« ★声優特集:その8.0★~追悼~「藤原啓治」さん 『クレヨンしんちゃん』の父・野原ひろし役を24年間担当 | メイン | ウェザー・リポート、もう一つの8:30ともいえる日本公演の音源がリリース! »

2020年5月20日 (水)

初夏に聴きたい、ウエスト・コースト・ジャズ



日中の気温がグングンあがり、少し動くだけで汗ばむ季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回はそんな初夏に聴きたい、爽やかなウエスト・コースト・ジャズをピックアップ!

『1957年の夏、西海岸で伝説は生まれた・・・』
ジャズ・マニアから幻のレーベルとして愛されてきたウエスト・コースト・レーベルのMODE RECORDSを特集!


『リッチー・カミューカ・カルテット/リッチー・カミューカ』 (MZCS-1351)

50年代の西海岸テナー奏者と言えばリッチー・カミューカ。同じく西海岸最強のリズムセクションを従えた、これぞMODEを代表する名盤。洒落たくつろぎと小粋なスイング、そしてバラードに漂う豊かな情感といったウエストコースト・テナーの美質をたっぷりと味わえる傑作。



『ラッキー・ルーシー・アン/ルーシー・アン・ポーク』 (MZCS-1121)

ウエストコーストの陽射しのような歌声。美ジャケファン、ヴォーカル・ファンからずっと愛されてきた一枚。 チャーミングで清楚、上品な色気を感じさせるヴォーカルといえば・・・このルーシー・アン・ポーク。 マーティ・ペイチら腕利きウエストコースターズの演奏も最高。思わず飾りたくなる、魅力的なジャケットも魅力。


『コンテ・カンドリ・カルテット/コンテ・カンドリ』 (MZCS-1165)

ウエスト・コーストに残されたワン・ホーン・アルバムの佳作。コンテ・カンドリのペットはダイナミックで健康的、西海岸の太陽のように明るくてカラっと歯切れの良い音色が魅力。カンドリの演奏はもちろん、ピアノのヴィンス・グェラルディの演奏にもハッとすることしばしば。あざやかなソロはもちろん、そこかしこでいぶし銀のように光る演奏を聴き逃しなく。 。



『ジャズ・バンド・ボール/テリー・ギブス』 (MZCS-1172)

3人の名ヴィブラフォン奏者によるユニーク編成の珍盤。洒落たセンスで華麗にスウィングする最高に楽しい隠れ逸品です。3人のマレットから弾ける涼しげなヴァイブの音色が右から左からスウィング!スウィング!清涼感たっぷりの今の時期ピッタリな、「とにかく一度聴いてみて!」と人に勧めたくなる一枚です。


『ペッパー・アダムス・クインテット/ペッパー・アダムス』 (MZCS-1352)

若さ溢れる力強いプレイと粋なスイング、そして叙情豊かなバラード。録音から60年経てもその輝きを失わない西海岸ジャズの名品。ペッパー・アダムスが西海岸の名手達と共演した初リーダー作!ウォーキング・ベースに乗ってずっしりと重量感あるテナーでアドリブを聴かせてくれる。この録音から9か月後に夭折するカール・パーキンスのピアノも聞き逃せません。


『ウエスト・コースト1957~モード・ジャズ・ラウンジ/V.A.』 (MZCS-1130)

幻の西海岸レーベル、MODEに残されたとびっきりの名演の数々がコンピレーションに!マーティ・ペイチ、ポール・スミス、リッチー・カミューカからヴォーカルのルーシー・アン・ポークまで、洒脱なアンサンブルと軽快なソロが織りなす煌めくスイング。爽やかな潮風と輝く太陽で過ごす休日・・そんな心地良いジャズが詰まった1枚です。

MUZAKレーベルがオススメする他の商品はこちら
ご注文お待ちしております!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店