« 今度のい・ろ・は・すは白ぶどう。 | メイン | シックのシェービング剤【ハイドロシェービングフォーム ポンプタイプ】 »

2019年9月28日 (土)

魚の目・たこに【イボコロリ】


こんにちは、くすくすです。
今回はメジャーな皮膚疾患の「魚の目・たこ」について少しお話したいと思います。
そもそも魚の目・たこって何?
答えは両方とも外的刺激が断続的に加わることで、皮膚の角質が硬くなったものが
楔状に皮膚の内側に食い込んでいき芯ができものを「魚の目」、その芯が神経を
刺激しだすと痛みが現れます。
逆に角質が盛り上がってくるのが「たこ」になり、痛みはほとんど無いのが特徴です。
どちらももともとは外的刺激から皮膚を守る防御的な役割になります。
けどやっぱり魚の目は痛いし…ということでこちらの商品



▼ イボコロリ絆創膏・F 3枚

はさみで魚の目の大きさに合わせて切って使うタイプです。

▼ イボコロリ 10mlL

液体を患部に塗るタイプです。


どちらもサリチル酸により角質を柔らかくし、正常細胞と角質部をはがしやすくします。
そして痛みの元の芯がポロっと取り易くなります。
取れた部分はキズになってますので、傷薬を塗って清潔にしましょう。

その他のうおのめ・たこ・いぼ用薬はこちら

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店