に数タイトルを発売しています。
また入手困難となった幻の名盤は可能な限りオリジナルに近い形で復刻。
そして無名のアーティスト達にも目を注ぎ、良作を世に紹介するなど浪速が誇るジャズ専門レーベルです!

◆【澤野工房の商品はこちら】

↓ 特にオススメの名盤をご紹介。

『レトロスペクティヴ・フューチャー / ミクロス・ガニ・トリオ』
【AS-168】

今年1月1日に出たばかりの新譜。ミクロス・ガニにとって澤野工房3枚目のアルバム。
スタンダード、オリジナルにポップ・クラシックと多彩な楽曲に、ソロによる演奏も収録。
年末に行われたアトリエ澤野主催の来日コンサートを大成功に収めた彼らの躍進は続きます。


『ドリームスヴィル / ロベルト・オルサー・トリオ』
【AS-152】

繊細にして優美、透明にして深遠。静かなる情熱で、語りかけるこれぞ王道「究極の澤野サウンド」。
JAZZ初心者でも聴きやすく、BGMとして邪魔にならず、聴きこめばそのクオリティに魅せられて
虜になること間違いなし!


『コールド・サンド / アレッサンドロ・ガラーティ・トリオ』
【AS-155】

イタリアが生んだピアノの魔術師、アレッサンドロ・ガラーティが創造する「音時空」。
哀愁を湛えた美しいメロディから展開される深遠な音像と、その合間に存在する静寂ですらもまた美しい。
そして後半トラックの即興クオリティはまさに聴きモノ。


『WHEN OCTOBER GOES / チヒロ・ヤマナカ・トリオ』
【AS-25】

メジャー・デビュー前の山中千尋によるインタープレイの醍醐味に溢れた傑作。
パワフルでありながらエレガント、豊かな音色が魅力的。オリジナル・ナンバーはもとより、
「こんなに良い曲なのか」と聴き手が新たな発見するようなスタンダードの選曲も見事。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店