« 日本を代表する巨匠指揮者、小澤征爾のニュー・アルバム | メイン | 8月発売ジャズのオススメ作品 »

2020年7月27日 (月)

UK出身のクールなシンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァス、待望の3rdアルバムをリリース

今回はこちらを紹介させていただきます。
輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


あのプリンスが絶賛したUK出身のシンガー・ソングライター、リアン・ラ・ハヴァスが3枚目のアルバムをリリースしました。

ジャマイカ人の母親とギリシャ人の父親を持つせいか、彼女の多様性は幅広く、持ち前のファッション・センスもおしゃれですよね。

彼女の事を知らない人にわかりやすく説明するなら、見た目はデュア・リパ並みにスタイリッシュで、音楽性は先日このブログで紹介させていただいたキャンディス・スプリングスH.E.R.、そしてアリシア・キーズをブレンドした感じ。余計わかりにくくなっていたらすみません(笑)

2011年にデビュー以来、彼女のスモーキーでジャジーな歌声はすでに多くの方々を魅了してきました。

本人はジャンルというカテゴリにあまり拘りは無い様子で、1枚目、2枚目のアルバムでは自由奔放に様々なスタイルの楽曲にチャレンジしていましたが、今回3作目にして自分のスタイルを確立した様子も感じ取る事ができます。

アルバムはタイトルに自身の名前をつけるだけあって、これが自分自身であると言わんばかりの自信が伝わってきます。
じっくり聴いてもいいし、軽くBGMとして流してもスタイリッシュ。
しっとりした雰囲気に包まれて大人な空間によく似合います。

個人的にはセンシュアルな歌声、スタイリッシュなサウンド、それらと彼女のキュートな笑顔にかなりのギャップがあり、それに魅力を感じてしまいます。

雨後のタケノコのように次々と出てくるアーティスト、全てを把握するのは至難の業ですが、彼女のようなアーティストを知っているだけでも、ちょっと“通”な感じがしますよね。

LIANNE LA HAVAS 『LIANNE LA HAVAS【輸入盤】』は、
Joshin webにて好評発売中です!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店