« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

【HOゲージ】トミックス 223-2000系 好評発売中

毎度ありがとうございます

トミックスのHOゲージ完成品 223系2000番代を好評発売中です。

(HO) HO-9027 JR223-2000系 近郊電車基本セットA (4両)

(HO) HO-9028 JR223-2000系 近郊電車基本セットB (4両)

(HO) HO-9029 JR223-2000系 近郊電車増結セットA (4両)

(HO) HO-9030 JR223-2000系 近郊電車増結セットB (2両)

JR西日本の敦賀から播州赤穂・上郡に至るアーバンネットワークの新快速や快速
列車として活躍する223系2000番代です。前面の転落防止幌が取付される以前の
姿を再現しています。

HOゲージでその迫力ある走りをお楽しみ下さい。

基本Aセットまたは基本Bセットで4両編成のJ編成を再現できます。
基本Aセット増結Bセット または基本Bセット増結Bセットの組み合わせで
6両編成のV編成を再現できます。
基本Aセット増結Aセットの組み合わせで8両編成のW編成を再現できます。

ではその雄姿をご覧下さい。

Ham_0053_2

Ham_0055

Ham_0063

Ham_0058

Ham_0124_edited1

ヘッドライトはスイッチ操作により、先頭車同士を向かい合わせで連結した時の
両先頭車が共にヘッドライト点灯する姿を再現できます

Ham_0066

Ham_0069

Ham_0068

Ham_0449

Ham_0072

Ham_0446

Ham_0452

今回のご案内は以上です。

本年もJ-鉄道部ならびにJoshin-webをご利用頂きまして

ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。

それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

【N(新/再)】2018年4~5月のカトー新製品ダイジェスト!#02

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

それでは#01に引き続き、2018年4~5月のカトー新製品紹介の続報です。

今回も特 急ダイジェストで出発進行です!


(N) 10-1481 115系1000番台 湘南色(JR仕様) 7両基本セット


(N) 10-1482 115系1000番台 湘南色(JR仕様) 4両増結セット


(N) 10-1483 115系1000番台 湘南色(JR仕様) 4両セット

ご好評の115系1000番台が湘南色(JR仕様)となりました。

昭和52年(1977)に上越線、信越線、篠ノ井線など寒冷地の旧形電車を置き換える名目で登場した車両で、

耐寒・耐雪に特化した装備と室内のシートピッチが拡大されたことが大きな特徴です。

高崎線では平成13年(2001)まで、宇都宮線では平成15年(2003)頃まで活躍し、平成13年(2001)より開業した湘南新宿ラインでも短期間ではありますが、

運用に入り横須賀線大船駅まで乗り入れることもありました。


(N) 16001-5 鹿島臨海鉄道6006 ガールズ&パンツァー仕様ラッピング列車IV号車(T)【特別企画品】

平成29年(2017)12月公開のアニメの劇場版最終章公開に伴って登場した

鹿島臨海鉄道6006 ガールズ&パンツァー仕様ラッピング列車IV号車が製品化されます。

平成24年(2012)11月に1号車が登場して以降、好評を博し2号車、3号車とデザイン違いのラッピング列車が登場し、

今回ついに第4弾として、ラッピングが解除された1号車(6006)が再度新しいラッピングをまとい登場、運用を開始しました。

話題のある人気車両を早くも製品化です!

普段鉄道模型を買わないアニメ作品のファンの方にもおすすめの商品となっています。


(N) 10-1228 鹿島臨海鉄道6000形 2両セット

鹿島臨海鉄道は、臨海工業地帯での原料や製品輸送を主とする貨物鉄道会社でしたが、国鉄民営化の過程で建設が凍結されていた未開業の鹿島線を引き継ぐ形で、

昭和60年(1985)に大洗鹿島線(水戸-北鹿島間53km)が開業、旅客営業を開始しました。

そこで活躍するのが6000形気動車で、国鉄のキハ37に準じたディーゼルエンジンと2扉セミクロスシート(クロスシート部に転換シート装備)の内装に、

トイレや冷房装置を装備して、開業時に6両が登場、その後増備されて総数19両が活躍しています。

コチラの商品は【再生産】となっています。


(N) 10-1478 コキ106 コンテナ無積載 2両セット

好評を頂いているコンテナ無積載の貨車のシリーズに、新車両としてコキ106が登場します。

コキ106は平成9年(1997)~平成19(2007)にかけて、1162両が製造されました。

大きな特徴としては標準の12ftコンテナだけではなく、海上コンテナやタンクコンテナなどの規格外サイズにも対応した汎用型のコンテナ貨車です。

東海道・山陽本線、東北本線~北海道、日本海縦貫線など、全国各地で活躍しています。

積載用のコンテナとして、

JR貨物所有の5t積12ft有蓋コンテナとしてJR貨物ではメジャーなコンテナで、

赤紫色の塗装に大きな「JRF」ロゴ、スローガンが入っている旧塗装仕様が特徴の

  (N) 23-573 19Dコンテナ(旧塗装) 5個入

そして

私有の5t積12ftの冷蔵コンテナとして日本石油輸送所有の同じ形式のコンテナの中では、

両側面に開き戸を持つものには赤いストライプが入った

 (N) 23-574 UR19Aコンテナ(日本石油輸送・赤帯) 5個入

の2商品も同時発売の予定となっています。


(N) 10-216 車両ケースG(コンテナ貨車12両用)

やはり貨車を買うならばこういうケースに入れて大事にしておきたいものですよね、

ということで専用のケースも同時発売になっています。

コンテナの話題が出ましたので、次は牽引機の紹介です。


(N) 3036-1 EF200 新塗色

EF66形の後継となる新世代の機関車です。

日本の電気機関車としては初めてVVVFインバータ制御で三相交流誘導電動機を駆動する方式を採用。

また、ボルスタレス台車、シングルアームパンタグラフ、電気指令式自動空気ブレーキなどの新機軸も採用されました。

平成4年(1992)以降、量産型が登場し試作機1両・量産型20両の計21両が製造されました。

平成17年(2005)からは車体色を、より鮮やかなブルーとグレーを基調とした新塗色に変更し、東海道・山陽本線で活躍中です。


(N) 5078 マニ37


5220 マニ60

昭和の国鉄時代、鉄道の荷物輸送は旅客列車に連結された荷物車で行なわれていましたが、

輸送量の増大に合わせて専用の荷物列車が運行されるようになり、

東海道・山陽本線や東北本線などの幹線筋では急行荷物列車も運転されていました。


(N) 8026 スユ44

スユ44は、昭和46(1971)に登場したパレット荷役対応郵便車で、郵政省所有の私有客車です。

屋根と妻面のみ青色で、アルミ製プレス構造の車体にパレットが24台収納できるようになっています。

昭和61(1986)年の鉄道郵便輸送の廃止により、翌年に全車廃車となりました。

以上の4商品は【再生産】となっています。

また、キハ110 200番台にも対応する


22-204-8 サウンドカード(キハ110系)

コチラも同時期に発売されます。ご一緒にどうぞ。

ご紹介は以上となります。

それでは2018年の発売をお待ちください。

ご予約、お待ちしています!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

【N(新/再)】2018年4~5月のカトー新製品ダイジェスト!#01

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

もう間もなく2017年も終わりが近付いています。

2017年はお客様のコレクションに格別の一品を加えることが出来たでしょうか?

2018年も期待の商品が目白押しとなっています。

それでは2017年最後のカトー新製品のご案内を 進行でお送りします。


(N) 3061-2 EF65 1000 後期形 電気機関車(JR仕様)

JR化に伴い車体横に「JR」マークが入ったEF65 1000番台後期形です。

EF65 1000番台は重連総括制御と寒冷地での運用が考慮された平地向けの汎用直流電気機関車です。

普通客車からブルートレイン、一般貨物から高速貨物など様々なシーンで幅広く活躍しました。

昭和63年(1988)に瀬戸大橋が開通し、寝台特急「瀬戸」が高松に乗り入れる際には軸重の事情でEF65が抜擢され、牽引機として長く活躍しました。


(N) 10-1484 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット


(N) 10-1485 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 6両増結セット

JR初期に活躍していた頃のブルートレイン「瀬戸」「あさかぜ」です。

東京~高松間を結んだ「瀬戸」と東京~下関間で運転された「あさかぜ(3・2号)」はJR時代初期に共通の車両を用いて運用されていました。

電源車のカニ24の代わりにパンタグラフを装備したラウンジカ―のスハ25で給電を行い、

代わりの荷物室を装備したオハネフ25 300が編成中に組み込まれた個性の強い寝台列車です。


(N) 3047-2 EF66後期形 ブルートレイン牽引機

JR西日本下関運転所に所属するブルートレイン牽引用のEF66形は、

「あさかぜ」に使用されていたパンタグラフ付きスハ25-300の制御を行うため、スカートにジャンパ栓が増設されているのが特徴です。

平成16年(2004)9月頃より下まわりがグレー塗色となりましたが、それ以前のEF66牽引ブルートレイン全盛期では、下まわりが黒塗色でした。

こちらは【再生産】となっています。


(N) 10-1479 485系200番台 6両基本セット


(N) 10-1480 485系 特急「みどり」 4両セット

初の「電気釜」スタイルとなった、485系200番台です。

昭和47年(1972)8月に登場し、将来の併結運転を考慮して、先頭車を貫通形にしたほか、定員増を図って空調装置をAU13E/床置式AU71Aに変更した車両です。

昭和51年(1976)7月より博多~長崎・佐世保間に新設された特急「かもめ」「みどり」で併結運転を開始し、

「みどり」は当時の国鉄の特急列車では一番短い4両編成での運転だったことが話題にもなりました。


(N) 10-1129 485系後期形 2両増結セット


(N) 4556 サハ481 初期形


(N) 4570 サロ481 後期形

国鉄を代表する特急電車の485系です。

昭和39年(1964)に登場した481系交直流特急電車を先駆けとし、昭和43年(1968)に交流の50/60Hz両用を走行可能な485系が開発され、

北海道から九州まで、四国を除く全国で地域間輸送に大きく貢献しました。

先頭車クハ481のスタイルは、ボンネット形から始まり、前面貫通形の200番台を経て、非貫通の300番台で完成されたスタイルとなり、

国鉄特急の顔として親しまれました。

また中間車のモハ484/485・サロ481・サシ481は、昭和47年(1972)からクーラー形式が変更となり屋根上のスタイルが大きく変わっています。

以上、3商品は【再生産】となっています。


(N) 11-328 トレインマーク変換装置485系200番台用 (国鉄・イラスト)

こちらは485系のトレインマーク各種を様々な形式に変更させるものです。

車両製品をご購入される方はご一緒にどうぞ!

ひとまずご紹介は以上となります。それ以外の商品につきましては続報をお待ちください。

ご予約、お待ちしています!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

【Nゲージ】グリーンマックス 新製品ご予約承り中です

毎度ありがとうございます

グリーンマックスNゲージ新製品のご予約承り中です

(N) 30728 京王5000系 (座席指定列車) 基本6両編成セット(動力付き)

(N) 30729 京王5000系 (座席指定列車) 増結用中間車4両セット(動力無し)

49469503072872

京王5000系は、京王電鉄16年ぶりの新型車両で、初の座席指定列車として開発された車両です。
座席指定列車として使用される際はクロスシートに、それ以外の使用に際してはロングシートに
変換できるようになっています。
外観デザインは、シャープで立体的な形状とスピード感のある配色が特徴です。
車内も、これまでの通勤車にはみられない自然の風合を生かした落ち着いた雰囲気と上質さが
演出されています。
その他、最新の省エネ設計や安全性の一層の向上が図られています。

(N) 50596 近鉄21020系 アーバンライナーnext (近鉄特急 運転開始70周年ロゴ付き)
6両編成セット(動力付き)

近鉄21020系は、2002年10月に2編成製造されました。
21000系の斬新なデザインを継承しつつより親しみをこめた柔和なデザインとなり、
併せて時代の要請に応えた最新の設備を施して登場したもので、
「アーバンライナーnext」と称される車両です。
2017年10月から近鉄特急運転開始70周年キャンペーンが開催されており、
21121編成にその記念ロゴマークが貼付されています。

(N) 30722 近鉄21020系アーバンライナーnext(座席表示変更後)6両編成セット(動力付き)

アーバンライナーnextの2013年3月から客扉上部の座席表示が変更された姿です。

(N) 50593 近鉄3220系 (KYOTO-NARAラッピング) 6両編成セット (動力付き)

近鉄の次世代車両「シリーズ21」の第一陣として2000年3月に登場した車両です。
京都市営地下鉄烏丸線乗入対応車で、近鉄の一般車では初のIGBT素子のVVVFインバータ
制御装置が採用されました。
京都・奈良ラッピングは、京都市営地下鉄烏丸線内から近鉄奈良駅までの直通急行運転開始
を記念して登場したもので、京都・奈良への観光客誘致を目的に、京都・奈良の代表的な風景
が描かれたラッピングが施され、2011年7月まで運行されていました。

(N) 30711 東武10000型リニューアル車(東武スカイツリーライン・11802編成)8両編成セット(動力付き)

(N) 30712 東武10000型リニューアル車(東武スカイツリーライン・11202編成)増結用先頭車2両セット(動力無し)

8000系の後継車として1983年から製造された車両で、9000系をベースとしたステンレス製
20m車体の地上専用車です。ベンチレータが撤去された、パンタグラフ車の屋根を新規金型
にて再現します。

(N) 30720 東武50000型 新ロゴマーク付き 基本6両編成セット(動力付き)

(N) 30721 東武50000型 新ロゴマーク付き 増結用中間車4両セット(動力無し)

東武東上線を走る50000型の2017年の姿を再現します。

(N) 30723 名鉄1800系 (新塗装) 基本2両編成セット(動力付き)

(N) 30724 名鉄1800系 (新塗装) 増結2両編成セット(動力無し)

名鉄の1200系で運用されている一部特別車編成の、ラッシュ時の一般席増結用車両
として1992年に登場した車両です。1200系のリニューアル工事に併せて塗装が変更
された姿を再現します。

今回のご案内は以上です。

それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

2017年12月28日 (木)

(HO)トラムウェイのヘッドマーク「あさかぜ」「さくら」「かもめ」「あき」のご案内

毎度ありがとうございます。
今回はトラムウェイのC59・C60用列車名板(ヘッドマーク)をご案内します。

●トラムウェイ製 C59・C60に対応
●プラ製
●「あさかぜ」「さくら」は曲面上、「かもめ」「あき」は平面上に印刷
●●現在のところ、「2018年初頭発売予定」と案内されております。


(HO) TW-HO-HM001 C59・60用列車名板「あさかぜ」曲面


(HO) TW-HO-HM002 C59・60用列車名板「さくら」曲面


(HO) TW-HO-HM003 C59・60用列車名板「かもめ」平面


(HO) TW-HO-HM004 C59・60用列車名板「あき」平面

Kamome 参考画像:「かもめ」実物

実際のヘッドマークには、同じ名でもデザインにバージョン違いが存在しました。
表現上の都合により、製品では細部が変更となっている場合もあります。
イラストイメージを、良くご確認下さい。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

(HO)カトー新製品キハ110 200番台のご案内

毎度ありがとうございます。
今回は本日ご予約開始のカトー新製品、HOゲージ キハ110 200番台をご案内します。


(HO) 1-615 キハ110 200番台(M)

(HO) 3-521 キハ110 200番台(M+T) 2両セット

単行で遊べる1両(品番:1-615)とモーター車とトレーラー車の2両編成で楽しめる2両セット(品番:3-521)を組み合わせて
実車同様の3両編成の再現も可能です。

手スリやワイパーは車体と一体で表現し、屋根上の機器類を極力一体化するなど、ユーザー取り付けパーツを削減。
初心者にも比較的扱いやすい構成となっています。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

【Nゲージ】ワールド工芸 国鉄 EF55形 電気機関車組立キット ご予約承り中です

毎度ありがとうございます

ワールド工芸の金属製Nゲージ組立キット 国鉄 EF55形 電気機関車 (高崎線時代)

 リニューアル品好評ご予約承り中です。

(N) 国鉄 EF55形 電気機関車 (高崎線時代) 組立キット リニューアル品

世界的な流線型ブームに乗って1936年に登場した電気機関車です。
現役時代後期に高崎線で活躍していた時代の姿を再現、先頭部は連結器部分
を大きく欠き取られ、側面のスカートも整備性を考慮してカットされたものとなっております。

2012年に発売されたものを動力を中心に大幅にリニューアル発売です。
※半田付けを含む金属加工や塗装が必要になります。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

鉄道模型の運転を変える 自動運転システムTNOS 好評発売中

毎度ありがとうございます

本年最も話題になった鉄道模型関連商品のひとつ

トミックスから発売になった自動運転システム TNOS(ティーノス)を好評発売中です。

5701 TNOS新制御システム基本セット【初回生産分】

発売記念の特典として初回生産分には、TCSワイドレール・スラブレール用
センサーが2個付属しています。
こちらの初回生産分がいよいよ弊社在庫限りとなりました。

TNOSの主な特徴は以下の通りです

1.同じ本線に複数の列車を走らせる事ができ、駅では追い越しや行き違いなどの
運転パターンを自動で楽しむ事ができます。

2.自動で閉塞(へいそく)運転(=線路をいくつかの区間に区切りその区間には1本の列車しか
走行させる事ができない。衝突や追突を防ぐ鉄道の安全のルールです。)が可能です。

3.お手持ちの車両への加工は一切不要です。この製品のコントローラーで加減速率や
最高速などを設定する事が可能です。

4.なめらかな加減速を実現しています。

5.予めプログラムされた専用のレールパターンとそのプランごとに設定された
運転モードを選択して車両を走行させます。10パターンが収録され、アップデートも予定されています。

6.自動運転のほか任意の1車両を手動で運転する事が可能です。

動作の模様の動画やレイアウトプランを収録しました鉄道模型教室はこちらでご覧いただけます。

今回のご案内は以上です。

それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

2017年12月26日 (火)

【Nゲージ 】ワールド工芸 プラシリーズ 京福テキ6キットご予約承り中

毎度ありがとうございます

ワールド工芸のNゲージプラスチック製組立キット プラシリーズの新製品

京福電鉄テキ6電気機関車のご予約を承り中です。

(N) プラシリーズ 京福電鉄 テキ6 電気機関車 組立キット

プラシリーズおなじみのハイブリット構造で、動力は組立調整済みです。
小さいながらもスムーズに走行します。

1920年と1923年に、合計6輌が梅鉢鉄工場で製作された小さな電気機関車、テキ6です。
側面に貨物扉を備えたユニークなスタイルです。
簡易型パンタグラフを備えた晩年の姿を模型化します。

Image17

京福電鉄(現えちぜん鉄道)のテキ6は1999年に整備を受け
本線をイベント列車として走行しました。現在勝山駅に作られた
展示施設に動態保存されています。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物を
お楽しみ下さいませ。

2017年12月25日 (月)

ホビーセンターカトー 2017年12月予約受付分 受注生産Assyパーツのご案内

いつもご利用ありがとうございます。
ホビーセンターカトーのAssyパーツご予約受付中です。

・2018年4月発売予定のAssyパーツ

 

Assyパーツにつきましては、下記注意事項を予めご了承ください。

・入荷数が大幅に少なくなる場合がございます。  この場合、ご注文の早い順番に
販売させて頂き、 残りの方はやむなくご注文をお取り消しさせて頂く場合がございます。

・またご注文数によっては全数ご用意できない可能性がございます。
・発売日は目安です。メーカーが公表していますが、遅れる場合も多く、発売日が大幅に延期になる場合がございます。

  ・ご予約受付開始後に仕様・価格等が変更となった場合は、
以下の扱いとさせていただきます。 予めご了承下さいますようお願いいたします。

1)仕様のみ変更され価格の変更がない場合は、弊社にてご注文をメーカー発表の内容に変更させていただきます。
お客様で行って頂く手続きはございません。

2)価格変更の伴う仕様変更がある場合は、誠に勝手ながら、該当の商品のみご注文をお取り消しさせていただきます。
 
仕様変更後の商品につきましては、あらためてご注文下さいますようお願いいたします。
販売方法につきましては別途 ご連絡させて頂きます。
 商品によってはご注文頂けない場合がございますが、予めご了承下さいますよう お願いいたします。
また、再注文時の送料につきましては、再注文時の内容に準拠いたします。

誠に急で申し訳ありませんが、ご注文の締め切りは12月26日の正午とさせていただきます。
ご了承願います。

 
今回のご紹介は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店