2018年11月16日 (金)

【N】トミックス新製品 予約開始!【2019年4月発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

TOMIX より、2019年04月発売予定の新製品が発表されました。

今回は【Nゲージ】特集として、鉄道模型をこよなく愛するお客様に各商品をご紹介していきましょう!

そしてなんと今回はあの車両が…というニュースもあります


(N) 98322 JR 489系 特急電車(白山) 基本セットB(5両)

(N) 98323 JR 489系 特急電車(白山) 増結セットB(4両)

489系は485系に横軽対応を施した車両で、登場は1971年です。

中でも白山色は1988年から採用された専用塗色で、横川-軽井沢間廃止後の2000年頃に国鉄色に戻されるまで活躍していました。

また白山色の登場から1992年頃までは非貫通型先頭車クハ489形300・700番代も活躍していました。


(N) 98321 JR 209 3500系 通勤電車(川越・八高線) セット(4両)

209-3500系は2018年に営業運転を開始した通勤電車です。

同系は209-500系として中央・総武緩行線にて10両編成で活躍していましたが、

2018年に川越・八高線へ転属され、4両編成化および機器更新、番代変更、帯色変更が行われました。


(N) 97910 JR 209 0系 通勤電車(7次車・京浜東北線) セット(10両)【限定品】

209系は1993年に登場した通勤電車です。

1997年まで増備され、増備途中には車体側面にドアコックを追加するなど改良が図られました。

7次車は中間車のサハ209のうちの1両が車体側面のドアコックのない1・2次車を組み込んだ編成でした。

活躍は2010年まで。主に京浜東北・根岸線で活躍していました。


(N) 8731 JR貨車 コキ 107形(増備型・西濃運輸コンテナ付)

(N) 97902 JR コキ107形貨車(増備型・西濃運輸コンテナ付) セット(4両)【限定品】

コキ107形は2006年より製造された海上コンテナ対応車両です。

2015年から増備された車両は従来車両の側面にあった「JRF」および「突放禁止」の表記がなくなりました。

西濃運輸のU54Aコンテナは31フィート級コンテナとして主に大阪~仙台間の専用列車を中心に活躍しています


(N) 8730 私有貨車 タキ1000形(日本オイルターミナル・C)

(N) 97905 私有貨車 タキ 1000形(日本オイルターミナル・C) セット(2両)【限定品】

タキ1000は、1993年から活躍し始めたガソリン専用のタンク車です。

台車はFT21を採用し95km/hでの走行が可能になりました。

日本オイルターミナルの帯入り塗装で、1994~1999年製の120両が採用されました。


(N) 98667 JR 700 0系 東海道・山陽新幹線(のぞみ) 基本セット(8両)

(N) 98668 JR 700 0系 東海道・山陽新幹線(のぞみ) 増結セット(8両)

700系0番代はJR東海に所属する東海道・山陽新幹線用の車両で、

東海道・山陽新幹線で活躍した0/100系の置き換え用として、1999年より営業運転を開始しました。

2019年度に全車両が東海道・山陽新幹線から引退する予定となっています。


(N) 7108 JR EF64 1000形 電気機関車(JR貨物更新車・新塗装)

1980年に登場した直流勾配線区用EF64形1000番代は上越線に投入された0番代とは異なる長い車体が特徴です。

タンク貨車やコンテナ貨車などの貨物列車を重連や単機でのけん引に活躍。

更新後の車両は外観の塗装が変更されました。

2018年では検査から出場した車両には「JRF」マークが無い姿で見ることが出来ます。


(N) 2241 JR DF200 50形 ディーゼル機関車(新塗装)


(N) 2242 JR DF200 200形 ディーゼル機関車

DF200形はJR貨物が開発した電気式ディーゼル機関車で1992年に登場しました。

登場以来、北海道のみで活躍をしていましたが、100番代の一部が2016年から本州へ転属となり、

改造工事を受け、改番され関西本線を中心に活躍しています。

そしてなんと、今回トミックスでの新製品説明会に参加した担当者が大スクープを入手しました!

Mizukazenews 

乞うご期待ください!!

ご紹介は以上となります。

まだまだあります、トミックス/トミーテックの新予約品はコチラ!

それではご予約お待ちしています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年11月13日 (火)

グリーンマックス 東急8500Bunkamura&東急6020&西武6000試作品プレビュー

毎度ありがとうございます

今回はグリーンマックスの東急8500系Bunkamura・東急6020系の

印刷済み試作品ボディと西武6000系LAIMOの未塗装の試作品ボディ

をお借りする事ができましたので紹介させていただきます。

試作品に付き製品と異なる箇所がございます。

Dsc_1607_2

Dsc_1600_2

Dsc_1602_2

Dsc_1601_2

Dsc_1603_2

(N) 50615 東急8500系(Bunkamura号) 基本6両編成セット(動力付き)

(N) 50616 東急8500系(Bunkamura号) 増結用中間車4両セット(動力無し)

東急8500系8637編成の「Bunkamura号」としてラッピングされた姿です。
乗降扉がそれぞれ赤・緑・黄・青(渋谷寄りから)に装飾され、さらに「Bunkamura」
のラッピングが施された姿をご覧下さい。

Dsc_1620

Dsc_1626

Dsc_1622

Dsc_1627

Dsc_1632

Dsc_1631

Dsc_1634

(N) 30750 東急6020系(大井町線) 7両編成セット(動力付き)

東急6020系は大井町線の急行列車用に導入された新型車両で、
田園都市線用2020系と車体外観、車内の造作、基本的な性能などが
同じ仕様により製造されています。車体には、大井町線のラインカラー
であるオレンジの帯が入っています。

Dsc_1640

Dsc_1643

Dsc_1644

Dsc_1649

Dsc_1652

Dsc_1655

Dsc_1657

(N) 50621 西武6000系(西武鉄道×秩父・本川越 with LAIMO&爽爽猫)基本6両編成セット(動力付き)

(N) 50622 西武6000系(西武鉄道×秩父・本川越 with LAIMO&爽爽猫)増結用中間車4両セット(動力無し)

未塗装試作品が公開されました。

西武6000系は、西武線と東京メトロ有楽町線の相互直通運転に備えて
製造されたステンレス車体の20m4扉の車両です。
爽爽猫は、台湾で大人気のキャラクターで、いつもとなりにちょこんと寄り添うがんばり屋の白ネコです。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さいませ。

2018年11月10日 (土)

【N】カトーの待望の再生産、予約中です!【2019年3~4月発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介する商品はこちらです。

K ATOより、2019年3月から4月にかけての再生産品が予約開始となっています。

今回は改めて各商品をご紹介いたしましょう!


(N) 10-1274 E257系「あずさ・かいじ」7両基本セット

(N) 10-1275 E257系「あずさ・かいじ」4両増結セット

E257系は、183系と189系の置き換え用に平成13年(2000)に登場しました。

E653系・E751系の基本構造を母体に、5色の菱形模様が配された白い車体が特徴です。

現在、中央線の特急「あずさ」「かいじ」に使用され、首都圏と信濃路を結んで活躍しています。

車両の外観に見られる菱形模様はアルプスの山々やリンゴの花をイメージした白を基調に、

四季の彩りをあらわしており桃色(春の花)、碧色(夏の木の葉)、黄色(秋の紅葉)、青紫(冬の山々)、銀色(八ヶ岳やアルプスの嶺)を表しています。

現在では修学旅行臨時列車としての活躍も見られます。

またおなじく「あずさ  かいじ」E353系の新製品が予約中となっていますので、そちらもご一緒にいかがでしょうか。

 
(N) 2021 C11形蒸気機関車

C11は昭和7(1932)年から昭和22(1947)年にかけて381両も製造された「1C2」の軸配置を持つタンク式蒸気機関車です。

全国各地で活躍し、本線での旅客列車、貨物列車の牽引から構内での入換までをこなしました。佐世保線で20系「さくら」を牽引したのは有名な話です。

現在も日本の各地で動態保存されています。

 
(N) 5127-3 オハ35戦後形 茶

 
(N) 5127-4 オハ35戦後形 ブルー

 
(N) 5128-3 オハフ33戦後形 茶

 
(N) 5128-4 オハフ33戦後形 ブルー

オハ35系は戦前の国鉄を代表するの客車形式のひとつで、実に2,000両以上が量産された、国内の客車では最多両数を誇る系列です。

昭和14年(1939)に折妻・丸屋根、1メートル幅の客室窓、TR23形台車、溶接を多用した構造で登場。

戦前の生産は昭和17年(1942)に打ち切られましたが、戦後になって製造が再開されると、

資材の入手難や工法の進化などの事情が重なって、戦後形と分類できるような独自の形態で登場しました。

その特徴は折妻のまま丸屋根が直線化(当初は絞り込みあり)したもので、

ちょうど一般形のオハ35系と後に登場する切妻のスハ43系の中間に位置する形態を備えていました。

台車も中途から平軸受のTR23形を国産のコロ軸受に改良したTR34形が採用されています。

運用的には一般形のオハ35系とまったく同様に使用されたので、その活躍範囲は全国の線区におよび、

急行列車から普通列車まで、いたる所でその活躍を見ることができました。

 
(N) 10-1428 115系1000番台 長野色 3両基本セット

外観は115系1000番台の特徴であるシールドビーム・ユニット窓・冷房装置搭載(準備)・

シートピッチ拡大車のために一部の窓配置が異なるほか、雪切室の設置など耐寒耐雪装備を強化。

また平成4年(1992)以降順次爽やかな塗色に変更され長野色と言われた塗色はファンからの人気も高く、

現在も信州エリアで活躍いている211系に引き継がれています。

 
(N) 3056 EF58 35 長岡運転所 電気機関車

EF58 35号機は昭和27年(1952)3月東芝で製造され、EF58としては最初に流線形車体で登場した機関車です。

旧車体に流線形の運転台を追加して製造されたため、側面窓が小さな7つ窓であることや、屋根上の大きなベンチレーター台座や小さなモニターなど、

他のEF58とは一味違う変形機として昭和56年の廃車時まで注目された車両です。

(N) 3063 EF16 電気機関車

EF16は、昭和26年(1951)に奥羽本線の板谷峠用にEF15を改造して登場しました。

昭和33年(1958)には上越線に活躍の場を移し、上越国境水上~石打間の前補機としてEF58、EF15、EF64、EF65-1000などとタッグを組み活躍しました。

ご紹介は以上となります。

待望の【再生産】の数々なので、お早いご予約をお待ちしています。

それでは、ご予約お待ちしています

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

【N】カトーの新商品、予約開始しました!【2019年3~5月発売予定】

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介する商品はこちらです。

K A TOより、2019年3月から5月にかけての新商品の発表がありました。

今回は、現在大・好・評・予約中となっている各商品をご紹介いたします

 


今回のおススメ!

(N) 10-1522 E353系「あずさ・かいじ」 基本セット(4両)

(N) 10-1523 E353系「あずさ・かいじ」 増結セット(5両)

中央本線で平成29年(2017)12月より営業運転を開始したE353系は、従来「あずさ」「かいじ」などで活躍していたE257系、E351系の後継車両です。

空気ばね式車体傾斜装置を採用し、E351系と同等の曲線通過性能を備えるのが大きな特徴です。

アルパインホワイトの車体にあずさバイオレットの帯を纏った、スピード感あふれる、シンプルで力強いデザインは、まさに次世代の特急電車を象徴しています。

現在「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」にて活躍中です。

そして有名なのが、『鉄道友の会』2018年度のローレル賞受賞車両であるということですね。


(N) 10-1524 E353系「あずさ・かいじ」 付属編成セット(3両)

こちらを組み合わせて、長編成12両の再現がぜひともおすすめです。

またおなじく「あずさ  かいじ」E257系の再生産品が予約中となっていますので、

そちらもご一緒にいかがでしょうか

今回のおススメ!その2

(N) 10-1512 ICE4 7両基本セット

(N) 10-1513 ICE4 5両増結セット

ICE4はドイツの欧州本線系統を代表する高速列車ICE(Inter City Express)の4世代目の車両です。

動力分散方式を採用した12両編成で、最高速度は250km/h。

新しい長距離輸送の主力というコンセプトを掲げ、地方と都市をより高頻度に結び、

輸送力を引き上げる目的から運用の柔軟性、居住性の向上に重点を置き開発されました。

今後は2020年より国際列車としての運転を見据え、ドイツをはじめとした欧州各地で新たなICEの主力列車としての活躍が期待されています。

実車画像がお出しできないのが残念ですが、非常にかっこいい外観の車両となっていますので、担当者からのおススメです。


(N) 10-1379 313系5000番台 新快速 基本セット(3両)

(N) 10-1380 313系5000番台 新快速 増結セット(3両)

(N) 10-1381 313系5300番台 新快速 2両増結セット

大垣電車区に所属し、中京圏で幅広く活躍する313系の中でも、中心的な活躍を見せるのがこの5000番台です。

車内はオール転換クロスシート採用で、高速走行時の乗り心地向上のため、車体間ダンパとセミアクティブ装置が導入されているのが大きな特徴です。

313系5300番台は、313系5000番台を2両編成化した車両です。「新快速」等の運用では、8両という長大な編成での活躍も見られます。


(N) 10-1530 313系8000番台(中央本線) 3両セット

平成11年(1999)より「セントラルライナー」(中央本線の名古屋~中津川間)を中心に運用されていましたが、

平成25年(2013)に同列車の運行が終了となり、現在は他番台の313系と同様に普通列車、快速列車などで活躍しています。

名古屋~中津川間の快速運用で主に活躍しており、夕ラッシュ時の「ホームライナー瑞浪」としても運転されています。

他番台とは異なる、オレンジ色を配したメタリックフェイスが最大の特徴で、313系の中でも個性の強い車両です。


(N) 5242 スユニ61

昭和40(1965)~43年(1968)にかけて、オハニ61等をベースに改造を施した郵便荷物合造車です。

改造前の種車の形式などにより番台が異なり、北海道から九州に至る全国各地で活躍する姿が見られました。

0番台は、オハニ61の元客室部分を郵便室に改造したもので、外観に客室時代の1000mm幅窓が残っているのが大きな特徴です。

旧形客車の編成にピッタリな郵便車です。

ご紹介は以上となります。

ぜひとも買い逃さないように、お早いご予約をお待ちしています。

それでは、ご予約お待ちしています

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年11月 9日 (金)

KATOの商品情報を網羅した、最新版カタログ 予約中!

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

鉄道模型をこよなく愛するお客様に、本日ご紹介する商品はこちらです。

KATO各種商品を網羅した、最新のカタログが現在、大好評予約中となっています!


25-000 KATO Nゲージ・HOゲージ 鉄道模型カタログ2019

在庫商品及び製品化予定、再生産予定のある製品を中心に、より見やすい構成で掲載!

全268ページ(予定)の大容量で、各種コラムや製品化告知など、盛りだくさんの内容が予定されています。

※表紙イメージは変更となる場合がございます

今回のご紹介は以上となります。

なお、現在カトーの11月の新商品の予約が開始されていますので、そちらもどうぞ!

それでは各種商品、買い逃さないように、お早いご予約をご検討ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年11月 7日 (水)

【N】F MODELS室内灯illumiシリーズ リニューアル!

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

F MODELSより、好評頂いていました商品、

室内灯illumiシリーズ各種が、現在リニューアルして予約中となっています。

長らく売り切れだった商品もあるので、改めてこの機会にいかがでしょうか?


(N) F5101 室内灯illumi(白・狭) 1本入り

(N) F5102 室内灯illumi(白・広) 1本入り

(N) F5103 室内灯illumi(橙・狭) 1本入り

(N) F5104 室内灯illumi(橙・広) 1本入り

(N) F5105 室内灯illumi(白・狭) 10本入り

(N) F5106 室内灯illumi(白・広) 10本入り

(N) F5107 室内灯illumi(橙・狭) 10本入り

(N) F5108 室内灯illumi(橙・広) 10本入り

取り付け方簡単。車両室内を均等に、そしてきれいに照らします。

各トミックス、マイクロエース車両製品に対応しています。

ご紹介は以上となります。

その他、F MODELS各商品はこちら!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

2018年11月 6日 (火)

グリーンマックス 近鉄22000系ACE(未更新車)など ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はグリーンマックスのご予約を開始した新製品をご案内します。


(N) 30780 近鉄22000系ACE(未更新車)基本4両編成セット(動力付き)

(N) 30781 近鉄22000系ACE(未更新車)増結4両編成セット(動力無し)

新規金型を使用し、未更新車の特徴を忠実に再現します。前面スカートは専用品を装着。


(N) 30807 名鉄1700系(新塗装・1702編成)6両編成セット(動力付き)

新塗装化された1700系1702編成を再現。

その他の同時発表商品はこちらで順次掲載予定です。

今回のご案内は以上となります。

それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

(N) ポポンデッタ ホキ1000再生産決定

毎度ありがとうございます


【再生産】(N) 7506 ホキ1000 太平洋セメント 8両セット

【再生産】(N) 7507 ホキ1000 太平洋セメント 4両セット

前回製造分とは車両番号が異なります。
ホキ1000は三重県の三岐鉄道東藤原駅と愛知県の衣浦臨海鉄道碧南市駅の間で運用されています。

※画像はイメージです。機関車は付属しません。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2018年11月 3日 (土)

三江線宇都井駅ライトアップバージョン好評発売中!

毎度ありがとうございます。

トミーテックの駅コレクション第1弾、三江線宇都井駅ライトアップバージョンのご案内です。


(N) 駅コレクション STA001L 三江線宇都井駅ライトアップバージョン

今年2018年3月限りで廃止となったJR三江線の宇都井駅(島根県・邑南町)を、デフォルメの上で再現したものです。

San5_2組み立て、ライトアップを実際に行ったレポートを公開しました。是非ご覧下さい。

San3

San2

San1 実際の景色と比べると、再現度が良く分かります。
廃止直前は乗客が増えたので、木次線色、美祢線色のキハ120も応援に入っていました。

 
旧宇都井駅一帯では残っている線路を活用して、簡易的なトロッコ型車両の体験乗車の実証実験が地元住民らにより
行われるそうです。旧口羽駅では既に開始されています。
11月23・24日は旧宇都井駅や周辺をライトアップするイベント「INAKAイルミ」が開催される予定です。

【N・1/87】ワールド工芸 各種予約中です!#3

毎度ありがとうございます。

J-鉄道部のcapraです。

ワールド工芸より、11月から2019年3月ごろにかけて発売を予定している商品のお知らせです。

それでは今回も鉄道模型をこよなく愛するお客様に各商品をご紹介いたしましょう!


(N) 国鉄 C51 80号機 蒸気機関車 組立キット リニューアル品

山陰本線米子機関区所属の80号機のリニューアル品となります。

キャブがわずかに延長改造され、テンダーを12-17型に振り替え、美しい原型を保っていた個体です。

冬季はスノープロウを装備して活躍しました。


(N) 新潟鉄工 50t ディーゼル機関車 組立キット

根岸の製油所側線での重入替用として1964~1981年にかけて4輌が製作されたディーゼル機関車です。

セミセンターキャブでタレ目の運転室窓が特徴です。

秩父鉄道影森駅近くの事業所に1輌現存しております。


【再生産】(N) 雨宮Cタンク 貝島タイプ 蒸気機関車 組立キット

大日本軌道(雨宮製作所)製1067mm軌間用Cタンクです。

駄知(東濃)鉄道や日本鋼管などにも類型機がありますが、今回は貝島炭鉱が自社発注した1・2号機をプロトタイプとしています。

モデルはドームや安全弁などをロストワックス製としたワールド工芸タンク機関車の標準的な構成で、端梁にバッファが付いたスタイルとなります。


(N) 国鉄 C55形 1次型 北海道タイプ 密閉キャブ仕様 蒸気機関車 塗装済完成品【特別企画品】

3次型密閉キャブ発売時にご要望の多かった1次型の密閉キャブ仕様がリリースされます。

3次型と同様にロストワックス製部品を多数使用しています。

今回の製品ではテンダー台車枠もロストワックス製としたうえ、動輪には新規製作のダイキャスト製輪心を採用となります。

1次型のひとまわり大きめなキャブを的確に表現しました。

晩年の旭川機関区時代の姿をプロトタイプとします。


(N) TMC200CS モーターカー 塗装済完成品【特別企画品】

全国の保線用に導入されたTMC200シリーズのCタイプで、背の高いキャブが特徴です。

 降雪地においては、このようにスノープロウを装着し除雪に活躍いたします。

こちらは【再生産】のご紹介です。

 
1/87 火の見やぐら 赤色仕様 塗装済完成品

 
1/87 火の見やぐら シルバー仕様 塗装済完成品

埼玉県白岡町に実在の火の見やぐらをベースに模型的にアレンジされています。

柱が通常の4本ではなく3本のタイプです。

製品は強度確保のため、板部品は洋白製として極めて線の細いリアルな形状になっています。

特に最上部の柵部分は精密な柄表現をお楽しみいただけます。

赤とシルバーの2タイプが製品化。

ご紹介は以上となります。

その他、ワールド工芸の予約商品情報はこちら!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ※各商品とも、仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、

最新情報はメーカーページ等にてご確認ください

▼Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店