ジャズ Feed

2019年11月25日 (月)

天才ギタリスト、パット・メセニー6年ぶりに待望の新作を発表!

今回はこちらのアルバムをご紹介させていただきます。

2020年02月21日発売
『フロム・ディス・プレイス』 / パット・メセ ニー

◆ [WPCR-18309]

輸入盤はこちら

注)輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


パット・メセニーという凄腕天才ギタリストがいます。一見ヘビメタな風貌ですが笑、18歳でバークリー音 楽大学の講師を務め、1975年のフュージョン・ミュージック全盛期に21歳で、これまた天才ベーシスト、ジャコ・パストリアス等と録音したデビュー・アルバムをリリース。数々の“超”がつくほどの一流アーティストと共演し、なんとグラミー20冠を誇るカリスマ・ギタリストです。

自分も過去何度かステージを見に行ったり、挨拶程度の会話をした事もありますが、おごる事のない、とても気さくなナイス・ガイという印象でした。

そんな彼も計算すると65歳。見た目が若すぎてびっくりです。笑

ブラジリアン・テイストを織り込んだ独自の世界観が評価されながらも、時折4ビートの“ドJAZZ”のアルバムも数枚、ソロでの作品もあったり、更には巨匠オーネット・コールマンの影響でFREE JAZZの作品もリリースして話題になったりするなど、とにかく何かと才能が溢れすぎているギタリストなんです。

そのパット・メセニーがなんと6年ぶりに新作を発表するという嬉しいニュースが入りました!
自身が“集大成”と発言している今回のアルバム。聞きたくて待ちわびてしまうほどの一枚です。

Joshin webにて予約受付中。ご予約お待ちしております!

2019年10月21日 (月)

ノラ・ジョーンズ率いるプスンブーツがクリスマスEPをリリース!

本日ご紹介する商品はコチラ!

『ディア・サンタ/プスンブーツ』[UCCQ-1116]

【収録曲】
1. クリスマス・オール・オーバー・アゲイン
2. ザ・グレート・ロマンサー
3. クリスマス・バット
4. イッツ・ノット・クリスマス・ティル・ユー・カム・ホーム
5. サイレント・ナイト

ノラ・ジョーンズを中心に、ジェシー・ハリスの秘蔵っ子として注目を浴びるサーシャ・ダブソンと
ベーシストのキャサリン・ポッパーの3人の女性ミュージシャンからなる、ガールズ・ユニット=プスンブーツ。

2014年発売「ノー・フールズ、ノー・ファン」以来となる新作は、クリスマスEP!
オリジナル楽曲4曲とカヴァー曲1曲を収録!
配信ではリード・トラックの「クリスマス・オール・オーバー・アゲイン」が公開されていますのでぜひチェックしてみてくださいnote
ご予約お待ちしておりますhappy01

2019年9月 1日 (日)

Miles Music's Not Dead!

JAZZ界で“帝王”といえばマイルス・デイヴィス
今から28年前、つまり1991年の9月28日が命日にあたります。
未だに未発表音源などからさまざまなアーティストによってその音源が手がけられ、
その時代のサウンドとブレンドされ新譜としてリリースされております。

ただしこのような編集はマイルスの生前から普通に行われていたのです。

かつてテオ・マセロというプロデューサーがいました。マイルス・デイビスのファンにはよく知られている人物で、
自他共に認めるマイルス・サウンドの立役者なのですが、
1960年発表の「スケッチ・オブ・スペイン」から1983年発表の「スター・ピープル」まで、
彼はオリジナルのサウンドを切り貼りしながら数々のマイルス作品を名盤に仕立て上げました。
マイルス自身の凄さももちろんありますが、編集によってその凄さが倍増している事実は否めません。

つまりマイルスのオリジナル・サウンドを編集して再構築、リミックスする事は
マイルス自身にとっても自然な事だったのでしょうね。

今もなお下記のようなアルバムが出るということは、
そういった流れをテオ・マセロ以外がチャレンジしたものであると感じます。
それぞれがマイルスというJAZZの帝王の音楽とどう向き合い、どう解釈し、どう編集したか。
そういった観点で聴いていくと面白いですよ。

そこで今回はマイルス没後28年目の今年、9月6日に発売される新譜と、
その他マイル・デイヴィスの没後に発売されたアルバムを2枚をご紹介させていただきます。

2019年09月6日発売
『ラバーバンド/ マイルス・デイヴィス』

◆[WPCR-18258]

◆輸入盤はこちら
1985年にワーナ移籍してまもなく録音された音源なのですが、
当時右肩上がりの人気を見せていたマイルス・スクール卒業生、
マーカス・ミラーが持ち込んだ音源の方が発売され(TUTU)大ヒット。
その時お蔵入りとなっていた伝説の“ラバーバンド・セッション”。
2018年のに4曲入りのEP『RUBBERBAND EP』という形で正式されたのですが
今回フル・アルバムとして遂にそのベールを脱ぐことに。

当時のプロデューサーでもあったランディ・ホール(「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」でマイルスと共演)
とゼイン・ジャイルズに加え、マイルスのアルバム「ユア・アンダー・アレスト」で
ドラマーとして参加していたマイルスの甥、ヴィンス・ウィルバーン・ジュニア等が
現代の音として完成させたアルバム。マイルス・ファン必聴です。

発売中
『エヴリシングス・ビューティフル / マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー』

◆[SICJ-117]

◆輸入盤はこちら
マイルスを敬愛し、新世代ジャズ・シーンで鮮やかな活躍を続ける、
ロバート・グラスパー
がマイルス・デイヴィスの音世界を再創造したアルバム。
ロバート・グラスパー以外にも豪華な参加アーティスト、ビラル、イラ・J、
エリカ・バドゥ、フォンテ、ハイエイタス・カイヨーテ、ローラ・マヴーラ
そして大御所スティーヴィー・ワンダー
更には実際にマイルスのバンドでも演奏していたギタリスト、ジョン・スコフィールドが参加し
各々が時空を超えて帝王マイルスとの共演を果たしています。
サウンドは決して古くなく、どちらかといえばイケてるブラック・ミュージック。
車の中で聴くといい感じです。マイルスを知らない若者でもじゅうぶんに楽しめるのではないでしょうか。

発売中
『エヴォリューション・オブ・ザ・グルーヴ(リミックスド & アンミックスド) / マイルス・デイビス』

◆[SICJ-117]

2007年発売のマイルスの5曲入りリミックス・アルバム
にオリジナル音源がカップリングされたアルバム。
既出のマイルスの甥でもあるヴィンス・ウィルバーン・ジュニアがプロデュース。
アコースティックJAZZ時代の未発表アウトテイクやマイルスの声、
とくに「フリーダム・ジャズ・ダンス」のヒップ・ホップ・バージョンがクールです。
ここでの目玉はHIP HOP界よりNASが参加している点でしょう。
他にもカルロス・サンタナが参加。聴きやすいので個人的にはよく聴いています。

今回は3枚だけのご紹介となりますが、未だ多くのミュージシャンが敬愛するマイルス・デイヴィス
ご本人は既にこの世にはいませんが、マイルス・ミュージックはまだまだ多くのクリエイターに
愛され、編集され、再構築されていくことでしょうね。

2019年8月20日 (火)

天才女性ベーシスト、タル・ウィルケンフェルド、12年振りにアルバムをリリース!

今回はこちらの商品を紹介させていただきます。

2019年8月21日発売
『ラヴ・リメインズ/タル・ウィルケンフェルド』

◆[KICJ-827]

まずはタル・ウィルケンフェルドの紹介から。
カバー・ジャケットはタル本人。ご覧の通り可憐な顔立ちですが、そのキャリアは驚くものがあります。

まず14歳でギターを始め、17歳でベースに転向。
影響を受けたベーシストは今や伝説となった天才ベーシスト、ジャコ・パストリアス
6弦ベースでウネウネと壮絶なベース・ラインを奏でるアンソニー・ジャクソン。
影響どころか高校生ぐらいの年齢でまずこの二人に興味を持っただけでもびっくりです。

そして2007年には20歳にしてリーダー・アルバム『トランスフォーメーション』を発表。
その後チック・コリア等のツアーに参加するだけでもすごいのですが、
更にはなんとギターの神様、ジェフ・ベックのレギュラー・ベーシストに抜擢
(これもゲストとかスポット参加ではないのでいかにジェフ・ベックが彼女を信頼していたかがわかります)。

2010年には、ハービー・ハンコックのアルバム『イマジン・プロジェクト』に参加。
その後、、ハービー・ハンコックのツアー同行中に足に怪我をし、代打として、
マーカス・ミラーが参加(代打にマーカス・ミラーが選ばれるくらいのレベルだということです)。

他にもスティーブ・ルカサーやウェイン・クランツ、リー・リトナーなど
数多くレジェンド級のアーティストたちから絶大なる支持を受けている女性ベーシストです 。

そんな彼女が12年ぶりの新作をリリースしました。
エグゼクティブ・プロデューサーにジャクソン・ブラウンを迎えての新作の感想は、
まずデビュー・アルバムと比べ、ベーシストのアルバムっぽくないということ。
『トランスフォーメーション』で抱いたベース・ブンブン・サウンドを期待していたら
肩透かしを食らってしまいました。

ただこれについて、彼女が米ビルボード誌のインタビューで語っていたのは

「いくつかの点でベーシストのリーダー・アルバムとは逆のもの」と説明しています。
「多くの曲にはベースすら入っていない。最初のトラック“コーナー・ペインター”では、
自分がいつもプレイするベースが良いとは思わなかったので、オルガンでベースを弾いた。
別の曲“ワン・シング・アフター・アナザー”ではアコースティックギターだけを弾いている。
木管楽器を使うことにしたけど、ベースはなしにした。これは私にとって大きな飛躍。
このアルバムはベース・プレーヤーあるいはミュージシャンとしてだけではなく、
どちらかと言えばソングライターやアーティストとしての作品」

と話しています。
自分の曲でありながら、客観的に音を分析し、曲によって、場合によっては自分の楽器を“弾かない”なんて事、
マイルス・デイヴィス以来久しぶりに聞くようなセリフ。。。
彼女、正真正銘の天才かもしれませんね。目を離せないアーティストがまた一人増えました。

『ラヴ・リメインズ/タル・ウィルケンフェルド』はJoshin webにて予約受付中。ご予約お待ちしております!

2019年7月10日 (水)

マイルス・デイヴィス、幻のアルバム!【輸入盤】

どうも、チーズです。music
輸入盤・音楽CD商品より、こちらの商品を紹介いたします!

2019年09月06日発売予定
『RUBBERBAND【輸入盤】▼ / MILES DAVIS』

◆[0349-785078]

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


1985年にレコーディングされておりながら世に出ることなく、
今まで誰の手にも触れられることのなかった幻のアルバム『RUBBERBAND(ラバーバンド)』。
全音楽ファンが待ち焦がれていた作品の全貌が、35年の時を経て今ここに明かされる!

1985年、マイルス・デイヴィスは30年にも渡り所属していたコロンビア・レコードを離れ、
新たにワーナー・レコーズと契約。
その年の10月、プロデューサーのランディ・ホールとゼイン・ジャイルズとともに
アルバム『ラバーバンド』のレコーディングを開始。
しかし、最終的にこの作品は日の目を見ることなく、マイルスは新たな作品をレコーディング、
名盤『TuTu』をもって、移籍第一弾作品としてリリースされます。
結果、この『ラバーバンド』は30年以上もの間、そのまま誰にも聴かれることなく、
誰にも触れられないままの状態となっていた…。

マイルスが実際にこの『ラバーバンド』をレコーディングしてから32年後となる2017年に、
ランディ・ホール、ゼイン・ジャイルズ、そしてマイルスの甥、ヴィンス・ウィルバーン・ジュニアは
この音源を完成させるべく作業をスタート。
この最終ヴァージョンには、12度のグラミー賞ノミネーションを誇る女性シンガー、レデシーや、
ソウル・レジェンド、ダニー・ハサウェイの娘、レイラ・ハサウェイといったゲスト・アーティストも参加。

オリジナルのレコーディング・セッションでは、マイルスがトランペットとキーボードをプレイし、
キーボードにアダム・ホルツマン、ニール・ラーセン、ウェイン・リンゼイを、
パーカッションにスティーヴ・リードを、サックスにグレン・バリスを、
そしてドラマーに甥のヴィンス・ウィルバーン・ジュニアを迎えてレコーディングされている。

また、ジャケット・カヴァーは当時マイルスが描き上げた絵画がレイアウトされています。

Joshin webにて予約受付中。ご予約お待ちしております!happy01

2019年7月 7日 (日)

松田聖子「SEIKO JAZZ 2」輸入盤が登場!

どうも、チーズです。music
輸入盤・音楽CD商品より、こちらの商品を紹介いたします!

2019年07月26日発売
『SEIKO JAZZ 2【輸入盤】 / SEIKO MATSUDA』

◆[B003067702]

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


2017年の「SEIKO JAZZ」に続き、2019年2月に日本でリリースになった
松田聖子の本格ジャズ・プロジェクト第2弾アルバム『SEIKO JAZZ 2』がVerveから登場。

新たな魅力で大人気を博した前作「SEIKO JAZZ」は、
米ハイレゾ最大手配信会社「HD tracks」においてジャズ部門で第2位、
ベストセラー部門で第4位という快挙を成し遂げ、
また国内も数々のジャズチャートを第1位で席巻し、第59回レコード大賞企画賞を受賞。

本作『SEIKO JAZZ 2』でも「Take 6」のメンバーやプロデューサーとして
5度のグラミー賞を受賞したマーヴィン・ウォーレンをプロデューサーに迎えた、
珠玉の名曲満載のジャズ・アルバム!

Joshin webにて予約受付中です。
ご予約お待ちしております!

▼前作「SEIKO JAZZ【輸入盤】」はこちら

◆[B002670702]

2019年6月 7日 (金)

夏を彩るジャズ・ピアノ~コンピレーション・アルバム【輸入盤】

どうも、チーズです。sun
輸入盤・音楽CD商品より、こちらの商品を紹介いたします!

2019年07月13日発売
『JAZZ PIANO ON A SUMMER AFTERNOON【輸入盤】▼ / VARIOUS ARTISTS』

◆[STLLF-0012]

※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


これから訪れる夏にお聴きいただきたい
ジャズ・ピアノの名曲を収録したコンピレーション・アルバムです!

収録内容は、
数多くのロック・アーティストをサポートしたドン・ランディの名盤から
「チーク・トゥ・チーク」、「ジプシー・イン・マイ・ソウル」
スヌーピーのサウンドトラック盤を手掛けたヴィンス・ギャラルディの「黒いオルフェ」のカバー
ビル・エヴァンスの演奏によるスタンダード曲「愛は海よりも深く」
モーリス・ナントンの最高傑作「ロバータ」から「ユア・デヴァステイティング」
エディ・ヒギンズの米VEE JAYからリリースされたセルフ・タイトル・アルバムより
名演「AB'Sブルース」など・・・
夏にぴったりなジャズ・ピアノの名曲をCD2枚組でリマスタリング収録!

暑い夏にジャズ・ピアノを聴いて、優雅なひとときをお過ごしください...

Joshin webにて予約受付中。ご予約お待ちしております!happy01

◆ジャズ音楽CD商品一覧はこちら

2019年3月 5日 (火)

スプリングセール開催中!!

音楽ソフト担当のAshでございます!

本日は、開催中のセールをご紹介!

ただいま期間限定(3月17日(日) 23:59まで)で、
弊社指定の1000タイトル以上のCD・BD・DVDソフトを最大35%OFFで販売中!
映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットが記憶に新しい、
クイーンのベストアルバム『プラチナム・コレクション』や、
サザンオールスターズが『海のYeah!!』の続編として、
40周年を記念したプレミアムアルバム!!『海のOh, Yeah!!』なども
対象となっております!

こちらのセールは、3月17日までの期間限定での開催となっておりますので、
先ずは一度、セールページをご覧下さい!!

それでは、ご注文をお待ちしております。

2019年2月24日 (日)

アウトレットコーナーをご紹介!!

音楽ソフト担当のAshでございます!

本日は、アウトレットコーナーをご紹介!

30%OFF以上のBD/DVD/CDを掲載しております。
一度覗いてみて下さい。あなたにとって掘り出し物が見つかるかも知れません。
筆者のオススメは、こちらの『ハリー・ポッター』です。

『ハリー・ポッター 8フィルムコレクション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>◆』

J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化した、
数奇な運命を背負った魔法使いの少年の成長と冒険を壮大なスケールで描く傑作ファンタジー
「ハリー・ポッター」シリーズのブルーレイセット。
「ハリー・ポッターと賢者の石」から「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」までの全8作品収録。

現在は、前日談となる「ファンタスティック・ビースト」が展開中ですが、
ハリポタで出てたキャラクターも登場しますので、未見の方はこの機会にどうぞ!

他にも様々な商品をご用意してますので、是非一度ご覧下さい。

ご注文お待ちしております。

2019年2月22日 (金)

ノラ・ジョーンズ、2年半ぶりとなる新作がリリース決定!


『ビギン・アゲイン/ノラ・ジョーンズ』[UCCQ-1097]

『輸入盤はコチラ』[774-4041]
【収録曲】
01.マイ・ハート・イズ・フル
02.ビギン・アゲイン
03.イット・ワズ・ユー
04.ア・ソング・ウィズ・ノー・ネーム
05.アッ・オゥ
06.ウィンタータイム
07.ジャスト・ア・リトル・ビット

2001年のグラミー8冠のセンセーショナルなデビューから、現在も絶大な人気を誇る世界最高峰の女性シンガー・シングライターのノラ・ジョーンズが2年半ぶりとなる新作を緊急リリース!
今作は“何のプレッシャーもジャンルの境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作る”というコンセプトに基づいた、
♯songofthemoment(ソング・オブ・ザ・モーメント)というシリーズで配信リリースした4曲(1.3.4.6)に加え、今回初登場となる3曲を収録したコンセプト・アルバム。

前作『デイ・ブレイクス』でジャズに原点回帰したノラですが、今回はウィルコのジェフ・トーマス・バートレットといった多彩なコラボレーターを迎えて、
シンガー・ソングライターとして更なる進化を遂げたノラの魅力にあふれた作品になっているとのこと。
2年半ぶりとなる待望の新作をぜひチェックしてみてくださいnote
ご予約お待ちしておりますhappy01

※輸入盤の発売日は現地の発売日です。入荷次第の出荷となりますので、あらかじめご了承ください。
※国内入荷予定が遅れる場合もございます。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店