« 寝台特急・北斗星 Nゲージ車両ケース ご予約受付中です | メイン | (N)モリヤスタジオ 機関車用マーク「あけぼの」「紀伊」「平和」など入荷 »

2018年7月28日 (土)

【HO/HOナロー】ワールド工芸の新製品情報です!

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介するのは――

ワールド工芸より発表されました、新製品ならびに再生産のご紹介です!


(HOナロー) 根室拓殖鉄道 キ1「銀竜」 3灯タイプ 組立キット リニューアル品

奇怪なスタイルで有名な根室拓殖鉄道「銀竜」です。

キャブ先頭部のみをロストワックス製とし、晩年の3灯式ヘッドライト時代のスタイルはそのままに、最新の動力へリニューアルしました。

外観上目立つブレーキロッドや、脱線復旧用の棒?も付属しております。

ユーモラスな外観をお楽しみください。


(HOナロー) 根室拓殖鉄道 小型無蓋車 (大小2輌セット) 組立キット リニューアル品

根室拓殖鉄道の無蓋貨車2種入りキットです。

実物は小型の無蓋貨車で、荷貨物の輸送の他客車として人員輸送にも使用されていたようです。

製品は車輪径の小さなタイプと、気動車並みに大きな車輪を持ったタイプの2種類を各1輌ずつのセットで、車輪が付属します。

また、幌枠装備用の簡易骨組パーツが付属いたします。


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ト形 タイプB (峡谷美人コンテナ) 組立キット

「峡谷美人」コンテナを載せたト形無蓋車です。観光客のゴミ輸送に活躍しています。

 貨物列車や工場列車に併結され三両一組で運用されています。


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ト形 タイプC (黒部峡谷コンテナ) 組立キット

1000形開放客車と同じカラーリングのコンテナを載せたト形無蓋車です。

食料品や火薬の運搬に活躍しています。普通列車の最後尾等に一両併結されて運用されています。


(HO) 16番 国鉄 DD13 55号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

55号機(4次車) / 所属:吹田-長岡-深川 / 銘板:汽車会社

ヤード構内での入換作業用機関車DD13です。

実車は416輌が製造され、1987年までに全廃されました。

ヘッドライト1灯タイプの4,5次車は、車輛限界の改正にともないキャブ高さが80mm高くなり、正面、側面の窓が拡大されました。

正面窓は正方形に近くなり、側面窓は水切りとの隙間がなくなり、印象が変化しました。

また、1次車にくらべ側面空気取入口が大きくなり、ボンネット上部前寄り4カ所の吊りフックの形状、正面手摺形状等が異なります。

またこの車両はバリエーションとして

75号機(4次車) / 所属:品川 / 銘板:日本車輛 の

(HO) 16番 国鉄 DD13 75号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

そして

84号機(5次車) / 所属:品川 /  銘板:汽車会社の

(HO) 16番 国鉄 DD13 84号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

と、細やかな仕様の違いを楽しめるのもワールド工芸の製品ならでは、ですね


(HO) 16番 国鉄 ワム21000形 有蓋車 塗装済完成品【特別企画品】

国鉄の前身である鉄道省により1929年から1,000輌が製造された15t積み鋼製有蓋車です。

この基本構造は後のワム50000形、ワム23000形、ワム90000形に引き継がれました。

後にヨンサントオに伴い2段リンク化されましたが、1984年までに全車が廃車されました。

リベットの多い繊細な車体は比率変えエッチングを採用、ワールド工芸2軸貨車スタンダードの構成となります。


(HO) 16番 国鉄 タキ10700形 タンク車 (富士重工タイプA) 塗装済完成品【特別企画品】

タキ10700形タンク車は希硝酸専用車として初の35t積車で、昭和43年から60両が製作されました。

キセ無しステンレス車に属し、全長は10m級でドームの有り無しで2タイプに大別されます。

こちらは、昭和43~46年に13両が富士重工で製作されたドーム付きのタイプです。


(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ト形 無蓋車 塗装済完成品 2輌セット【特別企画品】

ト形無蓋貨車は主にセメントや砂利を運搬する車両で、本線以外に関電専用線に乗り入れるために全長が短くなっています。

現在、73輌が在籍しており貨車の中では最も多い車両です。

 車体が鋼製の現在活躍しているタイプを製品化します。

 
(HO) 16番 WPトラック 26mm φ10.5プレート 組立キット

ホイールベース26mm、車輪径10.5mmの軌道トラックの組立キットです。パワートラック完全互換の新製品です。

定評のある#2719モーターを車軸間に搭載、減速比23:1となります。新型ギヤにて2軸を駆動します。

ギヤボックスは洋白エッチング板製でモーターの熱も問題ありません。

コチラからは再生産です。今回発売を予定している新製品の中にもある

黒部峡谷を渡る客車として、この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか


【再生産】(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ボハフ1000形 開放型客車 2輌セット 塗装済完成品 【特別企画品】

同系56両が稼働中の普通客車、編成の端部に来るボハフ1000と中間のボハ1000があります。

枕木方向のシートを持ち黒部峡谷の自然を体感できる開放型の車体は、黒部峡谷鉄道を代表する車輌と言えるでしょう。

こちらは樺平寄りと宇奈月寄りが線対称になるため2輌1セットでの販売になります。


【再生産】(HOナロー) 黒部峡谷鉄道 ボハ1000形 開放型中間客車 塗装済完成品【特別企画品】

こちらは1両ごとの販売となります、お好みの長さの編成でお楽しみください。

ご紹介は以上となります。

今回ご紹介した以外にも、欲しいものが見つかるかも!?

ワールド工芸の各種新製品はコチラ!

それではよろしくお願いします!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店