« 【資生堂 dプログラム】薬用美容洗浄シリーズ発売! | メイン | 菌だけじゃなくウイルスにも【ガーグルフレッシュ】 »

2020年1月24日 (金)

【猫用】あると便利なキャットケージのご紹介です。

こんにちは、メイです。


室内飼いの猫は、ゆうゆうと部屋の中を歩き、棚に上がり、
エアコンの上で寛いでいたりします。

そんな猫のためにキャットケージが色々出ていますね。
自由な猫にケージは必要?と疑問に思う方もいると思います。

まず、家に来たばかりの猫は環境になれておらず、
おびえて隙間などに入る子もいますので、なれるまでケージで様子を
見るほうが良い場合があります。
特に子猫の場合、小さい体で動き回るため監視が出来ない状況であれば
ケージの中に入れておいた方が安全です。

他にも、工事や点検などで業者の方がこられた場合、好奇心旺盛で
作業の邪魔をする子もいます。
その場合、隔離できる部屋があれば良いのですが、ない場合は
ケージがあれば、一定時間隔離しつつ様子を見ることが出来ますよ。

猫の性格は個体差があり、人見知りする子や元気が良すぎる子など、
人と同じく色々です。
ということで、ないと猫が飼えないということはありませんが、
あると便利なキャットケージをご紹介します。



スリムキャットサークル 3段タイプ

木目パネルを使用していますので、和室にも調和するケージです。
パネルがあるので、猫砂の飛び散りを抑えることも出来ます。
ステップとハンモック付きで、さらに棚の並べ変え可能です。
棚を並べると2部屋仕切りの間仕切りになるので、多頭飼育にもおすすめです。


キティケージ 1000


キティケージ 1000 ブラウン

天面フェンスをフェンス下段に取り付ければ、1段での使用も可能です。
こちらはパネルは付いていないので、どの方向からも猫を確認できます。



リラックスキャットサークル S ブラウン

デザインが他のケージとはちょっと違っていていいですね。
場所をとるキャットケージは、どうしても目がいってしまうため、
デザインで選ぶのもありかと思います。


家族の一員のペットが健康に育つよう、室内で飼うには配慮が必要です。
特に、ロボット掃除機などのクリーナーを使用するときや、
DIYなど工具を扱うときなども注意が必要です。
洗濯機に入っちゃう猫もいるようで、好奇心には勝てないようです。

怪我をしたり、へんなものを舐めたりしないように隔離できるケージがあると
安心して掃除したり作業ができるため、おススメですよ!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店