2018年2月24日 (土)

【HO-16番】ワールド工芸の新製品ご予約受付中!【2018年6月ごろ発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介する商品はこちらです。

精密な造形で定評のあるワールド工芸より、HO16番の新製品が発表されました。


(HO) 16番 国鉄 DD13 1号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

ヤード構内での入換作業用としてDD11の後継機として製作された国鉄DD13です。

実車は416輌が製造され、1987年までに全廃されました。

実車は製造年次により多数のグループに分かるとのことで、その細やかな違いを再現する為のバリエーションが同時に発売予定となっています。


(HO) 16番 国鉄 DD13 8号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】


(HO) 16番 国鉄 DD13 15号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】


(HO) 16番 国鉄 DD13 29号機 ディーゼル機関車 塗装済完成品【特別企画品】

それぞれ各部の形状の違いを再現するための徹底としたリサーチを行うというこだわりっぷりはワールド工芸の意欲作として期待できますね。


(HO) 16番 国鉄 ED36 2号機 電気機関車 塗装済完成品【特別企画品】

1926年から1929年にかけて青梅鉄道がイギリスのイングリッシュ・エレクトリック社に発注した4輌の電気機関車です。

1944年、青梅鉄道の鉄道省(後の国鉄)への戦時買収とともに国鉄籍となりましたが、その後西武鉄道へ譲渡されずに残った2輌が1952年、ED36型1,2号機と改称されました。

後にこの2輌も西武鉄道へ譲渡され、E43、E44となりました。

モデルは国鉄時代の2号機の完成品となります。

1エンド側のテールライト、側面ベンチレータの配置などが1号機と異なります。


(HO) 16番 津軽鉄道 オハ46形 客車 車体組立キット

1951年から国鉄が製造した一般型客車スハ43系のうち、1955年から製造された軽量化改良グループがオハ46形です。

1983年に津軽鉄道に譲渡されたオハ462612、オハ2662の2輌がそれぞれオハ46 2、オハ46 3となりました。

ダルマストーブを装備し、冬季のストーブ列車として活躍しております。

キットには車体、床板、ベンチレータ、エアホース、煙突、インレタ等が付属します。

床板には梁部品が付属しますので簡単にリアルな床下が再現できます。

ご紹介は以上です。

それではご予約お待ちしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年2月23日 (金)

【Nゲージ】トミックス マリンライナー 絶賛発売中です

毎度ありがとうございます

お待たせいたしました トミックスより瀬戸大橋を渡り岡山と高松を結ぶ

快速マリンライナーが入荷し絶賛発売中です

(N) 98259 JR223-5000系 5000系近郊電車 (マリンライナー) セットA (5両)

(N) 98260 JR223-5000系 5000系近郊電車 (マリンライナー) セットB (5両)

2003年10月より活躍を開始した瀬戸大橋線のマリンライナーは
JR西日本所有の223-5000系とJR四国所有の5000系で運転されています。
223-5000系は関西地区で活躍する223-2000系をベースに、
先頭車同士の連結時に幌枠を使用し通り抜け出来るようになっています。
2階建ての5100形はE217系のサロをベースに、
5200・5000形は223-2000系をベースとした構造になっています。

それでは製品をご紹介します

※試作品の画像に付き製品と異なる箇所がございます

Ham_1376_2

Aセットは5000系マリンライナーのうち青帯を纏い、「桃太郎とサル」のマークが貼られた編成を再現

Ham_1351_2

Ham_1352_2

Ham_1353_2

Ham_1355_2

Ham_1356_2

Bセットは5000系マリンライナーのうち赤帯を纏い、「桃太郎とイヌ」のマークが貼られた編成を再現

Ham_1366_2

Ham_1368_2

Ham_1369_edited1_3

Ham_13691_2

Ham_1627_2

Ham_1633_2

Ham_1634_2

Ham_1370_2

Ham_1371_2

Ham_1336_2

Ham_1337_2

Ham_1338_3

Ham_1343_3

Ham_1377_2

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい

【N/HO】トミーテックのバスコレ!新製品ご予約受付中!【2018年6月発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様なら、各都市の交通網の要として走る、バスにもご関心があるのではないでしょうか。

本日はご好評をいただいておりますトミーテックのバスコレクションより、新製品のご紹介です。


(N) ザ・バスコレクション 都営バスさよなら富士重工業新7E K468号車

2018年1月27日に都営バス最後となる富士重工業新7E(KL-UA452KAN改)の北自動車営業所所属のN-K468号車がラストランを実施致しました。

当日は特製のヘッドマークをはじめ、特別ダイヤが組まれ、王57系統王子駅~豊島五丁目団地間を4往復と王40系統池袋駅東口~北車庫間の片道で運行されました。

製品はヘッドマークの付いた最後の姿を再現し、蓋付きオープンパッケージでヘッドマークや行先LEDを収録したシールを付属し、メモリアルパッケージとなります。

※バスコレ走行システム対応


(N) 全国バスコレクション (JB057) アルピコ交通

アルピコ交通の日野ブルーリボンがN尺で登場します。

新町営業所の車両をモデル化。


(N) 全国バスコレクション (JB058) 宇部市交通局

宇部市交通局の宇部新川駅-新山口駅間の特急を中心に活躍中の車両をモデル化致します。

そして上記以外にも各地方で活躍する車輌を、ドドンとまとめて1BOXに!


(N) ザ・バスコレクション第24弾 【12個セット】

ザ・バスコレクション第24弾は三菱ふそうMS7と日野セレガR-FSの12台+シークレット1台の13台をラインナップ!
昭和から平成への時代が変わる頃から現在まで活躍している三菱ふそうMS7と、徐々に引退しつつある日野セレガR-FSを製品化されます。
全車バスコレ走行システムBM-03に対応しております。

※シークレット1種を含みます。

※ブラインドパッケージのため中身はお選び頂けません。また、同一のものが封入されている場合もございます。

そして併せてコチラもどうぞ!


(N) ザ・バスコレクション第24弾専用ケース

トミーテック ザ・バスコレクション第24弾専用ケースです。

18台収容の専用ケースです。さらに無塗装バス1台付!

走行システムに対応の車両をご購入されているお客様なら、コチラも必要ですよね!


(N) BM-01 専用動力ユニットA (ホイールベース32mm)


【再生産】(N) BM-03 バスコレ専用動力ユニット(観光・高速車用)

こちらは観光・高速車用動力ユニットです。

最後にこちらはHOゲージ対応となっております、


(HO) 全国バスコレクション80(JH030) 関東鉄道

茨城県内に路線網を拡げる県内最大手の関東鉄道いすゞエルガミオの製品化です。

県内各地で活躍する車種です。

ご紹介は以上となります。

各種まだまだご予約受付中となっていますが、やはり売り切れることもあるので

お早めにどうぞ!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年2月20日 (火)

鉄コレ JR145系配給電車、富別簡易軌道自走客車ほか ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回は2018年2月ご予約受付開始のトミーテックの鉄道コレクションをご案内します。


(N) 鉄道コレクション JR 145系 配給電車

「クモル145/クル144」は車両工場間の物品の輸送に使われる配給電車です。
先頭だけ見れば103系高運転台車に似ていますが、無蓋部分があるのが特徴です。
JR西日本吹田総合車両所 京都支所に唯一残るクモル145-1015/クル144-15編成を再現。
車窓から見て気になった方も居るでしょう。
2017年12月には京都鉄道博物館で展示され、大きな話題となりました。


(N) 鉄道コレクション JR 145系 配給電車(大船工場入替車)

配給電車としての用途終了後、JR東日本大船工場(後の鎌倉総合車両センター:2006年に閉鎖)の入替車として
活躍した編成を再現。ウグイス色をベースにカナリヤ色の帯が巻かれた関西本線のような姿で、テールライト
の内側に増設されたライトにより独特の表情となっています。


(N) 鉄道コレクション 静岡鉄道A3000形(Natural Green) 2両セットC

全12編成のうち7編成は、「静岡レインボートレインズ」として7色の展開が発表されており、第3編成の
3003編成『Natural Green』は静岡が生産量全国第1位の「お茶」をカラーモチーフとしています。
2018年3月から運用を開始する3003編成が早くも製品化!


(N) 鉄道コレクション JR 123系宇部・小野田線 2両セット

国鉄時代、事業用車クモニ143を旅客用改造し誕生したクモハ123系。
新性能電車でありながら、単行運転が可能です。
かつてはJR東日本、東海、西日本で活躍した123系ですが、現在はJR西日本に5両が残るのみとなっています。
活躍を続ける宇部・小野田線用車両のうち、車体色を黄色に変更され、トイレ増設前、ベンチレーター撤去前の姿を製品化。


(N) 鉄道コレクション 伊豆急行100系 低運転台+高運転台 2両セット


(N) 鉄道コレクション 伊豆急行100系 4両セットC

伊豆急行100系は1961年の伊豆急行開業時に製造された車両です。


(HOナロー) 鉄道コレクション ナローゲージ80 富別簡易軌道 自走客車 あおぞら号+無蓋車セット


(HOナロー) 鉄道コレクション ナローゲージ80 富別簡易軌道 自走客車 はまなす号+ミルクタンク車セット


北海道内各地にあった簡易軌道の車両をモチーフにHOナロー(1/80スケール、9mmゲージ)で製品化。
湘南顔の自走客車、その塗装、お供の貨車など、いかにも簡易軌道といった雰囲気です。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年2月19日 (月)

【N】マイクロエース 新製品ご予約受付中!【2018年7月~8月発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に本日ご紹介するのは、

2018年7月ごろ発売を予定しております、マイクロエースの新製品のご案内です。


(N) A8147 719系-700 フルーティア (2両セット)

719系は平成元年にJR東日本仙台支社管内普通列車の急行型車両を置き換える目的で製造されました。
2両編成から8両編成まで柔軟な運用が可能です。
700番台フルーティアは2014年に改造されレストラン列車として運行されています。
クシ718はカフェカウンター車で車内にはラウンド形状のカフェカウンターが設置されています。
クモハ719は4人掛けボックスシート6組、2人掛けボックスシート4組、1人掛けシート4席の定員36名となっています。


(N) A8148 719系-0 標準色 (4両セット)


(N) A8149 719系-0 秋田色 (4両セット)

719系は平成元年にJR東日本仙台支社管内普通列車の急行型車両を置き換える目的で製造されました。
2両編成から8両編成まで柔軟な運用が可能です。
0番台は仙台支社管内の東北本線・利府線・仙山線・磐越西線・常磐線に使用されています。
パンタグラフは菱形のPS16を搭載していますが、一部の編成はシングルアーム式に交換されています。
またスカートも排雪性能を強化したものに交換されています。
平成29年には4両が秋田地区へ転属し帯色がピンクになりました。
近年置き換えが進み廃車が発生しています。


(N) A6764 115系-800 スカ色 冷改 (6両セット)

115系は寒冷地区・急勾配路線での運用を目的に製造された近郊型電車です。
1963年から1983年まで長期にわたり製造されたため、様々なバリエーションがあります。
800番台は狭小断面トンネル対策でパンタグラフ取り付け部の屋根高さを180㎜低くしています。
近年廃車が進んでいます。


(N) A7776 115系-300 スカ色 (6両セット)

同じく300番台は当初よりクーラーを搭載し、ユニットサッシの窓が採用されました。
やはり近年では廃車が進んでいます。

以上になります。

それでは、ご予約お待ちしています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年2月18日 (日)

(HO)トミックス EH800、コキ106ほか ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回は2018年2月ご予約開始のトミックスHOゲージ製品をご案内します。


(HO) HO-2001 JR EH800形電気機関車

   ・車番は選択式で(EH800-2・7・11・16)を付属


(HO) HO-2501 JR EH800形電気機関車(プレステージモデル)
 

  • 部品取り付け済みのプレステージモデル
  • 車番は選択式で(EH800-1・5・9・14)を付属

2016年春の北海道新幹線開通により、青函トンネルは新幹線と在来線の共用となるため、架線電圧などの都合で
従来のED79、EH500などの電気機関車は走行出来なくなりました。
その対応のため、EH500をベースに開発されたのが、JR貨物 EH800です。

 
五稜郭機関区所属の11号機が遠路はるばる京都鉄道博物館まで運ばれ、2018年1月20~28日に
特別展示された事で話題になりました。


(HO) HO-3134 私有 U48A-38000形コンテナ (キユーソー流通システム・2個入)


【再生産】(HO) HO-718 JR貨物 コキ106形コンテナ貨車 (グレー・コンテナ無し)


【再生産】(HO) HO-730 JR貨車 コキ106形(グレー・コンテナなし・テールライト付)

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

(N)トミックス キハ120(三江線)再生産、長野電鉄1000系ゆけむり等 ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回は2018年2月ご予約開始のトミックスNゲージ車両をご案内します。


【再生産】(N) 98037 JR キハ120 300形ディーゼルカー(三江線)2両セット

廃止まであと1ヶ月ほどの三江線。石州瓦の赤い屋根が続く町並みや、江ノ川(ごうのかわ)に沿って走る
情景が見られるのもあと僅かとなりました。大雪の影響による運行状況も注目されています。
キハ120 2両セットの再生産が決定しました。現在のところ、7月発売予定です。



(N) 98986 キハ120 300形ディーゼルカー(三江線・三江線神楽号)セット(2両)【限定品】

三江線では2017年12月、混雑のため一部列車で3両編成が登場しました。
既にご予約受付中の神楽号セットに付いてくる1両と合わせると、通常塗装で3両を揃える事が出来ます。


(N) 98290 長野電鉄1000系 ゆけむりセット (4両)

元・小田急ロマンスカー10000形HiSE車である特急車両「ゆけむり」の第1編成です。


【再生産】(N) 92484 72・73形通勤電車(御殿場線)4両セット

御殿場線では1968年の電化からD52の蒸機列車の代わりに、スカ色の72・73形が活躍しました。
サハ78は長時間乗車に備えてトイレが取り付けられていました。
1979年に115系に置き換えられたので、短い期間でした。


(N) 3164 私有 ISO20ftコンテナ (センコー・2個入)

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

【Nゲージ】カトー 新製品プレビュー その2

毎度ありがとうございます

引き続き先日のカトーの販売店向け商品説明会で公開されました

Nゲージ新製品の試作品をご覧下さい。今回は機関車を中心に

ご紹介いたします。

※試作品に付き未塗装・未完成・製品と異なる箇所がございますので

予めご了承願います。

Ham_1937

Ham_1939

Ham_1942

(N) 3088-1 EF65-0電気機関車

EF65 0番台は中高速域の加速性能が不足していたEF60の改良と、
標準化の推進を目的に開発された、平坦線区用の直流貨物機として登場しました。
増備とともに、各路線における貨物列車の電化の進展を担い、昭和45年(1970)
までに総数135両が製造されました。岡山・稲沢第二の各機関区に配置され、
主に東海道・山陽本線の貨物牽引で活躍しました。

Ham_1950

Ham_1951

Ham_1953

Ham_1954

(N) 3087-2 ED71 電気機関車 2次形

交流50Hzに対応した、東日本地区専用の機関車で、
東北本線の交流電化の進捗に大きく貢献しました。

Ham_1945

Ham_1944

Ham_1946

(N) 7008-A DD51 800 愛知機関区 JR貨物色

現在、JR貨物で唯一定期貨物運用を持つDD51として注目を浴びており、
主に稲沢~関西本線四日市方面と名古屋貨物ターミナルを中心に活躍を続けています。

Ham_1931

Ham_1932

Ham_1934_2

(N) 3102 アルプスの機関車 Ge4/4-II 631

スイス国鉄の機関車Re4/4のデザインを手本にした小形の機関車で、
丸みを帯びた箱型の車体と、大きな側面窓が特徴です。
現在レーティッシュ鉄道では最大勢力の車両です。
主にディセンティス~サン・モリッツを結ぶ氷河特急、
クール~サンモリッツのベルニナ急行、貨物列車など広く活躍しています。

Ham_1962

Ham_1964

(N) 10-1431 TGV Reseau (レゾ) 10両セット

フランスの高速鉄道でお馴染みのTGVのうち、全路線で運用ができる汎用形の
“Reseau”(レゾ)です。
今回製品化する車両は、2008年から帯のデザインや「TGV」のロゴマークが
クリスチャン・ラクロワが手掛けた新しいものに変更された編成です

Ham_1922

(N) 8064 国鉄 ヨ6000 車掌車

ヨ6000はヨ5000の後継として登場し、幹線の専用貨物からローカル線の
小貨物まで様々な場面で活躍した車掌車です。
3枚の側窓と、浅めのRがついた屋根など既存の車掌車と比べて軽快な印象があります。
昭和44年(1969)までに総数905両が製造され、昭和61年(1986)の貨物列車への
車掌乗務が廃止されるまで全国各地で見られました。

Ham_2017

(N) 11-561 トラ90000 空荷用金網パーツセット(2両入)

(N) 11-562 トラ90000 空荷用金網パーツセット(10両入)

※製品は金網と左端の雨よけカバー部です、車両は製品に含まれません。

トラ90000を、空荷状態の姿が再現できるオプションパーツです。
KATOの最新のプラスチック成形技術による精密な金網の網目を表現し、
向こう側を見通せる空荷の姿を再現しました。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

【Nゲージ】カトー 新製品速報&プレビューその1

 毎度ありがとうございます

2/17~18開催のうめきた鉄道フェスタ2018会場で

カトーより下記商品のNゲージ化が発表となりました

Panda

287系「パンダくろしお」smileアドベンチャートレイン

Dsc_9783

221系リニューアル車「大和路快速」

大和路快速で活躍する221系リニューアル車を完全新規金型で製品化

先頭部転落防止ホロを付属

いずれも2018年夏期発売予定

詳細な情報が届き次第ご予約の受付を開始いたしますのでお楽しみに

お待ち願います。

ここからは先日のカトーの販売店向け商品説明会で公開されました新製品の

試作品をご覧下さい。

※試作品に付き未完成・製品と異なる箇所がございます。ご了承願います。

Ham_1888

Ham_1892

Ham_1893

Ham_1894

Ham_1896

Ham_1902

(N) 10-1465 JR 323系 大阪環状線 基本セット (4両)

(N) 10-1466 JR 323系 大阪環状線 増結セット (4両)

平成28年(2016)に登場した323系は、現在関西を走る他の車両と共に大阪環状線、
桜島線(JRゆめ咲線)で活躍しています。
ロングシートの通勤形電車ですが、同線を走る他の車両と統一して3扉車となりました。
外観は大阪環状線の伝統色であるオレンジを基調に、ブラウンをアクセントとした個性的
なデザインが特徴的です。

Ham_1873_2

Ham_1876

Ham_1879

Ham_1881

Ham_1883

(N) 10-1468 JR E235系 山手線 基本セット (4両)

(N) 10-1469 JR E235系 山手線 増結セットA (4両)

(N) 10-1470 JR E235系 山手線 増結セットB (3両)

前面の大きな窓や表示装置、特徴的な外観デザインを施した新世代の通勤電車として
活躍を始めたE235系は、世間からも大きく注目されました。
2020年春までに既存のE231系500番台を全て置き換える予定で、
JR東日本の通勤電車の新たなスタンダードとして今後の活躍も期待されています。

Ham_1903_2

Ham_1925

Ham_1904

Ham_1906

Ham_1912

Ham_1914

Ham_1916

Ham_1917

Ham_1919

(N) 10-1437 あいの風とやま鉄道521系 (2両セット)

北陸新幹線の開通による北陸本線の第三セクター化に伴って、倶利伽羅~市振間が
あいの風とやま鉄道として運行されています。JR西日本より521系2次車が16編成譲渡され、
現在活躍しています。風をモチーフにした爽やかな水色と緑色のウェーブ模様が車体の側面
にそれぞれ描かれ、見る向きによって大きく印象が異なるのが特徴的です。
※オプションの室内灯を組み込んでいます。

Ham_1956

Ham_1959

Ham_1961

(N) 10-1463 HB-E300系「リゾートしらかみ」 (ぶな編成・4両)

「青池編成」と同様に、大きな窓、展望スペース、イベントスペースを備え五能線の
観光列車として活躍しています。「TRAIN SUITE 四季島」のツアーの一環として、
ツアー客を乗せて運転されることもあります。
平成28年(2016)に登場し、HB-300系の中では一番新しい車両です。
他の同形式の車両と異なり、ヘッドライトがLED化され、HID灯も2灯になりました。

Ham_1968

323系とE235系・模型でしか実現しない並びです。

2018年2月16日 (金)

カトー 新製品プレビュー (N)C57 1次形 蒸気機関車

毎度ありがとうございます

今回は本日メーカー出荷のNゲージカトー新製品 C57 1次形 蒸気機関車

をご覧下さい

Ham_1974

Ham_1975

Ham_1976

Ham_1977

Ham_1979

Ham_1986

Ham_1988

Ham_1989

Ham_1998

Ham_2001

Ham_2006

Ham_2007

Ham_2012

Ham_2021

 (N) 2024 C57 1次形 蒸気機関車

昭和41年(1966)頃の播但線豊岡機関区所属の95号機をベースに、
集煙装置や重油併熱タンク・旋回窓などは非装備、デフレクタは点検窓なしの
タイプでNゲージ化。「貴婦人」と称されたC57独特のプロポーションを、
表現豊かに再現。急行用旅客機の流麗さを再現しています。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみくださいませ。

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店