« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月29日 (日)

(N)モリヤスタジオ 機関車用マーク「あけぼの」「紀伊」「平和」など入荷

毎度ありがとうございます。J-鉄道部のダイクロスです。
今回はモリヤスタジオのNゲージ用トレインマークがメジャーな列車を中心に再入荷しましたので、
ご案内します。金属製の質感が魅力です。

いつのどんな列車というメーカーによる説明は無いので、一部、私なりに書いてみました。

4938330153652

(N) S7001 機関車用トレインマーク完成品(さくら)


(N) S7002 機関車用トレインマーク完成品(富士・はやぶさ)


ほとんど使われる事のなかった、幻のいわゆる「赤富士」を収録。


(N) S7003 機関車用トレインマーク完成品(さくら・はやぶさ、銀河ほか)

急行「銀河」は東京~大阪間で2008年まで運転された夜行列車です。
このマークはイベント用らしく、営業列車はヘッドマーク無しでの運転でした。
あえて、模型で付けてあげるのも良いでしょう。
昨年の七夕に合わせて、鉄道博物館のEF58 89に一時取り付けられました。

その他は、ブルトレ末期の併結列車です。


(N) S7004 機関車用トレインマーク完成品(あさかぜ・瀬戸・紀伊・出雲)

「あさかぜ」は文字通り、さわやかな風のイメージ。

 
「紀伊」は「南紀」と同じく那智の滝が題材となっています。このマークはDF50や、2014年に運転された
DD51+「サロンカーなにわ」の団体臨時列車「サロンカー紀伊」に使用された事があります。

 


(N) S7008 機関車用トレインマーク完成品(北斗星・エルム・カシオペアほか)


(N) S7009 機関車用トレインマーク完成品(あけぼの)

良く似ていますが、こんなに種類があったのですね。
末期にはNが削れて「AKEBOVO」になってしまったEF64用マークがありました。

9148

 


(N) S7012 機関車用トレインマーク完成品(トワイライトエクスプレス、シュプールほか)


(N) S7013 機関車用トレインマーク完成品(日本海、つるぎ)


(N) S7014 機関車用トレインマーク完成品(北陸、能登、白山、あさま)

Noto

Hokuriku_ef81_2

Hokuriku_ef81

 

4938330171656

(N) S7019 機関車用トレインマーク完成品(つばめ)


(N) S7022 機関車用トレインマーク完成品(かもめ・平和・さちかぜ)

「さちかぜ」は連日満員の「あさかぜ」を補助する役割で1957年に登場。
「あさかぜと紛らわしい」と言われたそうで、早くも1958年に「平和」に名を変えました。
このマークは国鉄末期のイベント用のデザインと思われます。

「へいわ(平和)」は1949年に登場した戦後初の特急の愛称ですが、まもなく戦前と同じなじみ深い「つばめ」に改称され、以後も定着しませんでした。
このマークは1983年7月にリバイバルとしてEF58 61+14系で運行された「平和」の物で、後に機関区公開のイベントなどでも使われたようです。


(N) S7027 機関車用トレインマーク完成品(あすか、いぶき、ちくま、金星)


(N) S7145 機関車用トレインマーク完成品(踊り子、沼津機関区100年ほか)

「踊り子」は基本的には電車での運行ですが、国鉄時代にはEF58・EF65牽引の臨時客車列車もありました。
L特急のマークが入っているのがポイントです。
2000年12月9日東京~伊東で運行された「さよなら20世紀踊り子号」(EF58 61+14系)で使用されたマークはそっくりですが、
L特急のマークはありませんでした。

「沼津機関区100年」はJR化前年の1986年8月、記念列車の運転が行われた時の物です。
EF60 68、EF65 518がこのマークを使用したようです。
目玉は復活直後のEF55 1の東海道本線走行で、機関区の一般公開も行われました。

 

Moriya 今回ほとんどが数個単位の入荷のため、お取り寄せとなった場合、一ヶ月ほどお時間を頂きます。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年7月28日 (土)

【HO/HOナロー】ワールド工芸の新製品情報です!

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介するのは――

ワールド工芸より発表されました、新製品ならびに再生産のご紹介です!


(HOナロー) 根室拓殖鉄道 キ1「銀竜」 3灯タイプ 組立キット リニューアル品

奇怪なスタイルで有名な根室拓殖鉄道「銀竜」です。

キャブ先頭部のみをロストワックス製とし、晩年の3灯式ヘッドライト時代のスタイルはそのままに、最新の動力へリニューアルしました。

外観上目立つブレーキロッドや、脱線復旧用の棒?も付属しております。

ユーモラスな外観をお楽しみください。


(HOナロー) 根室拓殖鉄道 小型無蓋車 (大小2輌セット) 組立キット リニューアル品

根室拓殖鉄道の無蓋貨車2種入りキットです。

実物は小型の無蓋貨車で、荷貨物の輸送の他客車として人員輸送にも使用されていたようです。

製品は車輪径の小さなタイプと、気動車並みに大きな車輪を持ったタイプの2種類を各1輌ずつのセットで、車輪が付属します。

また、幌枠装備用の簡易骨組パーツが付属いたします。


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ト形 タイプB (峡谷美人コンテナ) 組立キット

「峡谷美人」コンテナを載せたト形無蓋車です。観光客のゴミ輸送に活躍しています。

 貨物列車や工場列車に併結され三両一組で運用されています。


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ト形 タイプC (黒部峡谷コンテナ) 組立キット

1000形開放客車と同じカラーリングのコンテナを載せたト形無蓋車です。

食料品や火薬の運搬に活躍しています。普通列車の最後尾等に一両併結されて運用されています。


(HO) 16番 国鉄 DD13 55号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

55号機(4次車) / 所属:吹田-長岡-深川 / 銘板:汽車会社

ヤード構内での入換作業用機関車DD13です。

実車は416輌が製造され、1987年までに全廃されました。

ヘッドライト1灯タイプの4,5次車は、車輛限界の改正にともないキャブ高さが80mm高くなり、正面、側面の窓が拡大されました。

正面窓は正方形に近くなり、側面窓は水切りとの隙間がなくなり、印象が変化しました。

また、1次車にくらべ側面空気取入口が大きくなり、ボンネット上部前寄り4カ所の吊りフックの形状、正面手摺形状等が異なります。

またこの車両はバリエーションとして

75号機(4次車) / 所属:品川 / 銘板:日本車輛 の

(HO) 16番 国鉄 DD13 75号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

そして

84号機(5次車) / 所属:品川 /  銘板:汽車会社の

(HO) 16番 国鉄 DD13 84号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

と、細やかな仕様の違いを楽しめるのもワールド工芸の製品ならでは、ですね


(HO) 16番 国鉄 ワム21000形 有蓋車 塗装済完成品【特別企画品】

国鉄の前身である鉄道省により1929年から1,000輌が製造された15t積み鋼製有蓋車です。

この基本構造は後のワム50000形、ワム23000形、ワム90000形に引き継がれました。

後にヨンサントオに伴い2段リンク化されましたが、1984年までに全車が廃車されました。

リベットの多い繊細な車体は比率変えエッチングを採用、ワールド工芸2軸貨車スタンダードの構成となります。


(HO) 16番 国鉄 タキ10700形 タンク車 (富士重工タイプA) 塗装済完成品【特別企画品】

タキ10700形タンク車は希硝酸専用車として初の35t積車で、昭和43年から60両が製作されました。

キセ無しステンレス車に属し、全長は10m級でドームの有り無しで2タイプに大別されます。

こちらは、昭和43~46年に13両が富士重工で製作されたドーム付きのタイプです。


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ト形 無蓋車 塗装済完成品 2輌セット【特別企画品】

ト形無蓋貨車は主にセメントや砂利を運搬する車両で、本線以外に関電専用線に乗り入れるために全長が短くなっています。

現在、73輌が在籍しており貨車の中では最も多い車両です。

 車体が鋼製の現在活躍しているタイプを製品化します。

 
(HO) 16番 WPトラック 26mm φ10.5プレート 組立キット

ホイールベース26mm、車輪径10.5mmの軌道トラックの組立キットです。パワートラック完全互換の新製品です。

定評のある#2719モーターを車軸間に搭載、減速比23:1となります。新型ギヤにて2軸を駆動します。

ギヤボックスは洋白エッチング板製でモーターの熱も問題ありません。

コチラからは再生産です。今回発売を予定している新製品の中にもある

黒部峡谷を渡る客車として、この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか


【再生産】(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ボハフ1000形 開放型客車 2輌セット 塗装済完成品 【特別企画品】

同系56両が稼働中の普通客車、編成の端部に来るボハフ1000と中間のボハ1000があります。

枕木方向のシートを持ち黒部峡谷の自然を体感できる開放型の車体は、黒部峡谷鉄道を代表する車輌と言えるでしょう。

こちらは樺平寄りと宇奈月寄りが線対称になるため2輌1セットでの販売になります。


【再生産】(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ボハ1000形 開放型中間客車 塗装済完成品【特別企画品】

こちらは1両ごとの販売となります、お好みの長さの編成でお楽しみください。

ご紹介は以上となります。

今回ご紹介した以外にも、欲しいものが見つかるかも!?

ワールド工芸の各種新製品はコチラ!

それではよろしくお願いします!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年7月27日 (金)

寝台特急・北斗星 Nゲージ車両ケース ご予約受付中です

毎度ありがとうございます。
今回はケンエレファントの再生産商品をご案内します。


【再生産】(N) 寝台特急・北斗星 Nゲージ車両ケース

4589573450895a

4589573450895b

表面はEF510のヘッドをイメージ、裏面はエンブレムをシルクスクリーンでプリント。
内部には北斗星12両が収まるウレタンを内蔵、ウレタンを外せば手紙や書類等の収納、持ち運びにも便利です。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

7月27日といえばセブンツーセブン

毎度ありがとうございます。
今日は7月27日=727という事で、ポポンデッタのセブンツーセブン看板をご案内します。


8701 野立て看板 セブンツーセブン(2個入り)

セブンツーセブン化粧品の広告看板は、東海道新幹線沿線に1979年に設置されたのがはじまりです。
「727」とは、創業者・宮副武次氏の誕生日に由来するそうで、同社の創業も1945年7月27日です。
ポポンデッタから、現在の看板のデザインで製品化となりました。

Nゲージスケールより少し大きいサイズです。前回の案内時には詳細なサイズが不明でしたが、
以下の通りです。

 
(約)幅8cm、高さ4.5cm(土台込み)、奥行き3cm

ちなみに、実物は一番大きい物で5×10mだそうです。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年7月24日 (火)

【Nゲージ】カトー 新製品プレビュー

毎度ありがとうございます。

先日のカトーの販売店向け商品説明会で公開されましたNゲージの試作品をご覧下さい。

※開発中の試作品に付き塗装等製品と異なる箇所がございます。

(N) 10-1497 キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット

Ham_9111

Ham_9113

Ham_9116

キハ81

Ham_9108

キシ80-900

Ham_9109

キロ80

Ham_9110

キハ80

(N) 6068 キハ82 900

Ham_9105

Ham_9107

(N) 10-1516 えちごトキめき鉄道ET127系 2両セット

Ham_9125

Ham_9127

Ham_9128

(N) 3037-2 EH500 電気機関車 3次形 後期仕様

Ham_9132

Ham_9129

Ham_9139

Ham_9140

(N) 2016-8 D51 200 蒸気機関車

(N)10-1500 35系4000番台 SL「やまぐち」号 5両セット

Ham_9164

昨年本線復帰を果たし今後の活躍が期待されるD51-200

そしてやまぐち号の客車として新造された「旧型客車」35系4000番台

試作品画像を特集鉄道模型教室にまとめましたので是非ご覧下さい。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

2018年7月23日 (月)

(N)あまぎモデリングイデア 地方駅舎 新村駅タイプ・キットご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はあまぎモデリングイデアの新製品をご案内します。


(N) ACM-017 駅舎シリーズ17 地方駅舎/新村駅タイプ”ペーパーモデルキット

松本電気鉄道(現・アルピコ交通)新村(にいむら)駅の、大正時代建築の超古参駅舎を
昭和30年代のイメージで再現。窓枠部品の選択で近年の状態にも組み立て可能です。

20180702_09c33c

2012年に新駅舎が使用開始されて役目を終え、2017年に解体されました。

20180702_77929d

実に風格のある駅舎です。正面の、電気のイメージの稲妻が渋い!
その内側には、前身の筑摩鉄道の社紋が最期までありました。


ちなみに社紋はカタカナの「チ」×9個でチクマの「チク」を表現していました。
イ×4の伊予鉄道、サ×9の佐久(さく)鉄道、マ×4の島原鉄道、モ×10の鞆(とも)鉄道など、昔の私鉄の社紋はシャレの
きいた物が多かったのです。

構内の車庫で国電の始祖、ハニフ1(旧デ963形デ968)が鉄道博物館に移動するまで長年保存されていた
事でも有名ですね。

20180702_a61fad

20180702_af6061

20180702_fbecbb

20180702_d82214 屋根は取り外し可能とし、内部のディテールも簡易的ながら窓口などを再現!

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年7月22日 (日)

(N)キャスコ 車両ケース各種 入荷しました

毎度ありがとうございます。
整理に便利なキャスコの車両ケース 7月生産分が入荷しました。
一旦在庫が無くなると、次回生産まで長期間メーカー品切れとなる場合がありますので、是非この機会にお求め下さい。


【再生産】(N) YP-537 10両用車両ケースB(シルバーケース・ライトグレーウレタン)


【再生産】(N) YP-538 10両用車両ケースB(ブラック)


【再生産】(N) YP-553 貨車用車両ケース コキI(シルバー)

【再生産】(N) YP-554 貨車用車両ケース コキI(ブラック)


【再生産】(N) YP-586 紺色のスペアケース 通常サイズ


【再生産】(N) YP-805 12両用車両ケースB(シルバー)

 


【再生産】(N) YP-808 21m級対応 12両用車両ケース(ブラック)

【再生産】(N) YP-807 21m級対応 12両用車両ケース(シルバー)

 

【再生産】(N) YP-809 新幹線10両用車両ケース(シルバー)


【再生産】(N) YP-880 紺色の12両用車両ケースB (ウレタン色:グレー)


【再生産】(N) YP-958 紺色の新幹線10両用車両ケース (ウレタン色:グレー)


【再生産】(N) YP-960 ライトグリーンの10両用ケースB (ウレタン色:ダークグレー)

 

(N) YP-964 ライトグリーンの新幹線10両用車両ケース(ウレタン色:グレー)

 

(N) YP-965 ライトグリーンのスペアケース(通常サイズ)

 

(N) YP-970 ライトグリーンの6両用ミニ車両ケース

(N) YP-971 ライトグリーンの7両用ミニ車両ケース

(N) YP-972 ライトグリーンの貨車用ミニ車両ケース タキⅠ

(N) YP-973 ライトグリーンの貨車用ミニ車両ケース コキI

(N) YP-974 ライトグリーンのスペアミニケース

その他の在庫ありキャスコ商品はこちらからどうぞ。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年7月21日 (土)

ホビーセンターカトー 2018年7月予約受付分 受注生産Assyパーツのご案内

いつもご利用ありがとうございます。
ホビーセンターカトーのAssyパーツご予約受付中です。

・2018年11月発売予定のAssyパーツ

20系「ゆうづる」「はくつる」、EF80、トワイライトエクスプレス、221系など

・2018年12月発売予定のAssyパーツ

「ななつ星」用

誠に急で申し訳ありませんが、ご注文の締め切りは7月24日の正午とさせていただきます。
ご了承願います。

 
今回のご紹介は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

(HO)マスターピース 旭川電気軌道モハ1001・501形電車

毎度ありがとうございます。
今回はマスターピースの新製品をご案内します。

車輪、動力、パンタグラフ、カプラーは含みません。
動力は、マスターピース製NSドライブユニット等をご利用下さい。

旭川電気軌道は、旭川四条駅を基点として、東山町、及び旭山公園までの郊外とを結ぶ2路線からなる路面併用軌道線でした。
軌道線は昭和2年開業で、昭和47年に営業を終えました。現在はバス会社として健在です。

モハ1001は、昭和30(1955)年製のオリジナル車両で、ノーシルノーヘッダのスマートなデザインでした。
廃線後、現在は東旭川農村環境改善センターで保存され、渋いグリーンの姿を見る事が出来ます。

モハ501は、モハ1001完成の翌年、定山渓鉄道モハ100形の車体や部品を利用して製造されました。
台車や各種部品などが1001と共通設計ですが、15m級の小型車両で、元車のシルヘッダーが残っていました。


(HO) 旭川電気軌道モハ1001形電車(金属キット)

モハ1001形組立サンプルの写真です。
一部の部品が未取り付けです。また、製品版では一部が修正となります。

1001a

1001b


(HO) 旭川電気軌道モハ501形電車(金属キット)

モハ501形組立サンプルの写真です。
一部の部品が未取り付けです。また、製品版では一部が修正となります。

501a

501b

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

(HO)コスミック 木で作る木造客車組立キットのご案内

毎度ありがとうございます。
今回はコスミックの新製品をご案内します。

Cos 木造客車が終焉を迎える頃の17m級ボギー客車組立キットです。
デッキ部の形状違いの3種類です。カプラー、台車、車輪は付属しません。


木造展望車と言えば、いわゆる「或る列車」や後の「富士」に相当する特急が思い浮かびますが、
それらとは異なるイメージのようです。


(HO) HT-825K 木造客車 デッキドア付 組立キット

(HO) HT-825DK 木造客車 デッキドア付 組立キット(台車枠付)


(HO) HT-826K 木造客車 デッキオープン 組立キット

(HO) HT-826DK 木造客車 デッキオープン 組立キット(台車枠付)


(HO) HT-827K 木造客車 展望車 組立キット

(HO) HT-827DK 木造客車 展望車 組立キット(台車枠付)


コスミック商品・在庫紹介


(HO) HB-702MK 単線上路ワーレントラス鉄橋組立キット 緑色

着色アクリル板の使用で塗装は不要です。商品は緑色です。


(HO) HT-814K 無蓋電動貨車デト3組立キット

4582330652778a 京急デト風のキットです。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店