« 8月発売クラシックのオススメ作品 | メイン | 『いいね!光源氏くん』~主演・千葉雄大&伊藤沙莉!千年の時を越えた、ゆる~く笑える“いけめん”居候コメディ!~ »

2020年7月30日 (木)

久石 譲×新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラとのタッグ再び


『Symphonic Suite“Kiki's Delivery Service"』
久石譲(指揮)/新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ
(2020年8月19日発売 UMCK-1665)


久石譲と新日本フィルによるワールド・ドリーム・オーケストラ、発足から15年。
『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『千と千尋の神隠し』に次ぐ、同コンビによる宮崎駿監督の楽曲を交響組曲にするプロジェクト・シリーズ最新作は『魔女の宅急便』。
今作も今までのシリーズ作品同様、久石譲自身が映画の世界観を追体験できる組曲に仕立て直した壮大なオーケストラ作品となっています。特に終曲の「Mother's Broom(かあさんのホウキ)」で魅せるコンサートマスターの豊嶋泰嗣さんのヴァイオリン・ソロはとても繊細で憂いを帯びており、まさにトリハダものです。
そしてアルバム『Another Piano Stories』に収録されていた3つの作品が、ピアノと弦楽オーケストラ、ハープとパーカッションによる三部作[Woman]として生まれ変わった 『[Woman] for Piano Harp, Percussion and Strings』 と、World Dream Orchestra(W.D.O.)のテーマ曲として2004年に作曲された「World Dreams」に、2019年に委嘱された2つのオリジナル曲を組み入れ、3楽章に構成し直された『組曲 World Dreams』を収録しています。

過去シリーズ作と共にぜひお聴きください!

こちらもオススメ↓


『Spirited Away Suite』
久石譲&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ
(好評発売中 UMCK-1636)

全世界で話題になった『千と千尋の神隠し』交響組曲のCD化!久石自身の手により生まれ変わった『千と千尋の神隠し』組曲。「あの夏へ」「夜来る」「竜の少年」「カオナシ」など物語を盛り上げたあのメロディを、フル・オーケストラ・サウンドで楽しめる内容となっています。


『Symphonic Suite Castle in the Sky』
久石譲&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ
(好評発売中 UMCK-1605)

宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』のサウンドトラックを、約30分におよぶ壮大なオーケストラ作品として蘇らせた交響組曲。「ハトと少年」「君をのせて」「大樹」など、映画を彩る名曲たちが、ラピュタの世界へ誘います。また2006年に発表された「アジア組曲」も再構成。新たな楽章を加え、全5楽章からなる組曲として、メロディアスなミニマル作品に生まれ変わりました。


『The End of the World』
久石譲&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ
(好評発売中 UMCK-1545/6)

戦後70年を迎えた2015年、“祈り”をテーマに久石が書き改めた「The End of the World」の壮大な交響作品をはじめ、長年の時を経て壮大な交響詩として生まれ変わった「Symphonic Poem “NAUSICAA” 2015」(映画『風の谷のナウシカ』)がCD化。『紅の豚』からも「il porcorosso」「Madness」、サントリービール「Dream More」(CM曲)など、約2時間を超える迫力のコンサートの模様を初音源化作品も含め完全収録しています。

ご注文お待ちしております!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店