« トミックス キロポスト128号のご予約開始しました | メイン | ワールド工芸情報(完成品編)プラシリーズ貨車移動機、(HO)EF15ほか »

2018年2月13日 (火)

ワールド工芸情報(キット編)HO DD13、別府鉄道キハ2ほか

毎度ありがとうございます。
今回はワールド工芸のご予約受付中の商品のうち、キットをご案内します。


(HO) 16番 国鉄 DD13形 ディーゼル機関車 ヘッドライト1灯タイプ 4,5次車 (51~84号機) 組立キット

主に入れ換え用のDD13は416両という製造数の割に、保存車両は少ないです。
ヘッドライト1灯タイプ4、5次車は、車輛限界の改正にともないキャブ高さが80mm高くなり、正面、側面の窓が拡大されました。


(HO) 16番 別府鉄道 キハ2形 気動車 組立キット

1931年に三岐鉄道のキハ5として日本車輌で製造され、当初はガソリンカーでした。
兵庫県加古川市の別府(べふ)鉄道野口線に譲渡され、1984年の廃止時まで使用されました。
車体両端に行商人の鮮魚・野菜や自転車などを置くための荷台を装備しています。

 
現在は旧円長寺駅付近の公園に保存され、有志によって修復が行われています。
昭和初期の気動車として貴重な存在です。


(HO) 16番 国鉄 EF15形 電気機関車 中期型東芝 Hゴム仕様 上越タイプ 組立キット

130~162号機が本グループに該当。パンタグラフがPS15、モニターの小窓がHゴムに仕様変更になりました。
製造両数の多かった東芝製がプロトタイプ。上越タイプはスノープロウ付きとなります。


(HO) 16番 国鉄 EF15形 電気機関車 中期型東芝 Hゴム仕様 暖地タイプ 組立キット

暖地タイプはスノープロウなしとなります。


(HO) 16番 国鉄 EF64形 電気機関車 7次量産型 (EG付仕様) 組立キット

運転室天井に換気扇カバーが設けられて避雷器がパンタ後方に移動、パンタが140mm前進して前面の換気ルーバー廃止、
テールライトが小型の外ばめ式に変更となった7次量産型のうち、電気暖房(EG)を装備した46~55号機がプロトタイプとなります。
6次量産型以前と異なる形状の電暖表示灯は新規パーツを製作します。


(HO) 16番 国鉄 ヨ6000形 車掌車 組立キット


【再生産】(HO) 16番 国鉄 ワフ29500形 有蓋緩急車 組立キット


【再生産】(N) 別府鉄道 DB201 ディーゼル機関車 組立キット

こちらはNゲージ車両です。
別府鉄道の唯一の自社発注ディーゼル機関車で、1965年三菱三原製作所製。
構内入れ換え機のようなスタイルですが、旅客列車の牽引をこなす、調子の良い主力機でした。

 


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 EHR形 電気機関車 組立キット

こちらはHOナロー車両です。
片運転台の機関車2輌1組で運用される私鉄唯一のEH型です。
ただし、1輌単独での使用も可能であるため、それぞれEH101、EH102という独立した番号を持ちます。
キットは2輌セットとなります。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店