« テイラー・スウィフトがサプライズ・リリースする新作は大ヒット確実! | メイン | ジャズ界屈指の巨人ジョン・コルトレーンの歴史的名盤「ジャイアント・ステップス」 »

2020年8月10日 (月)

WACKによるアイドルオーディションを舞台にしたドキュメンタリー映画「IDOL-あゝ無情-」が発売決定!

本日ご紹介する商品はコチラ!

『IDOL-あゝ無情-/WACK』[DDBZ-1100]

BiSH、GO TO THE BEDS、PARADISES、BiS、EMPiRE、CARRY LOOSE、豆柴の大群、Wagg、PEDROが所属するプロダクションWACK。
毎年恒例となったWACKによるアイドル最終合宿オーディションを舞台にしたドキュメンタリー映画「IDOL-あゝ無情-」が発売決定!

場所は2回目の開催地となる九州の離島、壱岐島。
アイドル候補生たちだけでなく現役メンバーも参加し、1週間の過酷なサバイバルオーディション生活を繰り広げるが・・・。
アイドルの終わりと始まり。グループの、仲間の、個人の、対照的な光と影を
「世界でいちばん悲しいオーディション」の岩淵弘樹監督が密着し続けた500時間以上に及ぶ映像から紡ぎだされた圧巻の85分。

毎回アイドルの光と影を映し出す恒例のオーディションですが特に影の部分が際だつ今作。
オーディションのドキュメンタリーから2期BiSの存続をかけた物語へとシフトされていく様子は見る者を引きつけます。

2016年から始まった第2期​BiSはトレードや脱退と加入、分裂等を経て、2019年末に戦力外通告を受けた4人のメンバーが合宿に参加。
オーディション候補生を指導しながらBiS脱退をかけた自らの戦いも余儀なくされたメンバー達。
スタッフと衝突しながら破滅へと向かい残酷な最期を迎えます。
スタッフ達、大人の目線で見るかアイドル達、参加者の目線で見るかで真逆の感じ方をする本作。
一見華やかな世界ですが陽の当たらない部分は泥臭く、理想や希望だけではないPDCAを求められる様は
一般社会人にも通じるものがあり共感を覚えるのではないでしょうか。
ただのアイドルドキュメンタリーではないリアルで残酷な物語はWACKに興味がない方にも是非とも見て頂きたい作品です。

本編DVDに加えて、合宿以後、解散までの第2期BiSメンバーの様子と、
第3期BiSのオーディションから現在までの様子を描いた特典DVDも付属されていますので映画館で見られた方もぜひチェックしてみてくださいnote

「IDOL-あゝ無情-」は9月9日発売です!
ご予約お待ちしておりますhappy01

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店