« グリーンマックス BEC819系(DENCHA)試作品プレビュー | メイン | カトー 11-212 LED室内灯クリア再入荷しました »

2018年8月 3日 (金)

【N】カトーより、8月のご予約開始しました!【12月~2019年1月発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

本日KATOより、新製品が発表されました。

鉄道模型をこよなく愛するお客様には、本日はそちらをご紹介します!


(N) 2017-6 C62 蒸気機関車 常磐形(ゆうづる牽引機)

磐線全線電化直前の昭和40年(1965)、上野と青森を結ぶ寝台特急「ゆうづる」が新設された際に、

平(現:いわき)~仙台間の牽引を担ったのが平機関区所属のC62です。

東北・常磐方面の列車で活躍したC62は比較的原形を保ったままの姿でした。

常磐線の交流電化が進んだ昭和38年(1963)以降は、ヘッドライトが切れた際に交流架線下での電球交換は危険を伴うため、

予備としてシールドビームの副灯が装備されました。

(10-1518)20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」を組み合わせて、20系ブルートレインを牽引した最後のC62の雄姿をお楽しみいただけます。

もちろん、旧形客車を牽引した普通列車や急行列車の牽引機としてもおすすめの機関車です。


(N) 10-1459 横浜高速鉄道Y500系 8両セット

横浜高速鉄道は、横浜市や神奈川県などが出資する第三セクターで、横浜~元町・中華街間にみなとみらい線の路線を持ちます。

基本的な運行形態は東急東横線の車両と共通とされているため、自社線内・東横線内はもとより、

東京メトロ副都心線・東武東上線・西武池袋線(有楽町線)への直通運用にも充当され、幅広い地域をカバーします。

Y500系は平成16年(2004)のみなとみらい線開業に合わせて投入された車両で、

外観は東急5000系列とほぼ同一ながら、「ヨコハマの海」の青と、「躍動感のある都市」の黄色のグラデーション、

前頭部は「伸び行く都市」をイメージしたメタリックブルーの塗色をまとっています。

最大の見どころである大胆な車体塗装はもちろん、アンテナ台座を含め青く塗装された屋根、先頭部屋根上の黄色帯も実車通りに再現するほか、

乗務員室脇の赤い識別帯や車イスマーク部に縦に入る青帯など、こだわりのデザインを精密に再現されます。


(N) 10-1533 E231系500番台「リラックマごゆるり号」 11両セット【特別企画品】

“リラックマ”はサンエックス社のキャラクターのうち最も人気のあるキャラクターです。

2018年8月1日~8月15日の期間限定で、山手線のE231系を使用して「リラックマと山手線ごゆるりさんぽ」をテーマにしたラッピングトレインが運行されます。

2018年の夏限定で走る“リラックマ”のラッピングトレインをKATOではいち早く製品化。

KATOから発売中の「リラックマ みどりの山手線」「すみっコぐらし×やまのてせん」をお持ちの方には

かわいらしいラッピングトレインのコレクションアイテムとしてもオススメです。

こちらからは再生産品のご紹介となります。

買い逃していた商品があるようでしたら、この機会に是非ともどうぞ!


【再生産】(N) 10-810 683系8000番台「スノーラビット エクスプレス」 9両セット

683系8000番台「スノーラビット エクスプレス」は、首都圏から北陸方面へのバイパス線として機能している北越急行ほくほく線で、

在来線最速の160km/hで運転されていましたが、2015年(平成27年)3月に北陸新幹線・金沢開業を機に運行を終了しました。

雪国に映える「フロスティーホワイト」の車体に、「クリムゾンレッド」「アクアブルー」の帯が特徴です。

シャープさが際立つ「スノーラビット」を鉄道模型でお楽しみいただけます。


【再生産】(N) 10-1433 コキ107 コンテナ無積載 2両セット

コキ107はコキ106を改良した汎用コンテナ車として落成し、ブレーキ装置をコキ200と同様のユニットブレーキ方式に変更し、

手ブレーキがデッキ手スリにあることが特徴です。

台枠はコキ106と同じグレーの塗装色をまとっています。

主に幹線の高速貨物で使用され、列車の重量が1,300t(26両編成)の時は時速100km/h、

1,200t(24両編成)以下の時は時速110km/hの最高速度で運転されています。

東海道・山陽本線、東北本線~北海道、日本海縦貫線で広く活躍し、

海上コンテナやタンクコンテナの積載も可能なため、バラエティ溢れる形態のコンテナを搭載して走行する姿が見られます。

直流電気機関車EF200、EF210、EH200や交直両用電気機関車EF510、EH500をはじめ、

国鉄形のEF65、EF81など現在活躍する機関車にぴったりの新系列コンテナ貨車です。


【再生産】(N) 8029 ワム90000 2両セット

ワム90000形は、昭和28年(1953)から製造された国鉄を代表する有蓋貨車です。

ワム23000形有蓋貨車の走行装置を2段リンク化改造された車両のほか、1954年からは新製でも増備されました。

 国鉄時代には長期にわたり使用され、"黒貨車"の代名詞にもなりました。

国鉄時代を活躍した機関車とともに、かつて全国で見られた貨物列車を再現可能です。様々な編成でお楽しみいただけます。


【再生産】(N) 8030 ワフ29500

ワフ29500は、昭和30年(1955)から昭和36年(1961)にかけて製造された貨車に緩急車設備を追加した有蓋緩急車です。

1両で車掌車と有蓋車を兼ねられる有蓋緩急車は貨物扱い量が比較的少ないローカル線にはうってつけの存在で、650両が製造され全国で活躍しました。

国鉄時代を活躍した機関車とともに、かつて全国で見られた貨物列車を再現可能です。様々な編成でお楽しみいただけます。

ご紹介は以上となります。

今回の目玉はなんと言ってもC62蒸気機関車となっています

先月発表された「ゆうづる・はくつる」と併せた長編成を再現する為に、是非ともセットでのご予約はいかがでしょうか!

それでは、ご予約お待ちしています

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店