« MAN WITH A MISSION、10周年記念のベストアルバムを発売決定! | メイン | 隠れ名盤?ビル・エヴァンス・トリオをバックに“ワルツ・フォー・デビー”を歌うモニカ・ゼタールンド »

2020年5月31日 (日)

6月発売クラシックのオススメ作品

6月発売の新譜の中からスタッフオススメのクラシック作品をご紹介!

まずはイチオシ!

『J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)』
カール・リヒター(指)ミュンヘン・バッハ管弦楽団
(2020年06月10日発売 ESSA-90221/2)

往年の名盤を高音質で復刻するエソテリック・レーベルから、リヒターによる永遠の名盤がSACD-Hybridで登場!20世紀後半のバッハ演奏様式を確立し主導した立役者による峻厳極まりないブランデンブルク全曲を、マスターテープの選定からDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を許さない作業により実現した高音質サウンドでご堪能ください。
オーディオ販売店のみ流通の完全限定商品となり、一般のCDショップでは販売されておりません。



『そして、未来へ』
鶫真衣(S)、陸上自衛隊中部方面音楽隊
(2020/06/03発売 COZQ-1657/8)

陸上自衛隊中部方面音楽隊 鶫真衣(ソプラノ)のCD第3弾。『未来への希望やエール』を主題に選曲された、明るく力強い音楽隊のサウンドに乗せた、まっすぐピュアな彼女の歌声が未来への希望を紡いでいく全9曲。



『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』
アシュケナージ(p)、ショルティ(指)、シカゴ交響楽団
(2020/06/3発売 UCGD-9079/81)

2019年演奏活動からの引退を表明したアシュケナージによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集を初DSDマスタリング。ショルティ指揮シカゴ交響楽団とのこの演奏は、1974年度のレコード・アカデミー賞協奏曲部門賞を受賞しました。アシュケナージによる、ベートーヴェン演奏の原点ともいえる録音。



『ロマンティク』
レ・ヴァン・フランセ
(2020/06/3発売 WPCS-13831)

現代最高峰の室内楽アンサンブルとしての実力を存分に示している「レ・ヴァン・フランセ」による、最高のセンスと色香と息遣いに満ち溢れた名演奏!各奏者間のやり取りから生まれる丁々発止の対話が、音楽に生き生きとした魅力が増していきます。



『ヴォイス・オブ・ホープ』
カミーユ・トマ(vc)
(2020/06/05発売 UCCG-40099)

チェロの女神、降臨!パリ在住の女流チェリスト、カミーユ・トマのDG第2弾アルバム。鬼才ピアニストとしても人気のファジル・サイによる新作チェロ協奏曲の世界初録音の他、平和と希望というテーマの元、親しみやすい名曲が選曲されています。UHQCD x MQA-CD(ハイレゾ音源収録)仕様。



『シティ・ライツ』
リサ・バティアシュヴィリ(vn)
(2020/06/17発売 UCCG-40105)

美しいメロディで旅する11の都市とチャップリンへのトリビュート。ケイティ・メルア、ティル・ブレナー、ミロシュら、豪華アーティストとのコラボレーション。クラシック、映画音楽、民謡、と多岐にわたり全てが新編曲で録音されています。UHQCD x MQA-CD(ハイレゾ音源収録)仕様。



『R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」、「死と浄化(変容)』
ジョナサン・ノット(指)東京交響楽団
(2020/06/24発売 OVCL-00728)

今最も熱く注目のコンビ、ノット&東京交響楽団が描くロマンティシズム溢れるR.シュトラウスの世界。冴え漲るタクトと、ライヴならではの気迫が交じり合い、緻密なオーケストレーションの輝きと美しいオーケストラのサウンドが響き渡ります。

他の6月新譜はコチラ

ご注文お待ちしております!wink

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店