« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

【Nゲージ】トミックス 車両基地セット 好評ご予約承り中です

毎度ありがとうございます

トミックスの新製品車両基地セット 好評ご予約承り中です

鉄道ファンのあこがれの場所 幾線もの線路が並び、列車が出入りする

車両基地をNゲージで再現する事ができる線路セットです。

5本の線路が並ぶ車両基地を再現するための線路・ポイント・構内踏切レール

車両基地の昇降台や信号機、洗車機・洗車作業台などのパーツがセットされています。

(N) 91016 車両基地レールセット

(N) 91017 車両基地レール (延長部)

展示会で公開されました試作品をご覧下さい

※試作品のため未塗装など製品と異なる箇所がございます。
画像には演出のため車両など製品に含まれない品も含まれます。

Ham_7913

Ham_7925

5線の留置線がある車両基地です。

エンドレールやマルチ複線トラス架線柱が見えます。

※エンドレールの標識は点灯しません

Ham_8721

ポイント群です。合成枕木ポイントです。手動ポイントですが

別売のN用駆動ユニット(F)を取付けることで電動化できます。

Ham_7918

1線は洗浄線です。手前に自動洗浄機がありその先は洗浄作業台です。

Ham_7919

洗浄作業台への手すりや信号機などが雰囲気を盛り上げます。

Ham_8713

構内踏切線路です。線路の下は空間があり配線を通す事ができます。

構内踏切部分にも洗浄台が設置できます(延長部を組み込む際など)。

洗浄台には別売のワイドレール用壁S140を組み込む事が可能です。

Ham_8722

Ham_8723

5線のうち4線は従来の線路より間隔が狭くなっています。

お客様のレイアウトに車両基地を組み込んでみてはいかがでしょうか。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

2017年10月30日 (月)

トミックスから発売予定115 1000系 (高崎車両センター・リニューアル車)の実車紹介

毎度ありがとうございます。J-鉄道部のダイクロスです。
トミックスから発売予定のJR 115 1000系 (高崎車両センター・リニューアル車)
の実車を高崎駅で見かけましたので、限られた時間の中ではありましたが、撮影してみました。


(N) 98276 JR 115 1000系近郊電車 (高崎車両センター・リニューアル車) セット (3両)

  • Hゴムは黒色で再現
  • ヘッド・テールライトは電球色LED基板装備。ON-OFFスイッチ付
  • フライホイール付動力採用
  • 新集電システム・黒色車輪採用
  • クーラーはリニューアル車特徴のAU720を装備
  • 前面表示部が緑色で塞がれた最近の姿で再現

以上が商品仕様です。

115c

115a クーラーと共に外観上の大きな特徴である、埋められた前面表示器です。

115d

115e_2

115b

昔ながらの湘南色で、今なお現役です。


今回は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

(HOゲージ)トラムウェイ EF58各種ご予約受付中です

毎度ありがとうございます。
今回はトラムウェイのご予約受付中の新製品をご案内します。

2018年初夏発売予定です。

●エッチング製ナンバープレート&ナンバーインレタ在中
 ※エッチング製ナンバープレートは前面警戒色(新標準色)には含まれません
●前照灯、標識灯点灯(on/off可)
●幅狭抵抗室屋根、異形通風器等おまけパーツ添付
●エッチング製ワイパー


(HO) TW-EF58A 国鉄EF58小窓 試験塗装(濃淡グリーン)

EF58 4に行われた、短期間のみの試験塗装の一つです。
それまでの試験塗装機は青を基調としていましたが、緑が採用され「青大将」に雰囲気が近くなりました。

1956年11月19日の東海道線電化完成の日に発売された記念切手は、一見「青大将」のようですが、
この塗装のEF58 4をモデルとしています。EF58 57・89と客車の青大将への塗装変更が当日まで
秘密裏に行われたため、という事情もあるようです。


(HO) TW-EF58B 国鉄EF58小窓 青大将

東海道線電化完成に合わせて塗装変更された通称「青大将」色です。
「つばめ」「はと」編成の客車も塗装変更が進められ、ぶどう色や黒が中心だった当時の国鉄車両としては
とても画期的な色でした。大宮総合車両センターで保存されていた93号機では、最近解体されるまでこの
塗装を見る事が出来ました(現役時代は青大将塗装になった事はありませんでした)。


(HO) TW-EF58C 国鉄EF58小窓 ブルトレ色(下回りグレー)


(HO) TW-EF58D 国鉄EF58小窓 ブルトレ色(下回り黒)

20系客車に合わせたブルトレ色です。
下回りはグレーから、後に黒に改められました。


(HO) TW-EF58E 国鉄EF58小窓 前面警戒色(新標準色)

EF58と聞いて多くの人が思い浮かべる塗装が、ぶどう色一色の旧塗装と、青・クリーム色のこの塗装の
二つだと思います。直流電気機関車の標準色となりました。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2017年10月29日 (日)

グリーンマックス 西武新2000系、東急8500系、小田急3000形ほかご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はご予約受付中のグリーンマックスの新製品をご案内します。


(N) 30704 西武新2000系前期形(新宿線・2507編成・ベンチレータ撤去後)基本4両編成セット(動力付き)

(N) 30705 西武新2000系前期形(新宿線・2509編成・ベンチレータ撤去後)増結4両編成セット(動力無し)

(N) 30706 西武新2000系前期形(新宿線・2451編成・ベンチレータ撤去後)増結用先頭車2両セット(動力無し)

パンタグラフ撤去跡が目立つ屋根や戸袋窓、客扉窓など前期形の特徴を再現。


(N) 30707 西武新2000系前期形(新宿線・2529編成・ベンチレータ撤去後)基本4両編成セット(動力付き)

(N) 30708 西武新2000系前期形(新宿線・2523編成・ベンチレータ撤去後)増結4両編成セット(動力無し)

前期形の中でも前面貫通扉の窓が後期形と同じ大型化されたグループです。


(N) 30695 東急8500系(田園都市線・黄色テープ付き)基本6両編成セット(動力付き)

(N) 30696 東急8500系(田園都市線・黄色テープ付き)増結用中間車4両セット(動力無し)


(N) 30697 東急8500系(大井町線・黄色テープ付き)5両編成セット(動力付き)

車端部に黄色テープが貼り付けられている現行の姿を再現し、コアレスモーター搭載でリニューアル生産!


(N) 30698 小田急3000形1次車(3251編成・前面太帯)6両編成セット(動力付き)


(N) 30703 小田急3000形1次車(3252編成・インペリアルブルー帯)6両編成セット(動力付き)

ワイドドア、3次車以降とは異なる車体側面形状をした1次車を、完成品で初の製品化。
登場時の太帯と、現行の新色細帯をそれぞれ再現。


(N) 8033 前面ガラス(黒色ワイパー)[完成品No.30143~No.30145対応]

※画像はイメージです。

阪急7000/7300系に対応します。
実車は2009年頃からワイパーが銀色から黒色に順次交換されており、現在はほとんどの車両が黒色ワイパーに
交換されています。黒色ワイパーを再現するための前面ガラス交換パーツです。


(N) 8034 前面ガラス(黒色ワイパー)[完成品No.30171~No.30173対応]

阪急8000/8300系 1次車に対応します。


(N) 8035 前面ガラス(黒色ワイパー)[完成品No.30146、No.30147対応]

阪急8300系「京都線」3次車に対応します。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

ザ・トレーラーコレクション第8弾 ISOタンク、20tバルクコンテナ

こんにちは、ガルダンです。
本日もトレコレ第8弾をご紹介します。
今回は2箱開けてみましたら…
タンクコンテナが出てきました~
パッケージのモデルですね。
もう一台はリフトカプラのバルクコンテナです。

Ty290121a


spadeトミーテック
diamond(N) ザ・トレーラーコレクション第8弾【1BOX=10個入】


Ty290122

まずは、ISOタンクコンテナ(日陸)から。
引っ張るのは日野プロフィアです。
フロントバンパーには”危”と”毒”の文字が緊張感をあおります。
毎度ながら素晴らしい印刷の技術。

Ty290123

キャビンの色分けもカッコいいです。
サイドの警告カラーも良い感じです。

Ty290124

3軸トレーラーが大物感?を演出します。

Ty290126

もう一台は、

Ty290127

いすゞギガと20ftバルクコンテナ(プライムポリマー)

Ty290128

Ty290130

以前にもご紹介した、リフトアップカプラが搭載されたトラクタヘッドです。

Ty290134

いずれのコンテナも取り外しができて、トミックスの貨車に積載できますよ。
取り外しする際に、サイドバンパーを壊さないようにお気をつけください。

Ty290133

レイアウトを作る際は、是非ともトレーラーを止められるドライブインを作っておいてください。
道の駅では足りませんよ。昔の大きなドライブインがいいです。
最近はドライブインが少なくなって寂しい限りです。

本日はここまで。



spadeトミーテック
diamond(N) ザ・トレーラーコレクション第8弾【1BOX=10個入】

2017年10月28日 (土)

ついに発売!『運転を変える。』 -TNOS-

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日はトミックスより発売となりました新制御システムをご紹介します。


5701 TNOS新制御システム基本セット

2017年夏頃より、各模型店でのデモンストレーションをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

特徴として、何といっても “ 閉塞運転 ” という現実的概念に対する挑戦として、トミックスが出したひとつの答えといえる商品ではないでしょうか。

商品概要としましては、コチラの鉄道模型教室で詳細をお知らせしています。

トミックスがお送りするこちらの新技術により、ますます現実に近い、あなただけの鉄道という世界を再現するホビーとして、鉄道模型は進化を続けています。

発売前より多くの声援をいただいています、期待の商品です。

売り切れ必至、ご購入はお早めに!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2017年10月26日 (木)

(Nゲージ)朗堂コンテナ 12fコンテナ UR19Aタイプ パロマ他のご案内

毎度ありがとうございます。


(N) C-1428 12fコンテナ UR19Aタイプ パロマ (2個入)


【再生産】(N) C-2505 20fコンテナ UC7タイプ 西濃カンガルー便 (3個入)


【再生産】(N) C-3402 30fコンテナ U48Aタイプ FLスリーライン


【再生産】(N) C-4102 31fコンテナ UF42Aタイプ ランテック (3個入)

今回は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

マイクロエースから発売予定の大井川鐵道(元京阪)3000系実車レポート

毎度ありがとうございます。J-鉄道部のダイクロスです。
マイクロエースより、元・京阪3000系(初代)である大井川鐵道3000系がNゲージで製品化されます。


(N) A7952 大井川鐡道 3000系 改良品 (2両セット)

 

仕様については商品ページをご覧下さい。
1971~73年に製造され、京阪時代は「テレビカー」が有る事で有名でした。
京阪1800系、1900系では白黒テレビだったのが、3000系からカラーテレビとなりました。
(大井川ではテレビは無し)

京阪では今は当たり前の装備となっている、座席の自動転換装置や、混雑時にロックされる
補助イスが備えられていました。大井川に譲渡された2両1編成は1995年から2014年まで運行しました。

拙い写真ではありますが、今回は実車を紹介します。
まずは京阪に残った車両の末期の姿から。

P1000713rere

枚方市の光善寺駅付近にて。
2代目3000系の登場により、最後の1編成が2008年に8000系30番代に改番されていましたが、
2012年に先頭車のハトマークや車番が、往年の仕様に復元されました。
8000系としての車番は正面左下に黒文字で小さく書かれています。

Huvi

京都市伏見区の藤森駅にて、反対側。2013年3月に運行終了しました。


続いて、7年前に大井川で乗車した時の様子です。

 

Img_0260re_2

Img_0259re_2


金谷寄りをアップで2枚。スカートが撤去されています。
写っていませんが・・・軌間の関係で台車は営団5000系の物になっています。

Img_0267re

千頭寄りは方向板の色が違いました。

Img_0268re 乗ってみましょう。

Img_0263re

運転台付近のみ、ロングシートが設置されています。
京阪の車両に運賃箱があるのは不思議な感じです。

Syanai

大井川では各駅停車用であっても、車内に自販機が有るのが珍しく感じます。
手前は補助イス。

Img_0277re

金谷~新金谷間はスタフ閉塞であり、キャリアが置いてあるのが見えます。

Img_0280re

新金谷駅で降りて、発車を見送ります。

Kint

引退後、家山駅で留置中の2014年夏の姿。
2012年に京阪特急のハトマークが復活していました。
左は元近鉄16000系です。

E

反対側には元・西武E31形電気機関車が繋がっていました。
2010年にE32~34の3両が譲渡されたうち、E34が今年10月15日に初めて営業運転を行いました。

C12

他の車両も少しだけ。新金谷駅の転車台で展示のC12 164です。
「トラストトレイン」として運行されていましたが、長く運休中です。
左奥は「ズームカー」元・南海21000系です。


【再生産】(N) 2022-1 C12 蒸気機関車

カトーから1970年前後の姿のC12を発売中です。

Ef210

(N) 3034-4 EF210 100番台シングルアームパンタグラフ

大井川鐵道と接続するJR金谷駅で見かけたEF210 100番代。
ちょうどカトーから近く発売されるので紹介してみました。

今回は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみください。

2017年10月24日 (火)

【Zゲージ】デフォルメサイズ:Zショーティーのご紹介

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介するのはロクハンより発売される新たな鉄道模型

Zショーティーです

まずはじめに鉄道模型の主役である車両は、今シリーズでは3種の商品がリリースされます。


Zショーティー ST001-1 E5系新幹線 はやぶさ


Zショーティー ST002-1 キハ52


Zショーティー ST003-1 EF66 電気機関車

Nゲージよりもさらに小さなZゲージの、さらに約半分のサイズで再現された鉄道模型であり、

やはりその特徴としてコンパクトな車体をコンパクトなレール上で走らせることが出来るというのが最大の特徴ですね。

本格的にNゲージをはじめるにはちょっと手狭かも……、と思われているお客様にはこういったミニモデルはいかがでしょうか。

さてこちらのZショーティーシリーズはこのままでは走らせることは出来ません。

ですが以下を組み込むことで走行可能なZゲージとして、既にお持ちにコレクションと共にレイアウトに組み込むこともできるようになります。


Zショーティー SA001-1 動力シャーシ (ノーマルタイプ)


Zショーティー SA002-1 動力シャーシ (新幹線タイプ)

以下の二種には無動力となっています。ご購入の際は動力付きとご一緒にご検討ください


Zショーティー SA003-1 トレーラーシャーシ (ノーマルタイプ)


Zショーティー SA004-1 トレーラーシャーシ (新幹線タイプ)

さて、ここまでの商品をご購入を検討されるならば、当然Zショーティにふさわしい、コンパクトサイズのレールセットもご入用だとお考えではないでしょうか。


Zショーティー R081 オーバルセット Rail Set G

ZショーティーはR45のコースの走行が可能となっており、非常にコンパクトなコース設計が出来ることが特徴です。

このコースは組み立てると11×16(cm)という、ちょっとした机の上でも十分なコース作りがその日から楽しめます

※コントローラーは別売りです。

最後にオプションです。


Zショーティー SA005 専用リレーラー

やはり小さい車両なのでレールへの配置には、こういったものがあると便利なのではないでしょうか。

いかがでしょうか。Zゲージ車体をデフォルメして再現したZショーティーシリーズ

発売は2018年1月ごろを予定しています


それでは、ご予約お待ちしています
です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2017年10月22日 (日)

(Nゲージ)マイクロエース 指宿のたまて箱、811系、大井川鐡道3000系ほか ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はマイクロエースのNゲージ新製品・再生産情報です。


(N) A6076 JR キハ47+キハ140 指宿のたまて箱 (3両セット)

JR九州の人気車両『指宿のたまて箱』。従来からのキハ47×2両編成に加え、『はやとの風』から
転用されたキハ140を連結した現在の姿を製品化。


(N) A6731 JR 811系-1500番台 (4両セット)

2017年にリニューアルされた側面青帯のPM1504編成を製品化。


(N) A6732 JR 811系-100番台 改良品 (4両セット)

トイレ付中間車サハ811-200を連結したP106編成を製品化。


(N) A4940 JR 701系-1000 盛岡色 (2両セット)


(N) A4951 JR 701系-100 仙台色 改良品 (4両セット)


(N) A2154 大井川鉄道 3000形 (5両セット)

元小田急電鉄ロマンスカー・SSEの3000形です。
1957年に東海道本線での試験で当時の狭軌世界最高速度記録を出し、新幹線や国鉄151系電車の開発
の基礎となるなど、日本の鉄道史上に名を残す形式です。

大井川鉄道に1編成5両が譲渡され、1983年から1987年までの短い期間ではありましたが、
ロマンス急行「おおいがわ」として運行されました。

ヘッドマーク「おおいがわ」印刷済。
※急行「おおいがわ」走行当時の会社名「大井川道」を商品名としています。


(N) A7952 大井川鐡道 3000系 改良品 (2両セット)

元京阪電鉄の3000系です。
大井川鐡道に譲渡され、営団地下鉄(現:東京メトロ)東西線5000系の機器・足回りを利用して、
1995年5月に登場しました。スカートが撤去され、ワンマン化改造されました。
京阪に残った車両が2013年に引退した後も大井川では活躍を続け、2014年2月に引退しました。


(N) A6965 JR 485系 勝田 復活塗装色 K7編成 (7両セット)

「ひたち」用K7編成は引退直前に国鉄特急色へ塗装変更されました。


【再生産】(N) A6038 京成3500形 更新車 菱形パンタ (基本4両セット)


【再生産】(N) A6039 京成3500形 更新車 菱形パンタ (増結4両セット)

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店