« 【新製品】ネスレ ネスカフェ ハンディアイスクレマサーバー「NGB-HICS01」 | メイン | 【新製品】 「ナノイーX」搭載 パナソニック冷蔵庫「NR-F604WPX」 »

2018年4月11日 (水)

水と塩で発電するLEDランタン マクセル MIZUSION(ミズシオン) 「MS-T210WH」をご紹介

みなさま。こんにちは。タコメシです。

本日ご紹介する製品は、マクセルより発売中の

LEDランタン(ホワイト)  MIZUSION(ミズシオン) 「MS-T210WH」

4902580755935_3

アルカリ乾電池で点灯するLEDランタンが多い中で、

水と塩で発電する製品です。

発電方法は本体に塩と水を入れるだけ。

Mst210wh02_2

小学校や中学校の理科の授業や実験で習った電解液の仕組みで、

本体に組み込まれたマグネシウム合金(パワーバー)が-極、

酸素が+極、塩水が電解液の役割になっており発電、LEDが点灯します。

Mst210wh01_2

照度は約2,000ルクス(0m)で、パワーバー1本当たり約80時間連続点灯します。

※30時間に一度、塩水の交換が必要です。 

また、本体内蔵のパワーバーは取替え可能で、

別売りの「MS-MPB」と入れ替えることで、

繰り返し使うことができます。

4902580755942

市販の水と塩さえあれば、どこでも使用できますので、

災害時の非常灯としてはもちろん、アウトドアでもご利用いただけます。

この機会にぜひぜひお買い求めくださいませ。

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店