2017年3月19日 (日)

【Nゲージ】ホビーセンターカトー 651系1000番台「伊豆クレイル」ご予約受付中です。

毎度ありがとうございます。

ホビーセンターカトーより9月発売予定の651系1000番台「伊豆クレイル」タイプ4両セットの

ご予約を好評承り中です。

(N) 10-944 651系1000番台「伊豆クレイル」タイプ 4両セット

小田原-伊豆急下田間で運転されるリゾート列車「伊豆クレイル」をNゲージ化

高崎線特急(スワローあかぎなど)として活躍の651系1000番台(常磐線の特急「スーパーひたち」として平成元年に登場した651系車両を直流化改造)を再改造した車両です。

前頭部をはじめ車体各所にあしらわれたシンボルマークや編成全体に施されたラッピングなども美しく再現します。エレガントなピンクゴールドをあしらった車体はコンパクトな4両編成ながらも見ごたえ抜群です。

【編成図】
←伊豆急下田
クロ650-1007+モハ650-1007(M)+モロ651-1007+クロ651-1101

※製品はKATOの651系を流用しますので、内装や屋根上機器の形状が異なります。

東海道・伊豆方面に華を添える列車として是非お楽しみください。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみくださいませ。

グリーンマックス Nゲージ総合カタログ Vol.17 ご予約受付中

毎度ありがとうございます

4月発売予定のグリーンマックスNゲージ総合カタログ Vol.17のご予約を承っております。

0007 グリーンマックスNゲージ総合カタログ(Vol.17)

【主な内容】

コアレスモーター動力ユニット搭載製品掲載

レギュラー製品は全形式を掲載

2モーター動力ユニット搭載製品はリストのみの掲載(コアレスモーター動力ユニット交換対応表掲載)

新製品情報・完成品モデル情報・塗装済みキット情報

エコノミーキット・パーツ&アクセサリー・ストラクチャー・鉄道カラー&鉄道スプレー

【特別企画】

1.よみがえる"須津急"1982

2.プロモデラー牛久保孝一の一日

3.名鉄の楽しみ方 etc.

A4判・196ページ・オールカラーです。

今回のご案内は以上です。それではごゆっくりお買い物をお楽しみください。

2017年3月16日 (木)

トミックス新製品JR 115 1000系近郊電車(懐かしの新潟色)セット ほか ご予約受付け中

毎度ありがとうございます。
今回はトミックスのご予約受付中の新製品をご案内します。
※画像はイメージです。


(N) 98257 JR 115 1000系近郊電車(懐かしの新潟色)セット(3両)

  • 赤色と黄色の新潟色になった115-1000系を再現
  • PS35形パンタグラフ搭載


(N) 8723 コキ106(後期型・ヤマト運輸コンテナ付)

  • 手ブレーキ緊解表示装置の付いた後期型を新規製作
  • JRFロゴマーク・突放禁止など印刷済み
  • ヤマト運輸の社名ロゴ・ネコロジーロゴなど印刷済み


(N) 98246 JR 14 200系客車(ムーンライト九州)基本セット(4両)

  • 特徴ある外観塗色を再現
  • 全車両側面窓が1箇所埋められた姿を再現
  • トレインマーク「ムーンライト九州」印刷済み


(N) 98624 JR 225 5100系近郊電車(阪和線)セット(6両)

  • 225-5100系の特徴ある先頭部を再現
  • シートは2列+1列を再現
  • 先頭車運転台側に転落防止幌がない姿を再現

今回のご案内は以上となります。 それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2017年3月12日 (日)

【Nゲージ】カトー新製品 東急7000系(レジェンドコレクション)ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はカトー新製品の東急7000系をご案内します。
前回ご案内のEF10 24に続き、ステンレス車両です。


(N) 10-1305 東京急行電鉄7000系 8両セット(レジェンドコレクションNo.9)

※画像は実車イメージです。プロトタイプとは異なります。

  • 昭和41年(1966)に製造された最終増備グループをプロトタイプに、昭和53~60年(1978~1985)頃の東洋製電装車を製品化
  • コルゲートが目立つステンレスボディの質感、単一カーブの屋根など、黎明期のステンレスカーで見られた無機質な外観を的確に再現
  • 特徴的な形態を持つパイオニアIII台車を再現。ブレーキディスクは実車同様に回転
  • ライトケースは後期形の特徴であるFRP製の下すぼまりの形態を再現
  • 先頭車は7045を除き、ヘッド/テールライト、方向幕点灯(消灯スイッチ付)。また通過表示灯も点灯
  • 車内の椅子は実車のシートモケット色に合わせてえんじ色

 

東急車輌製造と米国バッド社との技術提携で昭和37年(1962)に製造された日本初のオールステンレスカーで、
その後の鉄道車両技術に大きな影響を与えました。
7000系は平成11年(1999)まで東急で活躍を続け、現在も改造車の7700系が池上線で活躍しているほか、
地方私鉄へも多く譲渡されました。

 

Kona2 ↑昨年撮影した弘南鉄道7000系(青森県)


現在も東北から関西まで・・・弘南鉄道、福島交通、北陸鉄道、水間鉄道でその姿を見ることができます。

長らくNゲージ完成品としては商品化が無かったので、待っていた方も多いでしょう。
ディスクブレーキの回転の再現は、さすがカトー!といったところです。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

ホビーセンターカトー EF10 24関門タイプ、クモハ12 グレードアップパーツご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はホビーセンターカトーの新製品等をご案内します。


(N) 3077-9 EF10 24 関門タイプ

EF30、EF81形300番代と続くステンレス機関車の元祖!

関門海峡を通過する関門トンネルでは、海水の漏洩により車両への塩害が問題となりました。
対策としてEF10のうち5両が外板をステンレス化されましたが、24号のみは無塗装のシルバー車体のまま活躍し、
異彩を放っていました。緑色のナンバープレート、車体の角の丸みも特徴です。
1961年にEF30に置き換えられ新鶴見機関区へ転属、後半生は標準のぶどう色塗装で過ごしました。

41両製造されたEF10のうち、唯一35号が九州鉄道記念館で保存されていますが、ステンレス化された
5両のうちの1両です。


(HO) 28-172 クモハ12 グレードアップパーツセット

カトー 「クモハ12052 鶴見線」の国鉄末期、JR初期時代の姿を再現可能なグレードアップパーツです。
各時代の設定が可能になります。

  • ATS車上子を装備した国鉄時代
  • 無線アンテナと両方を取り付けたJR初期時代
  • ATS車上子を外したJR末期

 


(HO) 1-425 クモハ12052 鶴見線

1996年まで鶴見線で活躍したクモハ12052・053は、1929年(昭和4年)モハ31形として製造されました。
形式称号規程改正、運転台の増設による改番を経て、この番号に落ち着きました。
最初から運転台があった側は非貫通、増設した側は貫通扉があり、前後で顔が異なる異色の車両です。

小野田線本山支線のクモハ42と並び、定期運行を持つ旧型国電として非常に有名でした。
なお、晩年飯田線でイベント用に活躍した「クモハ12041」は、全く出自の異なる車両です。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

Bトレインショーティー 103系体質改善 大阪環状線 ご予約受付中

毎度ありがとうございます。
今回はバンダイのBトレインショーティー新製品のご案内です。

201系の転入や新車・323系の投入により、今やほとんど見られなくなった大阪環状線103系。
タイプ違いの2種類が製品化となります。


Bトレインショーティー 103系体質改善40N車 大阪環状線(オレンジ)

 

40N車は90年代後半に延命のためにリニューアル工事を施した車両です。
「40N」の40とは、「40年」の意味で、製造後40年使用出来るよう延命工事がされています。
窓、屋根(ベンチレーター撤去)など、内外装共に大きく変更されています。
前回商品(2009年)には無かった側面方向幕や優先席・女性専用車両等のステッカーが付属!


Bトレインショーティー 103系体質改善30N車 大阪環状線(オレンジ)

30N車は2002~2005年にリニューアル工事された車両です。
40N車と比較すると、製造後30年ほど使用出来る工事に縮小され、側窓などが原形のままです。

40n30n 左が40N、右が30Nです。
窓まわりのステンレス枠、ヘッドライトなどに違いが見られます。
どちらも前面窓の縦桟がなくなり一枚窓になり、原形とはだいぶ印象が異なっています。


詳細情報については、メーカーから案内があり次第、商品ページに掲載の予定です。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

2017年3月 6日 (月)

カトー新製品 京急2100形 京急ブルースカイトレイン ほか ご予約受付け中

毎度ありがとうございます。
今回はカトーのご予約受付中の新製品をご案内します。
※画像はイメージです。


(N) 京急2100形 京急ブルースカイトレイン 8両セット【特別企画品】

  • 初代「ブルースカイトレイン」の2157編成を、シーメンス製の電装機器を搭載していた時期の姿で製品化
  • 鮮やかな青色の車体色、前面と側面に配されたカモメマークと「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」のロゴを的確に再現
  • 前面ワイパーカバーの形式名の表現を含め、京急2100形の特徴を余すことなく製品化


(N) 10-1425 211系2000番台 長野色 6両セット

  • 長野車両センター所属のN609編成(ロングシート車)の現行の形態がプロトタイプ
  • 中央線・篠ノ井線の狭小トンネルに対応した、PS33シングルアームパンタグラフを搭載した姿を再現
  • 長野色と呼ばれるカラーリングに準じた、アルパインブルーとフレッシュグリーンの帯を再現


(HO) 1-425 クモハ12052 鶴見線

  • 国鉄時代の昭和50年代後半、弁天橋電車区所属のクモハ12052を製品化
  • 列車無線アンテナ、側面保護棒取付前の姿を再現。また台車の排障器を再現
  • HOゲージならではのディテールで、リベットのある武骨な車体を的確に再現


今回のご案内は以上となります。 それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

ガルダン鉄道7・樹木を作る

こんにちは、ガルダンです。

トラックコレクションもたくさんご紹介しましたので、
そろそろガルダン鉄道です。
こっちはボチボチと進んでいますので生暖かくご覧ください。

本日は樹木を作っていきたいと思います。
植林ですね。
とても楽しいはずの作業なのですが、
ガルダンはこの樹木を作るのがなんとなく苦手です…

ガルダンの模型作りの流派は印象派です?
スケールモデルを作っていても、印象に残ればいいので詳細なディテールを望みません。
望んでも能力的にも無理がありますので…
と、いうことでおおよそ自分で作ったものはそれなりに満足(要するに自己満足)なのですが、
樹木だけはなんか満足感が得られないのですよね。
よくわからないのですが。

Yanb0310

Yanb0388

参考写真を。
嵐山にあったイチョウの樹は綺麗過ぎますね!!
もみじも、とても立派です。
こういうのを見てハードルを上げすぎてるのかもしれませんね…

Ty057023

素材はいつものジオコレからチョイスしています。
これがあの写真のようになるのか!!
って、枝振りから無理がありそうですが。

なんと言っても木がスルメみたいになっています。
これをよじってよい枝ぶりを発揮するのです。
これがなかなか難しいですね。
折らないように気をつけてください。

枝をねじり曲げたら葉を付けていきます。
葉はフォーリッジというモロモロに崩れるスポンジのようなものを使います。
そう言えば昔はスポンジに着色して木を作っていましたよ。
このフォーリッジを千切って枝の先にボンドで接着していきます。
接着にはゴム系のボンドを使いました。
もちろん透明のものです。

出来上がりが下です。

Ty057026

どうでしょうか?
やはりちょっともみじなんかは枝が足りていないような気がします。
柿の木はいいですね。
葉がないのでよじるだけで完成です。
雰囲気出てますよ。
柿の実が大きくておいしそうに思います。

Ty057027

この樹木は台座がついていますので、どこにでも設置できます。
いろんな場所に置いてみて、気に入ったら台座を外して地面に刺してもいいですね。

Ty057033

植樹することで生命感が出てきました。

Ty057042

小スペースなのでたくさん植えることができませんが、木々の合い間を走る感じがいいですね。

Ty057043

かなり密度が上がってきたように思います。
省スペースのレイアウトはたくさん詰め込むほうが楽しいですね。

Ty057049

トラコレはまだ残りがありましたのでここでご紹介。
いすゞニューパワー・後期型パネルバンです。
こうやって見ると10tトラックは大きいですね~。
ちょっと古い感じのデザインがジオラマにマッチしています。


Ty057047

樹木は幹と枝を自作する方法がありますのでまた今度ご紹介します。

ガルダン鉄道はまだ続きます。





ジオラマコレクション
Nゲージ用線路
Nゲージ用パワーパック
塗装関連(筆・下地・仕上等)
塗料


ガルダン鉄道過去ログ
・協三工業 20tを作ってみました

・ガルダン鉄道・お家を建てる

・ガルダン鉄道2・お店追加

・ガルダン鉄道3・仏塔建立

・ガルダン鉄道4・駅を作る

・ガルダン鉄道5・地面を作る

・ガルダン鉄道6・4種踏切を作る

2017年3月 3日 (金)

トラコレ第9弾・UD クオン ブリヂストン ウイングバン

こんにちは、ガルダンです。
トラコレ第9弾も5台目です。
そろそろ皆さんのところにも届いているんでしょうね。

今回は、UDトラックス クオン ブリヂストン ウイングバンでした。

Ty017009

Ty017010

モータースポーツや車好きならお馴染みのブリヂストン。
洗練されたデザインでかっこいいですね~!

Ty017012

前から~

Ty017013

後ろから~

Ty017014

UDクオンは残り2台で31ftウイングコンテナですね。

Ty017020

今回はトラックを素敵に演出?!している撮影セットをご紹介します。
カメラを引いてみますとこんな感じになっています。

地面はジオコレのジオラマボードを使用。
スチレンボードですが、アスファルトカラーになっています。
これはお手軽でいいですね!

建物もジオコレのバス営業所を使っています。
組み立ても簡単でお手軽ですね。

Ty017022

それと素晴らしい雰囲気をかもし出している背景のボードですが、
これはトミーテック・ジオラマコレクションのダウンロードページからいただきました。
A4サイズで印刷し、ダンボールに貼り付けただけです。

Ty017019

ちょっと工夫して写真を撮ると模型の新たな楽しみが見えてきます。





spadeトミーテック
diamond(N) ザ・トラックコレクション 第9弾 10個入


ジオラマコレクション

2017年2月28日 (火)

【Nゲージ】トラムウェイ新製品 C11お召しタイプ、九州タイプ(さくらヘッドマーク付き)

毎度ありがとうございます。
今回はご予約受付中のトラムウェイ新製品、C11をご案内します。
2017年初秋発売予定です。


(N) TW-N-C11D 国鉄C11 お召しタイプA

Omeshi

昭和42年岡山植樹祭の本務機を可能な限り再現


(N) TW-N-C11E 国鉄C11 九州タイプA

Sakura1

後部通風孔付、「さくら」ヘッドマーク付属


(N) TW-N-C11F 国鉄C11 九州タイプB

Sakura2

後部通風孔・サイドタンク揺れ止め付、「さくら」ヘッドマーク付属

190

九州タイプは後部通風孔ありという事は、この大井川鐵道のC11 190に近い仕様のようです。
大井川のC11 227が「さくら」ヘッドマークを装着した時は、「なぜC11に『さくら』?」と思ったものですが、
現役時代のC11が実際に「さくら」を牽引した事があったという縁がありました。

1965年10月ダイヤ改正から、1968年10月改正まで、寝台特急「さくら」は列車の進行方向が変わる
早岐~佐世保間は早岐区のC11がバック運転で20系客車を牽引しました。
それまでの牽引機のDD51は後部に連結したままです。
8.9km、12分間とは言え、異例のC11の特急牽引となりました。
ヘッドマーク付きでの写真はあまり残されていないようで、貴重です。

今回のご案内は以上となります。
それではごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい。

▼Joshinネットショッピング

  • Joshin web インターネットショッピング 家電・PC・ホビーの大型専門店