輸入盤 Feed

2020年7月10日 (金)

マイルス没後の黄金のクインテットのスタジオ・ライヴ・アルバムが2枚組でリリースされます!


輸入盤に関して
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


今回はこちらを紹介させていただきます。

かつてマイルス・デイヴィスの1960年代を支えたメンバーは“新主流派”、“黄金のクインテット”、または最高のクインテットという意味を持つ“The Quintet”等様々な称号で呼ばれ、ジャズのメインストリームにおいてそれまでのハード・バップと差別化を図った新しい“ジャズ”を繰り広げました。

マイルスの電気楽器の導入後、各メンバーは脱退することになりますが、それぞれがリーダーとして、当時“フュージョン”と呼ばれたムーヴメントの中心に君臨し続けてきました。

ところがその面々は1976年からV.S.O.Pクインテットとして再び結集し、アコースティック・ジャズの中心に舞い戻ります。

当時活動休止中のマイルスの代わりに(休止中じゃなくてもこのクインテットに加わることは無かったでしょうが)、フレディ・ハバードをフロントに据えて、いくつかのライヴをこなします。

それから12年ほどが経過し、マイルス・デイヴィスが亡くなった時、ハービー・ハンコックを中心とし、このメンバーは再び再会することになりました。

この時のトランペットは60年代当時のマイルスの面影を彷彿とさせるウォレス・ルーニー(彼は今回の新型コロナ・ウィルスの犠牲者となりました。ご冥福をお祈りいたします。)。彼は1991年のモントルー・ジャズ・フェスティバルで企画された、マイルス・デイヴィスギル・エヴァンスの名曲の再演のステージで、憧れのマイルスの横で若き日のマイルスの代役を務めるという大役を果たしています。

このマイルス・トリビュート企画のクインテットでミュンヘンを訪れた時の音源が今回リリースされることになりました。

人気ジャズ番組の為のスタジオ・ライヴということで、このメンバーならではのクールでありながらキレッキレの演奏になっていることでしょう!

2枚組で当時の演奏がたっぷり聴けるのはファンとして嬉しい限りですね。

HERBIE HANCOCK『MUNCHEN 1992 【輸入盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年6月30日 (火)

プリンス&マイルス・デイヴィスの共演音源がついに公式リリース!


輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


今回ご紹介するアルバムはこちらです。
1987年発表のプリンスの最高傑作と言われるほどの2枚組アルバムなのですが、今回は8CD+DVDのスーパー・デラックス・エディションでの復活です。

他のバージョンも詳細画面からお求めいただけるのですが、実はこのスーパー・デラックス・ディションのみの貴重なトラックがあります。

それはあのジャズの帝王、マイルス・デイヴィスとの共演なのです。 DVDには1987年12月31日にペイズリー・パークで行われたSIGN O' THE TIMESツアーの最終日の模様を収録した未発表ライヴ映像が収録されているのですが、個人的にもっと驚いたのがCD4の4曲目に収められている“Can I Play With U? (feat. Miles Davis)”です。

今までブートレグでしか手に入れることが出来なかったこの曲、もう公式に発表されることは無いだろうと思っていましたが、ついに公式にリリースされるとは、本当に驚きです。

かつて一世を風靡したシンガー、チャカ・カーンの『C.K.』というアルバムで チャカ・カーンプリンスとマイルスは公式に共演しているのですが、 チャカ・カーンのアルバムだけにプリンスは確かコーラスのみの参加だったと思います。

でもこの“Can I Play With U? (feat. Miles Davis)”ではどっぷりプリンス・ワールド全開の曲調の中、一音でマイルスとわかるトランペットが最後まで泳いでいる感じです。個人的にはこれだけでも十分価値があります。

聴く限りこの二人はとても相性が良く、お互いに尊敬し合っていいる仲でしたので、できればアルバム1枚分ぐらいの曲を残してほしかったと思います。

とにかく今回の貴重音源、貴重映像をたっぷりお楽しみいただける今回のスーパー・デラックス・ディション、とても楽しみなボックス・セットです。

PRINCE『SIGN O' THE TIMES (SUPER DELUXE EDITION) [8CD+DVD]【輸入盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年6月17日 (水)

ポール・マッカートニー、アーカイヴ・コレクション・シリーズ第13弾!

今回はこちらを紹介させていただきます。


◆輸入盤はコチラ→『DELUXE』『2CD』『3LP』『2LP』
輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


この3年、毎年1枚(1作?)のペースでザ・ビートルズの50周年アニバーサリー記念作品として後期のアルバムがリマスターされて発売されてきましたが、今年はついに『レット・イット・ビー 』かなとか想像していた矢先、ポール・マッカートニー の作品がアーカイヴ・コレクション・シリーズの第13弾として発売されるという情報が入ってきました。

今回発売される『フレイミング・パイ』は1997年リリースの作品。スティーヴ・ミラーやリンゴ・スター、息子さんや奥さんも一部で参加して第40回グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされた名盤です。

ポール・マッカートニー を取り巻く彼の家族や仲間への愛情が表現されたアルバムですよね。全ての曲が名曲です。

このデラックス・エディション・ボックス・セットには、アビイ・ロード・スタジオでリマスターしたオリジナルのアルバム、ホーム・レコーディングやデモ、スタジオ・レコーディングの別ヴァージョン、ラフ・ミックス、そして「ウブ・ジュブparts 1-6」からのセレクションを含むB面など32曲分のボーナス・オーディオ・トラック、『フレイミング・パイ・アット・ザ・ミルCD(ポールが自身のスタジオを1時間ツアーしている内容)』が含まれます。

映像素材としては「ザ・ワールド・トゥナイト」のドキュメンタリーや、オリジナルのミュージック・ヴィデオ、EPK 素材、インタヴュー、演奏風景、および舞台裏の映像などをフィーチャー。
そしてリンダ・マッカートニーの撮影した未発表写真を含む128ページのブックレット、アルバム・アートワークのアーカイヴ、そしてクリス・ヒース執筆のアルバムの歴史についてのストーリー。
そこには全曲解説、ポール、リンゴ、ジェフ・リン、スティーヴ・ミラー、スタジオ担当者などのアルバム参加者たちへの最新インタヴューも含まれます。
他にもスタジオでのメモ書きや、手書きの歌詞、ポール・マッカートニー・ファンクラブのオフィシャル新聞「クラブ・サンドイッチ」における1997年の『フレイミング・パイ』発売時の記事などを収載。

といったように濃すぎるほど内容がきっしり詰まったボックス・セットになっております。

アナログ盤を含めると、国内盤だけでも4形態、輸入盤で4形態のバリエーションがあります。
一番お好みの商品をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ポール・マッカートニー『フレイミング・パイ デラックス・エディション』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年6月 4日 (木)

隠れ名盤?ビル・エヴァンス・トリオをバックに“ワルツ・フォー・デビー”を歌うモニカ・ゼタールンド

今回はこちらを紹介させていただきます。


ジャズで最も売れたアルバムといえばマイルス・デイヴィスの「カインド・オブ・ブルー」ですが、その次といえばビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」ですよね。ジャズ・ファンじゃなくてもアルバムを持っている人が多いほど万人に受け入れられて、なおかつ奥が深く、何度聴いても色褪せない魅力があります。

ところが、この本家ビル・エヴァンス・トリオをバックに“ワルツ・フォー・デビー”を母国語で歌い、更にはタイトルまで自分の名前を入れて“モニカのワルツ”としてレコーディングしたシンガーをご存知でしょうか。

まず思ったことはビル・エヴァンスがよくそれを許したなあ(笑)ということです。事情はよくわかりませんが、このアルバムがかなりいいんですよね。

タイトルでは隠れ名盤という言葉を使わせていただきましたが、実はビル・エヴァンスのファンの間ではそこそこ知られた名盤です。

このモニカ・ゼタールンドという“北欧の歌姫”の異名を持ち、女優もこなしたスウェーデンのシンガーが、ビル・エヴァンスに熱いラブ・コールをお送り、ビル・エヴァンスが北欧ツアーで訪れた時に録音されたスタンダード集。

ビル・エヴァンス・トリオの空気感の中で、相性の良い歌声がその中を漂い、最高にゴージャスな共演が実現したという感じです。

二人とももうこの世にはいませんが、このアルバムを聴くと、今頃天国でまた共演しているのかなと、ふと考えてしまいます。

またこのアルバムのオマケとしてビル・エヴァンスがなんと弾き語りで歌う「サンタが街にやってきた」が収録されていて、超レアかつ秀逸です。

詳細ページのジャケ写の下のボタンをクリックすると試聴もしていただけます。
お気に入りになられたらお手元に一枚いかがでしょうか。

モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビー+6』は、
Joshin webにて好評発売中です!

2020年5月28日 (木)

麗しき歌姫、エリー・ゴールディング、超待望のニューアルバムをリリース!

今回はこちらを紹介させていただきます。


輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


2015年から三部作として上映され、主婦層を中心として世界中の女性を虜にした「フィフティ・シェイド・シリーズ」。

3作ともサウンド・トラックが人気でしたが、その中でもこの三部作を一番印象付けていた曲は“ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ”ではないかと思います。

1作目の「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」ではクリスチャンがアナをヘリコプターでシアトルに連れて行くシーン、また3作目の「フィフティ・シェイズ・フリード」ではエンディングで流れていました。

そのときめくような曲を見事に歌い上げていたエリー・ゴールディングが2016年の『デリリアム』以来、4年ぶりにニュー・アルバムをリリースするそうです!

彼女の艶やかな歌声がまた新作の中で聴けるのは嬉しい限りです。

ニューアルバムには、ディプロ&スウェイ・リーと共演した大ヒット・シングル「クロース・トゥ・ミー」や、ジュース・ワールドと共演した斬新コラボ曲「ヘイト・ミー」、そして自身の16歳の頃を歌った「シックスティーン」などのシングルを収録、また新曲として「hot girl bummer」のスマッシュヒットで人気急上昇中のアーティスト、ブラックベアーをゲストに招いた「Worry About Me feat. blackbear」も収録されます。

知る限りでは内容がとても濃いアルバムになっているみたいですね。
もう今から楽しみです!

ELLIE GOULDING『BRIGHTEST BLUE [DIGIPACK CD]【輸入盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年5月22日 (金)

ウェザー・リポート、もう一つの8:30ともいえる日本公演の音源がリリース!

今回はこちらを紹介させていただきます。


輸入盤に関して
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


ウェザー・リポートとはマイルス・デイヴィスのサウンドが電化する1960年代後半にマイルス・グループに在籍していた、ウェイン・ショータージョー・ザヴィヌルの2人が結成し、1970年代のフュージョン・シーンを圧巻したグループでした。

そのライブ盤として名盤「8:30」があるのですが、自分このアルバムが大好きです。
彼等のショーの開演時間がアルバム・タイトルになっているのはファンなら誰でも知っているのですが、個人的には、ジャコ・パストリアスのベースとピーター・アースキンのドラムが生み出すグルーヴ感が最高にクールで、今でもウェザー・リポートを聴きたくなったらこの「8:30」を聞くほどです。

ただ今回その意見を変えるかもしれないアルバムがリリースされます。
今回ご紹介するこのアルバムはその「8:30」と同年、同ツアー中の日本公演なので勝手なことを言わせていただけるなら、“もう一つの「8:30」”なのです!

詳細はまだわかりませんがこの日本ツアーは全席ソールド・アウトでウェザー・リポートにとっては商業的に大成功ともいえるツアーでした。
彼等がノリにノッっていることは間違い無く、特にジャコ・パストリアスの初来日という事もあり、もしかしたら「8:30」を凌駕するほどの内容なのではないでしょうか。

とにかく、それを確認する意味でも、これは早くゲットして早く聴きたいアルバムです。

WEATHER REPORT『LIVE IN JAPAN 1978 【輸入盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年5月15日 (金)

マイルス・デイヴィス、過去を振り返った奇跡のライヴ盤がリリースされます!

今回はこちらを紹介させていただきます。



輸入盤に関して
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


ジャズ界では知らない人はいないでしょうが、マイルス・デイヴィスは過去を振り返らない事で有名でした。

マイルスがジャズ・シーンに電気楽器を導入し始めた1960年代後半に、“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”等アコースティックなマイルスを懐かしみ、ライヴで聴きたがったい人がたくさんいたそうです。
ところがそんな人達に向けてマイルスが放った言葉は

「そんなに聴きたければレコードで聴け!」

の一言だったそうです。

つまり録音した音楽は彼にとって全て過去のものであり、振り返る理由すら無いといった考え方を貫き通し、ジャズ・シーンに次々と革命を起こしたのです。

ところが、晩年、自分の死期を悟ったのか、亡くなる2ヶ月半ほど前の1991年7月8日と10日、奇跡的なライヴがパリで開催されました。

8日はモントルー・ジャズ・フェスティバルにてマイルスがかつて朋友ギル・エヴァンス と共に録音した数々の名曲を再演する企画。これは既にリリースされております。これだけでも十分驚くような話だったのですが、10日は更に信じられない内容です。

なんと1951年から1991年までの40年間にマイルス・デイヴィス・バンドに参加した主要メンバーが一堂に介し、その時代の代表曲を披露するという、まるで“同窓会”のようなライヴです。

この企画にマイルスの人物像を知る人はさぞ驚いたことでしょうね。

過去を振り返らないマイルスがその生涯で唯一過去を振り返った2日間のライヴだったのです。

当日、一同に会したマイルス・スクール卒業生の誰もがもこの2ヶ月半後にマイルスが亡くなるなんて想像もしていなかったでしょう。

その模様が今回2枚組CDとして発売されます。マイルス好きにはたまらないライヴ・アルバムです。
ファンとしては発売が待ち遠しくてガマンが大変です。笑

MILES DAVIS『LIVE PARIS IN 1991【輸入盤】』 は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年4月30日 (木)

未だ健在!ザ・ローリング・ストーンズ、NEW SINGLEをリリース!

今回はこちらを紹介させていただきます。

2020年06月26日発売
THE ROLLING STONES『LIVING IN A GHOST TOWN【輸入盤】】【アナログ盤】』

◆[071-4835]


輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


既に視られた方も多いかと思いますが、先日ザ・ローリング・ストーンズが『One World: Together At Home』チャリティー・コンサートに出演し、各々のメンバーが自宅にてそれぞれのパートを演奏し、名曲「無情の世界(You Can’t Always Get What You Want)」を披露しました。

元気そうな彼等を拝見して安心したと同時に、一同に会する事がなくても、動画だけで息の合った演奏が出来てしまう彼等に驚いていたのですが、さらに驚く情報が入ってきました。

なんと8年ぶりに新曲をリリースするとのことです。
それもリマスターでは無く新作アルバム用にロスやロンドンでレコーディングしていた楽曲をロックダウンの最中に個別に作業して完成したというのです!

タイトルから推測するに、ロックダウンした街をゴースト・タウンとして歌い上げています。
メンバーのコメントではたまたま作った曲が今の時期にぴったりだということでリリースに至るらしいのですが、個人的に一番驚いたのは未だに彼等が今までと変わらず“クリエイティヴ”だということです。

メンバーは全員が70代、ザ・ローリング・ストーンズとしてのキャリアは58年にもなりますが、それでもなお、タイムリーな楽曲をリリースするという彼等の思考は全く衰えていないんですね。

もう完全脱帽状態です。そのエネルギーはどこから来るのでしょうか。

生きるために仕事をする、まだ働かなければいけないという人生をはるか昔に逸脱した彼等が向かっているのはどこなのでしょうか。

真のアーティストとしての姿なのかもしれませんね。

才能に溢れた若い新人が出てくるのも嬉しいですが、彼等のようにいくつになってもいつまでも元気なおじさんの姿を見せてくれると、音楽ファンとしては本当に微笑ましく、勇気と元気をいただけます。

THE ROLLING STONES『LIVING IN A GHOST TOWN【輸入盤】】【アナログ盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年4月23日 (木)

ガンズ・アンド・ローゼズ、全盛期の東京公演を完全収録したライブ・アルバム!

今回はこちらを紹介させていただきます。

2020年05月01日発売
GUNS N' ROSES『LIVE IN JAPAN 1992 【輸入盤】』

◆[IACD-10330]


輸入盤に関して
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


最近ご自宅にいる時間が増えた方が多いと思いますが、こんな時はハード・ロックを聴いて発散してみるのはいかがでしょうか。

そこで今回ご紹介するのはかなり貴重な音源を収録した本作です。

1980年代にアメリカ西海岸を中心に興った“LAメタル”と呼ばれるブームの後半、デビュー・アルバムでいきなり全米アルバム・チャートで1位になったのがこのガンズ・アンド・ローゼズです。

カリスマ性に富んだボーカリスト、アクセル・ローズの得体の知れない動きと、今で言うかなりイケメンな顔立ち、そして裏声を潰したと言われている独特なハイ・トーン・ボーカルに当時多くの若者が惹きつけられました。

デビュー作『アペタイト・フォー・ディストラクション』は彼等の代表曲と言われる“ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル”、“スウィート・チャイルド・オブ・マイン”、そして“パラダイス・シティ”を収録していて今でもハード・ロックの伝説的な名盤として評価されています。

それに続き、1991年に同時発売となった『ユーズ・ユア・イリュージョンI』、『ユーズ・ユア・イリュージョンII』も全米アルバム・チャートNo.1/No.2にランク・インするという快挙を成し遂げ、瞬く間にモンスター・バンドとしての地位を確立しました。

ちょうどその時期に、ノリに乗った彼等が敢行したワールド・ツアーでの東京公演を完全収録したライブ・アルバムがこのたび3枚組CDとして発売されます。

自信に漲ったガンズ・アンド・ローゼズの旬なライブ音源ですね。

上記3曲もちろんのこと、彼等を代表するナンバーが全て出尽くすこのライブ・アルバム、ご自宅でBGMとして小さな音量で流すというよりは、ヘッド・フォンかイヤ・フォンを用意して、ガッツリ構えた上で出来るだけ大きな音量で浴びるように聴くことをオススメします。
かなりストレス発散になるはずですよ。

GUNS N' ROSES『LIVE IN JAPAN 1992 【輸入盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2020年4月18日 (土)

S・ヘイガー&J・ボーナムのライブ盤はヴァン・ヘイレンとレッド・ツェッペリンのヒット・ナンバー炸裂です!

今回はこちらを紹介させていただきます。

発売中
SAMMY HAGAR『AT YOUR SERVICE 【輸入盤】』

◆[5053-854852]


輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


サミー・ヘイガーヴァン・ヘイレン2代目ヴォーカリストとして発表した4枚の作品をすべて全米チャート1位に送り込む快挙を成し遂げました。

モンスター・バンドを更なる境地に導いた彼は「ヴォイス・オブ・アメリカ」というヴォーカルとして最高に名誉な称号を授かっています。

2015年には盟友マイケル・アンソニーに加え、 気心知れたギタリスト、ヴィック・ジョンソンと強烈なグルーヴを生み出す名ドラマー、ジェイソン・ボーナムを迎えてスーパーグループ、サミー・ヘイガー&ザ・サークルを結成し、そのデビュー・アルバムとして発表したのが本作です。

このアルバムの魅力はなんといってもヴァン・ヘイレンのヒット・ナンバーでもあるのですが、実はそれ以上に興味深いのが、レッド・ツェッペリンの名曲の数々を当時のドラマーだったジョン・ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナムが再現しているところです。

“Good Times Bad Times”や“Whole Lotta Love”、“Moby Dick”そして極めつけは“Rock And Roll”です。

亡き父親が歴史に残るほど偉大なドラマーだったにも関わらず、DNAは嘘はつきません。
安定感も細かいフレージングも父親譲りで、聴いているとてっきりレッド・ツェッペリンの未発表ライブ音源かと思えてしまいます。

それだけではなく、次第にサミー・ヘイガーの歌声が不思議とロバート・プラントの声のように聞こえてくるから不思議です。
声質が似ているのでしょうか、違和感はほとんどありません。

かわいそうなのはギターのヴィック・ジョンソン笑。
もちろんエディ・ヴァン・ヘイレンやジミー・ペイジの代わりなど務まるはずもありません。
でも尋常ならぬプレッシヤーに負けず奮闘努力はしていますので逆にほめてあげたい気分になります。笑

とにかくハード・ロック・ファンじゃなくても洋楽ファンなら誰もが知る2大モンスター・バンドの名曲が一気に聴けてしまうという、お得感まで付いてきます。

アルバムを通じて4人のおじさんが同窓会のように楽しそうに演奏している姿にオーディエンスも大盛り上がりです。
ハード・ロックなのに聴いている側もなぜかほっこりしてします。

自粛ムードの中、自宅待機中にスッキリできるオススメの作品です。

SAMMY HAGAR『AT YOUR SERVICE 【輸入盤】』は、
Joshin webにて絶賛発売中です!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店