« 医薬品のヘパリーゼ | メイン | 体の芯から温まりましょう。 »

2017年12月 7日 (木)

葛根湯


こんにちは、くすくすです。
今回は、この時期にはおなじみのお薬「葛根湯」についてです。
最も有名な漢方薬と言っても過言ではないほどおなじみのお薬ですが、
正しく飲まないと効果が期待できません。

1.添付文書にも書いてますが、「風邪の初期」のお薬です。
 風邪気味だなと思ったそのときに服用するのがベストです。
2.食前又は食間に服用しましょう。
3.服用の際には、できるだけ熱い白湯で飲むのがベストです。
 顆粒状や液体の葛根湯なら白湯に溶かして飲むのもオススメです。

そして、服用後はなるべく早く暖かくして休むのが望ましいです。



▼葛根湯エキス顆粒Sクラシエ30包


▼クラシエ葛根湯液Ⅱ 45ml×4本


葛根湯には甘草が含まれていますので、他の漢方薬を服用されている場合には
甘草の過剰摂取の可能性がありますので、ご注意下さい。
特に手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、
筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる場合は、医師の診察を受けて下さい。

その他の漢方薬・生薬はこちら